怖いの記事一覧

         
2018年10月16日

356 :2011/09/20(火) 21:33:57ID:Sw88cWBB
彼の姉がやばい人だった。
彼家で会ったんだけど、アル中?で離婚して戻ってきたとかで、見た感じもかなりアレな雰囲気の人。
挨拶したら無言で睨まれた。
そしてそのうち、どうやって調べたのか私の携帯に電話がかかってくるように。
「挨拶がなってなかった」
「あなたは弟と付き合うには格が足りない」←?
「浮気してるでしょ?」←???
「昨日○○(男性.の名前)と会ってたでしょ」←誰、って聞いたら彼姉の元旦那らしい・・・
とかなんとか。ほぼ毎日。
彼に、「怖いから止めさせて、携帯番号変えるから絶対お姉さんに知られないようにして」って強く言ったのに、
番号変えてもまたかかってくるように・・・。
彼に問いただしたら「あの人怖くて・・・ごめん」と新番号を漏らした事を白状。
彼姉も怖いし、彼にも失望した。
あの人の計画通り?に別れちゃった感じで悔しかった。




         
2018年10月11日

457 :2016/05/31(火) 14:12:41ID:Hku
小3の次女は赤ん坊の頃から宙を見ながらボーッとしてる時がかなりの頻度であるんだがつい先日謎が解けた
結論としては得体の知れないもんが見えてる

先日そろそろ家を買おうと建売か中古をと家族で見に行った
事前に調べてた内の本命が価格的にも内容的にも周辺環境としても理想の一件で具体的に話をしようと思ったら次女が「ここ絶対やだ」と言い出し学校変わるのが嫌なのかな?と思い妻に連れ出してもらって俺は不動産屋と詳細打ち合わせ。
まだ銀行のローン審査も有るし嫁とも最終相談が必要だからまだ買うと決めたわけじゃない
あとで次女とゆっくり話そうと家に帰る

なんで嫌なのかと聞くと真っネ果の赤ん坊がリビング這ったりジャンプしたり転がって来たりして気持ち悪いと言い出す

でネットで住所と事故物件と検索すると8年前に赤子が虐待タヒしてると出てきた
その後に立て直されて土地も分割され築六年で売りに出されてたようで確かに隣との境界線に違和感を感じてた
事故物件の住所はちょっと違かったけどその地図上は同じ場所というか隣家と繋がった表示だった

このご時世どこ買っても誰かはタヒんでるだろうと思うものの次女審査して通った家を買おうと嫁と話てる

長女が次女の話を聞いてビビってトイレでも俺から片時も離れなかったのが修羅場
父ちゃん娘に見られながら排泄は出来ない



         
2018年10月08日

170 :2017/10/12(木) 15:20:11ID:Dkx
ブラック企業で営業してた頃、足の爪が2・3枚剥がれたりしても
足が痛い事なんか気にしてられないので無視していた。
そんなある日、左足の踵がチクチクするが放置してるとその痛みが
親指の付け根まで移動するような感覚があったが、些細な事と気にも止めず
一ヶ月以上経って、久々の休日なのでストレッチをした後に足つぼマッサージをしようと
左足を見ると、踵に幅3mm長さ10mm程の皮が分厚い部分を見つけたので
爪切りで切ってみると8mm程の毛が刺さってたので摘んで抜こうとするが抜けず
毛抜きを使って引っ張ると

ズルズルブルブルズズズズズ……

と、肉と皮でギチギチに挟み込まれて軋みながら長い髪の毛が出てきて衝撃
20cm位あって気持ち悪さとスッキリとした快感で変なテンションになったよ。


         
2018年10月07日

553 :2012/07/08(日) 11:06:27ID:9P8gsxFR0
二十年前、私も不動産屋で怖い思いをして
以来、人の訪問が恐怖で何かの点検や作業で
旦那以外の男が室内にいる事事態がダメで必要な時は旦那に全てお願い状態
宅急便だけは大丈夫(室内に入んないから)

二十年前、独り暮らしの彼氏(旦那)の部屋に遊びに行ったのは良いけど
具合が悪くなって部屋で寝込んでた(私の家は新幹線の距離)
昼に部屋の鍵が開いて誰かが部屋に入ってきた気配がしたんで
旦那が心配して様子見に来たのかな、と思い布団から体を起こすと
知らない男が二人立っていた
お互い驚愕して私は声も出なかった
男達は電気コンロの不具合を見に来た、と言って
電気コンロ周辺を何やらガチャガチャやって出て行った
その間、恐怖で動けず具合も悪化してガタガタ震えるだけだった
旦那が帰宅して報告したら、確かに電気コンロの不具合は不動産屋に伝えてて
でも、修理の連絡は入って無かったんで確認の電話をしたけど連絡つかず
後で判ったんだけど


         
2018年10月04日

398 :2016/09/14(水) 01:31:19ID:bbx
タヒんだ夫が久々に夢に出たのでカキコ

夫が「かわいそうだから」と言う時は必ず怖いことが起きていた。
夫は一度離婚してから私と出会い、再婚したバツイチで、元嫁に息子の養育費を払い続けていたんだけど、息子が事故った時に托卵だったことが明らかになった。
さほど揉める事もなく息子の本当の父親から慰謝料とこれまでの養育費を取り戻したと思ったら元嫁が障がいの残った息子と無理心中。
でも夫はケロッとしてたので、どうしてだと私がきくと、
「かわいそうだから、よかった」と答えられた。
「元嫁は親からも縁を切られたし、職歴もないし、まともに生きていけないだろう。元息子も介護が必要だし、生き延びたとしても托卵の子として生きていかなきゃいけない。2人とも生きていくことがかわいそうだから」そう優しく言われて、内心ゾッとした。
それから数年経って、夫が癌に倒れた。
病床で私と娘だけがいた時に突然、「大事な話をするね」と言われ、そのまま、
「実は元嫁と元息子を追い込んだのは僕だ。生きていても希望がほとんど無いという現実をたくさん見せてあげたんだ」とカミングアウトされた。
私は内心そうだろうなとは思っていたので驚かなかったけど、娘がショックを受けて激怒。
「人こ○し」「父さんは最低」などと罵り続けた。私も止めようとしたけど、今後の娘との関係を悪化させないほうがいいと思って止めなかった。
夫は「そうか」と一言言ったきり、悲しそうに私たちを見ていた。

3週間後に夫は息を引き取った。
その直後、夫がほぼ全ての財産を色々な所へ寄付したことを知って私と娘は修羅場に。
寄付されていたのは、娘が夫を罵った日より後だった。私達は住んでたマンションも追い出されて、貧しい生活を余儀なくされている。
一昨日、娘が「父さん、私たちがかわいそうだって思ったんだよね、多分」と呟いた。
「どういうこと?」と聞いたら、「人こ○しの、最低の父親、夫の残した金で生きていくなんてかわいそうだから、寄付したんだろうなーって」と言われて、少し納得してしまった。


         
2018年10月03日

571 :名無しさん@おーぷん
私が5歳の頃まで祖父母が健在
その祖父母の家の隣に住んでた家族に女、女、男の三姉弟がいた
私の記憶には上の姉妹しかいなかったんだけど、その姉妹の妹のほうに執拗にいじめられていた
もう20年は前の記憶だからほんとうに曖昧なんだけど、妹は私より年上で、とても綺麗な能面のような表情が張り付いていた
彼女はまだ3歳かそこらの私を遊びに誘っては、私がタヒんでもおかしくないようなことを繰り返した
ジャングルジムのてっぺんに登らせて両手を離して立たせたり(鉄にぶつかりながら落ちた)
鉄棒の上に立てと言われたり(顔面から落ちた)
滑り台の上から飛び降りろと言ったり(突き落とされた)
知らない道に連れて行って放置したり(教会の十字架を目印に帰ってこれた)
漕いだブランコから飛び降りろと言ったり(頭かち割れて大流血した)
すべて両親共働きで祖母に預けられている間のこと
妹の方はなぜか周りからイイ子として扱われており、私がこんな大怪我をしても誰もそいつが犯人だとは思わなかった
私は怪我をさせられるたびこっぴどく周りから叱られることが続いた
妹のほうがやったと言っても、叱られたくなくて人のせいにしてると思われてた
今でも当時負った傷の跡が残っている
相当ひどい怪我だった
心の中では「なんであの根性.悪の妹を大人たちは可愛がるの」と思いながら、常に妹の方に恐怖していた

大人になり、ふとその時の話を思い出して母にした
すると私の知らない真相を母が知っており、母の知らない真相(上記)を私が知っていることが判明

母によると、私が恐怖し恐れていた妹は「全く笑うことのできない」子供だった
原因は母親の愛情不足
顔の表情が一切変わらなくなったことも、母親は幼稚園の先生に指摘されるまで気づかないほど放置されていた
表情が消えてから数年経っても改善しなかった
しかも妹のほうは大人の前ではまるで気弱で内気な女の子のように、物陰に隠れ、一言も発せず、大人の言うことに小さく首を動かすことしかしなかったそうだ
大人からはとてもか弱く儚い少女に見えていた
私の知っている人物像とはまるで違う
私の知る妹は、能面の顔で残酷なことを告げ、多弁で罵り、従わなければ暴力、時に崖から突き落とすような真似を簡単にする人だった

母には「なんでその時言わなかったの」と言われたが、まだその時私は3歳か4歳
弁の立つ年上の妹の言い分は私の言い分より理路整然としていて説得力があり、泣きじゃくりうまく喋れない私が真実を話す前に周りの大人たちは妹の言うことから偽の事実を予想しそれを信じ込んだ
「遊びたくないといえばいいじゃない」と言われたが、面倒見のいい優しい妹と評判だった彼女の遊びの誘いを断るのは子供の立場からして辛いものがあった
子供は扱える言葉数が少ない分、自分でも不思議なくらい空気を読む
残酷な妹が面倒見のいい女の子、私が手のかかるグズな子と大人が見ていれば、私は大人の当てはめた役を演じるほかなかった
私が大人の作った役から外れれば、大人が困るということを3歳にしてなんとなく理解していた
大好きな祖父母も母も困らせたくはなかった

今思えば妹にとって私は唯一のストレス発散の相手だったのかもしれない
母によると、私が幼稚園に行ける年齢となり、遊ばなくなってから、より症状が悪化したようだ
本当は私が週に一回も母に会えず、夜に寂しくて泣いていることも知らず
母と私が楽しく縁側で談笑している姿を見ては、私に嫉妬してか、私を遊びに誘い、母の目がなくなった隙に大怪我をさせられていた

私は妹から執拗にいじめられていた理由が分かったし、母は私がなぜこうも大怪我を繰り返していたのかの真相が判明したが、お互い残ったのはその妹がどうなったのかという心のシコリだけだった
母も私も忘れたままでいたほうがよかったのかもしれない



         
2018年09月28日

122 :2014/12/23(火) 01:40:37ID:geI
Suicaの話待ちに深夜のお茶請けにでも。大学生だったころの体験。

ゼミの調査合宿である民宿に泊まった。20名超が泊まるには不足ない広さなんだけど風呂が少し狭い。
3人で入るのはきつい程度の広さの風呂が二つ。男女で一つずつ使って、シフト制で入ることになった。
当時3年生だった自分は、班をまとめる役割もあったので風呂は最後のほうにして、教授の補佐で帯同していたゼミOBの院生・講師と調査の打ち合わせとかしたり。

初日、打ち合わせが終わって学部生の最後の入浴は自分。OBもほとんど先に入ってしまったので残ったOBの一人(Aさん)とペアで入ることになった。
ところがAさんはちょっと教授と話すことがあるからと自分だけ先に入ることに。どうやら話がたてこんだようで、自分が風呂からあがるのと入れ替わりでAさんが入ってきた。
「おつかれ~」「おつかれさまです」なんて当たり障りのない会話をして脱衣所に出る自分と、風呂に入るAさん。
服を着て・・・と思ったら風呂の中のAさんが突然大声で喋り始めた。

「いやーー今日は疲れたねーー!!参ったよーー!!あそこの集落のところまであんなに歩いてーー!!」とか言ってる。
あれ、ドア越しに俺に話しかけてるのかな・・と「そうっすか。大変でしたね」なんて返事してみるのだがどうもおかしい。
こちらの返事がまるで聞こえてないのに、どんどん喋る。今日一日の行動とその感想。そしてやたらテンションが高くて楽しそう。内容はちょっと愚痴っぽいのだけども。
最初はドア越しになんとなく相槌していたのだが、どうも変だと思って失礼を承知で返事しないでみた。でもやっぱり気にせずどんどん喋る。
テンションもちょっとずつ高くなっていって、今風に例えるなら楽しく会見する野々村議員ってところか。

さすがに怖くなって「じゃあお先に・・」と小声で断ってこっそり退出。でも廊下までテンション高いAさんの声が聞こえ続けてた・・
山村だし、狐憑きのことを調べてた自分は「これって狐憑きじゃないか」なんてちょっと考えて部屋に戻ったら怪訝な表情だったらしく、後輩が「どうかしました?」と聞いてくるので一部始終説明。
「まさか~、そんなわけないっしょwあのAさんが」と信じない様子。普段のAさんは年の割に落ち着いていて、それでいて面倒見もよく優しい感じだったので後輩がそう思うのも当然だった。
ちょっと見てきますよ~なんて後輩が脱衣所まで行ってきたが、帰ってくると怪訝な表情。「なんすか、あれ・・」と。

あのAさんにあんな一面が・・と思うにはちょっと衝撃的すぎた。
特に害があるわけでもないので、後輩と自分だけの話にしておいたのだけどね。
ただ院生の間ではけっこう知られていたみたいで、あとで聞かされて「そういう人」なんだとは納得しておいた。



         
2018年09月23日

738 :名無しさん@おーぷん
財布を買い換えたら、たまたま同時期に買い換えた同僚Aさん(30代男性.、2年先輩)とかぶってしまった。
よくあるブランドのよくある革の長財布。
色は茶色。男女兼用のデザインのやつ。
そうしたら私(20代喪女)がAさんを好きで、わざとお揃いを買ったのだと誤解されてしまった。
私はAさんにあからさまに避けられるようになった。
挨拶も無視された。すれ違いざま小さい舌打ちをされる時もあった。
この時点で財布の件は知らなかったので、
「仕事でミスって怒らせてしまっただろうか」と私は思っていた。
Aさんと同期の先輩に「自覚なくミスをAさんにかぶせてしまったかも」と相談した。
先輩はAさんに↑を聞いてくれたらしい。
でも翌日からさらにAさんの当たりがきつくなった。
Aさんの中では
「冴えない女に粘着されてる。怖い。同期を使って探りまで入れてきた。外堀埋めてきた怖い」
だったらしい。
でも私は何も知らず「そんなに重大なミスをしたのか」と明後日の方向に怯えた。
なんとかして謝らないと…でもどんな失態をしたんだろうと仕事を遡って調べたが
わからずじまいだった。
仕方ないので叱られる覚悟で直接Aさんに聞こうと
話しかけたが避けられた。
Aさんと私の様子があまりにおかしいため、最終的に上司が気づき
上司がAさんを誘って飲みに→色々発覚→後日上司に呼ばれ、Aさん私上司で話し合いになった。
誤解はわりとすぐ解けた。
そもそもの原因となった財布を開いて見せたら、
私があるガールズアイドルグループのオタで財布を魔改造しており、
好きな人とのお揃いを大事に持っている女とはとても思えない惨状になっていたから。

Aさんはとてもいい条件のお見合い話が進んでいた最中で
神経過敏になってたらしい。
この縁談が壊れませんようにと祈っていた所に財布の一件があり
粘着喪女(私)が縁談を壊す悪魔に見えたそうだ。
上司に「一種の神経衰弱状態」とまで言われていた。
結局Aさんの縁談はうまくいって、元の精神状態に戻ったAさんに謝罪された。
AさんはAさんで怖かったんだろうけど、
理由がわからず先輩に無視されたり舌打ちされた私も怖かった。


         
2018年09月19日

229 :2012/03/03(土) 13:38:01ID:pWksPjs5
痴/漢に遭ったこと。
夜道を歩いてたら後ろから大男(多分190センチくらいあった)口押えられて羽交い絞めにされて
物影まで引きずって行かれたんだけど痴/漢の人に
「すぐ終わるから!ほんっとすぐ終わるから!ね?ね?大きな声出さないで?
 すぐ!すぐだからね?」
って言われてどんだけすぐなんだよと思ったら可笑しくなっちゃって
「フッフッ・・・フヒャヒャヒャ」
みたいに笑っちゃったら痴/漢の人が
「何だこいつ」
って言って走って逃げてった。
後から怖くなってワーワー泣いてたらお巡りさんに見つかって交番で事情聴取?
された。


         
2018年09月16日

545 :2015/03/09(月) 16:56:35ID:LMr
叔母の旦那が失踪してたんだけど。
もうずっと昔の話で、とっくに離婚になってたみたい。
んで、叔母の子(従姉)が成人してから、戻ってきた。
「ただいま」って一言。
叔母は「お帰りなさい」って言って受け入れたって。
従姉から聞いてびっくりした。
もちろん従姉も憤慨してて、「追い出せ」って言ってたそうで。
でも叔母は頑として態度を変えず、結局復縁してしまった。
うちの両親も呆れてた。まあ籍までは入れなかったみたいだけど。
叔母夫婦がハタチ位の頃に出来婚したから、まだ2人とも若かったんだけど、
最初は「お互いふけたね」みたいに笑ってたみたい。

従姉は県外の学生だったから従姉実家から離れてて、それから私も大学入ったから家を出ちゃったんだ。
んで、あとは両親から聞いたんだけどね。


最新記事
最新コメント
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリー