恐怖の記事一覧

         
2020年03月26日

73 :修羅場な話 2015/05/01(金) 08:45:10 0.net
最近あった修羅場。

今年の春から単身赴任してたら。
いきなり嫁が単身赴任先の会社に来てると上司から連絡来る。
何事かと思い本社に行くと嫁ではなく嫁の友人。
それもいきなり「私は婚約破棄された、今酷く心が乱れているので嫁さんに相談させてもらっていた。
嫁さんが一緒に暮らして良いと言っていた、旦那さんが頷いてくれたら全て丸く収まる」
と、挨拶も無しに言われた。
言ってる意味わかんないし、服装も変だし、ちらりと腕に傷があったし
何より目がもう怖かったので「人違いです」と言ってダッシュで仕事場に戻る。
上司に簡単に説明したら直ぐに制服さんを呼んでくれて割りとあっさりと帰ってくれた。
その後上司に車で家まで送って貰いながら嫁に電話して説明したら。
結婚前に働いていた職場の先輩で止めてからも友人関係を続けていた人だった。

最近婚約破棄をされ、かなり精神的にアレな状況が続いていたらしく嫁が相談に乗っていたらしいが
一緒に住んで良いなんて話しはしたことないと言う。

俺も疲れていたというのもあってかなり厳しく怒ったが嫁が心配なので次の日帰ることに。
有り難い事に上司は俺が有休の話をしたらすんなりOK出してくれた。

すまん、次で最後にする


         
2020年03月21日

915 :修羅場な話 2014/01/14(火) 23:22:51 ID:wsp0Ipow
元彼を招いて手料理ごちそうした時
最後のデザートに、キウイを持って来て食卓で皮をむこうとしたら
「俺、キウイアレルギーなんだけど、言ったよね?」
と不機嫌に言われた
ごちそうすることが決まった時に
「嫌いなものや、食べられないものない?」
と聞いて、いくつか挙げられた中にキウイは入って無かった
その時のメモも取ってあるのでそう言ったんだけど
「いや、命に関わることだし言い忘れるはずがない。そっちがメモを取り忘れた」
と言い張る
そんな訳ない…と思ったけど、万が一という事もあるし、こんなので喧嘩するのも馬鹿馬鹿しいので
「まあ、そうかも知れないね。じゃあ果物の代わりにアイスでも食べる?」
と言って立ち上がり掛けたら彼は
「ちょっと待て、それだけ?」
と更に不機嫌に

         
2020年02月21日

898 :修羅場な話 2019/08/30(金) 10:36:08 ID:Lc.fe.L1
リアルだと話された側もリアクションに困るだろうからここに

昨日生れてはじめてナンパされた
別に華美な恰好なんてしていない
仕事帰りで緩いシャツにパソツ、肌露/出は顔と肘下と足首くらい
顔も体型も含めて偏差値的には40~45くらい(友人評価)

職場最寄り駅の階段(その時他の通行人ゼロ)を降りていたら、後ろから声をかけられた
相手は同年代の男性.で、キャッチの人がよく持ってるインカムやボードもない
えらいニコニコしてくるので「自分が覚えてないだけで学生時代の知り合いか?(過去に似たようなことがあった)」と思い、「はい?」と答えてしまった
そこからはまあ普通に「タイプなので声かけちゃって」「この後暇ですか?」と
私が「用事があるので」と言ったら「そうですか」とにこやかに去って行った
体に触れられるわけでも食い下がるわけでもなかったので、ナンパの中ではマシな方だったんだろな

でも訳分らんくらい不快ですごく怖いと思ってしまった

運がよかったんだろうけど、これまで痴/漢やナンパの経験もなく、彼氏も男友達も職場や取引先の人もみんな紳士的でいい人ばかり
女友達の兄弟や彼氏も含めネットで見るような男性.は誰一人おらず、二十数年生きてきて男性.に対して攻撃的な嫌悪や恐怖を感じたことはなかった(個人的な好き嫌いがある程度)

なのに今回はダメだった、人生で初めて男性.と話しただけで「嫌だ」「どっか行ってくれ」「気持ち悪い」という理由だけで泣きそうになってしまった
正直なところ、今思えば男性.の顔は私の好きなタイプの顔だった
でも顔を見るよりも何よりも瞬間的な不快感がすごくて…

よく痴/漢被害やナンパ被害に対して「イケメンならいいんだろ?」とかのコメントを見かけるけど、関係ないと思った
いや、人によっては「イケメンならOK」って人もいるんだろうけど私は無理
「急に声かけてくる知らない人」ってだけで無理、やめてくれ

これまでは「ナンパされたら私は『嬉しい』って思うのかな?」とか考えてたけど、実際に体験したら嬉しいなんてかけらも思えず、ただ精神的にきついだけだった

         
2020年02月12日

320 :修羅場な話 2014/07/06(日) 22:39:59 ID:DaRCcr9wU
ただ単に怖かった話だけど…
ケータイからで改行がおかしい&文才無いので読みにくいかもしれませんが今さっきあったことを…
私の妹が主に体験者です。

私の父親は「マッ○のハンバーガーは毒物!」と毎日耳にタコができるように言う人。しかし、母親が「お父さん、今日ご飯いらないって言ってるから久々に○ック行っちゃおっか!」と言うので妹も含めて三人で行ってきた。

駐車場に車を入れ、外に出ると店の窓側の四人席の所に一人だけ突っ伏している女性.がいて、妹が「泣いてるのかな?」と見ていたので私は「あまり食事中の人をジロジロ見るものじゃ無いよ。」と止めた。
お店に入ると、母親は注文、私と妹は席を探した。私はソファみたいな柔らかい椅子が好きなので丁度空いてたソファと普通の椅子が一緒になった四人席に座った。しかし、妹が「○ちゃん(私)!こっちの席にしよう!」とソファ席とは壁で遮られた普通の椅子だけの四人席へと連れて行かれたので、理由を聞いてみると、

「さっきの女の人…凄いこっちを睨んでたの…」

私は片目だけかなりのド近眼なので、真っ向から(突っ伏したまま)睨まれていたのに気付かなかったらしい。
その後、母親がハンバーガーを持ってきた時に報告すると「まさかぁw」と言われ、母親はナフキンを取りに女性.の席近くのトレー置き台の所まで行ってしまった。
数秒後、母親の顔が恐怖で凍り付いてた。(某ホラー映画の目のようだったらしい。)

         
2020年02月04日

590 :修羅場な話 2019/06/26(水) 22:06:43 ID:kdMpz7wo.net
ウトが骨折で介護が必要になり、トメが用事で出掛けるというので先日手伝いに行った。
良ウトメなので、役に立てるよう頑張ろうと張り切ってた
トメは「ごめんなさいねー急にお願いしちゃって」とにこやかに出掛けて行ったが
ウトの変貌にショックを受けた。何も喋らないしコミュニケーションとれない
どう見ても重度の認知症。たった3週間でこんなになっちゃうの!?とビックリ

食事させたり、トイレはかろうじて運んでいって、排せつさせて始末。
「大丈夫ですか?全部出ました?拭きますねー」
とか声掛けてもほぼ反応なし。

ウトを布団に寝かせて、その後間が持たないので
ウトの好きなクラシックを聴かせてあげようと思い、
「何か聴きましょうか」と言いながら、オーディオをつけてみた
音楽掛けようと色々やったが操作がよく分からず、
諦めかけた時に「それ」が始まった

         
2020年01月23日

67 :修羅場な話 2009/02/11(水) 01:51:29 ID:UEmhtlzH
数年前の話。友人の運転で出かけた帰り道の出来事。
時間は深夜2時くらいだったと思う。

民家が数軒しかなく街灯もないような
狭くて暗い道をゆっくり走っていた。
二人でたわいない話をしながら、ふと前方を見ると、
道路の、センターラインの真ん中に
人間らしきモノが顔を伏せて土下座みたいな格好でうずくまっていた。
「う、ぅううぁああああ!!!」
恐怖の余り二人して叫びながら車を停止させたが、
その人間らしきモノは微動だにしない。
最悪の状況を想像してすでに友人と自分は涙目になっていた。
しかしとにかく車外に出て、
何が起こっているのかを確かめようということになった。
警察や救急車を呼ばなくてはと思ったから。

恐る恐る近付くと、
その人は若い女性.で、怪我をしてる様子もなく
息も普通にしていた。
友人「だ、大丈夫ですか・・・?」
女性.「・・・・・」
自分「どうしたんですか?!」
女性.「・・・・・・轢き杀殳してくれればよかったのにいぃぃー!!!(絶叫)」
友人&自分「!!!(恐怖で声も出ず)」

友人と二人、底知れぬ恐怖で動けずにカクガク震えていると、
その女性.はやおら立ち上がり、フラフラと蛇行しながら歩いて、
路面裏に消えていった。
友人と自分は速攻でその場を離れた。
しばらくは夜の運転ができないくらいの衝撃的な体験でした。

         
2020年01月05日

714 :修羅場な話 2013/02/08(金) 11:55:19 ID:qH3uM3t3
流れ切ってしまってすみません
先ほどキチに遭遇しました

私は鉄道関係で働いています
そのママは赤ちゃんを抱いて、満員電車に乗車をしようとしていました(プラス開きっぱなしのベビーカー)
そのままでは赤ちゃんが危ないと思い、少しでも空いている端の車両へ乗車するようお願いをしました
するとそれまでニコニコと赤ちゃんをあやしていた顔が一変し、鬼の形相で私に食ってかかってきました

「○○さんちに行くにはこの車両の出口がいいと書いてある!」(たぶんアプリか何か)
「やはり妊婦にまわりは理解がない!」
「私が端まで歩いて疲れたら、この子も疲れる!」
「端まで行ってやるから運賃タダにしろ!」
などと騒ぎ始めました
なのでそのままでは赤ちゃんが圧タヒしてしまうかもしれない、と言うことを伝えてもまわりが避ければ良いとのことで、そのまま乗車しようとしていました

しかし超満員状態のその車両に乗れるわけがなく、はじかれてしまいました
すると顔を真っ赤にし、少し離れたところにいた私に向かって「人杀殳しー!」と叫びました

一度切ります

         
2019年12月10日



331: 名無しさん@HOME 2018/11/04(日)10:05:00 ID:ft7 [1/4回]
義兄嫁が怖すぎてどうにかなりそう。
私の妊娠が判明してから義兄嫁がストーカーみたくなってる。

なんて言えばいいんだろ…。
私の妊娠時期を真似して自分も妊娠してる気分になってるって言えばいいのかな?
私が悪阻でゲロゲロになってたら義兄嫁もキッチンやトイレで口に指突っ込んでオエオエやりだしたり、食の好みが変わって苦手なゴーヤばっかり食べてたら義兄嫁も義兄嫁が苦手な甘いお菓子をたらふく食べだしたり、
お腹が出始めて普通の下着が履けなくなったから妊婦用の下着を履くようになったら何故か義兄嫁から「私、妊婦用下着を履き始めたの。うふふ。」と報告されたり、ベビー用品を準備し始めたら義兄嫁もベビー服とかオモチャのがらがらを買ったり…。
もちろん義兄嫁は妊娠なんてしてない。
というか昔なんかの病気で子宮取ってると顔合わせの時に言っていたからまずありえない。
なのに自身のお腹を愛おしむように撫でてみたり、私のお腹を不意に触ってきながら「あと◯ヶ月で会えるね~楽しみだね~早くおいで~」と言うのが何故だか鳥肌が立つほど怖い。
義兄や義両親も義兄嫁の異常な行動をたしなめる程度はするけど、「子供を産めない可哀想な義兄嫁」っていう思いが根本にあるからか、強くは咎めてくれない。
旦那は「あの人はおかしい。ヤバイ。」と言って義兄嫁に出くわさないようにしてくれているし、もし出くわしても私にべったり張り付いて守ってくれるから今は直接的な接触はないけど、
なんせ義兄家と自宅が徒歩10分もないくらいの位置関係だからほぼ毎日家に来られる。
ピンポンしたりもせず、ただ家の前に立って2階(私の部屋がある)を見上げながら自身のお腹を優しく撫でてるんだよ。
まじでほんとに怖すぎる。
あの人一体なんなの?何がしたくてうちに来るの?
怖くておかしくなりそう。





         
2019年11月17日



603: 名無しの心子知らず 2009/12/01(火) 19:53:59 ID:pfShu0kD
学生時代に遭遇した気持ち悪過ぎる放置子の話。
結構大きなスーパーに行って、買い物前に入り口付近にあるトイレに寄った。
女子トイレの前に小学1年生くらいの男の子が立っていた。
お母さんでも待ってるのかな?と特に気にせず用を足して、出てきたらまだその子が立っている。
売り場に行こうとした私の腕を「ちょっと来て」とその子がいきなり掴んできて、女子トイレの中へ連れて行かれた。

びっくりしたが、一人でトイレに行けなくて困ってたのかな?などと思い、お手伝いしてあげよう!と個室に入った。
「どうしたの?トイレに行きたかったの?」と話しかけると、いきなり男の子が「胸見せて!」と私のブラウスに手をかけた。
私はすっかりパニックになってしまって「ダメダメダメ無理無理無理!!!」と男の子の手を払ってトイレを飛び出した。
その後男の子が着いて来ないことを確認して、さっさと買い物を済ませて店を出た。
店を出る時にトイレの前を通ったら、さっきの子がまだ女子トイレの前に立っていた。
まだ小さいのにどうしてあんなことができるのか・・・本当に気持ち悪かった。
冷静になってから店員に通報してやればよかったと思ったが、あんな小さい子相手じゃ私の方が異常者扱いされそうだ。



         
2019年11月14日

827 :修羅場な話 2011/08/07(日) 22:54:05 ID:3IB9WYvn
去年の今頃、早朝に友人と駅に歩いていたら
白のワンボックスカーがスーと寄ってきて、後部座席から外人の男が3人降りてきた
いきなり腕を掴まれ、車に連れ込まれそうになり
とっさにザックの肩ひもに付けていた「熊撃退スプレー」を噴射。
唐辛子入りで、プッシュすると一定量が噴射され続ける物。
友人も我に返り、ワンタッチの爆竹を車の中に放り投げる。
すさまじい爆発音(一分連続する)をさせながら車が走り出したが
男の一人が目を遣られ、もがいた弾みにスプレーをもぎ取ってしまった。
車の中で再度噴射させてしまったらしく、車は蛇行してガードレールに激突。
すぐにパトカーが来て、御用。
山登りに行く途中だったんで、熊除けグッズを持ってたんだよね。
先輩に、熊除けのスプレーや爆竹はザックの中ではなく
ザックの肩ひもや上着の前ポケットに装着するように、何度も言われていたのが良かった。
あのまま車の中に連れ込まれていたら、今生きてないだろうな、と思う。

ちなみに私たちもスプレーを吸い込んでしまい
当然だが山には行けなかった。事情聴衆中も鼻水と涙が止まらず大変でした。

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー