父の記事一覧

         
2019年03月13日



103:名無しさん@HOME2009/07/14(火) 16:34:38
父親のはっちゃけもここでいいですか?




         
2019年03月11日

4 :名無しさん@HOME2014/05/18(日) 08:29:070.net
俺が母親の不倫相手の子供だったこと
高校の時に発覚して、両親離婚
それまで尊敬していた父に、『本当にすまない。だけど、あいつ(間男)の子供だと分かってしまった以上、自分の子供だとは思えない』って泣きながら言われた
結局母親側にしか行けなかったけど、俺の中では母親はただのクズになった
何を話しかけられても完全無視した
一度会った本当の親父というのが途轍もないクズだった
それまでの父親と同年代なのに無職
その血を引いてると思うと何度も吐いた
生活も一気に苦しくなった
学校でも教師から腫物扱いされた
友達は変わらず接してくれたことだけが救いだった
バイトとかしたりして、なんとか高校卒業した
それで、すぐに家を出て行って住み込みのバイトをしながら就職

高校卒業してからもう10年になるけど、一度も母親と連絡を取ってないし、今どうしてるのか分からない
けど、会おうとも思わない
父さん(育ての方)には会いたいけど、会えばたぶん父さんがキツイだろうから諦めてる


         
2018年10月27日

558 :2016/02/07(日) 04:36:45ID:GQG
愚痴です。
わたしが3歳のときに、母が浮気して出ていった。
出ていくとき、「あんたなんかいらない」って言われた。
父は単身赴任且つ出張が多い仕事だったから、わたしは祖父母に育てられた。
月に1度、2日間だけ、会えた。
それ以外は、祖父母と3人の生活。
物心つく頃から父は仕事でおらず、物心ついてからは母がいなくなり。
でも、両親がいないことに、疑問を持ったことはなかった。
疑問に思う必要がないほどに祖父母はわたしのことを愛してくれていたし。
たまに帰ってくる父からは、よく殴られたり蹴られたりしていた。
まぁわたしの生活態度が良くなかったのもあったし、「行き過ぎた躾」だったんだと思う。
祖父母は違う部屋に逃げていた。
殴られてるときは、気持ちが乖離していた。
まったく痛くないし、包丁とか持ってこられても、まったく怖くない。
反論したり反抗すると余計殴られるから、じっとしてた。
漠然と、「今日もパパは怒ってるなぁ」とか考えてた。
一通り殴った後、抱き締められるのがいつものルール。
愛は感じなかった。
「お酒臭くて嫌だなぁ、早く終わらないかな」って思ってた。
でも別に父のことは嫌いじゃなくて、むしろ好きで、仕事を頑張っているのは知っていたし、今でも尊敬してる。
理想のタイプは父だし、実際好きになるのも父みたいに仕事に一生懸命なタイプ。
だけど、わたしが側にいると、父はイライラするみたい。
祖父母曰く、わたしが頭が回るところが、父は気にくわないみたい。
素直に甘えて、素直にリアクションしてほしいんだって。
でもそれはわたしには出来なくて、「今父はこう考えているだろうから、こうしたほうが怒られないだろう」って空気読んで先回りするのが、可愛くないんだって。
そう言われても、そういう性.格なんだもん。
結局父との仲は上手くいかず、20歳の時に縁を切った。

わたしは30歳になった。
最近何故だかふと、ものすごく寂しくなる。
父に叱られたり怒られされたくなる。
そして、抱き締めてほしくなる。
なんなんだろうなぁ。
父は今58歳。
10年会わない間に、老けたろうな。
白髪増えたのかな。
まだお酒飲むのかな。
体壊してないかな。
無性.に会いたい。
でも、会っても絶対上手くいかないし、会ったらまたお互い苦しくなるだけだと思う。
大好きな父を苦しめたくないから、娘なんていなかったように、離れて生きていくしかないんだろうな。
寂しい。
父に会いたい。



         
2018年10月26日

298 :2017/07/28(金) 11:30:32ID:KpH
自分の出生にまつわる衝撃話。

私の生家は、私が幼稚園ぐらいまでは父親がおらず、母子家庭だった。
その後、父親がともに暮らすようになった。
小学生の頃は「(母親も働いていたため)転勤で一緒に暮らせなくなったが
父親が決心して仕事を変わったので暮らせるようになった」と言われていた。
父親側の親戚との交流がなかったのは疑問に感じていたりもしたが、父方祖父母は既に亡くなっており
遠方の父方伯父以外の親戚はいないと説明されていた。

成長して、父方伯父やいとこと話をしていると、父方祖父母や親戚が実際にはいるような節も
聞いたけれど、父実家は伯父や父の結婚に反対していたらしいという話も聞いたので
祖父母の反対や「嫁姑問題」なんかがあって、なかなか同居できなかったんだろうと勝手に解釈していた。
母はいわゆるキャリアウーマンで、「姑」なんか全くこわくなさそうだし、
そう考えれば父が母の姓を名乗っていることのつじつまもあったので、あえて聞こうとはしなかった。

去年に、定年退職して間がない年齢だったが、父がガンで亡くなった。
その時に、母と父方伯父から私の出生に関する話を聞いた。

父と母は大学の同じゼミで、就職してからも交際は順調でいずれ結婚すると
周りから見られていた。実際、半同棲のような感じだったらしい。

母は学生時代からいわゆるフェミニズム運動のようなものに関わり、就職してからも
ある程度続いていた。(定年後の今も、事業所向けのセクハラ防止講座とかで話してる)
ただ、私が母から言われたのは
「セクハラ(昔はこういう言葉もなかったらしい)や役割の押し付け(飲み会のお世話役など)
には、曖昧な態度を取らず毅然と拒むか然るべき機関に訴えること。困っている被害者が居れば助けること」
「結婚しても『自分の財布』を持ち、自己決定をかかさない。大事なことは夫婦で相談。
 家事や育児、あるいは収入を「相手に丸投げ」ではダメ」
「制度上改姓は仕方がないとしても、相手の家の一員になるわけじゃなく新しい家庭を作るもの。
『入籍』という言葉は正しくない」
という感じで、今で言えば当たり前というか穏健なものだけれども、当時としては
母は「変わり者」扱いされたらしいが、父はそういう母が好きで、対等なカップルだったらしい。


         
2018年09月30日

482 :2011/10/21(金) 20:34:53ID:smQou4rz0
道端で「ニャーン、ニャーン」と鳴きながら、道端の茂みに手招きしてニヤけているスーツのオッサンがいた。
近付くにつれ、道端の茂みの中に白い何かがいて、それに向かって鳴いてる事に気付いた。
猫か、と思いながら更に近付くと、それは猫ではなく白いビニール袋であり、
遠目から見たら不審者でしかないオッサンは、朝から眼鏡を家に忘れて出勤した私の父だった。

「お父さん何してんの」と話しかけると「猫いる猫いる(*゚∀゚*)」と言うので、
無言でビニール袋を茂みから引っ張りだして見せたら
「……うわああぁぁぁ!誰にも言わないで!アイス買ってあげるから!」
と頭抱えてた。

とりあえずハーゲンダッツ買ってもらった。



         
2018年09月17日

690 :2010/04/09(金) 02:09:33ID:gttFPLIUO
昔、父と一緒によく行ったあんみつ屋。
あんみつ屋のおばさんはキレイで優しかった。
父は私以外(母姉)は絶対に、その店へは連れて行かなかった。
多分、母姉は店の存在すら知らない。
数年前に父が亡くなった時に、誰にも分からないように
あんみつ屋のおばさんと父の亡きがらを対面させた。
泣きながら何度もありがとうと言っていたな
最近、彼女が亡くなったと風の便りに聞き、
永代供養されている寺院を訪ねた数日後に弁護士から連絡があり、
あんみつ屋やら私財を処分して残った幾許かの遺産を頂いた。
父の遺産は実母と姉が山分け。
実母とは不仲で姉とも疎遠な自分にとっては天の恵み。
弁護士さんが、ご希望でしたら事次第を全てお話する用意もあります、
て云うけど何も聞かなかった。
これに全てを記してあります、と封書をもらったけど、
この封書こそ、開けずに墓場まで持っていこうと決めた。



         
2018年09月17日

551 :2008/12/08(月) 21:56:240
日曜日にコトメ子(クソガキ)のお誕生日会とやらで呼び出され、
渋々行ったらコトメ子が私の財布から金を盗むところを目撃。
コトメは「だめよ~、欲しい時はちょーだいって言おうねー」
クソトメは「誕生日なんだからあげなさいよ、コトメ子君ゲーム欲しいのよね」
コトメ子ニヤニヤ。
コトメ夫、旦那は「もういいだろ許してやれよ!」明らかに面倒臭がっている。

旦那、コトメ夫、コトメ、クソトメ、コトメ子の順番に投げ飛ばしてきた。
柔道黒帯なめんじゃねぇぞオラ。


全員ぎゃーぎゃー痛がってたけど知らん。
携帯の電源切った実家チョー快適ー。


         
2018年06月13日

324: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2008/07/26(土) 16:54:12 ID:V4NVthoQ

中学生の頃、父が大嫌いだった。 
おしゃべりでお調子者で背が低く威厳のない父を軽蔑していた。 
まぁ、これぐらいの年頃の娘にはよくあることなんだけどさ… 
母が若くて綺麗(父と母は20歳差)な分、余計に父が疎ましかった。 

中3の夏休み、夏期講習のあと、 
友人とマックで喋っていて帰りが少し遅くなった(22時ぐらい)。 
電車の中は席は全て埋まっており、酔っぱらいが多くてイヤな感じ。 
あと4駅ぐらいで地元の駅に着く頃、ドアの付近で女の人の叫び声があがった。
「や、やめてください!」 
「なんだぁ? 俺が痴漢だってのか!」 
バシン! 
「え?」と思って見ると、背が高く、ガッシリしたチーマーっぽい男が女の人を殴っていた。 
「や、やめろよ」と他の男性の声がしたが、それもドンとかバンという音がして消えた。 
「ふざけんな、てめぇら! おら、文句があんなら来いやぁ!」 
と、チーマー風の男は怒鳴り、 
殴られた女の人はその場にうずくまって泣いている。 
(うわーヤダなぁ、関わりたくないなぁ、誰か止めてくれないかなぁ) 
と、私はうつむいて気配をコロしていた。 
他の乗客も私と同様に関わりたくないオーラを出しながら見て見ぬふり。
 


         
2018年06月07日

26: 名無しさん@HOME 2007/08/08(水) 09:10:26

いつも親身になって悲しんでくれた父が急タヒ。 
葬式の席でトメが親類に嬉々として語っていたことには 
これで身寄りがなくなって生意気な嫁を〆られると。 
周囲ドン引き。 

気持ちの整理がついたころ、 
友達のイラストレーターに頼んで葬式の様子を描いてもらった。 
厳粛な葬儀の場でトメの服を着たトメ顔のサルが 
嬉々として骸骨をひねくりまわす、という内容の風刺画。 
(現在手元にないのでお見せできません) 
トメの誕生日にパネルにして送った。 

翌日、発狂したいのを押しコロしたという感じの電話が来たが 
「似てるでしょう?」でガチャ切り&着信拒否。 

ものの例えとはいえ亡き父を骸骨に描いたことはDQNだと思うので 
こちらに投稿させてもらった。


         
2018年04月03日



813:名無し@話し合い中2006/08/12(土) 01:56:41
827 :826:2006/08/12(土) 00:09:46 ID:v/0N/3Wu
3年前くらいから、父は仕事でパソコンを使うようになった。
でも、根っからの関西人で、発音が関西な父。
そのままタイプするもんだから、当然変換されない。

父「おい!○○(私)!○○!パソコンが壊れた!」

私「はいはい、今度はなんですか」

父「あんな、なぬかって入れたのに、漢字にならへんねん!」

私「あんな?なぬかは「なのか」って発音すんねん。入れてみ?」

父「おぉ!「七日」ってなったわ!(・`ω´・)○○はすごいなぁ!(゜∀゜)」




最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー