証言の記事一覧

         
2019年09月07日

435 :修羅場な話 2013/07/05(金) 22:52:43
俺が痴/漢の冤罪されかかってた時に助けてくれたのが嫁。


         
2015年10月14日
72: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/22(水) 16:07:10.32 ID:kbFTsMF9
そこで、警察官からどこから見たとか、状況をいろいろ聞かれて開放された。
事故を起こした運転手と彼女はどこかに連れて行かれたのかもういなかった。
もう一人の青年も警察にいろいろ聞かれたので、挨拶しないで酒買って家に帰った。
その日は、俺が事故起こしたときは誰も証言してくれなくて不公平だなとか、ちょっと思って寝た。

それからしばらくたち、事故のことなんか忘れた頃、携帯電話に知らない番号から電話がかかってきた。
電話番号の下3桁が110だったので、警察かなと思って出たら、警察署からだった。
こんど時間がある日に警察署に、あの事故の証言をしてくれと頼まれ、めんどうだなと思いながら、
お上には逆らえない、へんな事に首を突っ込んだことを少し後悔した。
最後になぜか認印持ってきてくれと言われて、行く日を決めて電話を切った。

それで警察署に行く日になった、自転車で警察署にむかい受付で要件を伝えると2階の部屋に通された。
部屋には警察官2人いて、1人の警官は居酒屋でだれかと喧嘩した彼氏の証言を聞いてるぽかった。
もう一人の警官が俺担当で、今どきワープロを目の前にして、なぜ警察署に呼ばれたかに説明された。
相手の老人が、俺は被害者だー信号は青だったとか病院で騒いでる、
裁判になるかもしれないから調書が必要になったということらしい。


最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー