結婚式の記事一覧

         
2020年07月01日

739 :修羅場な話 2019/12/22(日) 09:36:10 ID:jO.bx.L1
義姉(旦那姉)が羨ましいんだと思う。
自分のワガママな嫉妬で旦那にも誰にもいえないから吐き出し。

義姉は私より半年あとに結婚したんだけど、なんか全て私よりなんかひとつ上手って感じ。

私は結婚式に憧れがあって、友人たちもたくさん呼んだ。場所に、ドレス、披露宴の食事代、引き出物全てこだわった。
ウエディングプランにエステもついていて、堪能して、素敵な演出で大満足。
ただ、結婚式にお金を使ってしまったからハネムーンはなし。
結婚式後の大型連休に東京のディズニーに行ったくらい。

一方義姉夫婦は、呼ぶ友達が居ないから2人で海外挙式すると言い
ヨーロッパの素敵な海が見える場所で1日プランでフォトウェディングをした。
ウエディングドレスはまさかのメルカリで中古を6万円で購入。
義姉は器用なのでドレスに色々装飾をして素敵なドレスになった。
ティアラもアクセサリーも自分で作成、もちろんブーケもベールも。
英語で向こうのカメラマンと美容師をFacebook経由で見つけ、ヘアセット、メイク、カメラマンを頼み、フォトウエディング自体は20万ほど。
カメラマンも素人らしいが、すごく上手な人だったようで、見せてもらった写真は素敵な写真ばかり。
ハネムーンもかねていたのでヨーロッパを堪能して帰ってきた。

義姉は嫌味もないし、素敵な人だと思う。
私達の結婚式前に義母が「結婚式、なんで日本でしないの?」という問いに、義姉は「だって見せ物みたいで嫌だし、結婚式にお金使っても無駄だなーって思うんだもの」って言っていた。
多分この一言が私の中でずっとモヤモヤしているんだと思う。
でも義姉は私達の式のあとに「素敵な結婚式に参列させてくれてありがとう、あんなに沢山の方に祝われて羨ましい」って言ってくれて、それも本心だとは思う。
だから、ただのひがみで、これからも価値観の違いでモヤモヤすることはあると思うから
嫌な気持ちは年内に吐き出して終わり。
お目汚し失礼しました。


         
2020年05月30日

501 :修羅場な話 2008/04/06(日) 18:08:48
親戚のお兄ちゃんが新郎の結婚式、レストランで人前式だったんだけど、
変なお婆さんが「娘の結婚式だ!」って押し掛けてきて騒いだらしい。
式の直前だったのに、新婦両親は揃って青い顔で出て行った。
その後式は少し遅れて始まったけど、新婦さんは普通ににこにこしていた。
変だなーと思ったのを覚えてる。

最近ようやく事情を聞けたら、新婦さんは養女で変なお婆さんは本当の母親。
落ちぶれたお嬢様だった実母は、新婦さんの実兄が逆玉に乗ることになって
返り咲きの機会が来たとヒートアップしすぎちゃったらしい。

何としても結婚を成功させようとして、借金して服や家具を買ったりしたらしい。
しかも、まだ小さかった新婦さんが自分の家の貧乏さをうっかり言わないように
婚約者が来るときは、口にガムテープ張られて庭の物置に閉じ込めてたとか。
それでも婚約者に妹がいることがばれて、一度会いたいと言われちゃったから
慌てて自分の友人の家に「あげる」と言って養子に出してしまったんだそうだ。
「もううちの子ではないし、親に会ったらめでたい席で泣くから結婚式にも出さない」
ということで結婚式を乗り切ったらしい。

当たり前だが新婦さんは実母をひどく恨んでいて、連絡を絶ってたという。
しかしそこまでした実母、実兄さんの浮気であっさり離婚し逆玉から転落。
今は息子からも娘からも縁を切られて孤独らしい。

新婦さんは「あの女はいつも私を不幸にする」と控室で言ってたそうだ。
今は幸せらしいのでよかったねと思う。

         
2020年05月28日

217 :修羅場な話 2009/04/16(木) 11:24:35
文章下手だけど、書き込んでもいいかな?

こないだ、結婚式を挙げました。

俺26
嫁24

出会って15年
付き合って二ヶ月目の去年の9月に籍を入れたんだ。

その時、俺は海外出張を控えてたので結婚式はしなかった。


         
2020年05月12日

734 :修羅場な話 2011/02/04(金) 14:15:11 0
先日籍を入れた兄嫁。
どうやら去年の春先に合コンでつきあい始めて夏には旅行に向こうの家に挨拶。
秋に結婚したいと言いだした上に、うちが自営業なのになぜか兄が彼女の社宅に引っ越して(隣の県)住む予定に。
で、「結婚の挨拶に来させる!」→「急に何言うんだこっちの都合は無視か!」→「でも彼女が来たいって!」
で押し切って急に彼女様登場。
しかも、そこで母親が「そんなに急がなくても」と言った一言が彼女の逆鱗にふれ、以降、うちの実家の県に入るだけでお腹が痛くなる
鬱気味になって周りからも心配されるようになった
全部うちの母親に結婚を反対されたせい。今まで生きていてこんな経験したことなかった!
兄経由で話をきくにつれて母親がそれこそ鬱っぽくなり一時寝たきりに。
向こうは勝手にブライダルフェアに行って式場予約。一年前から決まっている従兄弟の挙式1週間後という無神経日取り。
さすがに父親がブチギレたら「こんなことで怒るなんて!結婚は無理!慰謝料寄越せ!裁判する!」って喚く。
挙げ句、先月に妊娠発覚w
もう良い、結婚認めるし、孫も産まれるんだからせめて産後に挙式延期しよう、費用も負担するし、ってこちらが歩み寄ったら
結婚式の日取りを延期されるぐらいなら、子どもなんか堕ろす!!!
もう、強迫まがいのことしか言わず…。結局彼女の言うとおりに、結婚式は早めて、兄は隣県にある彼女の社宅に引越、そこから自宅に毎朝通勤。
身内だけと言っていた結婚式も、両家親族一同全員参列、彼女の実家の方針で料理も決定。
結婚するだけでここまで理解不能な行動をとり続ける兄嫁、兄は「結婚式さえすればおとなしくなる」って言いますが、本当ですかね…。
兄の言い分だと、「彼女は高校生まで海外で過ごしていたから、考え方が日本と少し違うんだ」ってことなんですが…。
上の兄嫁も帰国子女だけど、もっとまともでした…。

         
2020年04月23日

726 :修羅場な話 2018/02/15(木) 18:45:06 0.net
友人が美人で金持ちと結婚して今幸せみたい
寄ってくる男がクズばかりで金持ちとかイケメンってだけで結婚する人が分からないって言ってる人だった
旦那さんとおつきあいする時に某飲食店のバイトをしてるけど収入は無い良いのか?っていわれたんだけど友人はOKしたんだって
人柄が温厚で素直で優しい人だったからこの人と結婚したいって思ったらしく…
私は内心大丈夫かなーなんて思ったけど、結婚式の時にバイトの割には良い結婚式するなと思って参加してきた
友人が新婦の待合い室で泣いてて、旦那が今日の日の為にお金貯めててくれてたみたいなの、私一生あの人と一緒に頑張って支えて暮らすって泣いてた
私も泣いたわ
でも結婚式の時に旦那さんがいきなり某企業の社長だと発表
花嫁パニック。滅多に見られない結婚式を見せて貰った
隠された事に腹を立ててたけど今は幸せにやってるみたい
あとから聞いたけど旦那さんは金目当て権力目当ての寄ってくる女に嫌気がさしてたらしい、騙していて心苦しかったけど、職業をバラしたら目の色変えられたらと怖かったみたい
こんな結婚もありだないいなぁと思う

         
2020年04月22日

291 :修羅場な話 2012/01/18(水) 09:59:26 O
うちの義弟嫁&義弟の話を聞いて下され。
義弟夫婦、とくに義弟嫁は以前から我が家の真似っ子ぽいなぁと思っていたんだ。
結婚式のプログラムやドレスや髪とかアケセが丸被りだったのは、別に相談されたわけじゃないし偶然かな~と考えた。
余計な事だけど内心で、私達よりずっと若い義弟夫婦なら、もっと今ふうに無駄な費用がかからない披露宴や、義弟嫁の体型やタイプに似合った装いすれば良いのに、と感じてた。
その後に義弟子ができたら、義弟嫁実家方式ではなくて私実家の祝い事のしきたりを後追い。
うちはこんな時に「義実家のやり方はこうザマス」と口出ししそうなウトメや親戚ジジババがタヒに絶えてる。
だから自分たちのの好きにやれるのに、何か変だなと。
義弟の転勤で我が家地方に引っ越しが決まったら、勤務先の近くに手頃で子育てに向いた賃貸が山のようにあるのに、わざわざ車が無いと生きていけない田舎にある我が家の近くで家探し。
場所がらファミリー向けマンションなんて無いから、昭和の時代の古い不便な戸建て借家をやっと見つけた。
そして、私の乗ってる車に似たのを買うと言い出した。
別に好きな車を買うのに異論は無いけど、義弟家の駐車スペースは軽2台がやっとなんだ。
そして既に義弟の車が車庫登録してるし、1台でいっぱいになってる。
田舎なので駅前いがいに月極め駐車場が無いし、周りはみんな無駄に広い敷地や納屋とか知り合いの空き地を駐車場にしてる。
義弟夫婦は来たばかりで知り合いが居ないから、我が家の駐車場の名義を貸してクレクレ攻撃されてる。
夫が義弟夫婦に、それって車庫飛ばしとかいう違法だし、大家のおっちゃん(この辺りの地主さま)に適当な空き地を貸して貰うよう頼めばって断ってるけど
「今すぐ車が欲しい。車庫登録だけ済ませたらすぐに車庫をかりて登録を変更するから」って夫婦で駄々を捏ねてる。
車が2台必要なのはわかるんで、義弟の大きな四駆(これも夫の車の後追いっぽい)を手放して、義弟嫁と義弟がそれぞれコンパクトカーにすればって案は
「それじゃ意味ない」って言い張って、このままじゃいつまでたっても車が買えないのに妙に固執してる。
意味ないのはこの夫婦の行動だよね。


         
2020年02月28日

631 :修羅場な話 2011/11/26(土) 02:57:13 0
ふたり揃って無職のうえデキ婚の義弟夫婦
義弟嫁が出産してしばらく経ってから
夫に出産報告のメールが来た
しかし仕事中だった夫は普通におめでとうと返したのみ
それを未だに根に持たれてる
私達の結婚式にも娘誕生日にもお祝いひとつなかったのに、なんなんだかw


         
2020年01月15日

337 :修羅場な話 2008/04/30(水) 09:09:01
前に言った結婚式で、新郎母と新郎姉がそれぞれ遺影を掲げてた。
父親とかならわかるんだけど、それが2歳の子供…
しかも泣きじゃくっていて、たまに号泣。
そしてお酌しに来た新郎母はその事故で亡くなった子供の思い出を延々と語る。
女の子だったんだけど
「いつかウェディングドレスを着て…」とか
「成人式の着物が…」とか。
おまけに飛び入りスピーチで
「新婦さんを見て娘を思い出し…」「女としての幸せが…」と号泣。
さらに「娘の席と陰膳を用意してくれなかった」と新婦側を責める。
グジャグジャと泣きながら話す新郎母姉を、最初は
「かわいそうに…」と思っていたんだけど、
それが延々30分以上。
子供や孫を亡くしたってのは大変な事だし、それはわかるんだけど、
「子供を亡くした事が原因で夫と離婚した」とか、
「あの時ほんの一瞬目を離さなかったら」
「新郎が新婦とデートに行ったから預かってもらえなかった」って何回も何回も言う。
とってもくらーーい気持ちになった。
新郎も新婦も高砂でうんざりがお、そのスピーチのせいで時間が押してお色直し一回省略。
しかも後から聞いたら、その子供のタヒ因、
DQNの夏の風物詩とでもいうか、「パチ〇コ放置タヒ」。
チャイルドシートに座らせておいてタヒんだんだって。
2歳だからせめて普通にしてたら開けられたかもしれないけどね。
そういえば数年前に地元で執行猶予になったパチ〇コタヒがあったなー…って思いだした。
ちなみにパチ〇コしてたのは新郎母と新郎姉、
新郎姉元夫はパチ〇コを辞めるように何度も言っていたそうだ。


         
2020年01月09日

708 :修羅場な話 2016/05/07(土) 02:13:43 ID:Zzdqll0E.net
最近友達が親族のみの式を挙げたらしくて、
FBにドレスとかケーキとか載ってて見てたら、

ウェディングケーキが、2年前私が式をした時のウェディングケーキとまっっったくの瓜二つで
えっ?!これ私のと同じ?と思って
自分のケーキ画像みたら、
違うのは、色味と、名前のプレートの周りににアラザンをかけたところだけでした。
クリームの塗り方も、ケーキの段の数も、使ったフルーツも、そしてフルーツに砂糖をふりかけるのも、盛り付けの配置も、チョコの形も、そしてその中にかく文字やその内容、自体も全て同じwww

何も言わず放置してスルーしてたんですけど、
今日いきなりその子からインスタグラムにコメントがいきなり来たんです。

「ウェディングケーキ、◯◯ちゃんと、似てるね~!びっくり♡」
ってコメント来てました。
私あなたに何も言ってないですけど、、
このコメントがわざとらしいと思うのは自然なことですか?

心狭いんで、なんかめんどくさくなってきてブロックしようかなと思ってます。
もう会うこともないんで。

         
2020年01月07日

927 :修羅場な話 2019/03/12(火) 22:55:59 ID:Ikz
長い昔話になります。

学校の先生になって、新卒2年目のとき。担任してたのは低学年。
うちの学校は一学期と二学期の終わり、計2回個人懇談がある。
その2回目の個人懇談のとき、A君のお父さん(Aパパ)と面談中の出来事。

Aパパはシングルファーザーで、息子の育児に色々悩んでいた。
だから4月からアレコレ相談されることが多く、話しやすい保護者ではあったんだけど。
懇談の最中、何かの流れで、
「それはそうと、時期はいつ頃がいいでしょうか?」
と突然聞かれた。突然すぎて、なんのこっちゃ、な私。

「何の時期ですか?」
「式の時期ですよ。あまり忙しい時期だと、そちらのご迷惑かと思いまして、一応お伺いしようかと」
「式??」
「結婚式です」
「は、え、あ、ご結婚されるんですか!?」
「はい、本当にありがとうございます」
「こちら(学校)としては、いつでも構いませんよ。お父様とA君のご都合を優先させてください」
「いえいえ、さすがにそういうわけには行きませんから」
「…?A君、転校とかされるんですか?」
「いえ、転校はしません」
「でしたら、私どもの都合はあまり関係がないので…」
「そうは言っても、ドレス選びとか色々あると思うんですよね」
「は…?え?ドレス??」
「やはり冬休みがいいでしょうかね。先生も少しはお休みできますよね?」

ここまできて、やっと結婚式に自分が招待されていることに気づいた。
Aパパがあまりに堂々としてるから、一瞬、保護者の結婚式に担任が出席するのは普通なのかと焦ったが、
いやいや、いくらなんでも個人的に親しい訳じゃないし、それはおかしいだろうと思い直して、断ることに。
そしたらAパパ、大真面目な顔で、身を乗り出してこう言った。

「何をおっしゃるんです。主役が不在では、式にならないじゃないですか」

いまだにこの瞬間の、何とも言えない耳がキーンとするような衝撃は覚えてる。
Aパパ、私を招待する話をしていた訳じゃなかった。
Aパパと私の結婚式の話をしていた。

当たり前だがAパパとは、「息子の担任」以外の関わりはない。
そもそも告白もされてないのに突然結婚式!?とか、
この人、息子の担任をそんな目で見てたの!?とか、
ちょっと何言ってるか分かんないです状態。
会場はどうのとか、親族がなんだとか、勝手に話を進めるAパパを前に、
しどろもどろになりながら否定してみるも、全然会話が噛み合わない。
うろたえる私に、「驚かせてすみません」と笑いかけ手を握ってこようとするし、もうパニックもいいとこ。
仮にもクラスの子の保護者だし、穏便に勘違いをただすにはどうしたらと、
泣きそうになってたら、異変に気付いた順番待ちの他の保護者(廊下にいた)が、教室に入ってきてくれた。
そろそろ私の番なんですけど~、との保護者の言葉に、Aパパはすんなり
「では、また日を改めて話し合いましょうね」
と笑顔で去っていった。あまりに普通すぎて怖かった。

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー