親父の記事一覧

         
2017年08月13日

442: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/01(木) 18:01:19.18
親父が退職金で家を建てたんだが間取りを見ると
明らかに息子夫婦の部屋や孫の部屋まで用意されていて
同居させる気満々だった 

正直俺に間取りの相談をしてくれたわけでもなく
実家の立地やご近所との関係が良くなかったので
同居を拒否して
俺自身の家を内緒で新築する計画たてたらマジギレされた 

これは俺が悪いのだろうか



         
2017年04月29日

145: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/06(木) 18:21:30.98 ID:6qw0BbPx
双子の妹と就職の報告を親父にした時、
実は俺達が亡くなった母の不貞で生まれた子供だと教えられたのが修羅場 

親父は母がガンで亡くなる直前にその事実を聞きだした。 
「成人して働くまでは養ってあげて欲しい」 
という遺言を守っただけと説明してくれた。

俺、妹大泣き状態 
でその後 
「実は今付き合っている彼女と今度結婚するから二度と会わないでもらいたい」 
といわれた。 

親父曰く今度こそ本当の家族を手に入れたいんだと 
母の両親はもういないし実父も慰謝料払った後母の後を追ってしまったそうだ。 

その後急遽妹と住むところを探してなんとかなったけど 
しばらく妹が情緒不安になったりと大変だった。 

今は30後半だけど俺も妹も結婚する気は全くない 
特に親父を恨んでいるわけでもないが血のつながらない 
自分を裏切った女性の子供を育てるのはどんな気持ちだったのかと考えると
なんとなく自分が家庭を持ってはいけないような気分になる。


         
2017年03月01日


396: 恋人は名無しさん 2008/12/01(月) 13:35:08 ID:EshLGJQSO
成仏させるために投下。 

俺25歳 フツメン 
彼女25歳 上戸彩似 
先輩27歳 中学校時代の先輩 イケメンで賢い 

先輩の紹介で彩と付き合って約2年。彩は先輩の会社の後輩だった(今は別の会社)。 
付き合って問題と言う問題もほとんどなく、本当に順調だった。 
結婚の話も出てきて、お互いの親にも紹介した。 
そして家探しや家具探し、新婚旅行の計画なども佳境に入って 
いよいよって時に事件は起こった。 

俺は突然親父に呼びつけられた。「話がある」って。 
部屋に入ると親父とオカンがなにやら畏まって座ってるではないか。 
俺は怪訝に思いながらも「何?何かあったの?」って能天気に聞いてた。 
そしてスっと渡されたのは封筒だった。 
おそるおそる中を見る。 
そしてはじめに目に入ったのが彼女と先輩のキス写真だった。


         
2015年10月21日
892: 1/3 2013/06/16(日) 09:49:50.00 ID:P18FVsRQ
流れぶったぎって…長文ごめん
胸がスゥーッと…とは違うかもだけど先ほどまた夢を見たので親父の話を

20年以上前…まだ俺が7歳、弟が5歳だった頃、理由は長くなるので省略するが一日だけ塗装関連の仕事をしている親父の仕事現場に行った日がある
その日の現場は田舎町の浄水場で、親父は「危ないから休憩室で終わるまで我慢してくれな」と本やらお菓子やらを買ってくれたのを覚えてる

しかしそこはクソガキ。次第に飽きて、浄水場の中を探検しよう!…という方向に話がすすみ、弟と部屋を出た
この先がいつも夢にでる場面なんだけど、当時の足で全力ジャンプして飛び越えられる高さの太いパイプと、そこかしこにマンホールがあった
そしてそのマンホール全ては作業中の為、ヨジョウ(ペンキがかからないようにする為のビニールみたいなもん)が張られ蓋が外されていた


         
2015年09月26日
834: おさかなくわえた名無しさん 03/09/04 13:19 ID:yqPR4hv4
親父と二人でバスに乗って出かけたときのこと
乗るときにどうやら、前に並んでいた数人の客も小銭がなかったらしく
両替をしながらバスに乗り込んでいた(料金は先払い)
それで俺たちが乗るときに、運転手がボソッと
「小銭くらい用意しとけよ」
ってつぶやいた。いやな運転手だなと思いながらも暑い日だったので、
中の涼しさで怒りも忘れることができた。
乗客の中には、子供も数人いて休日で出かけるのか楽しそうに話をしていた。
親は子供たちを騒がしくしないようにしっかりと見ていたし、実際そんなに騒がしくなかった。
それでも運転手は気に入らないらしく
「子供をちゃんと見ていてください、ほかのお客の迷惑です」
とアナウンスを流した。子供たちは騒がしくしているつもりはなかった
ようなので、変わらず楽しそうに話を続けていた
「うるさいっていってるんだ、子供のしつけくらいちゃんとしろ」
と、マイクでどなりその声は車内に響き渡った
子供たちはびっくりしてしまい、車内では誰一人話すらしなくなった
信号で止まると、隣に座ってた親父が立ち上がり運転手を怒鳴りつけた
「何だお前のその態度は、両替はあんたの業務でもあるし、子供が乗れば
多少騒がしくなるのは当然だろう。それに子供たちも周りに迷惑かけるほど
騒がしくはなかった。お前みたいに短気なやつが運転するバスには危なくて
これ以上乗ってられない。今すぐここでおろせ、それとお前の名前はなんていうんだ」
といってその場で俺と親父はバスを降りて暑い中、目的地へと向かった
つづく

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせてください!(改)


         
2015年09月19日
122: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/06(日) 15:01:52.55 ID:t3xWsyy2
偉そうに物申す、か。先日の箱根駅伝を沿道応援に行った時の話。
自分自身、カメラが趣味で毎年沿道で選手を撮ったりしてる。ゴール近くにいいポイントがあるのでそこでいつも撮影。
ただビル駐車場の出口になっているので、交通規制がかかるまでは邪魔にならないところにいる必要があるんだけど。
(近くの百貨店への送迎バス発着場にもなってるのでけっこう車の出入りが激しい)

規制前、駐車場出口から頻繁に車が出ているのに脚立を置いてその上にのりいろいろ確認しているオヤジ登場。
駐車場出口にいた係員の人が、オヤジに「すいませんが、車の出入りがまだあるので少し避けてもらえないでしょうか」とお願い。
しかしオヤジ「ここは公道(歩道部分のこと)だろ!その建物の境界線まではおたくの私有地だけど、ここは道路交通法で決まってる
公共の場所なんだよ!おたくらにどうこういう権利なんてないの!」とまくしたてる。
係の人は「申し訳ないですが、車が出入りするので・・・」と本当に申し訳なさそうにしてる。しかしオヤジは
「だから道交法で決まってんだよ。とやかくいわれる筋合いはないの!歩道を勝手に使ってるくせに指示するな」
と大声・早口でまくし立ててあとは係の人を無視。脚立に乗ってまた周りを確認。
カメラ趣味の人間としてもちょっとムカついたので、今度は自分が声かけた。

続く

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(110)


         
2015年09月03日
381: おさかなくわえた名無しさん 04/05/14 21:36 ID:y8vEx5rE
別スレに誤爆しちゃったよ。。気を取り直して。


ちょびヒゲ親父がマスターやってる小さい喫茶店でバイトしてた頃の話。
その喫茶店には、近所のばあちゃんと高校生の孫娘という2人組が数少ない常連客の中にいた。
ばあちゃんと孫娘はめちゃめちゃ仲良しで、俺やマスターも2人と仲良かった。
ある日、そのばあちゃんと孫娘がいる時に初来店の女子高生2人組の客も来たのね。
んで、その女子高生2人組は孫娘のカバンを指差してクスクス笑いだした。
「何あのだせぇの」「ありえなくね?」「つかあんなん持てる奴が信じらんない」とか言いながら。
孫娘が持ってるカバンは確かに流行りのものとかではなかった。
でもそれはばあちゃんの手作りのカバンだったからなのよ。袋っぽいカバン。
俺とマスターは以前そのカバンの話をばあちゃんと孫娘から聞いてて、
そんでカバンがばあちゃんの手作りってことも知ってたたもんで、内心すげーむかついてた。
しかも店が狭いうえに笑い声とかが無駄にでけーもんだから孫娘たちにも丸聞こえで、
ばあちゃんなんか明らかに悲しそうな申し訳無さそうな(←孫に対して)顔になっちゃってる。
俺の中でその女子高生2人はもう、うんこ。注文取りにいくのもすげー嫌。
そしたらいきなりマスターがそのうんこ2人組んとこ行って、そんで「帰れ」って言った。
うんこ共は最初半笑いで「はぁ?」とか言ってたんだけど、マスターが「いいから帰れ」って
また言ったら、奴らは「まじむかつくんだけど」「マジうぜぇキモイ」って切れながら帰った。
俺はもう、ちょびヒゲを心底尊敬したね。むかつくと思うことしかできなかった自分を恥じると共に。
そんで更に孫娘、「あたしこのカバン大好きだよ?」ってばあちゃんに笑顔で言った。
ばあちゃんすげー嬉しそうで、そんでちょっと泣きそう。むしろ俺が泣いた。我慢できなかった。
鼻水まで出す勢いで泣いてしまった俺はさすがに死ぬほどかっこ悪かったが、
ちょびヒゲのマスターと優しい孫娘はマジかっこいいと思った。マスターと孫娘の武勇伝。

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!13


         
2015年08月29日
574: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/09(水) 18:14:33.35 ID:B9j9B5K+
今日あったこと書かせて貰うね、本気でクソDQNになってしまったから胸糞悪いかもしれないけど許して欲しい
多少フェイク入れるね、意外と見られてるかもしれないから

今日は職場で頼まれてハロワークへ出かけた
オレは休みだったから書類だけ渡して帰ればいい簡単な仕事だった

11時前で人も沢山いて駐車場は1箇所しかあいてなかった
車を停めて電話で会社に確認を取り離れながらふと車の方を見た
左隣の車が異常に曲がってる
(このままじゃ隣の人車に乗れないかも、オレの車も当てられそうだし)
そう思って電話が終わってすぐに車を動かしにむかったんだ
そしたら車ほうからバン!って音がして急いで向かったら太ったじじいがドアを無理やりあけて車に乗ろうとしてる

しかもオレの車の後部ドアにじじいの車のドアがめっちゃ当たってた
急いでじじいに文句を言いに行った
「当たってますよ!当たってる!これ自分の車なんですけど!?」
じじいは乗り込みながら、
「ああすいませんすいません」
と言ってこちらも見ようともしない

じじいが車に乗ったんでナンバーを携帯で写真にとって降りてくる様に言った
念のためともう一枚写真を撮ってたらじじいが急加速で逃げていった

警察を呼んで調書を取って、ナンバーが全部わかってるからすぐ相手はわかるといわれて家に帰った

14時ごろ警察から犯人がわかって全部認めて修理にも応じるといってると相手の住所、名前、電話番号を教えてもらった
すると警官はこう言ったんだ
「少しおかしいみたいで・・・危険だと思ったんであなたの連絡先は教えてない。できれば保険屋に間に入ってもらって」

すぐに電話で相手へ連絡した
以下その時の会話

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(118)


         
2015年08月13日
834: おさかなくわえた名無しさん 03/09/04 13:19 ID:yqPR4hv4
親父と二人でバスに乗って出かけたときのこと
乗るときにどうやら、前に並んでいた数人の客も小銭がなかったらしく
両替をしながらバスに乗り込んでいた(料金は先払い)
それで俺たちが乗るときに、運転手がボソッと
「小銭くらい用意しとけよ」
ってつぶやいた。いやな運転手だなと思いながらも暑い日だったので、
中の涼しさで怒りも忘れることができた。
乗客の中には、子供も数人いて休日で出かけるのか楽しそうに話をしていた。
親は子供たちを騒がしくしないようにしっかりと見ていたし、実際そんなに騒がしくなかった。
それでも運転手は気に入らないらしく
「子供をちゃんと見ていてください、ほかのお客の迷惑です」
とアナウンスを流した。子供たちは騒がしくしているつもりはなかった
ようなので、変わらず楽しそうに話を続けていた
「うるさいっていってるんだ、子供のしつけくらいちゃんとしろ」
と、マイクでどなりその声は車内に響き渡った
子供たちはびっくりしてしまい、車内では誰一人話すらしなくなった
信号で止まると、隣に座ってた親父が立ち上がり運転手を怒鳴りつけた
「何だお前のその態度は、両替はあんたの業務でもあるし、子供が乗れば
多少騒がしくなるのは当然だろう。それに子供たちも周りに迷惑かけるほど
騒がしくはなかった。お前みたいに短気なやつが運転するバスには危なくて
これ以上乗ってられない。今すぐここでおろせ、それとお前の名前はなんていうんだ」
といってその場で俺と親父はバスを降りて暑い中、目的地へと向かった
つづく

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせてください!(改)


         
2015年08月13日
476: おさかなくわえた名無しさん 03/08/28 09:52 ID:YEE83Ubr
オレの家の前の道路は某プチDQN高校生がよく通る道で日頃からうるさく
またゴミを塀越しに家のほうへ捨てられたりして非常に迷惑をしていた。
今日やっと遅めの夏休みが取れたので、朝からハーフパンツにTシャツ姿で
マターリと犬の散歩をして9時ぐらいに家へたどり着こうかとしたとき
正面から三人の工房がやって来てそのうちの一人が空缶を塀越しに捨てた。
夏休みもろくに取れなくてストレスが溜まっていたオレはそいつに向かって
「ゴルァーーー 人んちにゴミ捨ててくんじゃねー」とかなりでかい声で
叫んでしまった。
一瞬工房たちはビックリしたようだったがオレを見て直ぐに
「ウゼーんだよ オヤジ」「タコられてぇのか」とか言って通り過ぎようとした。
すると騒ぎを聞きつけ凄い剣幕で出てきたうちのオヤジに
「朝からウルセーぞ! 誰だそんな生意気な口をきいたヤツは! おまえかー!」
と不幸にして一番髪の長いヤツ(結果的にそいつが捨てたヤツだった)が
髪の毛を鷲掴みにされ家の方へ連れて行かれた。

引用元: ・胸がスーッとする武勇伝を聞かせてください!(改)


最新記事
カテゴリー