招待の記事一覧

         
2017年04月21日

102: 名無しさん@HOME 2013/10/31(木) 01:04:46.43 O
相談というか、客観的な意見が聞きたいです。 

【スペック】私(25/独/社会人/実家住み)、
兄(30/新婚/夏に海外挙式済み) 

【流れ】 
①9月末:突然「11月に国内で披露宴やるらしい、
今のところ1日が有力候補」と親から聞かされる 

②10月頭:私「あれから話ないけど本当にやんの」
→親「えっ、1日って言ったじゃない」
→私「候補としか聞いてねぇ!
もう1ヶ月切ってるのに有休申請させるとか非常識!」 
※この時点でかなり参加意欲ダウン。
兄からの連絡もないのでモウシラネ状態スタート。 

③10月中旬:私の職場のシフト作成。
モウシラネ状態のまま有休申請せず。 

④10日前:兄「出れる?」
→私「10日前に出欠とってんじゃねえ。
場所も時間も聞いてねえ。そもそも招待されてねえ。
もう知らんから勝手にやれ」 
※これと前後して実家に招待状到着。
私の名前はなかった。

【各個人の考え】 
私:①②辺りで折れて有休申請しなかったのは
大人気なかったと思ってる。
が、そもそも兄の結婚にそれほど興味なし。 

主催からの連絡も招待もない状況下で、
無計画で非常識なイベントに付き合う気になれず。 
兄嫁には一生に一度の機会に泥を塗って申し訳ないが、
兄との夫婦連帯責任で自業自得。
同情して折れるにはあまりに遅すぎた。 

母:兄夫婦は確かに無計画だけど、
私も25歳の振る舞いじゃない。
しばらく口利いてあげないから頭冷やしなさい(プンプン 

父:兄夫婦が無計画すぎる
(社会人である私の立場を理解してくれていると思われる?) 

兄:「出れる?」メールから音沙汰なし。 

とまぁ、見事に2chに晒すのも恥ずかしい
身内の恥になりました。 
それぞれ融通利かなかったり、
連絡ミスが致命的だったりと
反省点があるかなと思っています。 

しかし、未だに母には一方的に
私が悪いと思われているようで、
口利いてあげない週間が継続されています
(25歳の娘にゃ効かないよママン…) 

私は私の意思を通すつもりで不参加を決定。 
後悔はありませんが、兄夫婦の非常識さを棚上げした
「お前のせいで台無し」感に
どうしてももやもやしてしまいます。 

ツッコミ所が満載で各人に対して
お叱り等もあるかと思いますが、
客観的に見てこの一連の騒動を
どう思うかお聞かせください。



         
2016年10月28日
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/09(日) 22:46:06.07 ID:4wu2IQ5K0
招待状もきっちり返事書いたのに席がなかったんだがwwwwwww 
笑えなかったんだがwwwwwwwwwwwwwww

         
2016年09月13日
948: 名無しさん@おーぷん 2016/01/25(月)11:00:03 ID:eQd
神経分からんと迷ったんだけど相手からしたら私が神経分からんらしいのでこっちで。

去年の夏に新築建てたので私の元同級生親子二組(AとB)を招待した。
お茶しながら話してたんだけど5歳のA子と4歳のB子の為にカップケーキとビスケットを用意した。


         
2016年08月20日
360: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/22(日) 01:35:44.83 .net
嫁が出産後なので生まれた娘とともに実家に帰ってる 
晩ごはんのお誘いあってお邪魔して、
娘と離れ難くて長居してたら 
嫁の親から帰るように促されたわ 

明日も来てくれていいからと言われたけど、
帰らされた事で何か行きにくいわ 
けど、娘に会いたいなあ

         
2016年06月28日
1: 2015/11/25(水) 11:01:58.50 ID:bOIT5CHy.net
2年に1度会うか会わないかの知人から結婚式の連絡がきた 
高校時代はそれなりに仲良かったが卒業してからはほとんど会ってない 
お互いFacebookのコメ欄にたまにコメ残すくらい 
どう断ったらいい?



         
2016年04月21日
285: :2009/08/18(火) 13:08:54 ID: 
俺自身の話じゃないのでスレ違いすまそ。 

俺の親友と新婦は中堅企業で同僚。 

仲人をその会社の社長が務めたのだが、新婦がその社長と不倫関係というか、社長の愛人であったと言う話。 

彼女はこんな小さな会社に何でこんな美人がというほどの美貌で、スタイルもよく、頭の回転は速く、一方気配りも抜群という申し分のない女性。

社長秘書のような立場だったが、社長自ら営業活動をしなければならない規模の会社なんで、一緒に泊り出張したり、社長名代で得意先への接待に出たりということは日常茶飯事。 

得意先にも気に入られ、彼女がいるから取引していると言い出す社長までいた。 

そして、何人かは披露宴に出席していた。 

ただ、日頃の言動では、若干気が強いかなと思えるほどしっかり者で清潔感に溢れていたので、誰も彼女の正体には気づかなかった。 
 

最新記事
カテゴリー