散財の記事一覧

         
2019年09月11日

1 :修羅場な話 2019/05/31(金) 00:22:13 ID:0NCmBGym0.net
嫁が散在癖があり先月俺に隠れて12万の買い物をした事が発覚

俺「小遣いぐらい自分で働いて稼げ」

嫁「家事と仕事両方やれと?」

俺「お前は専業主婦なのに家事で半々で分担してやってる。俺は家事と仕事両方こなしてる」

嫁「子供できたら家事育児仕事しなきゃいけないってこと?」

俺「子供ができたら育児も参加するわ」

嫁「それでも働きたくない。約束が違う」

俺「約束とは…?」←今ここ

家事分担が半々なら働きに出てくれてもいいよな?俺間違ってる?結婚して1年経つけどもう無理かも


         
2019年07月28日

556 :修羅場な話 2008/09/12(金) 22:13:08 0
コトメが離婚されそうになってる。
まだ結婚して1年半なんだけど、たった一年半で、コトメ結婚前貯金約200万、
コトメ夫貯金400万を使いきってしまったんだと。
散財してるのではないかとウトメがコトメ宅に行っても、
ブランド物があるわけでもなし、夜は毎晩家にいて専業主婦を楽しんでいた為ホスト通いとかも無い。
普通の人と同じように、ランチに行けばワリカン、着てる物は普通の服。
子供はいない、計画子梨で不妊治療してるわけではない。
本人も「無駄使いは絶対にしてないんだけど…」としょぼくれてる。

まさかと思ったけど、食費を聞いたら月50万以上使った事があるという。
ワインが好きなコトメ夫の為に買った20~60万のワイン、
100グラム5000円の肉に無農薬野菜サラダのディナー。
塩胡椒醤油などの調味料はすべて取りよせで、価格は一つ3000円以上、
デザートは高級フルーツ店の物のみ、卵は地鶏有精卵お一つ200円、
食器はすべてロイヤルコペンハーゲン、
ローストビーフを切るためだけの銀食器、チーズフォンデュの道具、ワインクーラー。
安い時でも一食で1万以上はかかってる感じ。
近所にスーパーがあるが、そこにはほとんど行ったことがなく、買い物はデパ地下オンリー。

コトメ夫は「これほど金銭感覚のない人と結婚生活を送るのは難しい」といい、
コトメは「全て夫の為にした事」と反論。
家でのメイン行事は食事、なので最高級の物を、との信念だった。
まあ普通に煮物なんかで作っても、全て最高級品だから相当行くわな。
コトメ夫はまだ28で、給料もたいして良くはないと思う。

「なんでそんな金の使い方をしたんだ!」と怒られても
「私が夫君の為に一生懸命だったって事だけ!」と逆切れ。
「そんなにお金使って、これから先どうするつもりだったんだ!」と言われれば
「働くべきだったけど、働きたくても働いたらちゃんと家事出来なくなる!夫君に申し訳ないじゃない!」
向こうの両親からも離婚を勧められ、コトメ夫も乗り気。

         
2017年03月17日


428: 名無しさん@HOME 2014/02/07(金) 16:43:58.66 0
初カキコです。 
長文になります。文章がおかしかったらすみません。 

結婚当初から「同居しろ!しないなら仕送りしろ!家事手伝え!」な近距離別居の元ウトメ。 
アポ無し凸で、家から金目の物を泥する事もあったが、普段仕事でいないのもあり頻繁ではなかったし。 
元旦那もややマザコンエネ夫で「悪気はないから~」「ママンも困ってるんだから大目に見てあげて~」だったが、 
適当に距離置いてなんとかやっていた。(以後”元”外して書きます。) 

3年前、実家の母が癌で亡くなった。(父は既に鬼籍) 
葬式でトメに「私子の両親いなくなったから、これで心置きなくうちに来れるわね~介護する親は私らしかもういないし~」と嬉々として言われた。旦那・ウトは諌めるわけでもなくウンウンと頷いてた。 
頭に血が上るほどムカついたけど、母の葬式で揉め事は避けたかったから我慢した。 
姉夫婦(小梨)とうちの息子(当時高1)娘(中2)も怒りに震えていたけれど、なんとか宥めて母を見送った。 

母の葬式から2週間ほどたった頃、姉から電話があり、亡き父の友人と名乗る弁護士さんが訪ねてきて、 
癌告知された母からの依頼らしく遺言状があるとのことで、私夫婦+姉夫婦同席で弁護士さんに会った。
遺言状の内容は、子供達(うちは2人姉妹です)に均等に財産を分けて欲しいとのありきたりな内容だったのだが、 
遺された財産を聞いて姉と腰が抜けるほどビビった。 
土地家屋以外に、預貯金や国債を合わせて9桁超えてる・・・。 
うちは全く資産家でもなく至極普通の共働きサラリーマン家庭で、お金に不自由な思いをしたことはないけど、贅沢させてもらった覚えもない。 
実家も普通の団地に家族4人が住むのにちょうどいい広さ程度のもの。 
弁護士さんも病床の母に聞いた事しかわからないがと、両親が結婚当初からコツコツ貯めていて、両親の退職金・父の生命保険も手を付けることなく娘達に遺しておいたと話してくれた。 
姉夫婦は「うちは小梨で今後も出来ないしこの歳でもう作るつもりもない。遺産は子供のいる妹に全部あげて欲しい。」と言ってくれたが母の希望通りにしてあげたいとの私の申し出に渋々従ってくれた。 

続きます。


最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー