泥棒の記事一覧

         
2017年08月07日

697: 名無しの心子知らず 2009/04/10(金) 12:23:28 ID:CuoFcfGT
ROM専の俺が書くとはな・・・相手がママならスレチじゃないよな? 
俺はまだ結婚してないし、男なんで、スレチだったらすまん。 

向かいに住んでる友人夫妻の奥さんが泥棒だった。 
被害額は結婚資金として用意してた現金100万円。近いうちに使うから 
銀行から下ろして自宅に保管してただけなのにな('A`)



         
2017年07月31日

878: 名無しの心子知らず 2007/01/18(木) 16:53:39 ID:ZqdhKsmt

田舎だから(っても首都圏の住宅街だけど)カギをかけずに
10分くらい買い物に行ったっていう。 
で、帰ってきたら、今日は新聞の集金があるからと食卓の上に置いておいた五千円札がないと。 
警察が到着してからご近所さんが「何?」「どうしたの?」と覗きに来たんだけど 
お隣さんだけが明らかに挙動不審で、結局夜にご主人に連れられて土下座に来た。 
回覧板置きに来て魔が差したんだそうだ。

犯人は当然通りすがりの空き巣だと思ってた母も泣いてた。 
当時小学生の自分には軽いトラウマになるくらい後味悪い事件だったけど、
今ならあの通報は必要だったんだって思えるよ。
本当はむしろ「ご近所のためになる行為」なんだよね。 

でもそのときは何故か通報した母の方を悪く言う人がいたのも事実・・。 
結局お隣さんはすぐ家を売って住所も告げずに引っ越して行ったんだけど、 
何もそこまで・・、○○さん(母)が通報さえしなければ・・、って感覚らしい。 

一応そんな理不尽なリスクもあるから、やる人は負けないように強い気持ちで頑張って欲しい。


         
2017年07月10日


75:名無しさん@お腹いっぱい。2007/08/11(土) 11:51:41
かなり長い話だけど投下


とある日曜日、俺と嫁が昼食を外で食べて家に帰ったら
様子がどこかおかしい。
廊下に土足の足跡がペタペタあった。
玄関で俺と嫁は顔を見合わせた。

「お前は外に出て警察に連絡して、そのまま待ってろ」
嫁にはそう言って、俺はそのまま玄関から中に入った。
今考えれば、俺も外に出て警察来るまで待ってればよかったんだろうな

でも、今まで一日200円のお小遣いで我慢して、
煙草も止めてコツコツ貯めたマイホーム資金の預金通帳なんかが心配になって、
すぐにでも財産の無事を確認せずにはいられなかったんだ。

頭に血を上らせながら部屋に上がって、
通帳が隠してあるタンスを開けたらとりあえず通帳は無事。
ふー、よかったよかった(;´Д`)
これが無事なら、あとはもう小さな問題だよ

すっかり気分がホッとした俺は、
泥棒がまだ家にいるかもしれないなんてことはすっかり頭から抜けて
ほとんど警戒なんてせずにリビングに向かった

少し薄暗かったので電気を付けてリビングに入ってようやく思い出した。
まだ犯人がいるかもしれなかったんだ
と気づいたときはもう遅かった。

リ、リビングのカーテンが
人の形に盛り上がってる!!!!(((( ;゚д゚)))

こっそり気づかないふりしてそのまま外に出ればよかったんだけど
人影を見つけた俺は、
「うわああああ」と叫んでた


         
2017年07月08日


702:名無しの心子知らず2012/11/28(水) 12:07:11.59 ID:wfyLjs50
私が牡蠣に負けてる間にコソ泥扱いされ、そして全てが終わってた。

遊びに行った義実家で出された昼ごはんに牡蠣があって、
おいしく 頂いてたんだけど、私と旦那二人でうんうん苦しむことになったw
子どもは牡蠣よりお肉ー!って感じだったのが幸いだった。

で、病院行ったり、トイレ行ったり
出し疲れで動けなかったりと (汚い話でごめんね)してる間に、
ママ友Aからメールが来てた。
そのメールを見たのは、腹が少し落ち着いた次の日だった。

内容はあぶりだしメールで、
「A宅に泥棒が入って物が盗まれた見たい。
警察に連絡するので、もしかしたら協力お願いする事があるかも。」
みたいな、ここで何度か見た事があるような見慣れた感じの内容。

私は1日経っちゃったけど、実家にいて食べ物に当たって体調が悪い事と、
何かあったら協力する旨を伝えてたんだけど、
どうもその1日ってのがAにとっては何かやましい事があったからだろうと思ったらしく、
食べ物に当たったというのもそれを誤魔化す為の方便だろうと思ったらしい。

ここからは、周りの人から聞いた話。
Aは私をとっ捕まえてやろうと、私の家の前でスタンバイしてた。
併せて、A宅に泥棒が入った事と私が怪しいって事を
ママ友や園や旦那に根回しや報告したらしく、
中には確定の話じゃないんだからと言ってくれていた人もいたみたいだけど、
無理だったみたいで。
腹が立つことに、ママ友にAは
「コソ泥して隠れるような人ってねぇ、どういう教育されたのかしら。
私子とも遊ばせるの考えるわよね〜。」
とか、言ってたみたいで後から聞いてすっごく腹が立った。
やってねーよばぁかああ!


         
2017年05月30日

434: 名無しの心子知らず 2010/07/19(月) 07:43:07 ID:RRksrRrV
学校で面談があり、そこで泥に出会った。 
暑い日ざしで新しい日傘をさして行った。 
その傘は先日の葬式のために買った490円の代物。 
ただちょっと地味なのでもう葬式には使わないだろう、と思い軽くデコってあった。 
傘をまとめる紐?の裏の部分にストーンで私の子供達のイニシャルを作ったり。 

面談を終えて傘置き場に行くとない。「間違えられたかなー。ま、安物だしいいや」 
とあきらめた。下の子は2歳だし追いかけるのにいっぱいいっぱいで
普段は日傘なんてささないし。 
下の子がいない日だけ、キレイなママになってみたかっただけだしww 
で、帰ろうと歩いていたら前に立ち止まり談笑しているグループが。
そのなかに私の傘が見えた。 
とりあえず声をかけた。


         
2017年05月14日

425:名無しさん@HOME2011/10/27(木) 15:32:22.03 0
良とまではいかなくても、普通のトメコトメだと思ってたんだ。
トメから「今日コトメとコトメ子が来てる。一緒に昼ご飯を食べにおいで」
と電話があったので、義実家へ行ってきた。

食事の後、娘とコトメ娘が二階へ上がっていった。
繰り返すけど、本当に今日までは、普通のトメコトメだと思ってたんだ。
娘(五歳)が自分で作ったビーズの指輪やらブローチが入った箱を持って行き、
コトメ娘に見せて一緒におしゃれごっこをして遊ぼうと誘った。
するとコトメ娘、いきなり手当たり次第にひっつかんで走り去ったんだと。
娘がぽかんとしているうちに義実家の部屋のどこかに隠し、
台所に駆け込んできてトメの背中に隠れた。

我に返った娘が追いかけてきて泣きながら返してくれと訴えるも、
コトメ娘はトメの足にしがみついたまま顔を向けもせずだんまり。
居間にいた私が聞きつけてやって来ると、娘は立ち尽くし
ぼろぼろ泣いているところだった。トメはコトメ娘を背にかばいながら
「娘ちゃんの方がお姉さんなんだからプレゼントしてあげたら」と言っていた。
咄嗟に状況が分からずに娘に「一体どうしたの」と聞くと、
泣きじゃくる娘は私にしがみついて「コトメ娘ちゃんが」と繰り返すばかり。
喧嘩でもしたのか。だったら話も聞かずに一方的に娘の味方は
できないなと思っていたら。
コトメ娘、角度的に見えてないと思ったのかトメの後ろでにやにやと笑っていた。
子供でもこんなきたならしい顔ができるんだと呆然。
「娘ちゃんがコトメ娘ちゃんにあげるって言ったんでしょ?
後になって返せって言うなんてわがままだよ」とトメ。
「ちがう!コトメ娘ちゃんが私のビーズ勝手にとったの!返して!」と泣きじゃくる娘。
もうね、にやにやするトメとコトメ娘、そっくりおんなじ顔してた。
これがこいつらの本性か、と今更気付いた。


         
2017年04月26日

339: 名無しの心子知らず 2007/04/18(水) 18:15:01 ID:0Iqp083x
流れ豚切りですが助けてください。 
母と集めていたガラスの置物?人形?(スワロフスキー含む)を盗られました。 

相手は私も顔だけは知っている母の知人A(私の同級生の母親です)で、 
家に突然やってきて、玄関に飾っていた置物を 
ひょいひょいっと鞄に放り込み、私を突き飛ばして逃走。 
母がその知人の携帯に電話を入れていますが、つながりませんでした。 
今は母が、A、母、共通の友人であるBさんに相談しているところです。 
(Bさんは同じく私の同級生の母親ですが、Aさんと母が通う教室の先生です) 

スワロフスキーのは保証書が別に保管してありますので、 
私達の物だと証明する事は可能なのですが、どうやって取り返せば良いんでしょう? 

うわああ頭が混乱している。詳しい経緯とか書いた方が良いんでしょうか? 
ていうかここで良いんでしょうか?私ママじゃないですね。相手は母親ですが。 
でもあんな生き物が同じ年の子供を持つ親だと思いたくないです。誰か助けてー


         
2017年03月17日

225: 名無しさん@HOME 2014/02/10(月) 15:09:22
◆現在の状況 夫に盗癖(万引き)があることがわかり今後一緒にやっていけない 
◆最終的にどうしたいか 離婚したい 
◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額) 38・会社員・500万税込み 
◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額) 34・会社員・350万税込み 
◆家賃・住宅ローンの状況 家賃8万+共益費0.5 
◆貯金額 自分800万 相手不明 
◆借金額と借金の理由 なし 相手は車のローン 
◆結婚年数 5ヶ月 
◆子供の人数・年齢・性別 なし 
◆親と同居かどうか 別居 
◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由  相手バツイチ 理由は妻の浮気(夫談) 
◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい) 

一番最初は10月の新婚旅行です 
夫がどうしてもというので、国内の某県にいったのですが 
そこのお土産屋から出たところで店員に声をかけられました 
事務所のようなところで話をしたところ、夫の鞄からレジを通していない商品がみつかりました 
夫は「何かの間違いだ」といい、さらに先方も新婚旅行と知り 
お金を払うなら何もなかったことにする、と言ってくれたので全額支払いました 
夫は車に乗ってから何度も「絶対誰かの悪戯だ」と言いました 
ただ、私はこの時夫の鞄に入っていたのが、夫が気にしていた商品ばかりなのが気になり 
もしかして夫が?という気持ちを捨て切れませんでした 

12月に入りある大型商業施設に夫と買い物に行ったとき、まったく同じことになりました 
この時も商品が安価であったことと1点だけということから 
警察は呼ばずに済ませてもらいましたが、この時既に私の中ではほぼ「確定」していました


         
2017年03月10日


799: 1/2 2014/01/15(水) 11:15:53.78 ID:oyqdXkIc
流れ読まずに 

我が家の一階に本を大量に保管してある部屋がある 
私達家族はその部屋を図書室と呼び 
本類はそこに保管するような感じになっている 
去年の夏頃、夕食を終えて小学生息子と娘と一緒にその図書室で本を読んで居ると 
リビングの辺りでガタンという音がした 
図書室はテレビ等の音の出る物は無く凄く静かでその音に全員が反応した 
娘が「パパかなぁ?」若干不安気な声で言うと息子が「だったらただいまの一言位言うでしょ」と言って立ち上がり 
音の正体を確かめようと図書室を出た 
私は音の正体が不審者だったらと心配で一緒に出た。 
図書室の向いにあるリビングは薄暗く電気を付けて辺りを見回すと、特に何も無い気がしたが何かが居るような、そんなきがして 
息子と一緒にリビングと同じ部屋にある台所を探してみた。 
すると、台所のカウンターの影に何か居るのに気が付いた驚いた私が大声で「何?!」と叫ぶとその影が私に向かって飛び掛かって来た 
咄嗟に避けてリビングの方向に視線を移すと、驚いて固まってる息子が目に入った 
「図書室に行ってなさい!」と私が大声で怒鳴ると息子はハッとして慌ててリビングから出て行った。 
息子がリビングから出て行くのを確認してホッとして気が緩んでしまい、侵入者の体当たりをモロに受けリビングにある食卓テーブルの角で腰を打ち付けた 
激痛が走ったがここで食い止めなければ息子や娘が襲われるかもと目の前にいる侵入者の腰にタックルをして相手の動きを封じ込めようとしたとき、リビングの扉が開き「この野郎、母さんに手出すな!」と声がした 
息子が戻ってきたのだ。 
何で?と思いながら侵入者の腰にしがみ付きながら息子の姿を確認しようとすると、何か様子がおかしい、驚いているので?と思いながら声をかけようとすると同時に、息子が口を開いた 
「A君の家のお母さん?」と 

長いと言われたので続きます


         
2017年03月07日


56: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/04/23(水) 16:30:50.73 ID:KxTr0pHs.net
ちょっと前の修羅場 
知り合いに家具買ったんだけど組み立てがよくわからないから手伝って欲しいということで行った 
そんな親しいわけじゃないけど頼まれれば別段断るほど疎遠でもないので何の用心もしてなかったんだけど多分ここからもう計画だった

その知り合いをAとしてAの彼女、こいつをBとする 
AとBもAの部屋にいて同棲することになったから色々家具を新調したとのことだった 
ふんふんと普通に幾つか机とか椅子、本棚を組み立ててたんだけど途中でお茶が無かったからお昼もついでに買ってくるとBが出かけていった 
お昼を頂いて更に作業してその日のうちに全部組み立て終わってついでに配置も手伝って帰った 

そして次の日は月曜で普通に出勤して帰ったら部屋の様子がおかしい、というかテレビがない 
ゲームとかDVD、BD、漫画なんかは全部棚に並べて見えるようにしておく性分なんだけどそれも殆ど無い 
それどころか予約特典とか初回特典なんかで付いてくる本とかまで無い


最新記事
カテゴリー