893の記事一覧

         
2017年12月04日


1: 名も無き被検体774号+: 2013/10/16(水) 18:28:24.14 ID:dmJCbLIp0
俺には母親がいなかった、
すぐボウ力を振るう父親とチンピラの兄貴の三人で暮らしてた
中学を卒業してすぐ、俺は中学の時の友達の家に転がり込み、
カツアゲや万引きで、あと日雇いの土方とかでその日暮らしをしていた




         
2017年10月19日

299: 2015/01/04(日) 11:05:04.01 ID:Ma0PeHs4
小学生の頃、地震で崩れた建物に巻き込まれた時、893にたすけられて 

親戚一家みんなで相談して父親とお礼に行ったのがいままでで一番の衝撃


         
2017年06月18日


273: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2016/12/16(金) 14:50:12.06 .net
知人の部下の浮気相談を期に久々に覗きに来ました 
サレた側には到底理解出来ない異空間思考はどこにでも転がってるんですねぇ 
誘い受け?ではなくトリップ失念の為かつての「猫車」とだけ書き込んで失礼します


         
2017年04月04日


675: 名無しさん@おーぷん 2015/04/19(日)08:56:02 ID:0qm
皆さんが思う復讐とはちょっと違うかもしれないですけど…

私の家は私が3才の頃に離婚して、足に障がいを持つ母が
女手一つで私と姉(7つ上)と兄(8つ上)を育ててくれました。
父は元893で背中に龍と鷹のイレ ズミがあり、
聞いた所によるとボウリョクが酷くて姉と兄が離婚を勧めたそうです。
(姉にも兄にも未だに当時D Vの傷が残っています)
そんな父親に育てられたせいか、兄は事ある事にボウリョクを振るう最低人間になっていました。

私は中学卒業辺りまで毎日のように身長が190㎝以上ある兄にけられたりなぐられたり、
時には姉の子供(0歳児)を抱っこしている時にコメカミに回しげりをされたり。
(返事が聞こえなかった…等の理由で)
止めに入る母の事もなぐるし、月収40万以上あるくせに家にお金入れないし。
相変わらず母が悪い足を引き摺りながら働いて、
姉も旦那さんにお願いしてパートしてわざわざ実家にお金を入れてくれてる状態でした。

そんな中で事件が起きました。
堪忍袋の尾が切れた姉が兄と衝突。

「いつまでお母さんに迷惑掛けるの!?」
「稼げるなら家を出て一人で暮らせ!!」

他にも色々言ってたけど、今考えても全部正論だったと思う。
だからなのか言い返せなかった兄は姉のお腹にボディーブローを一発。
更に姉がしゃがみ込んだ瞬間に顔面にけりを一発。
身長190㎝ですよ?
そんな長身からけりを繰り出されたらどうなるかくらい小学生でも分かりますよね? 


         
2017年04月03日


39: 本当にあった怖い名無し 05/03/19 19:00:56 ID:csPJBZgf0
小学生の頃いっちょまえに電車通学していたのだけど地下鉄のホームで友達と交換する 
予定のシールをいじってたら、やくざ風のおじさんに「綺麗なシールだね~」と話しかけられた。 
ホームには人が少なくヤクザに話しかけられるのは初めてなのでアワアワしていたら少し返事をしない私に落胆した様な顔をして 
立ち上がったので、傷つけてしまったと思いとっさに持ってたシールを一つちぎっておじさんにあげました。 

ラメの入っていたお気に入りのキキララシールです。「あげる」と言うとおじさんは顔に似合わずかなり嬉しそうに「良いのかな?ありがとね~もうすぐ電車が来るからもう少しあっちにいったほうがいいよ」 
と言いっていました。私は自分のおりる駅の改札にあがるかいだんの場所にいたかったのですが、あまりにおじさんがあっちがいいとすすめるので移動しました 
もうわかってると思いますがおじさんは飛び込んじゃいました。人間は電車に飛び込むと破裂するんですね~。 
私は駅員さんに誘導されて学校に電話してもらい遅刻しました。駅員さんにおじさんにシールをあげたと話したら 
「さっきのことは忘れなさい大丈夫忘れられるよだいじょうぶ」と何度も言われた。 
いろんな意味でわすれられなかったです。今でもおじさんの見た目に似合わない笑顔をおもいだします。 
横浜市営地下鉄吉野町駅の出来事です。 
長い上に文が下手ですいません(汗)


         
2017年03月25日


716: 707 2014/09/25(木) 00:17:16.04 ID:vN64236U.net
ありがとう。いろいろ投稿に関してアドバイスくれると助かる。 

当方、普段ろむのみなので、読みにくいと思うが申し訳ない。 
あと、スレチだったら誘導よろしく。 
長文なので、あしからず。 

登場人物紹介。 
私子 20代前半、妊娠4ヶ月、見た目は普通だがすっぴん 
花子(仮名、実際はキラキラネームだったw) 5~6歳くらい、活発で人懐っこい感じのいい子 
キチママ 花子の母、20代後半くらい?厚化粧のため、判定不能。 

もう、だいぶ前のことなんだが、電車でキチママに遭遇。 
誘拐犯扱いの上、なんか色々修羅場だった。 

最寄り駅から次の駅まで、15分くらいかかるんだが、その間、事件は起こった。 
平日昼間、季節は夏。電車内はかなり空いていて、1車両に10人乗ってるかなー、くらい。 
私子は椅子に座っていた。 
すると、隣の車両から5~6歳の女の子が一人で歩いてきた。ドアの前のスペースで、迷惑にはなっていないものの、飛び跳ねたり歌ったり。 
電車の揺れでよろけたのもあって、とりあえず声をかけて隣に座らせる。 
すぐに親が来ると思いきや、誰も来ない。自分自身、悪阻もあり、この子を揺れから庇いながら親を探すより、向こうが探してくれる方が良いと判断。 
女の子との会話開始。 
プリキュアとかの話をされながら、欲しい情報を引き出すことに。 
まとめるとこんな感じ。 
・名前は花子(仮名)、お母さんと二人でお出かけ。 
・私が出発した駅のおばさん?のところにこれから遊びに行く。 
・お母さんは今、この電車に乗っているかどうかすら分からない。 
・お母さんやおばさん、お父さんなどの連絡先は知らず、キッズケータイなども持っていないので、連絡は取れない。 
仕方がないので、次の駅で降りて、駅員さんに引き渡すかなー、とのんきに考えてた。 
ちなみに、情報は全て、たまたま持っていたゲームセンターで取ったマスコットキーホルダーのネコさんと友達になろうってことで聞き出した。 
ネコさんが気に入ったらしく、その後もいろいろ話しかけてたのは、かなり和んだ。


         
2016年11月28日
453: おさかなくわえた名無しさん 2006/11/15(水) 00:10:39 ID:Bw5dL4IQ
俺が高校生のときの話、人通りの多い町を歩いていると 
70くらいのおじいちゃんがDQN4,5人に絡まれてた。 

どうやら歩いてるところを
おじいちゃんがDQNにぶつかってしまったらしく、
DQNがそのことをしつこく攻め立てている模様。 

おじいちゃんは「ごめんよ、すまなかったねぇ」
と謝っているのに 
DQNは「土下座せんかい!」と調子に乗っている。
おじいちゃんは土下座して
「これでいいかね?いやあすまなかった、すまなかった」 
と謝っている。

やりすぎだと思った俺は止めに入ろうとすると
後ろから50くらいの
いかついやーさんみたいな人が割って入った。 

「会長!大丈夫ですか?しっかりしてください!」 

どうやらそのおじいちゃんはやーさんの頭だった模様。
一気にDQN達の顔がこわばる。

そのおっさんは
「お前らなにさらしとんのじゃコラァ!!」と怒鳴りつける。
DQNは半べそ。
するとおじいちゃんはおっさんを止め、 
「いいって、いいって。まだ若いんだから」と笑顔。 

結局おじいちゃんとおっさんは行ってしまったが
DQNはしばらく動けなかったみたい。
能ある鷹は爪を隠すって言葉を改めて感じた。

         
2016年10月19日
146: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/03/22(月) 16:25:41
大学時代に893がらみで修羅場のようなものを経験しました。 

当時私は一人暮らしで、同学部の友人Aが同アパートで良く行き来していました。 
Aは夜のバイトをしていて、そこで親しくなった友人Bやその彼氏B男、その友人C男、D男etc...と、まあAの部屋で夜に良くタムロしていたわけですが、それなりに仲良くやっておりました。(Hはなしです。念のため) 
Aはあるとき、893のA男と付き合いました。 
で、詳しくは知りませんが、別れ話がこじれて、別れさせて貰えなかったらしい。 

あるとき、いつも通りにタムロしていたら、A男がAの部屋に乗り込んできて、ピンポンピンポン 
除き穴を覗くB 
「やべーよ、A男来たよ!」「どうする?」「どうしよう・・・?」 
(ちなみに、この時点で私は初めてAとA男の状況を知った) 
Aはもう一度別れ話をしに一人で外へでることに。 
「私が出たらすぐに鍵を閉めて、絶対に明けちゃ駄目だよ。仲間がいて殴りこまれるかもだから」 

続く

         
2016年10月01日
25: おさかなくわえた名無しさん ID:hlOyBwX5
引越し先の、2つくらい向こうの
地区に893事務所が堂々と建ってるの見た時 
国道沿いにあって、当たり前のように組の名前掲げてて 
あんなに普通にあるもんなのかとびっくりした

別に想像した事もないんだけど、
何となくもっと隠れてるものだと思ってた 
そこ滅多に通らないからいいけどさ

         
2016年09月30日
640: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/20(月) 15:55:18.89
携帯からスンマソ。自分も修羅場だったけど、相手の方がもっと修羅場だったろうなあと言う話。 
私子 当時二十代前半 饂飩屋勤務の調理師。たまにホールも手伝う。 
相手 大人しそうな奥様四人。 
店の場所柄、ランチ後半の主婦の方は珍しい。しかも全員釜揚げ饂飩注文。 
他のお客様は三組ほどのまったりな空気で、茹で上がった釜揚げをお持ちした。


最新記事
カテゴリー