料理の記事一覧

         
2019年08月20日

401 :修羅場な話 2012/05/22(火) 16:33:36 0
コトメは結婚しても義実家に入り浸り。
トメはコトメ親子に甘く、自分からあれこれ世話してあげているが、
夫が甘やかし過ぎだと責めると、
「コトメちゃんは家の事を色々とやってくれるから、私も助かってるの!」
と、嘘の良い訳をしていたらしい。
本当は、コトメ子をウトメに丸投げして、昼飯食べて昼寝して、コトメ夫の
分までしっかり夕飯を持ち帰っているだけのくせに。
そんな中、トメが入院(簡単な手術なので特に心配は無い)
病院で入院手続き等を手伝っていたら、トメから『当たり前のように』洗濯や、
ウトの食事の世話を頼まれたので、思わず「え?コトメさんは?」と聞いた。
トメは黙り込んだけど、少し経って「でも、コトメちゃんは自分の家の家事
があるし...」ってボソボソ言い始めたが、夫がすかさず、
「毎日のように朝から夕方まで居て、家の事をやってくれているんだろう?」
「だったらうちの嫁がわざわざ手伝いに行く事もないじゃんw」
って笑い飛ばしてそれ以上は言わせなかったわ。
結局、コトメがブーブー言いながら2日だけ手伝って後は放棄。
トメの実姉が代わりに世話してたみたい。
数日後にお見舞いに行った時、トメ実姉がウトメに、
「普段から、(コトメを)しっかり躾けないからこんな事になるのよ!」
ってガミガミ説教してて笑った。


         
2019年08月18日

120 :修羅場な話 2011/09/23(金) 11:06:45
昨夜帰ったら嫁が連休前に話があるといってきて正座させられた
飲み会で後輩にカードで奢ったのがばれたんだろうかとヒヤヒヤしてたら
おもむろになんか筑前煮だして来て、食べてみてくれと
しょっからあまにがでマズマズだったので、素直にとてもマズイです、なにこれと言ったら
実は今までだまってたけど(結婚4年目)
嫁は料理が大の苦手
今まで俺が食べていたのは、車で10分くらいのところに住んでいる嫁母が作っていたもの
俺が休みで家に一日いる時はクックドゥとかつかって自分でなんとかごまかしやってたけど、基本は買い物いって実家いって作ってもらって帰って来ていたらしい
でも嫁母にもういいかげん練習しろ、明日から作らないからねと怒られてしまったのでカミングアウトしたらしい
昨日の夕飯は嫁がレシピ本を見ながら3時間かけて作ったというメニューが並んでいた
塩辛い筑前煮、外が焦げ中は生のサンマ
具は溶けて味のない味噌汁
ほとんど醤油漬けのおひたし
マズイなら練習に付き合ってね、連休使って頑張ろうねと言っていたが、
いままでウマメシとおもってたからショックが大きすぎる
なんか朝から計量カップに八つ当たりしてるしヒス気味で先が思いやられる…

         
2019年08月01日



917: 名無しさん@おーぷん 2018/10/25(木)16:32:23 ID:ugz
嫁が料理をしてくれなくなった。
原因は俺の職場のパートのおばちゃんのせい。
俺と嫁は職場恋愛で結婚に至り、現在は嫁は昇進に伴って本部へ異動、
俺はそのまま同じ場所で働き続けており、おばちゃんは俺がいる会社のパート従業員。
おばちゃんは嫁の事もよく知っており、嫁が異動するまではよく2人で話していた。

ある日、俺がそのおばちゃんに嫁とは最近どうなのと聞かれ、冗談で料理が重くて疲れると話した。
重いというのは、料理に込められる気持ちが重いという意味で、
嫁は手間暇かけて色々な料理を作ってくれる。買った惣菜や冷凍物は一切使わない。
おばちゃんが俺の発言をわざわざ嫁本人にそのまま伝えて、喧嘩になった。
重くてごめんね、これからは買った惣菜や冷凍物を出すわと言われて実行され、はや2ヶ月。
これを同僚に愚痴ったら、女は冗談もわからない奴が多いぞ。失言したなと慰められた。
おばちゃんと嫁、The·女というか、女の特長の典型的な例である2人に振り回されたなと別の同僚に言われた。
俺は謝ってはいるんだけど、許してくれない。女は根に持つぞ!やらかした事に対して100倍の償いをしてようやく「まあ、許してやらん事も無い」というレベルに達するぞとアドバイスされて萎えた。



         
2019年07月05日



751: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/18(水) 14:31:28.27 ID:Of1Lh+PI.net
友達の旦那さんが衝撃的だった。 

旦那さんは食事の品数を兎に角多くしてくれ!って人だった。 

そして友達の作るご飯は最高だと言っていた。 
友達は確かに料理がうまい。 
毎日何種類のおかずをだしてるのか聞いたら今度ごはん食べにおいでと誘われたので遠慮なくごはんを食べに行ったんだ。 

その日はトンカツ+南瓜とピーマンの天ぷらの盛り合わせ)ごはん、お味噌、おつけもの、きんぴらごぼうだった。 

旦那さんの前には、トンカツ、南瓜の天ぷら、ピーマンの天ぷら、かぶのおつけもの、胡瓜のおつけもの、キャベツ千切り、ミニトマトが7皿に盛られ、 
とんかつソース、サラダドレッシング、つけもの用醤油も小鉢にわけられていた。 
友達「これで10品だよ。あときんぴらがあるからおかずは11品だね」 
そんなバカなww 

でも旦那さん超嬉しそうに「自分だけ品数多くてごめんねー!ほら、俺、一家の大黒柱だからさー!」と言ったんだ。 
どうやらおかずの内容は皆と同じなのにお皿の数で自分だけ沢山の種類を食べてると錯覚してるらしくて衝撃的だったわ。 

あと給料日前は 
カレー→カレー→からあげカレー→カレー→カレー 
みたいなローテーションで、からあげカレーを挟むことでリセットされるらしくて1週間ずっとカレー食べてることに気付かないらしい。 
「旦那、カレーを3日続けると「またカレー?」って文句言うのにからあげのせるだけで別メニューになるんだよ。同じカレーなのにね」と友達が言ってて笑った。




         
2019年06月26日



221: おさかなくわえた名無しさん 2018/09/01(土) 19:56:29.99 ID:VEhghTgv.net
母が頑ななまでに人数分のメイン料理を用意しなかったこと 
我が家は決して貧乏ではなく、経済的にはむしろ豊かだったのに 

私の家は両親、兄、私、妹の五人家族 
なのに母はなぜか料理を作る時人数分のメイン料理を作らないことが多かった 

魚は一応一人一尾とか一切れとか当たった(ただし私や妹は尾側の身)けど、特に肉系が酷い 
例えばトンカツを四枚しか揚げないとか、ポトフにソーセージが四本しか入ってないとか… 
母が肉嫌いならまあ意味は分かるけど、普通に一つ取るw 
そして父と兄も当然のように一つ取る 

つまり常に私と妹の奪い合いが始まる 
しかも私は妹に半分渡すけど、妹にはその発想が無かった 
そりゃ回りの状況を見てたら仕方ないかもしれない 
父に文句なんて言おうものなら半杀殳し、母は何度言っても「?」という反応 
兄は「4/5で食べられるんだから俺は食べていい」という謎理論を展開 
そして妹は野生生物のようにメインの肉料理を奪い取るように 
私が何を言っても無駄。残りの料理を取る「敵」だから 

そんなわけで結局独り立ちするまでひもじいだけの人生だった 
そして実家とは縁を切った 

今でも大人数で食事に行った時、人数分あるかついチェックしてしまう 
なんで母は絶対に人数分作ってくれなかったんだろう 
(なんとなく理由は分かるけどそれでもそう思う)



         
2019年06月15日



550:名無しさん@お腹いっぱい。2016/05/04(水) 23:26:36.89
強風で嫁が外に出るの嫌がるから、
休みの時くらいは俺が料理する!って買い物から何から全部任せてもらった。
普段の嫁の料理はフツー6割、マズ4割。
命危険なものはいまのところ無いけど、地味にボディーブローが効いてくる感じ。

で、嫁から許された料理用軍資金は2000円。
まぁ3日くらいどうにかなると思って、材料購入して帰宅してさ。
(子供のリクエストでハンバーグの予定だった)
いざ作ろうと準備してたら、調味料やら家にあったはずの材料が一切なくなっててさ。

嫁に聞いたら「調味料も含めてお金渡したでしょ?」だと。
なんで家にあるものをわざわざ買って来なきゃいけないんだ?と俺。
調味料も含めて買ってやりくりして料理するのが普通だ!と嫁。
今回に限ってなんか機嫌悪くて。

子供達と一緒にハンバーグ作る約束してたし、
泣く泣く塩胡椒から小麦粉パン粉、ソースにケチャップ、卵に油まで買い足しして、
2000円が昨日の初日で飛んださ…

嫁は「やっぱり私がやらなきゃダメじゃない」って得意顔。
明日話つけようと思う。
最悪、この連休がキッカケで卒業するかもしれんよ。俺…



         
2019年06月04日



857:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage]2014/11/27(木) 04:28:09.62 ID:HlkMQLci
つい最近の話。
歳は43?とかでかなり年上だけど
見た目はまだまだ若々しい。
お互い都心で仕事バリバリなタイプなので
隙間を縫って2ヶ月くらいかけて徐々に距離を縮めていった。

そしてついに彼の方から今度はゆっくり
週末一緒に過ごしたい、と言われ
割りと華やかな街の近くに住んでいる彼の家に初めて呼ばれた。

まぁお互いいい歳して成り行きで事故ったらアホくさいので
真っ昼間ならいいよと返答。

すると彼からLINE
「じゃあ11時に○○駅で降りたら電話して。
近くにスーパー教えるからお昼の食材買ってきて。
うちキッチン広いからさ(^O^)」

いきなり人んちで料理作れと?
しかも買い物付き合ってくれないの?
それってゆっくりできんのお前だけじゃね?
と忙しい時期だったこともあって内心ムカムカ

私「ん?どういうこと?お昼の?食材?」
とすっとぼけたら
彼「あ、自分ちでお弁当作ってきてもいいよ!」
私「え?なんで?」
彼「ゆっくり過ごしたいでしょ。(くるしゅうない、のスタンプ付)」
私「あーうん、ごめんね、でも前日も終電超えだから昼前に料理は難しいから今度ね」
彼「あれれ?料理はハードル高いのか。じゃあお弁当買ってきたやつでもいいよ(ハート)」

マジですーーーーっと冷めて即ブロックしました。



         
2019年05月12日



596:名無しの心子知らず2009/01/03(土) 17:13:28 ID:iezUSng9
1歳になりたての娘がいます。
私は以前調理師をしていて、免許ももっています。
娘が生まれた事で、食の安全性.も気にするようになり、無農薬の野菜を作ったり、
天然酵母でパンを焼いたりしています。
娘と同じくらいの子を持つママ友達に頼まれて、料理や、離乳食の講習をする事もあります。
その場合は、子を持つ親の気持ちがわかるので、材料費だけ先方負担で、
講習費はなしで、ボランティアでやっていました。

以前20名くらいの方に公民館で教える機会があり、
その中の一人(幹事をしていた友達の友達で
その日が初対面でした)からアドレスを聞かれました。
あまり深く考えずに、名刺を渡してしまいました。
(そこに以前働いていたホテルの名称も記載されていました)

後日連絡が来て3、4歳の子供のバースデーパーティーの料理の講習を頼まれました。
聞くと、料理が苦手でいつもスーパーのオードブルとかを取るから、
手作りしてあげたいとのこと。
それならば喜んで。と引き受けました。



         
2019年05月07日

663:名無しさん@おーぷん2015/12/07(月)16:45:22ID:xSt
今も続いてる衝撃的な話
何年か前、仕事のトラブルで夫が同僚をうちに連れて来たことがあった
夜遅くまで仕事をしていたので、夜食に「もしよかったら…」とその日の夕食の里芋のにっころがしを二人に出した
かなり疲れ果てている様子の同僚さん。「頂きます…」と里芋を口に入れた瞬間、「ん゙ん゙ん゙ん゙ん゙!?!?」(本当にこんな感じだった)と唸った

同僚「なんですかこれ?めっちゃおいしい!おいしい!こんなの初めて!」
私と夫ポカーン。そうこうしてるうちにあっという間に一皿食べてしまった同僚さんは「この世にこんなおいしい食べ物があったなんて」と恍惚とした顔をしていた
私が和食のプロとかならわかるけど、その時出した煮っ転がしはめんつゆを使った超手抜きで、10人中9.99人が「普通」と言うような普通の煮物
「レシピを教えて!」と食い下がられたので、めんつゆのパッケージに書いてあると教えると大喜びで帰って行った
そのことがきっかけで同僚さんの奥さんと連絡先を交換したんだけど、どうやら同僚さんにとってめんつゆ煮っ転がしは運命の相手だったらしい
家から自宅へと帰り、早速奥さんに作ってもらったところやっぱり美味しい!なにこれ!?と大ショックを受けていたとのこと
(奥さんも同僚母親も料理人で、めんつゆ料理が出てきたことが無かったらしい)
「めんつゆの料理教えてください!」とプロの料理人に言われてすごく焦った
この一件で同僚奥さんとものすごく仲良くなり、その流れで私の弟と同僚奥さんの妹にこの度結婚が決まった
「めんつゆがキューピッドw」って皆で笑ってる


         
2019年04月30日



230:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]2014/08/20(水) 17:46:44.40
残念な事にメシマズに代わりはないからここで良いと思うんだが
スレチだったらすまん

俺、営業職
嫁、専業
高校生の娘が一人

かなり若い頃に結婚したんで、最初は本当に嫁は何も出来なかった
だが、本とか買ってきて、その通りにやればそこそこ美味い物が食えたんだ
自信をつけて欲しかったし、当時俺は仕事が忙しくて
家で一人にしておくのも心苦しかったのもあるし、とにかく褒めまくった
幸せだったんだ、本当に。
少しして嫁が妊娠。
何ヶ月かした後に、舌がおかしいと言い出した。味がわからないと。
でも、忠実にレシピ通り作るから、勿論まずいわけじゃ無い。
においだけでも辛いが、味見するともっと辛いと言うので
そのころには嫁の料理の腕を疑う事も無かったし、味見しなくて良いよと伝えた。
しんどいなら別に出前でも良いし、料理も無理してする必要無いから、とも

悪い、もう少し続く



最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー