恐怖の記事一覧

         
2020年09月14日

299 :修羅場な話 2019/04/18(木) 19:11:28 ID:qNo
一人暮らしで強盗だか強姦魔だかに押し入られたことがある
宅配装ってて警戒心も薄かったからそのまま開けてしまった
玄関でガバーッってこられて、夢中で暴れてたら飾ってたブロンズの熊(兄の贈り物、彫り物風)が落ちてきて強●の頭に直撃
強●が止まったんで逃げようとしたら足掴まれたんで同じく落ちてたクリスタル花瓶で頭殴った
そしたら動かなくなって、血ダラダラで死んだ?てか杀殳した?って思った
パニクって兄に電話した、杀殳しちゃったどうしようって
そしたら兄が仕事仲間連れてきて、大丈夫だから安心しろって言ってくれた
強●は死んでなかったらしく生きてるぞーって仲間さんが言っててホッとしたけど、
兄と仲間さんは俺らに任せとけって言って強●運んでいってしまった(救急車は止められた)
仲間のお姉さんが一緒に居てくれて慰めてくれた
それから数ヶ月して、近いけと別のところに引っ越して、強●のことはあまり考えなくなったころ、
兄が強●からの慰謝料と迷惑料って言って札束を渡してきた
びっくりしてそんなの受け取れないって言ったら、そうだよなって笑って通帳の方に振り込まれた
そうだよなじゃない、そうじゃないって言っても笑ってるだけ
どうなってるのか事情聞いても大丈夫、お前は知らない方がいい、気にするなばっかり
お金もお兄ちゃんが受け取ってって言ってももう貰ってるで済まされた
強●と示談にしたのかなと思って、でもまた来たら怖いからからもっと別のところに引っ越そうかと相談したら、
もうあいつは絶対来ないから大丈夫って言われた
その後、数年したら兄はこっちからは滅多に連絡が取れなくなってしまった(年1くらいで電話はある)
最近掃除中に出てきた中学のアルバム見てたら、強●の顔が友だちにストーカーしてた同級生と完全に一致して震えた
どっかで見た顔と思ってたから、そのへんのどっかで見かけて家まで来られたんだと思ってた
そいつが今どうしてるとか確かめないことに決めて墓場


         
2020年09月08日

562 :修羅場な話 2019/11/20(水) 13:22:18 ID:HgG
車通勤なのに、精神障/害者に徒歩でス㋣ーカーされてた。
もう少しで自宅が特定されるところだったのを知った時が修羅場。

ス㋣ーカーの仕方は、
職場(複合施設)の駐車場で待ち伏せ→私が車に乗る→見えなくなるまで目で追いかける→見失う
翌日、見失った地点で待ち伏せ→私の車が通る→見えなくなるまで目で追いかける→見失う
翌日、見失った地点でry
延々この繰り返し。
こんなやり方で毎日張り込まれ、三十キロくらい離れている自宅の目前まで迫っていた。

そう言われれば通勤中に作業服の男性.を見た気がするけど、田舎なので軽トラに乗ったおじさんとかいるし、近くに土木作業員の寮もあった。
だから見かけてもまさか私のス㋣ーカーだなんて思いもしなかった。
そのス㋣ーカーはス㋣ーカー中に事故に遭い、それでス㋣ーカー両親が職場に怒鳴りこんできて発覚した。
けど私は当時退職済み&臨月で出産間近だったので、体に障らないよう全部会社と旦那がシャットアウトしてくれていた。

つい最近、もういいだろうと思うから話すけど、と私が知らない間にス㋣ーカーと示談になっていたことを知った。
ただただ驚いたあと、泣くほど怖くて震えた。
ス㋣ーカーは、家を特定できたらそれはもう運命だから私と結婚できる!と思っていたらしい。押し入る算段もつけていたとか。
押し入られていたら子供はどうなっていただろう。
いい物件を見つけた!退院したら新しい家に引っ越そう!って言われて、急だな!とは思ってた。
でも引っ越し先が本当にいい環境で、「子供が生まれて幸せ!家も新しくて幸せ!旦那ありがとう!」と感謝一杯頭の中お花畑だった。
その時、実は君のス㋣ーカーが前の家の目前まで来てて逃げるために…とか言われたら、子供を害される恐怖で泣きわめいてたかもしれない。
会社にもだけど本当旦那には感謝しかない。なので今日は旦那の好物を作ります。何もなくて本当によかった。

         
2020年08月21日

807 :修羅場な話 2017/03/30(木) 19:46:02 ID:3oojUJlz0.net
オカルト板でこの話題はいいのかわからんが
今から50年も前の話。秋田は六郷村の、今はもうない小学校に赴任した教師の話

その人は集落ほぼ唯一の識字人であったため、村人に「先生」と呼ばれて慕われていた
その村では兎狩りが盛んだったため、先生も休日には鉄砲を担いで山に登り、
地域のレクリエーションとして村人と一緒に巻狩りを楽しんでいたという
冬も終わりのある日、岩手県境に近い奥山に兎狩りに行ったのだが、その日は豊漁だったそうで、
みんな山頂付近まで兎を追い上げ、小休止の時間になると満足そうに談笑していた

先生が村人と談笑しながらうろちょろしていた時、突然、足元が「ズボッ」という感じで沈んだという
あれ? と思った瞬間、今まで騒いでいた十数人の村人たちがピタッと騒ぐのをやめ、恐ろしい形相でこっちを見る

え、なんなの? と思った途端、一人の村人が「おい先生、ゆっくり、足元を見ないでこっち来い」と言い、
恐ろしい形相で両手を差し出した。先生は逆らうことも出来ず、ゆっくりと歩き始めたという
ただ、一歩踏み出す事に「ズッ、ズズッ」と足元が沈み続け、いよいよ怖くなった
あの、これは……と先生が言いかけた途端、その村人が「いいからこっちさ来い!」と叫んだ
訳もわからず地面を蹴ってその村人に飛びついた途端、地面がボン! という音とともに消えたという

なんとその先生は、20m近くある崖の上にせり出した雪庇の上に乗っていたのだった
つまり、さっきまで自分が乗っていた地面は地面ではなく、雪の塊だったのだ

いやーよかった、神様に感謝だな、あと少し遅ければ、先生は春まで雪の下敷きだったでぁ……
と村人たちは大笑いしたらしいが、先生は気が気でなく、一日中震えが止まらなかったそうだ
ただその六郷村の集落は現在ではダムの底になり、往時の村の面影はなくなってしまったという

         
2020年08月14日

36 :修羅場な話 2008/12/15(月) 05:25:30 ID:LzReRsw80
隣の部屋に住んでる友達が体験した話。

去年のこの時期、私は夜中に隣の部屋友達の叫び声で目が覚めた。
友達はこの時期になると怖い話やビデオを好き好んでみている友達だったので、怖いの見てるんだろうな程度にしか感じませんでした。
次の日友達に「昨日相当怖いの見てたの?どんなやつ?」
と聞きました。
以下友達から聞いた話を書きます。
夜中の12時頃ピンポンってチャイムが鳴った。ちょうど鮫島スレを見ていたからかなりびっくりしたらしい。
取り合えずドアの穴から外を見たらしいんだけど、ドアの下に人影が見えたそうな。
友達は私が悪戯してるのかと思って、鮫島スレに心奪われていた彼女は無視をすることにしたそう。
でもまたチャイムが鳴るので、チェーンをつけたまま少し開けてみたらゴトって何かが倒れてきたらしい。
ビクついた友達はあわててドアを閉めようとしたら、ドアの隙間から手が ガッと入ってきてドアをつかんだんだと。その手は血まみれ。
「いやぁぎゃあぁぁあああぁああ!!」
と叫んでしまったらしい。(この時の声を私は聞きました。)

         
2020年07月28日

696 :修羅場な話 2015/04/19(日) 22:41:20 ID:McZH8r/l0.net
パチスロ・4号機時代のミリオンゴッドを打ってたのですが(僕はその時ゴッド揃いを3回引いて消化中)隣で天井単発食らってさらに天井単発、そして1200G回してたおやじ(20万以上突っ込み)が金が底をついたのかタバコを置いたまま1時間ほど行方不明。

ハイエナのガキが店員を呼んで台の呼び出しを。
ほどなくしておやじが戻って来て数千円使って悔しそうに(既にハイエナのガキが狙ってるのをおやじも気づいてる)台をやめたのですが、それを見たハイエナのガキが速攻確保。

ガキに変わった途端まさかの天井から全ストック放出が始まりギャーギャー騒いでのお祭りさわぎ。
カマ掘られたおやじは通路の陰から怒り狂ったようにこちらを凝視。

結局ハイエナのガキは2万5000枚、50万一撃でした。
ちなみに僕はさらに出続けまだゴッドゲーム中(事件に関係ないので勝ち額は伏せておきます)

そこまでの一部始終をずっと見てました。
そしてガキが交換しに行った直後、店内がやけに騒がしくなり店員やスーツ姿の店員達が何やら騒いでいるので何かと思ったら先ほどまで隣で打ってたガキが背中を包丁でメッタ刺しに…
換金所で換金してる最中に後ろから背中を刺されたのです。

僕はゴッドゲーム中だったので見に行かなかったのですが換金所(ホールの外)は血の海だったようです。
犯人はもちろんあの「おやじ」でした。
隣の台にタバコとキーを置いたままいつになっても帰って来ない台を見てると物凄い不安と今までに経験した事のない恐怖を感じました。

ゴッドゲームが終わり換金するのが恐くて仕方なかった(換金所は違う場所に急遽変更で閉店)
そこのホールは2階のエレベーターの横に換金所(バカでかいホール)があり暗い場所にあるので恐くてそれ以来一度も行ってません。

         
2020年05月20日

949 :修羅場な話 2010/12/22(水) 17:27:15 0
コトメが無神経で自己中なので、義実家に行く度に嫌みを言われる。
(ちなみにコトメは彼氏居ない暦=年齢の30代)
ウトメ、夫、義兄の前では大人しいが、台所に立った時など、目の届かない
場所で、私と義兄嫁さんにネチネチ。
先日、義実家に集まった時に、コトメの嫌み攻撃が始まった。
私はいつものように、あ~はいはい。とスルーしてたが、突然
「うっせぇんだよてめぇ。ネチネチネチネチと鬱陶しいんだよ」
と凄みのある静かな声が聞こえた。
声の主は義兄嫁さんだったが、普段穏やかな義兄嫁さんの声とは思えず
コトメも私も固まった。
「おめぇだよ。この糞小姑。」
と、とても澄み切った表情で発言なさった。怖かった。
コトメは恐怖で固まっていたが、その後自室にこもったらしく、居間には
やってこなかった。多分永遠に来れないだろう。
ウトメに「またコトメが何か悪さしたのか?」と聞かれたが、義兄嫁さんが
聞こえない振りしてたので、私も「さぁ、気分でも悪いんでしょうか」と
とぼけておいた。
奇麗な人が汚い言葉で罵倒すると、怖いんだな。
今までコトメの嫌みが鬱陶しいだけで全然怖くなかった理由が解った。

         
2020年05月11日

714 :修羅場な話 2017/02/06(月) 07:25:46 ID:riZ8F8inM.net
ちょっと変人なだけだと思ってた義父がマジ基地で怖かった…
長いからいくつかに分けて書く

嫁が妊娠中なんだけど医者から安静にって言われてて、俺だと身の回りの世話してやれないから実家帰れって言ったら断固拒否された
理由聞いても義父が嫌って言うだけで具体的には教えてくれないし、家事代行頼みたいって言われたけど高いから渋ってたんだ
そしたら日曜に嫁に金を渡されて、これで義母の好きな菓子買って18時5分くらいに義実家をアポ無し訪問して渡してこいって言われた
そしたら嫁が嫌がる理由が分かるからって

         
2020年05月09日

426 :修羅場な話 2013/06/16(日) 09:31:59 0
15年くらい昔、家族で盆に車で田舎の祖父の家に向かった
深夜近くに途中の道の駅で、両親と弟がトイレに降りて
私は後部座席でウトウトしていた
ガチャっと音がして、後部のトランクドアが開いて
誰かが私を抱き上げようとした
その時は父だと思って「だから、トイレは良いってば!」と振り払おうとしたが
相手は無言で、私を抱き降ろした
腕の感触や匂いに違和感を感じて目を開けると、見知らぬ男性.だった
大声をあげようとしたが口を塞がれた
その時、車に乗っていた犬がけたたましく吠えて、男に飛びかかってきた
2週間くらいの滞在なので、犬も連れて行っており、親がトイレに降りた後こっそりケージから出していた
小さいヨークシャテリアだったけど、凄い速さで男の腰や足に噛み付き
男が悲鳴をあげて私を取り落とすと、男の腕に噛み付いた
男が腕を振っても噛み付いたまま離れなかった
私は、もう声をあげる気力もなく、泣きながら固まっていた
駆け戻ってきた両親が、男から犬を引き離そうとしながら男に謝っていた
その時やっと声が出て「この人悪い人!犬は私を守ろうとしたの!」と言うような事を叫んだ

後のことは良く覚えてない、母と弟と犬と道の駅の事務所のような部屋で
知らないおばさんに野菜カリントウを進められて、困った事しか記憶に無い
警察の人に、車のそばで写真を撮られた時は、もう男はいなかった
両親から何度も謝られたけど、この事件のことは家族のタブーみたいになっていて
あれが誘拐だったのか、なんだったのか未だに良く分からない
両親は鍵をかけて行ったはずなのに、何でトランクドアが開いたのかも謎

         
2020年03月26日

73 :修羅場な話 2015/05/01(金) 08:45:10 0.net
最近あった修羅場。

今年の春から単身赴任してたら。
いきなり嫁が単身赴任先の会社に来てると上司から連絡来る。
何事かと思い本社に行くと嫁ではなく嫁の友人。
それもいきなり「私は婚約破棄された、今酷く心が乱れているので嫁さんに相談させてもらっていた。
嫁さんが一緒に暮らして良いと言っていた、旦那さんが頷いてくれたら全て丸く収まる」
と、挨拶も無しに言われた。
言ってる意味わかんないし、服装も変だし、ちらりと腕に傷があったし
何より目がもう怖かったので「人違いです」と言ってダッシュで仕事場に戻る。
上司に簡単に説明したら直ぐに制服さんを呼んでくれて割りとあっさりと帰ってくれた。
その後上司に車で家まで送って貰いながら嫁に電話して説明したら。
結婚前に働いていた職場の先輩で止めてからも友人関係を続けていた人だった。

最近婚約破棄をされ、かなり精神的にアレな状況が続いていたらしく嫁が相談に乗っていたらしいが
一緒に住んで良いなんて話しはしたことないと言う。

俺も疲れていたというのもあってかなり厳しく怒ったが嫁が心配なので次の日帰ることに。
有り難い事に上司は俺が有休の話をしたらすんなりOK出してくれた。

すまん、次で最後にする

         
2020年03月21日

915 :修羅場な話 2014/01/14(火) 23:22:51 ID:wsp0Ipow
元彼を招いて手料理ごちそうした時
最後のデザートに、キウイを持って来て食卓で皮をむこうとしたら
「俺、キウイアレルギーなんだけど、言ったよね?」
と不機嫌に言われた
ごちそうすることが決まった時に
「嫌いなものや、食べられないものない?」
と聞いて、いくつか挙げられた中にキウイは入って無かった
その時のメモも取ってあるのでそう言ったんだけど
「いや、命に関わることだし言い忘れるはずがない。そっちがメモを取り忘れた」
と言い張る
そんな訳ない…と思ったけど、万が一という事もあるし、こんなので喧嘩するのも馬鹿馬鹿しいので
「まあ、そうかも知れないね。じゃあ果物の代わりにアイスでも食べる?」
と言って立ち上がり掛けたら彼は
「ちょっと待て、それだけ?」
と更に不機嫌に

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー