結婚の記事一覧

         
2019年09月13日

209 :修羅場な話 2015/07/12(日) 18:08:05 0.net
中学生のとき実の母に「お父さんと仲が悪くなったのも離婚したのもあんたのせいなんだよ」って言われて心の中がまず第一の修羅場

半年後、父親と二人きりでの面会時
私「お母さんがこんなこと言ってたけど本当?」
父親「そんなことはない。離婚は僕たち二人が悪かったんだよ」
私「じゃあ私、お父さんと一緒に住みたい。お母さんはもう無理」
父親「いや…父さんとはなぁ…学校も遠くなるし…そうだ!親戚の○○さんの所に行けば良いんじゃないかな?」
その直後、父親が再婚、引っ越し。私は邪魔だったと分かり第二の修羅場

高校一年の時、上記の「お父さんと暮らしたい」と言ったことを耳に入れた母親がキレて私の存在を家から消した。母が私に話しかけるのは親戚や母の友達が来ている時に「良い母ちゃん」を演じたい時のみ
家事は母と弟の分だけ。私の洗濯物、食事は高校3年間自分でこなした。第三の修羅場だけどしばらくしたら慣れた

父がいない事を心配した祖母が時々お小遣いをくれたので、バイト代と合わせて貯めて、高校三年生の時に遠方の公務員試験を受ける為の受験料や交通費に使った
無事に合格したので母と父に報告
母→いつも通り無視
父→そうか。引っ越しはいつだ?金を振り込んでやるから口座を教えなさい
両親からのおめでとう、は無かった

新天地へ無事に引っ越し。その後帰省も両親との接触も何もなく、仕事に励む。23の時、結婚したいという物好きが現れたので式は挙げず入籍のみ。夫実家、同僚、上司が祝ってくれた

妊娠したので母と父に連絡しようとしたら番号が変わって連絡が取れなくなった。祖母宅には繋がったが祖母はもう亡くなっていた。第四の修羅場

落ち込んでいる所に、夫が「君はお花から生まれた妖精なんだよ。僕に幸せを蒔くために生まれてくれたんだ」とアホなセリフを真剣な顔で言ってきたので泣きながら大笑い

女の子だと思っていたお腹の子にお珍ちん付いてたので、色んなグッズを買い換えてる現在修羅場


         
2019年09月06日

269 :修羅場な話 2017/09/11(月) 15:18:04 ID:5/n41x7C0.net
23才の時に33才の人を好きになり、私からアタックし、付き合う事に。
でも彼から「年齢差あるし、結婚は無理と思う」と言われてた。
私も若かったからそれでいいと思ってた。
ある日、彼、彼友達、私の3人で飲んでいると、友達が「結婚はいつ?」と聞いてきた。
彼はふざけた様子で「ないない!結婚はもっと大人な女性.がいい~」と。
その友達が「彼女の前で失礼すぎ!」と怒った事もあり、彼は自分の言動を後悔したようだったが謝罪はなし。
私は、無神経な事を言う彼を許すまいと思った。彼の前では気にしてないフリをしながら。

         
2019年09月05日

808 :修羅場な話 2014/04/08(火) 21:46:38 .net
俺と嫁の出会いを淡々と語っていく
質問や意見は語り終わるまで流すぜ~

当時俺が済んでたボロいアパートの隣にはコンビニがあった
いつも仕事帰りにそこで飲み物買ってタバコ吸って家に帰るのが日課だった
そんなある日、俺がいつも通り飲み物を買って外にあった喫煙所に行ったら、見知らぬ女がいた
歳は高校生くらい
まあそれが嫁だ
嫁は特に何もすることもなく、なんか喫煙所のところにある自動車のタイヤ止めのブロックに座ってた
俺も特に気にすることなくいつも通りタバコ吸って帰った
それからちょくちょくそのコンビニで嫁を見るようになった
まあ赤の他人だし、我関せずを徹していた
それでも不思議に思っていた
いつも決まった時間にそこにいて、何もせずただぼーっと座っていた
それから結構月日が経っても、毎日ってわけじゃなかったけど、けっこう頻繁に嫁はいつも決まった時間にそこにいた
さすがに気になり始めていた俺は、何となく、座る嫁に話しかけてみた

         
2019年08月17日



61: 名無しの心子知らず 2005/06/09(木) 11:23:32 ID:FBRZg7mg
結婚を秋に控えてたけど、できてしまった。
それをうちの親と、彼の親に報告に行くと、お義母さんが、おろせとは言えないし産めって言うしかないでしょと言われた。 

むこうも冗談まじりに言ってたし、いつもなら私も笑って流すけど、妊娠中で神経が過敏になってるせいか、おろせって言葉がかなりショックだった。 


しかも、自分が妊娠中にお義父さんは何もしてくれなかったらしく、彼に、妊婦に甘くするな!なんでも一人でやらせろ!私は誰にも手伝ってもらわなかったんだからって言われた。 

いつも、いい嫁でいようかわいい嫁になろうって、頑張ってたけど、一気に馬鹿らしくなった。 
妊娠の大変さを一番よくわかってる人に、そう言われるとは。

お義父さんは、彼に、○○ちゃんのこと大事にしてあげなさいってすごい心配してくれたけど。 

こんな人とずっとやってけるか不安です。 
彼にも帰りの車で、お義母さんの言うこと聞かないでよ!って怒ったけど、自分にとって楽なことを人から言われると、そっちを信じる人なので…、情けないです。




         
2019年08月13日

132 :修羅場な話 2018/10/25(木) 17:43:26 ID:fmry+yaz0.net
10年付き合ったヒモ男の事一生養うつもりでいたのに
年収2千万のフツメンに出会ったその日に求婚されて金に目がくらんでOKしてしまった。
ヒモには散々尽くしたし貢いだから別れたいと言ったら向こうはむしろ安心したような顔してたし
新しい彼氏は車で送迎してくれるし美味しいごはんも作ってくれるしありがたいけど
全然好きじゃない。でも親は泣いて喜ぶし、この人しかいないってわかってる
でも恋愛の情熱はヒモに全部使った。
昨日彼氏の金でホテルのフルコースごちそうしてもらったけどヒモに食べさせてやりたいとしか思えなかった
面白い漫画読んでも仕事で失敗してもヒモに連絡したくなる
でも結婚はしたい。好きじゃない人と結婚していいのかなあ

         
2019年08月02日

538 :修羅場な話 2013/12/13(金) 14:57:21 ID:aDO9zHcO
長文になってしまった。すまん。どこかに吐き出したかった。
フェイク入れてるのでつじつま合わないかも。

友人A…実母を亡くした。非医療系で家族にも医療関係者はなし。
友人B…看護師
A母はBが務めている病院に入院していた。
ここまで前提。

A母が亡くなってから1年後、久しぶりにAと会った。というのも、A母葬儀後、Aから
「しばらくバタバタするから会えない。落ち着いたらこちらから連絡するから許してほしい」と言われていたから。
そこでAからA母入院~亡くなるまでの家族の修羅場を聞かされた。

A母の病気は『薬が効くとよくなるが、効かないとタヒんでしまう。薬が効くかはやってみないとわからない』というもの。
薬はX→Y→Zみたいに、効かなかったら強い薬に切り替えて治療していく。
薬を切り替える時には医者から電話で連絡があって、A父が口頭で承認して後で同意書を書いていたそうだ。
そして2か月位したところでA母の体力の限界が来た。
「人工呼吸器をつけるか、つけなければ1~2時間で亡くなる」と、医者に電話で聞かれてA父は咄嗟に「つけてください」と答えた。
しかし、そこからが本当の修羅場だった。

         
2019年08月01日

677 :修羅場な話 2013/08/04(日) 10:04:51 ID:/GEqt/gh
旦那と知り合う前に一度だけお見合いをしたことがある。
その頃彼氏にフラれたばっかりだったことや、
仲の良かった友人が立て続けに結婚したことで正直焦ってた時だったから
母の友人経由の見合い話に飛びついた。
勤め先は誰もが知ってる企業だったし、次男だったし、実家は結構な不動産持ちと
条件としては良かった。
ちょっと背が低いのは気になったけど私もチビだし。(私152cm、彼162cm)
会ってみたら思ったより爽やかな感じがしていいなと思ったのでOKした。
彼からもOKが来て、付き合いが始まった。
お見合いしたのが正月明けだったので、しばらくはお互い年度末で忙しくて
週1ぐらいしか会えなかった。
それが3ヶ月ぐらい続いたんだけど、ある日彼と一緒にいても全然ときめかないことに気付いた。
でもお見合いだからこんなもんかなと思ってた。
田舎のお見合いだったから3ヶ月も経つと結婚するかしないかの決断を迫られる。
でも私にはまだ決められなかった。
彼の方は結婚を前提にと思ってたようで、
一体何が引っかかってるのかとよく聞かれるようになってきた。

         
2019年07月31日



458: 名無しさん@HOME 2014/10/17(金) 12:52:51.66 0
私には高校の時から付き合っていた元彼がいました。 
しかし元彼は大学4年になっても就活をせず、挙句大学院に行くと言い出しました。 
最初に断わっておきますが、文系です。 
文系の院進学なんてわかりやすい人生失敗の地雷ですよね? 
確かに名の知れた大学の院に受かったようですが、その頃から引きこもりがちに 
なっていました。私は院進学にちょっと反対したのに全く聞き入れて貰えなかった事も 
あって徐々に疎遠になっていきました。

しかも、社会人になって忙しくなっていき、元彼は引きこもりがますます酷くなっていった上に 
私が会社でほかに好きな人が出来たので今年の3月に別れました。 
別れ話の時にずいぶん相手がごねて縋ってきたので、煩わしくなって 
きつい事を言ったり、やったりしたのは事実です。



         
2019年07月26日

573 :修羅場な話 2018/06/27(水) 18:41:19 ID:C9k3s35N0.net
夫の姪が結婚するということで一家族(夫自分息子3人)で10万準備してた
招待状が主人と息子(社会人1年目)に2通来たので、まず御礼の電話を主人が擬姉にしてたら

「電話は良いから、早くお祝い持って(姑家:車で15分)来て!」

とクソ姑の声が電話越しに聞こえたので、一刻も早く氏ねと思った

         
2019年07月16日



549: 1/3 2010/02/20(土) 17:15:29
今年春に再婚するので、思い切って過去の馬鹿な自分を晒してみる。 

28歳の時、付き合いだしてすぐ遠距離恋愛(しかも海外)になって2年目の彼からメールでプロポーズを受けた。 
正直に言うと彼のことは良く知らなかった。 
実質付き合ったのは数ヶ月だし、その後は海外生活だから。 
でも、何故か「30歳までに結婚したい」と焦っていたのと、しばらくしてから久しぶりに帰ってきた懐かしい彼をみて情が湧いたのか思わずOKしてしまい、あっさり結婚が決まった。 
彼は妙に結婚を焦っていて「結婚式は後でいいから先に入籍しよう」ということになり、私も「まぁ、どうせ籍入れるんだし」と安易に引き受けてアッサリ入籍。 
結婚は入籍から1年後、ということになった。 
そして、新居を探している時、彼が「家賃を節約するために実家で同居しないか?」と言い出した。 
それは流石に嫌だったので「せっかく新婚なんだし…」と拒否をしたんだけど、結局、彼に言い負かされて(具体的には金の話)同居することになった。 
その代わり、家賃分を貯めて3年で頭金をためて二人で新築の家を買おう、ということになった。 
同居も私が一人暮らしで家賃がかかるから、早い方が良いといわれて10月頃に同居が開始。 
結婚式は翌年の5月で式まで約半年、という感じだった。 
ちなみに、義父は出会う前に亡くなっていて、義母と子連れで戻ってきた義姉と彼と私の5人暮らしになった。 
義母はパートをしていて、義姉は無職。 
「仕事なかなか見つからないの〜」 
「世間って子連れの女には厳しいよね〜」と言いつつ、毎晩のように誰かと飲みに行き、帰りは午前様という生活をしている。 
家事一切は私が任された。 
義母は週4〜5回、午前中だけの仕事だし、義姉は無職なのに何故私が?と思ったけれど、当時の私は言われた通りにしてしまった。



最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー