退職の記事一覧

         
2017年04月20日

966:愛とタヒの名無しさん2010/11/02(火) 18:46:46
水嶋ヒロの話題で思い出した話をちょっとフェイクいれて投下

学生時代から10年近く付き合ってやっと結婚が決まった友人が
嬉しそうに電話をくれた
結婚を後押ししたのが、彼の長年の夢だった小説家への道が開けそうだから、
ということらしい
新郎は学生時代から小説を書いては応募して、落とされていて、
社会人になっても夢を諦められずに、会社員をしながら応募し続けて
30歳までに小説家になれなければ諦めると公言していた。

そして、30歳目前の29歳である賞をもらい、
よし!結婚しよう!ということになったらしい
「受賞も結婚もおめでとう」とお祝いを言い、
その勢いでみんなで集まることになった

私はてっきりそのまま彼は小説家になると思っていたんだけど
出版社から「仕事は辞めないように」と釘をさされているということを彼女から聞いた
一つの賞を取ってもその後小説家に実際なれる人は一握りだから、
仕事を辞めても出版社は責任を取れない、ということらしい。
彼は仕事を辞めて専念したがっているけど、出版社の担当の人も
「赤川次郎さんほど有名な人でも数年サラリーマンと
二足の草鞋をつづけていたんだから」と説得して
仕方なく、もうしばらく会社員を続けることになった…ということ



         
2017年04月18日


598: 可愛い奥様 2016/12/18(日) 21:37:52.19
ダンナの上司を罠にはめて退職させた。 
ダンナは上司から酷いパワハラうけてた。Nとする。 
Nは単身赴任中で嫌われてるからいつも独りで飲みに行く
とダンナから聞いていたので会社前で待ち伏せ、
同じ店に一人で入って隣に座った。

幸い私は業務上旧姓で名刺も旧姓だったので
普通に名刺交換して意気投合するフリをし、二件はしごの後、
そういう雰囲気を作って
Nが住む会社持ちの賃貸マンションへ誘い込ませるよう持ち込んだ。 
自分の名刺はNがトイレにいってるすきに回収。 

グデングデンに酔わせたので
(日本酒に焼酎混ぜたり酔い醒ましのお茶に焼酎入れたりした)
最後まではしてないけど、
途中私に覆い被さって服を剥ごうとしたり、きわどい発言してるのを
全てスマホにおさめた。 

数日後本社総務宛に
「御社のN氏よりこういったことをされた、部屋に無理やり連れ込まれ襲われた」
という日時付きの告発文と自分の顔だけ見えない画像を送った。
外を歩くのも怖いのでN氏をこの場所に居させないでほしい、
県外に追放してほしい、と書いた。 
自分の名前は旧姓のみ、連絡先は書かなかった。 

ついでに妻子の住む家にも送った(住所でポン!で探したw) 
告発文に書いた日時の翌日、泥酔したNは会社に遅刻してたので
裏が取れたのか(マンション前で待ち伏せて遅刻を確認した)、懲戒処分の上、
本社内勤窓際に異動になったとダンナからきいた。 

平社員達は事情を知らないみたいで、
なんか知らんけど突然Nいなくなったんだよ~って
ダンナ含め同僚達も喜んでたときいた。 

会社借り上げマンションだとよくわかるように写真がとれたことと、
結婚前にずっと夜の店で接客してたオヤジあしらいが役にたった。 
墓場まで持って行く。

         
2017年04月17日

525: 名無しさん@HOME 2016/06/29(水) 14:03:58.01 0
批判しかないの覚悟で。

恥ずかしさと情けなさをずっと抱えてます。 
5年前に婚約中に子供を授かった。
当時保育士で、年度の途中で
子どもが生まれる事になった。

私は産休直前まで働いて、
育休とらず戻るつもりで園長に報告、謝罪。
園長はそれでいいと承諾してくれた。 

でも、同僚に「自分ならうまない」と言われ
先輩にも「仕事に責任をもって…(うむの?)」
と言われ、諦めなければと悩む。 

たくさんの人に迷惑をかけたしとても
非常識で情けない。
生きているのが恥ずかしいです。

自分は幸せになってはいけないんだと
ずーっと思ってます。 

でも、どうしても諦められず
結局退職して子どもをうんだ。


         
2017年03月19日


631: 名無しの心子知らず 2009/09/05(土) 10:19:35 ID:G3bZglxh
うちの家族に経理の人間がいる。以下A。 

Aの勤めてた会社が不況で倒産し、再就職。 
ごく小さな会社で帳簿がgdgd、
これを何とかするのが仕事。 
しかし領収書はまとまってないし、
小口現金のメモすらあいまい。

そして事務のお局がすごいイビリをする。
 
お昼のお弁当をAの分だけ注文しない。 
当番制だった掃除を新人の仕事だと全部やらせる。 
お茶を淹れる時もAだけスル―。 
自分が書く書類をAに書かせ、取り上げて提出。 
出納のことで不明瞭な部分について聞くと、
「忙しいから聞かないで!」とキレる。 
そしてその事を
「Aさんは人に質問してばかり、仕事ができない人だ」
と社長に報告。 

さらに、Aは鍵を持ってないのに
鍵をかけて先に帰ってしまう。 
鍵がないAが慌てて電話しても携帯の電源が切れてる。 
他に鍵を持ってる上司は出張で不在。 
彼らが帰って来る夜遅くまで、会社に残るはめになった。
 
翌日文句を言うと
「あらいたの~、気付かなかった」とニヤニヤ。


         
2016年10月03日
1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/29(月)20:40:43 ID:BRf(主)
後輩「すいません...今日無断欠勤してしまって...
どうしたら良いでしょうか?」

俺「あれ?今日居なかったんだ?気付かなかったよ。
今日は部課長揃って終日出張で居なかったし、誰も無断って気付いてないから
しれっと病欠って事にしとけば?」

後輩「僕、あの会社でそんなもんなんですね...
居ても居なくても変わんないんであれば辞めます」

メンタル雑魚過ぎませんか...

         
2016年05月30日
828: 恋人は名無しさん 2011/08/08(月) 20:52:40.41 ID:2dKk+ByR0
去年の夏、職場の話です。 


既婚男:26歳主任。要領よく仕事できるタイプ。 
既婚女:既婚男の嫁。29歳。既婚男曰く鬼嫁。
二人の間には2歳・5歳の娘あり。 
浮子:24歳ギャル。 
彼男:26歳。浮子の彼氏。既婚男の友達。 

その前の年、人手不足だったうちの職場に
既婚男が「友達の彼女が仕事探してる」と 
連れてきたのが浮子。

ギャルだけど、まあサバサバして
仕事は出来る女。 

うちの職場は毎年お得意様の為に夏祭りを開く。 

この夏祭りはかなりの規模で
3ヶ月前から準備する。 

その年の担当が既婚男を
リーダーに浮子他3名。 
例年通り3ヶ月前からミーティングを開いて、
リーダーを中心に 
順調に進んでいるように見えた。 

ただ、1ヶ月ぐらい前から徐々に
ボロが出始める。


         
2016年01月31日
967: 本当にあった怖い名無し 2012/10/22(月) 18:41:19.75 ID:/0pYFo190

ブラック企業で主力になってから退職。
社長と部長に数時間に渡って怒鳴られ仕舞には泣き落としされたけど 
散々無能扱いされたので微塵も罪悪なかったわ。

         
2016年01月17日
642: 本当にあった怖い名無し 2014/02/20(木) 12:16:52 ID:8zmm2iRh0

仕事が出来ないくせに遅く何でもかんでも人のせいにばかりする無能上司。 
お気に入りには贔屓してミスしても猫なで声でお咎めなしだが、
同じミスでも他の人だと馬鹿みたいに激怒して怒鳴り散らすクソ女。 
何度かスタッフ殴った所も目撃。それと
「何で仕事してるの!?何でこの職場にいるの!?生きる価値あるの!?死ねよ!!!」
と基地った様子も多数。 

スタッフから嫌われまくり、何より贔屓しているお気に入り達からも
「あの人の贔屓が気持ち悪い」と泣く程嫌われているのにそれに気付いていない。 
それどころか
「サバサバしてしっかりしていて、気遣い出来て優しい人望溢れる私デキる女☆」
と脳内電波を発した電話をしているのを聞いてしまった。 

ウザかったのでその根拠のない自信に水さしてやろうと思い、
駅やコンビニで無料求人情報誌を集めてきて、
それに如何にも転職考えています、ここを辞めたいです、と
思いつめているかのように目ぼしい求人情報にチェックを入れておいた。 

筆跡からバレたら面倒なので友人に頼んで「17時半面接」等手書きのメモもいたるところに。 
それを職場休憩室やロッカー等に、隠すように、けれど見つけやすいように分散した。 

 

         
2015年12月28日
379: 本当にあった怖い名無し 2009/09/28(月) 07:49:48 ID:IN3Q7Vc2O
数年前に退職した会社での話。 
その会社を辞める日に専務に「今までお世話になりました」と挨拶した。 

特に話す事も無くそのひと言だけしか話さなかった。 

帰ろうとしたら 
一番嫌いだった先輩が 
ニタニタしながら、話し掛けてきて腹が立ったのでこう言ってやった 

「今までお世話になりました」 
「あと先輩がやった、あの」事、専務に言っておきましたよ」 

それだけ話して僕は帰った。 
先輩は真っ青な顔して専務室に走って行った 


そして 
商談中の専務室に入り 
「あいつの言った事は嘘です。」と騒いだらしい。 
その先輩クビになったらしい。




         
2015年09月02日
636: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/05(日) 19:14:04 ID:25Cb81VJ
娘さんが、癌になり傍にいてあげたい…と
退職を決めたAさん。先月、送別会を焼肉店
でやりました。その席で、部長が
「やっぱアレ?娘さんは、頭はげちゃったの?」
と、笑いながらAさんに聞いてきた。
はぁ?!と、思い私とB子が立ち上がろうと
したがAさんに腕を掴まれた。
「良いの。大丈夫だから…」
はらわたがにえくりかえる思いのまま送別会
は続き、終盤にさしかかったころB子が部長
の隣に座り何やらいちゃいちゃモード。
何してんの?!と思い近づくと
「邪魔しないで〜」
と部長にしなだれかかってた。それから15分
位で、送別会は終了。会計をしようと会費を
封筒から出したら、B子が
「これでよろしく」
と、店員さんにカードを渡した。そして笑顔で
「バカ部長の」
とニヤリ。
「え?何で?」
と聞いたら、
「ちょっとおだてたら、こんな店俺が払ってやる!だってー(笑)」
会計を済ませると、思ってたよりも高額。?と
思ってたらB子が、
「Aさんに上カルビと上ロースのお弁当持たせたから!」
だって。B子になら、ヤられても良い…と思った週末でした。

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(76)


最新記事