発狂の記事一覧

         
2021年10月16日

159 :修羅場な話 2017/08/14(月) 12:45:26 ID:+oLnxxCx.net
とれたてホヤホヤの修羅場

先日、お盆でみんな集まるからと簡単な同窓会をした
その中で私は結婚が決まったので報告したんだけど、1人の元同級生が発狂
そいつは私が小学校から中学までの5年間好きだった人、でも中2の時のバレンタインで、みんなの前でチョコを校内の池に投げ捨てられて、ああこいつダメだと思ってから嫌い
その後高校でバラバラになって、私はバイト先で出会った年上の人と交際してそのまま結婚になりました

同窓会で「結婚が決まりました!」と、報告
みんな盛り上がってくれる中、1人が「もしかして同級生の中にいるんじゃね?」と茶化した途端そいつが発狂

「誰がお前なんかと結婚するか!」
「デブスだったくせに調子乗りやがって!」(当時はかなり太ってたかもしれない)
「そこまで言うなら付き合ってやるよ」←!!?
「あの時だって焦らしてやったんだ!今になって泣きついてきたんだから、結婚してやる」←!!!!?

男衆がそいつを羽交い締めにして落ち着かせ、私はみんなに婚約者がどんな人か説明、でも知ってる人の方が多かったし根回しの意味なし
確かに昔は好きだったけど、今は嫌いで嫌いで仕方ない……
なんでそいつが発狂したのかはわからないけど、聞いたところによると、高校の時に付き合ってた彼女にこっぴどくふられてから、そういや昔私が自分のこと好きだったよな?と考えたらしい…
なんで丹精込めた手作りチョコをどぶ池に放り込んだやつのこと、まだ好きでいると思えるのか…
もう地元離れて婚約者と同棲してるから、そいつのことは忘れて暮らす


         
2021年08月31日

906 :修羅場な話 2013/09/26(木) 11:11:02 ID:U4g5JeqY0
復習かどうか分からないけど。
昔、中小企業の工場の組み立て部署に務めていた時の話。
仕事内容は、数を数える作業なんだけど、
それでも10キロあるような重たい箱を持ち上げして、
組み立ての作業台に乗せたり、かと思えば、米粒くらいの大きさのネジを
数百単位で数えたりしていました。
まあそれくらいなら、いいのですが
作業する方に呼ばれたら走って作業台まで行き
数えた部品を作業台に乗せていかなくてはいけなくて、
遅れると舌打ちされたり、文句を言われるわけでスト乚スもたまりました
しかも数えている途中ですから、一つでも数が合わなければ数え直しが必要でした。
数え終わるまで、帰ることができずに、一人で夜遅くまで残ることもあり、
上司に人数を増やして欲しいと何度もお願いしましたが、
一人で出来ているのだから、わがままを言うなと言われてしまいました。
しかも、残業代なし。
それからだんだん体調が悪くなり、生理が止まってしまったり、
嘔吐を繰り返したりしてました。こうなると自分が本当にわがまま何じゃないかと
思うようになって抗議もやめてしまいました。
それでも、作業している方達は相変わらず、甘えているだの
舌打ちするなどして相変わらず意地悪い感じでした。

因みに作業する方は4人で、みんな女忄生。

         
2021年08月21日

597 :修羅場な話 2015/03/27(金) 22:58:46 ID:lDW0qeEs.net
3年近く付き合った彼女、結婚したら子供が欲しいと言い出した。
付き合いだした頃から、俺は子供が苦手。結婚しても子供要らないと話してた。
でも、結婚の話が出た途端、子供子供子供産みたいとしつこい。
じゃあ、子供欲しい男探せよと別れきりだしたら、もう34だから時間がないと泣く。
いい加減成長してよと、有り難い御言葉まで戴いた。
何故、お前の要求を呑むことか成長なのか。その年になって、相手の人格を無視した要求を当然のように出す人間とは結婚できないと、仮に子供はもういいと言ったとしても別れると告げた。
そこからがしつこかった。自分の友人も使って電話攻勢。兎に角、元彼女の要求を呑まない俺が悪いとわめき散らす。
別れてからもう2年、共通の知人の話では未だ結婚はしていないらしい。こちらは、子供要らないというか産めないらしい相手と秋に式を挙げる。
その話を聞いた元彼女が発狂しているらしい。未だ俺が悪い、俺のせいだと喚いているらしい。あんなのと結婚しなくて良かった。

         
2021年07月24日

187 :修羅場な話 2018/10/11(木) 17:04:21 0.net
身内が十代でガンになったけど、若い人のガンっていうのは、本当に修羅場というか悲惨で悲惨で……。
こんな言いかたなんだけど、老人ならまだいいんだ。長く生きないから。
若いとガンは進行してすごい苦しみなのに、体は若いから長く生きてそのぶん苦しんで、薬とか麻酔もきかないんだ。
父親が先生に土下座して「点滴をやめてください!餓タヒさせてください!」って言って先生は「それは杀殳人です」とか言い合って
見ていられなかった。母親は発狂していた。結局転移しまくっても若い生命力で数か月生きていた。あれは思い出したくない……。

         
2021年05月20日

369 :修羅場な話 2015/09/17(木) 21:39:55 ID:ONH
スカッとするかはわからないけど、私と愛犬におきた話です
文才がないので、読みにくかったらスルーしてください

私は結婚と同時に長年住んでいた県を離れ、捨犬猫杀殳処分 日本ナンバーワンのところに引っ越した。
結婚式もハネムーンも終わったし、犬でも飼おうか!なんて話をしていた。
旦那はペットショップ業界が大嫌い(ペット業界の闇で調べてみてください)
犬を飼う条件で「捨て犬から飼おう」というものを提示された。
私としては大賛成!って感じで里親募集サイトを色々見回った。
杀殳処分ナンバーワンなだけあって出るわ出るわ里親募集の犬ねこ。
そこで一匹の犬に目がとまる。聞いたことも見たこともない犬種だった。
柄は虎柄。ハウンド系だが見た目はハイエナ。ハイエナがトラの毛皮をかぶったような感じ?
そして大型犬。飼えないなぁごめんね…なんて思っていたが
寝ても覚めてもその子のことが忘れられん!
別に雑種が嫌とか珍しから欲しい!とかそんなのなかった。なぜかその子が頭から離れなかった。
旦那と相談の上、会ってみよう!ということに。
掲載者に連絡をするとすぐに連絡がきた
「この子は今保健所にいる。後3日で杀殳処分になってしまうのでどうか救ってほしい」と。
見た目が怖いから雑種より貰い手が少なくて、杀殳処分にされる確率が高い犬らしい。
大変だ~!ってすぐに会いに行った。その子は虐侍されていたらしくびくびくおどおど。
びっくりするぐらいガリガリだった。
でも旦那と私にビビりながらもすりすりキュンキュン言ってくれて「うちの子になってください!」と即決。
我が家に来てからは元気になり人も怖がらなくなった。
祖父の遺品を壊されたり悪戯されたりで色々泣かされたが、
その後はやっていいこと悪いことを徐々に理解し、無駄吠えもなく犬にも人にも社交的
みんなから褒めてもらえるとってもいい子に育ってくれた。
親ばかだけどうちの子天才!!って本当に思う。
そして一部のファンができた。

(続きます)

         
2021年03月10日

229 :修羅場な話 2013/03/19(火) 20:46:28 0
いじめられっ子が、いじめっ子に反撃したら、その両親が今で言うモンペで発狂して、反撃した子の家に抗議に来た。
しかし不幸な事にその子の兄が札付きの不良(ビーバップ時代)で2階で不良仲間と歓談中だった。
「うっせーぞコラァ!」
と6人がかりでフルボッコで、さらに先輩の車に乗せられてどっかに連れて行かれた。
次の日からいじめっ子は学校に来なくなった。
その光景を隣の家から明かりを消して見てたのが、我が生涯最大の修羅場。
隣家の兄弟は今でも元気にやってるが、いじめっ子一家は知らない、知りたくもない。

         
2020年11月08日

4 :修羅場な話 2017/10/24(火) 22:07:37 ID:9q1AnkfH.net
文章下手だけど許してください


うちの親は特殊で、子供である私にとにかく大量の食事を食べさせる人だった
物心ついた頃には常人の三倍~五倍は当たり前で、どんなに苦しくても残すことは許されなかった
隠れてトイレに吐いているところを見つかったときにはトイレの水ごと吐瀉物を食べ直させられたし(それがトラウマで吐けなくなった)
胃が破裂しかけて二回入院したけどそれでも変わらなかった
拒絶すれば顔が腫れるくらい殴られたし口の中が切れても変わらぬ量を強制されたのでそのうち抵抗をやめた

お陰で中学の頭には100キロを超え、高校で130キロを記録
中学高校と運動する部活に入ってたけど当然減量できるわけもない
当たり前のように男子からいじめられたけど醜いことを自覚していたので静かにしていたし
大人に注意されたり心配されても曖昧に笑って誤魔化していた
誰も親の所業を知らなかったし、何故か私も知られてはならないと思い込んでいた
親の洗脳かもしれないし自粛かもしれないが、とにかく殆ど怯えるように隠し通していた

続きます

         
2020年08月18日

16 :修羅場な話 2019/04/29(月) 10:13:42 ID:Ife.yr.pd
普段あまり仲の良くない義姉から義姉子の入園バッグを作れと依頼が来た。
義姉の事はゴキ並みに嫌いだけど、まぁ義姉子のためだしなぁと了承。
しかし条件として材料は全て義姉が用意(糸と針含む)、私はあくまでも縫うのみとした。
そしたら義姉はわざとらしさ満点なため息を吐きながら「はあああああ。私は仕事してるの。忙しいの。あなたと違って。これでなんか買ってきてやってよ。はあああああ。」と言って自身の財布から一万円を出し、それを私の頭の上あたりからヒラヒラ~と落としやがった。
(ドラマとかでなく、現実世界で他人に対してそんな行動する奴が存在するんか…!?)と固まってしまった私を尻目に、「後は頼んだからさっさとね!」と去っていった。
当然製作は断ったわ。発狂してたけど知るかwww

         
2020年06月29日

32 :修羅場な話 2015/05/29(金) 22:28:48 ID:EPt79DTo.net
今新幹線で起きた話


窓際の指定席に座ってたら隣に子供座ってきた。
母親とは別なのかと思いその場は無視した。

次の駅でサラリーマンが来た。俺に向かって子供が座ってる席私が取ってるんですがと言われた。

親と間違えられ親じゃないことを説明し子供に母親は何処にいる?とやんわり聞いたら前にいるとのとこ。子供とサラリーマンが母親に私が指定してる席だと説明。

母親発狂し、子供がうんたらかんたら。

サラリーマンが席を譲るから定価の3倍だせ。と要求。母親は出すわけなく更に発狂しこりゃダメだなと思ったら今まで穏便にしていたサラリーマンが激おこ。

邪魔だどけ。キチ外消えろ。周りの迷惑考えろ。などなど

駅員が来た頃には母親しょんぼり、サラリーマン激おこ。

とりあえず一部始終見ていたので駅員に事情を説明。

駅員は母親を連れてどっかいった。その後何もなかったかのように座っていたサラリーマンが怖かった。

         
2020年06月17日

157 :修羅場な話 2014/10/25(土) 20:44:56 0.net
祖父の遺品で祖母が発狂した。
祖父がタヒんで、書斎を整理していたらとんでもない量の手紙が見つかった。
中を見て見ると、とある女性.へ宛てたものでその女性.への思慕の情が書き連ねてあって、
祖父は18歳の頃から3日間隔で60年以上、好きな女性.に手紙を送ることなく書き続けていた。

どちらかと言うと、手紙は日記調で、日常の出来事や仕事の不満などが連綿と続いていた。中には父である息子が生まれた喜びや孫である自分が生まれた時の心境などが書かれてあった。
手紙には祖父の半生と言うか、人となりと言うか、祖父の人格が描かれていて個人的には読んでいて楽しかった。(小説家を目指していたこともあって、読み応えもあった)

続く

本日のスカッと動画!
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー