武勇伝の記事一覧

         
2017年09月13日


618: 2012/03/18(日) 15:29:13.52 ID:IQJCl0Sx
中3の時にいじめの復讐をした話なんだけど武勇伝には微妙だがなんとなく 

俺は当時デブでメガネで成績も悪いという
いかにもいじめの標的にされそうなタイプだった。 
やってきたのはクラスのリア充グループで表面上は優等生だから
私立故に彼らの悪行は見て見ぬフリをされた。 
だから奴等は何人もいじめてきたが、俺は過去のいじめられてきた人達とは違っていた。 
執念深く根暗で無駄にプライドだけは高くやられたらやり返すべきと
思ってたから徹底的に反撃してやった。 
殴られたら殴り返し喧嘩するのは当たり前、
毎日そいつらの誰かと喧嘩してた。



         
2017年08月23日

517: おさかなくわえた名無しさん 2005/11/10(木) 21:52:44 ID:GLwm4d6L

俺の親父の武勇伝。

大学を出たあとすぐに某私立高校の教師になり、
生徒を引き付ける力、教科指導どちらとも天才的で、
オカンによると30歳前後ですでにみんなから一目おかれる存在になったとか。
で、生徒の味方をして校長に直談判して喧嘩したり、生徒を殴る先輩教師をドツキ倒したり、
とにかく武勇伝の多い人だったとか。
でも経営陣は学校が荒れないのも英語の成績がやたら良いのも
親父のおかげだからって何も言わなかったし、
かなりの給料ももらってたらしい。 

だけど経営陣が一新した年、担任してた生徒をかばい、
意見の食い違いから校長と大喧嘩をした。 
新体制は扱いにくい親父を要らないと判断したのか、解雇した。

こんな生き方してみたくない?
弱いものをかばって組織に楯突くって十分武勇伝だよね?


まぁ解雇されてからは相当悲惨な人生だったが…。
俺はまだ幼かったから半廃人の親父しか記憶にない。


         
2016年12月22日
461: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/16(木) 05:03:13.92 ID:Ed+NI/V0.net
 
武勇伝かわからんけど、目が覚めてしまったので思い出しつつ書いてみます。
長文になりそうなので、時間に余裕のある方だけどうぞ。


小5の時、スポ少のレギュラー争いが元で、俺はイジメられっ子に転落した。
それまで仲間だったはずの奴らから、一斉にシカトされ、攻撃され
何かあると「俺くんがやってるの、見ましたー」と嘘の証言をされ
クラスで泥棒扱いまでされる始末。

俺にレギュラーを奪われたA(俺は盗んだつもりはなかったが)は副コーチの息子で、

その狭い世界の中では権力者だった。

母親には泣いて頼んでスポ少辞めたけど、
俺を一番恨んでいるAが同じクラスだったので、もう最悪。 
もう自サツしようかと思うほど、毎日追い詰められていた。

それでも不登校という方法は思いつかず、毎日学校に行ってはイジメられた。 

         
2016年12月19日
513: おさかなくわえた名無しさん 2007/08/12(日) 18:05:04 ID:mBxgz0PY
めちゃくちゃ長文ですまん。 

今年最初の頃の話。 
友達と3人で駅に向かおうと歩いていて、車通り多い大き目の道の交差点で信号待ちをしていた。 
そんな道だから歩道もちょっと広くて、盲導犬を連れた杖持った人が道の端で信号が換わるのを一緒に待っていたんだわ。 

するといきなり幼稚園位の子供がその犬に対して興奮したのかキャー!ってすげぇ奇声を上げて抱きついた。 

犬はじっとしていたけれど、その目の悪い人は明らかに困って
「ちょっと、ごめんなさい、やめてね」って言うけれどガキはお構いなし。 
つか尻尾踏んだりしてるし。 

とっさに見回すと、女がこっちを一瞥して目を逸らしたので
あれが母親なのか?いや違うかもしれないし、と声をかけるのに躊躇してしまった。 


すると一緒にいた友人Aが唐突にそのガキを抱え上げて走り出す。 


すると「ちょっと何すんのよ」と叫びつつ後を追うその女。 
その叫び声で我に返り、Aと女を追いかける俺。 

ちなみにAは高校の時ラグビーをやってて、子供一人抱えても走る速度は全然変わらず、
女はおろか俺でも全然追いつけない。 


Aが真っ直ぐ進んだ先には交番があって、そこに飛び込むA。 
女を追い越して先にAに追いついて俺も入ると、いきなり大の男が二人飛び込んできた事に驚く警察官4人。

         
2016年12月18日
664: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/09/20(火) 15:53:33.76 ID:kqGYbzra
私には兄と妹がいる。 
兄は妹が3歳になる頃に命にかかわる病気を発症してしまい、母親がそっちにかかりっきりになってしまった為妹の世話の6割は私がしていた。 

妹が10歳の頃、近所に住む金持ちのドラ息子が学校帰りの妹を無理矢理不良の溜まり場みたいな空き地に連れて行ったと妹の友達が泣きながら教えてくれた。 


空き地に行くとドラ息子がナイフを妹の頬にピタピタあてながらニヤニヤしている。 
周りにいる奴らもニヤニヤ。 
妹が刺される!と思った私は不良の中に素手で突っ込み、ひたすら頭突きで対抗して妹を救出。 
ただこのドラ息子から妹を引き離す時にナイフで切られて顔の半分は血塗れ、腕も切られた。 
空き地だったが為に通報されて、不良達は補導。 
金持ちは金に任せて穏便に済まそうとしたらしいが、親が頑として取り下げず周囲の目に耐えきれなくなったらしく夜逃げ同然で引越した。 

顔と腕に傷は残ったけど、妹を守った勲章なので気にしない。 
妹の結婚が決まったので記念カキコ。ヒャホー! 
ちなみに兄も奇跡的に回復して今では元気になってます。

         
2016年11月16日
394: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 12:58:30.69 ID:RpSrx1gR.net
恵方巻で腹立つ話を思い出した。 

以前、海の幸のにぎり寿司食べ放題
というツアーに参加したら、 
最初にでかい太巻きが一人一本出てきて、
「最初はその太巻きを召し上がって頂き、
その後はあちらのカウンターで
お好きなにぎり寿司を 
好きなだけ召し上がってくださって結構です」
と言いやがった。

一般的な成人男性でも
一本食えば腹一杯になりそうなサイズ、
中身はかんぴょうと卵焼きとキュウリとでんぶのみ。
海の幸もへったくれもない。 

詐欺だなんだと客が騒ぎ出したら
「太巻きをパスされるかたは、別途料金3000円で
あちらからスタートできます」と言ったが、
渋々了承したのは数人のみ。 

これはもう、懲らしめないといかんなと、
わんこそば大会355杯、
寿司大食い大会185皿の記録を持ち、
某有名大食いファイターと
ガチバトルで惜敗した経験のある俺がエンジン全開。

重い空気の中「いっただっきまーす♪」と
太巻きを1分弱で完食。 
「じゃあ、あっちへ移りますね~」とカウンターへ。
まだこの時点では
「太巻き一本食ったんだから大して食わないだろう」と
主催者もヘラヘラしてた。 

「何をどれだけ食べてもいいんですか?」
「はい、何でもどうぞ」
「ネタが無くなったら追加してもらえるんですか?」
「はいはい(笑)足りなかったら
市場まで買いに行きますよ(笑)」と大きな声で確認した後、
「じゃあウニと大トロ」とスタート、
300カンまでカウントした。 

ウニは木箱を2回取り替えさせた時点で
「すみません、もう品切れです」と言ったので 
「足りなかったら市場まで行ってくれるんでしょ?
ウソなんですか!?」と詰め寄ったら渋々交換。 

ウニだけで80カンは食ったと思う。
他の人達はギャラリーとして楽しんでて、
途中で主催者が 
「お客さん、お金全額返しますから勘弁してください」
と言ったら
「卑怯だぞー」などと援護してくれた。 

帰宅してから胃腸壊して2日ほど入院した。

         
2016年11月15日
610: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 15:23:04.27 ID:WDAhUtfr.net
書いてからスレチと言われろとのお言葉に従おうと思います。 
確かにその通り。 

当然ですがフェイク入ってます。 


私以外の登場人物 

後輩A:私の後輩。高卒の新人。人間的には良い奴だが、社会人的にはKY。 
Bさん:104歳のお婆さん。先日天寿を全うされました。 

現場 
老人施設。いわゆる特養。 


私はとある老人施設で働く介護福祉士で、業務の他にも新人の指導育成も担当しています。 

高卒で就職してきた後輩A君は、言葉遣いは悪いんですが、人間的には好感が持てる男でした。 
基本的に目上には丁寧に接しようとするも、言葉遣いや言動が、どうしても高校の先輩後輩的なノリになってる、と言った感じで。 
施設を利用するお年寄りに対しても、自分の親戚に話しかけるみたいなノリが多く、その辺が特に指導の対象になっていました。 
基本的に、利用者に対しては敬語、丁寧語で接し、タメ口は好ましくないとされています。 
仕事は真面目だし、頑張って覚えようとしてるし、返事もしっかりとする。 
それだけに、言葉や言動が社会人的にはKYで評価を落としてるのがもったいない、と私も他の同僚も思っていました。

         
2016年11月10日
612: 名無しさん@おーぷん 2016/03/21(月)16:32:45 ID:Z6r
スカッととは違うけど、嫁の武勇伝を語らせてほしい。
俺はもうあと数年で定年という年齢なんだが、嫁は俺より年下。

今から30年位前に、親戚夫婦が事故で亡くなった。
血筋としては俺の従兄弟とその嫁さんにあたる。

車で一時間くらいのところに住んでいて嫁が妊娠しているときに助けられた理、
逆に相手さんが妊娠しているときに助けたりとかなり仲が良かった。
その夫婦の娘も俺ら夫婦の息子と年が近かったのもあってかなり仲がよく、
子供特有の将来結婚するーなんて話もよくしていたのを今でも覚えている。
そんな夫婦が亡くなったのは自動車事故だったけど、
助手席に座っていた娘、A子とするけど彼女だけは無事だった。
奥さんは後部座席の右側に座っていたのが原因で助からなかった。
A子も酷い怪我で一年くらい入院していた。
その間、俺親族、嫁、従兄弟の嫁さん親族全員が集まって
A子をどうするかという話合いになっていた。

嫁さん親族は既に年金暮らしとなった老夫婦で無理。
俺親族、というが俺の両親もほぼ同様の状況。
俺も息子がいて、高校生で大学受験を控えているため
金銭面に余裕はないのでどうするかという話だった。
そんな時に嫁が俺と息子にうちで引き取れないかという話をしてきた。

俺は正直反対だった。
金銭の問題ではなく、息子は思春期真っ盛りで、
息子を信じないわけじゃないが男ならわかると思うが
下の欲というのはバカにできないものがある。
それにA子は両親を目の前で亡くしたショックで殻に籠ってしまっていて
俺の手には余る話だと思っていた。

そしたら嫁が、私は掃除府でも何でもしてお金を稼ぐ。
息子の動向にも常に気を払う。
全ての責任は私がとるといいだした。

結局その言葉に負けて俺は承諾。
けど息子は渋っていた。

         
2016年10月08日
291: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/06(日) 02:15:59.22 ID:BFcu6bMx
 
今年米寿を迎えた祖父の、十歳頃の武勇伝。
貧しい家で育った祖父は、同い年の中では小柄で細く、よく馬鹿にされたらしい。
ある日、米屋の息子に「お前がそんなに小さいのは食べないからだ。

この米俵を持って帰れたら、くれてやるよ」とからかわれた。

自分の体重より大分重い米俵など、持ち上げることすら出来ないと思ったのだろう。
頭にきた祖父は農作業の手伝いで鍛えた体で米俵を担ぎ上げると、一度も地面に下ろすことなく立ち止まりもせずに、
およそ二キロ先の家まで持って帰った。
慌てた米屋の息子、父親に「○○(祖父)に盗まれた」と嘘をついた。 
米屋がお供を連れて怒鳴り込んでくるも、祖父は「お宅の息子との約束だ」と突っぱねた。 
米屋は「お前なんかが一人で担げる訳がないだろう、誰に手伝ってもらった? 父親か?」と威嚇。 
父親まで泥棒扱いされて再び頭にきた祖父、「じゃあ今から証明してやる」と米屋を引っ張って米蔵に向かい、蔵からもう一俵担ぎ上げてのっしのっしと帰宅。

呆然とする米屋に「お宅の息子は『持って帰れたら』くれると言った。
なら二俵とも俺のもんだ」と返却どころか上乗せを主張。


発狂した米屋が子供の癖に生意気だ泥棒だ、と怒り狂う中、近所の人に騒ぎを聞かされた曽祖父が畑から帰宅。
米屋と祖父から話を聞き、分かった、と言うと表情を一変。
「子供とはいえ、男同士の約束。そちらが違えるのは勝手だが、うちの子には命に代えても守らせる!!」と鬼のような形相で一喝。
普段、物静かで朴訥とした曽祖父のあまりの剣幕に血相を変えた米屋、
慌てて落ち着け、落ち着けと繰り返した後に
「約束なら仕方ない。ただし二俵目は証明する為に使っただけだから」と言ってそそくさと一俵を荷車に積んで帰っていった。

修羅場が去った事で気が抜け、へたり込む祖父の頭を撫でた曽祖父は、米が手に入った事より相手が大人でも主張を貫いた事を笑顔で褒めてくれたという。


以降、傲慢な米屋をやっつけた『二俵担ぎ』として祖父は馬鹿にされないどころか、一目置かれるようになった。 
しかし噂を聞いた人に「二俵も同時に担いで持って帰ったって本当か?」と問われ

「一俵ずつだ」と答えると「なぁんだ」と

残念そうな顔をされて、悔しい思いをしたそうな。 


         
2016年07月21日
535: おさかなくわえた名無しさん 2011/04/27(水) 09:19:47.51 ID:SPzGyK1f
武勇伝とはちょっと違うかもしれないけど、該当スレが分からないので。 

公立高校の教師をしてる。 
田舎で高校の数が少ないため、東大狙えるレベルから中学からやり直しレベルまで 
勉強できる子とできない子の差が激しい。 
(一応、普通科と特進クラスに分かれてはいるが) 
「別に大学なんかどこでもいいしw 落ちたらどっかに就職すればいいしw」 
みたいな考えの子も多く、全然勉強しなくて手を焼いていた。

先日も授業中、喋ったり携帯いじったりで全然授業を聞かない女子グループがいたので 
「いい加減にしろ、学校に来てるんだから勉強しろ」と強めに叱ったら、 
「だって男はともかく、女は別にいい大学入ったからって将来に影響するわけじゃないじゃんw」 
「進学しようと就職しようと結婚したら同じ」 
「将来いい生活が送れるかどうかなんて、結婚する男次第だし」 
「今ウチらが必タヒで勉強することに何の意味があんのw」 
と反論してきた。 

それが私のムカツキポイントを刺激したというか、なんか凄く腹が立ってしまって 
「あほかっ!」と怒鳴ってから説教を垂れた。

最新記事
カテゴリー