怖いの記事一覧

         
2020年06月13日

317 :修羅場な話 2013/05/30(木) 16:35:45 ID:I9BNAffK
まだパニクってるので、文章おかしかったらすみません。


大学の公開講座で出会ったちょいイケメンのアラフォーによく話し掛けられてて、
しょっちゅう「喪子ちゃん彼氏いないの?」「じゃあ俺と付き合って」とか、からかわれてた。


メール交換したり食事に連れて行ってもらった時も恋愛関係話ばっかりで、「アラサー喪女なら男慣れしてないからヤリ捨て出来る」と思われてると思い、水族館に誘われた時に怖くなって、
風イ谷を自分で呼んで(風イ谷関係のお店をネットで探した)、お店の人と女の子に事情を説明して、私の代わりに待ち合わせ場所に行ってもらった。
(お金はもちろん私が自分で払った)


その数分後、めちゃくちゃ怒ったアラフォーさんから電話着た…。
「そんな男だと思ってたの?」とか「本当に好きだったんだよ」とか言われた。


今までずっと男に馬鹿にされ続けて、父親にさえ「お前は本当に不細工だ」とか言われて妹と差別されてきたから、そんなん言われても信用出来ないけど
もしアラフォーさんの言ってる事が本当だったら、私の人生で唯一彼氏が出来るチャンスを逃したんだと後悔してる。


ずっと差別されてきたから、こんな展開になると思わなかったんだよ…。
むしろ「喪子ちゃん、気が利いてるw」とか笑ってくれるかと思ってた…。

たまに肩抱かれたり腰に手回してきてたから、性.欲の捌け口のターゲットにされてると思ってたんだよ。


まだなんか震えてる。


         
2020年04月02日

882 :修羅場な話 2017/07/30(日) 22:56:25 ID:17aGQpW80.net
結婚して一週間弱だけど夫の父親からメールがきたんだけど怖すぎる

子供は1年以内に作ること
毎日30品目以上の食事を作ること
出勤前に忘れ物がないか妻として必ず確認すること(アイロンをかけたハンカチを2枚必ず持たせる)
妻として恥のないように外出時は必ず化粧をして体型も生涯維持し続けること
これら上記のことが出来なければすぐさま離婚するように

と来た。何これ すぐさま離婚したくなってきた・・・

         
2020年02月16日

682 :修羅場な話 2012/03/27(火) 01:03:28 0
車つながりで。

助手席に友達を乗せて高速道路を走っている最中、突然シートベルトを外してドアを開けられたことがある。
そいつ曰く、後ろの席に置いてある荷物を取ろうとして、身体伸ばさないと届かないからベルト外して、そしたら間違えて(降りる時の癖で?)ドアを開けてしまったんだと…そんな間違いするかよ…

その時100キロぐらいスピード出ていたのだが、ビックリしてフルブレーキかけてしまった。追突されなくて本当に良かったし、そいつも外に転がり落ちたりしなくて本当によかった。

さすがに危なすぎるので説教してしまったが、それ以来、人を乗せるのが怖くなったよ…

         
2020年01月21日

55 :修羅場な話 2015/07/10(金) 20:35:30 ID:JKQ
学生の時に病気で子宮全摘出。
その後、大学で出会った男性.がそれを受け入れてくれて20代で結婚。
約一年後「やっぱり血のつながった子供が欲しい」と言われ離婚。
元夫はすぐに再婚し、すぐに子持ちになったようだった。
もしかしたら離婚前から交際していた相手かもしれないけど、どうでもよかった。

で、昨年、私も別の男性.と再婚した。

元夫からパソコン打ちのロミオ手紙が職場に届いた。
(原文では「君」に私の名前が入っています)

----------------------------------
君が再婚したと聞いて驚きました。
実は、俺にはちょっとした計画がありました。
もっと早くに話しておくべきでした。

子供たちが社会人になったら今の妻とは別れて、君と結婚生活をやり直そうと思っていたんです。
お互い嫌いになって別れたわけではないのだし、君はきっと待っているだろうと思っていました。
同じ気持ちでいると信じて、疑いもしていませんでした。
一瞬、裏切りだと思ってしまったことを正直に告白して、謝罪します。申し訳ない。

ショックを受けましたが、計画を伝えていなかった自分のミスです。
今は恨む気持ちはまったくありません。
それに、考え直しました。まだ若い君をずっと一人にしておくことの方が残酷ですよね。
俺は今は君のそばにいることはできません。なら、君を別の男に預けるのもいいと思ったのです。
勝手に預けてしまって旦那さんには申し訳ないけど(笑)

子供たちは順調にいけばあと20年ほどで二人とも社会人になります。
その間、女を磨いて待っていてください(笑) なんてね。ありのままでもいいよ。
もともと俺は、ありのままの君を受け入れたんだから。

でも、できればスレンダーなままがいいな。
グラタンもなかなかおいしかったので、料理の腕も上がってるといいな。
いい歳になってるから、和食だとなお良し(笑)

俺も、君が惚れ直すような男になっておくよ。
アレも磨いておくよ(爆)

20年待てないようだったら、いつでも連絡ください。
すぐに一緒にはなれないけど、たまに会って昔のように語り合うことはできます。
そのあとは、来たるべき再再婚に向けて予行演習も……!?(爆)
-----------------------------------

「やだ、なにこれ怖い。キモイ」と、デスク近隣の人で回し読み → 現夫に相談 → コピーとる

手紙の現物は、回し読みの中に私と元夫共通の先輩がいて「説教ついでにつき返してくる」と言って
引き受けてくれた上に、「いかなる接触も図りません」と一筆取ってきてくれました。

それにしても「(爆)」って懐かしいな。

         
2020年01月06日

735 :修羅場な話 2005/08/24(水) 20:36:55
先週の日曜、妻が、買い物から帰宅したとき。
漏れが玄関のドア開け、

漏れ 「えっ、どなたですか??」
嫁さん「????、ここは○○さん(本名)のお宅ですよね?」
漏れ 「ええ、そうですけど・・・。」
嫁さん「????」
漏れ 「この人知ってる??」(息子に向かって)
息子 「知らない」(打ち合わせ済み)
漏れ 「何か勘違いしてるみたいですね」といって玄関のドアを閉めた。
玄関の覗き穴から、嫁さんの顔みたら青ざめてた。
あとで感想聞いたら、「本当にこわかった」って言ってた。


         
2019年12月21日

10 :修羅場な話 2016/01/12(火) 23:12:51 ID:hEv
歓迎会で居酒屋に行った時、「全く飲めない」の全くの度合いが人によって違ったことで修羅場になった

私は本当に「全く、一口すら」飲めない
家族全員飲めなくて、二十歳になった時に「カルピスのやさしいお酒 もも」を二口飲んだときも
顔が真っ赤になり、真っ青になり、寒気がしてガタガタ震えて意識が遠のいた
二口しか飲まなかったのも、お酒が苦くて舌が痛くて飲めなかったため
その時は一緒にいた友達が看病してくれて、ウコンの力を飲ませてくれたりして救急車を呼ばずに助かった

それからけしてお酒は飲むまいと心に誓った
甘酒や粕汁でも匂いで気持ち悪くなることから口をつけないようにしていた

それから二年たち、就職して職場で歓迎会が開かれた
女性.が少ないところで、そのせいかそこですごくお酒を勧められた
私は「全く飲めません」と前もって伝えてあったのに、席についた途端幹事が「とりあえずビール」と全員分のビールを注文した
「全くっていっても最初の一杯は飲めるでしょ?」と
周りも「付き合いで乾杯くらいはしないと」「これだけでいいから」と譲歩してやってるぞ感を出しまくり
周りは乾杯してぐびーっと一気飲みする人もちらほら
私は口もつけられない
周りからは囃し立てられるし、どうしようもなくて、ジョッキを固く握りしめた手が震えていた
それをみてとった斜め前に座った先輩が私の手からビールをとって、ぐびーっと一気飲み
そのまま空のジョッキを私に返してくれた
四面楚歌だったからその優しさが嬉しくて、泣いてしまって、そしたら先輩が私を連れて一緒に外に出てくれた
「よしよし、怖かったね」と慰めてくれて、その優しさに余計涙が止まらなくなって心の中が修羅場だった
だって傍から見たら先輩が私を泣かせているように見えただろうから
その歓迎会はそのまま先輩が送りかえしてくれた
週明け会社に行ったら、先輩が私を口説いて連れ出したと、先輩が悪者になって私を庇ってくれていた

         
2019年12月17日

266 :修羅場な話 2006/04/30(日) 20:37:31
今度入院するんだけど、元同僚が
「(入院中の下着とか)洗濯して届けてあげる」
「旦那さんのお食事作ってあげる」
「一度家に行くから何がどこにあるか教えておいて+合鍵ちょうだい」と。
そんなに親しくないので断っても「遠慮しないで。家事得意なの」って。
迷惑を越えてちょっと恐いです。

         
2019年11月25日

92 :修羅場な話 2016/09/09(金) 14:34:52 ID:JmE
電車で痴/漢というかヤバイ人に遭遇した
開く方と反対のドアの近くに立っていて気づいたら近くに小汚いおじさんが立ってた
混み気味だったので近づいて来られても最初は気にしなかったけど気づいたらじわじわとドアと座席の手すりとの間の狭いスペースに追い詰められてた
逃げようにも退路を塞がれてできずおじさんは至近距離で「美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい」って連呼してくる
心臓がぞわぞわして喉から声が出なくなるくらい怖くて近くにいた男性.2人組が気付いて助けてくれるまで動けなかった
私は気の強い方だから痴/漢や変隊に遭ったら叫ぶくらいできると思ってたけど実際直面すると無理すぎると実感した5分間だったよ

         
2019年10月15日

106 :修羅場な話 2015/04/08(水) 09:02:18 0.net
体調を崩した私のお見舞いに、義母、義妹、義弟が来てくれた。
その義弟が、横になっている私をよそに、家中を覗く。
各部屋に勝手に入り、棚、引出し、シンク下、食器棚、冷蔵庫、押入れ、洗濯機、クローゼット、小物入れ…とにかく、全部開けて覗いては、「へーこうなってんだー」「ここ何入ってんの」「きれいにしてんじゃん」ってバタバタ家捜し…。
義母、義妹は「やだぁー義弟ったらー」と、かわいい末っ子のイタズラ~というかんじで微笑みながら見守ってた。
義母義妹たちにとってはかわいいかわいい末っ子でしょうけど、私にとっては2回しかまともに会ったことない、他所の成人男性.。気持ち悪いし怖いですよ。躾し直して欲しい。

         
2019年05月15日

100:名無しさん@おーぷん2015/01/14(水)18:48:48 ID:J5r
長文失礼します。

自分が小さい頃なので、もう20年近く昔の話。

その日は、子猫を拾って飼うことに許可を得た次の日で、早く子猫の待つ家に帰りたくて学校からの帰り道をダッシュしてた。

公園に差し掛かったとき、20代前半くらいの男が公園から出てきて、ダッシュ中の私に話しかけてきた。

男曰く

「コンタクトを落としてしまって困っている、いっしょに探してくれないか」

と。

しかし私はさっさと子猫のもとに帰りたい、ついでに言うと公園から出てきたのに公園横の道路を指差してこの辺に落としたと言い張っててなんか怪しい。

「すごく急いでるんです!」

と答えて去ろうとすると

「いやでも今ほとんど見えてないんだけど」

と焦った様子で畳み掛けてきた。

見えてない?!これはチャンス!と思った私は

「じゃあ私のことも見てなかったことにして下さい!」

と叫んで走り去った。

男はなんか

「えっ…」

って言ってたけど構わずダッシュで帰宅。

ひとしきり子猫と遊んだ後、母にそう言えばこんなことがあったと報告。

母は

「変な人もいるわねえ」

と流してしまった…多分時代もあるんだと思うけど。

数週間後、母に

「これって!あんた!」

と言われて覗き込んだ新聞記事には

全く同じ手口の強制わいせつ犯が隣町で逮捕されたと書かれていた。

なんでも探すのを手伝った子にコンタクトを踏ませて

「お前が壊した弁償しろ、できないなら体を触らせろ」

と迫っていたらしい。

その時は普通の人に見えたのに何て卑.怯なやつなんだ!と衝撃を受けたが、大人になった今そいつの卑.劣ぶりに腹が立って仕方ないのと、もしその時点で私が警察に連絡してたら次の被害者は出なかったんじゃ、と自分にも腹が立つ。

今書いててなんか怒りが蘇ってきた…警察に突き出してやりたかった。


最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー