病気の記事一覧

         
2019年01月18日

615 :名無しさん@おーぷん2016/05/29(日) 01:07:01ID:S8J
10年くらい前の話。
私が高校に上がってすぐくらいの時、父が職場の部下を家につれてきた。
見た目は平均的なおじさん。当時35歳くらいだったのかな?
ちょうど日曜で私も家にいたので、母に命じられてお茶とお菓子を出して、挨拶だけしてそのまますぐ引っ込んだ。
そしたら次の週の日曜日に、その人がまた家に尋ねにきたけど、両親にものすごい形相で絶対に出てくるなと言われた。
言われた通り部屋に引っ込んでいたら、玄関先で部下の人が騒ぐ声が聞こえて、しばらくしたら警察の人が来てその人を連れて行った。

あとで事情を聞いたけど、その人は最初に私と会った翌日「お嬢さんとの結婚の話ですが、入籍はいつにしますか」と言い出したらしい。
父が「何の事か分からない」と返すと「会わせたのは結婚させたいからだろう、目が合ったからお嬢さんが自分に一目惚れしたのが分かった」と言う部下。
「そんなつもりではない」と何度言っても、部下は「普通は娘にお茶を出させない、娘の気持ちを踏みにじるのか」と息巻き、
上に書いたように日曜日に我が家にアポ無しで勝手に突撃してきた…とのことだった。花束まで持っていたらしい。
突撃してきた時も、部屋にいる私に向かって「一緒に逃げよう!親の言いなりになってはいけない!」と叫んでいたとのこと。
(警察を呼んだのは母だった)

それで、その後医師の診断を受けて、部下の人は統合失調症であることが発覚したらしい。
(父は家に招くまでは部下を特に異常だと感じなかったらしいけど、家で話した時からちょっとおかしいなと思い始めたとのこと)
その人は会社で「○○さんのお嬢さんと相思相愛だったが、○○さんに邪魔された。お嬢さんには可哀想なことをした」と言いふらしていたらしいけど、
すぐ病気が原因で退職して、田舎に帰って入院することになったので、誰も信じなかったというのが救い。
ちなみに私は惚れてもらえるような美人でも何でもない、その辺にいるような女子高生だった。
病気って怖いなと感じた体験でした。



         
2018年11月28日



187:名無しさん@HOME2013/04/25(木) 21:00:50.55
流れ豚切り失礼

スレ違いでしたら誘導お願いします。

アラフォー夫婦。結婚3年。娘1歳。
それぞれの実家とは別居、どちらも車で1時間。

この度、私に癌がみつかった。
シボウ率は低いのでそんなに心配してないが、入院が長くなる模様。

娘の預け先で旦那とモメて口きいて貰えなくなった。

旦那は、ひととおり家事は出来るが、拘束時間の長い仕事をしてるので、
時間的に保育園の送り迎えが出来ない。
うちの実家は毒親で軽い汚宅。

良トメ(ウトは妻にだけモラハラ野郎)にお願いして、
旦那・娘ともに居候させてもらう話で、まとまっていた。




         
2018年11月08日

589 :2013/04/04(木) 15:28:28ID:wWEMEhlb
自分の弟が、数年前エイズで亡くなりました。
まだ30代でした。親戚や知人には原因不明の病気だったと説明しました。
少し経ってから、父が黙ってるのを我慢出来なかったのか
自分の兄にだけ、本当の事を話そうとしました。
でも必タヒに静止して、後で大喧嘩しました。

本当の事を話したら、きちんと治療を受けさせていれば
タヒなずに済んだのにと、非難されるのは目に見えています。
打ち明けたせいで、親戚との付き合いが悪くなったら
と考えただけで怖いですし・・・この事はすっと秘密にしたままで生きていきます。


         
2018年11月02日

656 :2016/11/25(金) 21:03:16.net
「白い冬凍える夜は
君だけの毛布になろう」
とか小っ恥ずかしいセリフでプロポーズして早25年
娘も息子も独立し孫まで出来た
可もなく不可もなくただ平穏に家族仲良く幸せに暮らしてくたと思ってた

だが妻は違った、5年前から若い男を毛布にしていた


         
2018年10月31日

315 :2015/11/12(木) 11:59:44ID:lIG
嫁さんが茶碗三杯の白飯を食べる人
「最近太ってきたなー」というから白米を一食一杯に減らすよう伝えた
それから一月、恐ろしくご飯が減らない
そして嫁、白米減らしただけなのに30日間で45キロだった体重が43キロまで落ちた
でも代わりに常にお腹空いたと言っている
キャベツの葉を三枚炒めて食べたりしている
ご飯減らしてもおかずで俺と同じ分量かそれより多い量を食べてるのに、なぜこんな腹が減って痩せるのか不可思議だ


         
2018年10月08日

802 :2007/07/26(木) 18:21:57
相談にのってください。

妻から別居を言い渡され、今帰ったら本当にいません。
少し前から別居、離婚という言葉を出されるようになりました。
嫌だという気持だけずっと伝えてきたのですが
妻の決意が固く置手紙を置いて出て行きました。
しばらく実家で子供と暮らす、あなたもじっくり考えてと書いて
ありました。

そもそもそうなった原因の元は自分だと思います。
自分は結構幼い頃からですが少し放浪グセ?のようなものがあります。
突発的に家を出て町をさまよったり、路上で寝たり気ままな時間を求め
さまよったりするんです。
それが何故なのか自分でもよくわかりません。
何年もそうならない事もあります。続く事もあります。
はっと気付くとあれ、もうこんな時間だしどうするか?
みたいな感じだったりします。
妻と付き合ってる2年間は一度もそういう事になりませんでしたが
結婚式の前々日に何故かそうなってしまい
結婚式当日ギリギリに戻りました。
何とか式は終えましたが、妻は少し不信感を持ったようでした。
今年の四月に子供が生まれ幸せな時間を過ごしてたのですが
6月に2回、7月に2回と続き妻が別居を申し出るような
事態に陥ってしまいました。
自分はどうしたらいいのでしょうか?
謝る事しかできず、もうしないと断言するのも自信がないんです。
アドバイスしていただけますか?

30歳 収入25万 アパート住まいです。
妻は30歳、専業主婦です。


         
2018年09月03日

4:名無しさん@おーぷん2016/02/17(水)01:19:13 ID:gDR
叩かれるの覚悟で愚痴らせてもらいます

私は旦那と小学1年生の息子と平和に暮らしていた

旦那の両親は旦那が5年生の時に事故タヒ
祖父母はその時点で既に鬼籍
保護者のいなくなった旦那は、施設に入れられかけたけど
父方の伯父が引き取って、高校出るまで面倒みてくれて
奨学金をもらって大学を出た苦労人
高校を出るまでは年の近い従姉妹も一緒に暮らしていた

滅多に連絡を取っていなかったその従姉妹
結婚して離婚して、シングルマザーになったと噂で聞いていたけど
昨年末に連絡をしてきた

乳がんが再発し、長期入院生活に入るので、小さな娘の面倒を見てほしいと

旦那が子供の頃世話になった以上、断ることはできなかった
従姉妹の娘(小学2年生)を預かることになった

礼儀正しいし、ワガママ言わないとっても良い子なんだけど問題が


         
2018年08月27日

619:名無しさん@お腹いっぱい。2016/05/22(日) 16:45:17.39

洗濯ものは山積み(俺のは自分でやってる)
流しには洗い物の山(仕方がないから俺がやってる)
食事のメニュー考えるのがストレスで動悸がする
(仕方がないから俺がやる)

自分の稼ぎは入金から1週間~10日で散財
(金貸せとせびる。勿論帰ってきたためしはない)
金せびる時は寝っ転がって「金貸して」(注意すると逆切れ)

給料日2週間前で残金3千円でも嫌なことがあると平気で飲みに行く
(そして金をせびってくる)

双極性.障害と診断され都合が悪くなると
病気だからという癖に薬は飲まない

うん書いてみると
即離婚でも誰からも責められねぇな
すぐにでも離婚届取りに行きたいけど今日は日曜か


         
2018年08月13日



359:名無しさん@HOME2011/08/10(水) 00:04:26.76 O

婦人系の病気と闘っている方は胸糞悪いと思います。
すみません。
卵巣嚢腫で手術をした翌日に病室に来て
『子宮とっちゃったんだってー?女やめたんだ?』
『腹に傷あるんでしょ?見せてよ見せてよ!うっわ!グロッ!オェッ!お兄ちゃん、もう勃っきしないんじゃなーい?』
(思うように動けなかったからパジャマのズボンを下げられた)
『は?卵巣だけ?意味わかんない。どーせもう使わないんだから子宮もとっちゃえばよかったのに』と言ったコトメ(当時高校生)。

そのコトメが、乳癌になり片方を全摘出した。




         
2018年08月13日



403: 名無しさん@HOME 2009/06/10(水) 18:55:54 0

私たち夫婦は子供が3人欲しかったんだけど、2人目を産んだ後子宮筋腫になった。 
幸い発見が早く、薬物療法で行けると言う話だったんだけど、 
トメに「もう子供産みきったんだから取っちゃいなさいよ。 
そしたら再発もしないしいいじゃない。子供は二人が一番! 
使わない器官は取っちゃったっていいしね!」と言われた。 
夫はそんなトメを散々〆上げ、泣く私を慰めながら 
「こんな無神経な事をいう親の子で恥ずかしい!」とまで言ってくれた。 
夫もウトも、私の「もうトメに会いたくない」という希望を聞いてくれて、 
本当にずっと会わずにいた。 



最新記事
最新コメント
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリー