復讐の記事一覧

         
2020年11月19日

853 :修羅場な話 2015/08/27(木) 13:50:30 ID:rIp
他版か迷いましたが投下。もしスレ違いならすみません。
あと初投稿なんで読みにくいかもしれない。

今年ブラック企業を辞めた時の話。
そこの社長は地元で講演しまくり、ラジオの冠番組持つくらいの有名人なんだけど
パワハラ・マタハラ当たり前の老害で

・夜中の3時にメールする
・繁忙期にいきなり会社の片づけを始める
・妊娠したら正社員だろうと問答無用で辞めさせる

等やりたい放題で影では「66歳児」なんて呼ばれてた。

で、私が今年の春に急に体調悪くて早退して医者行ったら翌日から社長に退職勧告。
いきなりすぎるからむかついて
退職届を書いたふりして破り捨てて逃げる2日くらい粘ったが、
仕事妨害してまでしつこすぎて最終的にぶちぎれて「自主退職」として処理することに。
引き継ぎも猶予もなしに辞めさせた上に暗に「労基に言うなよ」と言われたので
「こちらから」訴えないことを誓いましたよ。

ただ最低賃金を下回ってた件は口止めされてないので即日訴えwww
クビになる直前にこっそりタイムカードコピーしたり働いてからの給与明細とか
ちゃんと揃えたり資料なんか簡単に集まるわけで。
労基と職安から色々聞かれたからうっかり洗いざらい喋っちゃったwww

又聞きだけど叩いたら色々出てきて大事なラジオの収録日に呼び出しされてた
職安からも色々雇用に関する手当とか打ち切られるそう。
まぁ社長の癖に源泉徴収票も毎年まともに作れないからね。
私も退職時もらったものご丁寧に平成26年とかかいてあったからね。
毎年職員が愚痴って確定申告やり直してた位だからね。

「あなたは私の召使いなんだから言うこと聞きなさい。」
って雇用契約=召使いじゃねぇよ!!!


         
2020年11月19日

494 :修羅場な話 2019/12/21(土) 19:41:14 ID:yKv
大学を卒業して3年ほど一人暮らししてたんだが、
奨学金の返済もあって生活はカツカツだった。
会社と並行してコンビニバイトもしてて、廃棄弁当貰ってたりもした。
本当は廃棄弁当は廃棄しなきゃいけないんだけど、店長が察して分けてくれてた。
そのコンビニに同僚のA子の弟がバイトしてて、私がそこでバイトして
更に廃棄弁当貰ってたりすることを知られてしまった。
別にやましいことをしてるわけじゃないんだけど
ある日A子から「そんな人生私だったら耐えられない。惨めすぎて泣いちゃう」って言われて
更に「良かった?(私)さんじゃなくて?」って笑われたんだよね。
その時は「アホちゃうか」ぐらいの気持ちでスルーできたのに
帰宅してから思い出して涙が止まらなかった。
それから一年ぐらい経って、田舎から上京してきた友達と久しぶりに会った帰り、
A子が男性.と腕を組んで歩いているところを目撃した。
その男性.がどう見ても彼氏と言うには年を取り過ぎてるので(60前後に見えた)
もしかしたらチャンスかもと思って写メを撮って尾行した。
案の定ホテルに入って行ったので、ホテルに入る瞬間まで撮った。
写真を撮ったものの、有効な使い方が見つからず、身バレしても困るしで
とりあえず保存だけしてた。

それから2ヶ月か3ヶ月か経ってたと思うけど、A子が取引先の男性.と婚約した。
あの時の男性.ではなく、噂によるとかなりの優良物件らしい。
父親が某超有名企業の重役さんで、本人も京大だか阪大だかを卒業してるそうな。
チャンスが来たと思った。
フリーメール使って漫喫からA子のアドレスに写真を送った。
A子のアドレスは会社で使ってるやつ。
同じ会社の人だとバレるのは別にいいと思った。むしろその方がA子にとってはこたえるだろうと。
取引先の男性.の会社のアドレスは調べればわかるから、
この写真を送られたくなかったら明日は、コートの下にチューブトップにミニスカートで出社してくること。
胸の谷間には一万円札を挟んでくること。
始業ギリギリに出社して更衣室の前に事務所に入ってコートを脱いで、みんなの前でポーズをとること。
恥ずかしいことをするのを我慢するか、この写真をバラ撒かれるのを我慢するか
選ぶのはあなたです。って。
正直言って、あの男性.はもしかしたら父親だったのかも知れないから一か八かだったけど。

翌日A子は約束通りの恰好でやってきたけど、さすがにみんなの前でコートを脱ぐのは出来なくて
一旦事務所に来たけど、すぐに泣きだして更衣室に向かった。
事務所では「なんだどうした?!」とザワついた。

とりあえずA子の涙で溜飲は下がったけど、約束は約束なので写真は丁重に婚約者に送って差し上げた。
やはり想像した通りの関係の男性.だったらしく、婚約は破棄されてA子も退職していった。
ちょっとやり過ぎたw

         
2020年11月03日

625 :修羅場な話 2015/05/21(木) 16:19:36 ID:mSZxfjim0.net
初カキコで生緩い話ですが。
中学の担任に目を付けられ私は担任にいじめられた。
私の中学は自転車通学禁止だったのですが近所の方からたまに私の中学の子が自転車通学してると通報があるとなぜか私を呼び出して本当は私がしてるんだろう(私の家は確かに遠かった)お菓子の残骸がトイレなどにあるとそれも私のせいにされる。
授業は数学の先生だったが私が間違った答えをすると私だけこんな問題も分からないのwwと馬鹿にして周りの友達からも哀れられる位だった。
当時私は普通のリア充グループに所属していて、DQNグループとも普通に絡みはあったが私自身はピアスも髪染めもしない普通の人なのにそっちはノーマークだった

         
2020年10月24日

776 :修羅場な話 2012/03/13(火) 19:52:48 0
Aさんが子供を妊娠したときトメが「男の子じゃないから」という理由でAさんを流産させた。
絶縁してしばらくは静かに暮らしてたんだけど、どうしても許せずAさんがトメとシャベル、シートを車に乗せて山に向かってしまった。
泣きながら謝るトメにAさんは罵倒しまくった。 山に着いて車を止めた時にA旦那さんから電話。
「料理作ったから早く帰ってきて(旦那さんは料理できない、しない)」 「○○(A夫妻の息子さん)も手伝ったんだ」
後ろで息子さんの「僕も手伝ったんだよー!!」「ママに代わってー!」 「パパばっかりズルイー!」という声も聞こえてきて大泣きしながら家に帰った。 (トメは義実家近くで放置)
家に帰ると二人が出迎えてくれて、テーブルには黄身が潰れた目玉焼きに、すごく甘くて焦げてる形が変な玉子焼き、ぼろぼろになったじゃがいもと硬いにんじんのカレー、ケーキなどがあってAさん大号泣。
自分が今日やってしまったことを話して三人で泣きながら夕飯を食べたらしい。
トメはAさんが復讐にくるかもと怯えて暮らし、最後にはボケて施設行きになったそうです。

         
2020年09月28日

355 :修羅場な話 2013/10/09(水) 22:01:54 ID:wBqgUsvY0
かなり胸糞悪い話なので注意
フェイクあり、時効成立済み

高校生の時にひどいいじめを受けて自杀殳を考えるようになった

DTのままタヒぬのは嫌だったのでいじめグループリーダーの彼女で卒業
こいつは公開オナニーの強要、無理矢理ホ/モの相手をさせる等のいじめを主導した性.悪

すっきりして死ぬのが馬鹿らしくなった俺は自杀殳を思いとどまり、リーダー彼女の記念撮影をして逃走
撮影に使った使い捨てカメラは埋めて証拠隠滅した

卒業式と記念撮影を不仲な他校の不良達の犯行だと思い込んだいじめグループの連中は仇討ちしようと事件を起こして双方にタヒ人が出た

事件に参加した奴らは然るべき施設送りになり、参加しなかった奴等も自主退学していった
リーダー彼女はマスコミからセカンドレ○プを受けて自杀殳
いじめグループのホ/モは襲撃事件の際にタヒ亡、事件の検証記事を読む限り、かなり悲惨なタヒに様だった模様

         
2020年08月04日

401 :修羅場な話 2016/07/10(日) 13:07:00 ID:qTjb1O2P.net
☆★汚ネタ注意!!(特にカレーを食べている、あるいは食べようとしている方)☆★

高校の頃、休日に出掛けたところ、理由は忘れたが腹を下してしまい、
ウ〇コが我慢できなくて早く家に帰ろうと歩いていたら、途中でヤンキー達に絡まれた。
「なんだおまえビビってんじゃんwww」と言うので「お腹壊してるから勘弁して」と正直に言った。
するとヤンキーの一人が「腹壊してんの?www」といきなり腹にパンチ。いきなりウ〇コ漏らした。
「こいつ臭ぇwwww 」と腹抱えて笑うヤンキー共。

高校生がウ〇コ漏らしたら、もう何も恐いものは無いってことで、人生で初めてキレて向かって行ったら
「こっち来んなwww」とヤンキー共は笑いながら逃げてたけど、こっちの尋常じゃない表情と異常なほど
速い走り(当時短距離の選手)に真剣な表情で「こいつマジやべぇ」と真剣に逃げ出した。

ところが当時のヤンキーはズボンをズリ下げて履くのが流行ってたのでまともに走れず、現役の陸上部に
アッという間に追いつかれ、さらに足がもつれて転んだ。殴ろうかと思ったが、それよりもこの恨みを
晴らさずにおくべきかと顔面騎乗。さらに腰を振った。まだまだ在庫は残ってるのでもう一人のヤンキーも同様の刑に。

2人の顔がウ〇コまみれでゲロ吐き出したところで残り2人が降参。何しろこっちは下半身ウ〇コまみれ。
つかみかかることも蹴ることもできない。ヤンキーのくせにウ〇コにびびるとは。

ズボン用意させて勘弁してやったけど、もうね、狭い街だから噂はアッという間に。男連中からは尊敬されたが
女が誰も寄りつかなくなった。卒業して地元を離れて、もう長い間戻ってないが後悔はしていないと思いたい。

         
2020年07月25日

527 :修羅場な話 2015/12/28(月) 22:09:13 ID:jny
8年前に分かれた元夫と偶然再会した。
今住んでるの名古屋、別れた時は元夫の地元の九州の某県某郡某村字ナントカw
まさかこんなところで会うとは。
後ろから肩叩かれて「久しぶり、偶然だねい」とか言われても誰か分からんかった。
倍率ドン!ってぐらい太って人相も変わってたけど、よく見たら確かに元夫。
友達と旅行で来てるらしいことや、まさかこんなところに君がいるなんてとか、
(私の地元は全然別のところ)
偶然過ぎて何か意味のある再会なのかなって思っちゃうよね~とか、
ちょっと何言ってんのか分からなかった。
そこへ待ち合わせしていた現夫が現れて「誰なの?」って聞かれたから
「前に話した元旦那~」って、わざと「前に話した」を強調した。
元夫、それまでの馴れ馴れしい物言いから「では、そういうことで」と
更に意味不明の言葉を残して去って行った。
言っちゃあ悪いけど羽根が縫い目から半分出てるようなダウン着て、
ニット帽もなんか脂でテカテカしてて、別れる前はそんな酷い恰好じゃなかったのに
ずいぶん落ちぶれたなぁって感じだった。
現夫はビジネスコートが似合ってたし、身長も元夫より15cmは高いし
悪いけど比較するのが可哀想なぐらい。
元夫と別れた時、私は身も心もボロボロだった。
財産分与も慰謝料請求も全て捨てて
迎えに来てくれた兄の車に飛び乗って逃げるように地元に帰った。
元夫と義父母、義姉から受けた仕打ちは一生忘れないと思ってたけど
今の夫が荒んだ心を救ってくれた。幸せ。
元夫が今どんな暮らしなのか、再婚してるのか、何も分からないけど
少なくとも幸福ではなさそうだ。
8年ぶりに復讐できたような気がする。

         
2020年07月24日

574 :修羅場な話 2013/11/07(木) 09:45:28
もう過去の話。グダグダな奴にはヒントになるかもしれないと勝手に思って投下する。

結婚二年目の時、嫁のメールで浮気疑惑。会う日も分かってたから興信所付けてあっという間に証拠確保。
だけど、嫁の数々のメール見ている内に、間男との関係が長いのでは、と思い始めるも、興信所ではそこまで分からず。ひょっとすると結婚前からの可能性.も否定出来なかった為、嫁に証拠突きつけるとともに司法取引(笑)。
嫁と間男には500万づつ慰謝料請求する事、それぞれの職場への通報を示唆。取り敢えず、これで嫁の顔色伺い、思った通り再構築希望である事を確認。

         
2020年07月23日

590 :修羅場な話 2019/11/15(金) 08:03:46 ID:4BF
元嫁の浮気で離婚した際、慰謝料を10万円までに負けた
ラリって泣いて喜ぶ元嫁にトドメを刺してやった
「勘違いするな。義妹さんがお前に婚約者を奪われて吊っただろ。これ以上義父さんと義母さんと義弟君一家に負担をかけたくなかっただけだ」
「婚約者君と一生添い遂げるんだぞ。義妹さんはお前達を草葉の陰から見ているからな」
元嫁は金切り声で悲鳴をあげていた
間男にも同じことをしたら許してくれと震えていた
その後、元嫁と間男は結婚しているけど、両方の親族から縁を切られているから孤立無援
二人とも義妹の影に怯えて弱りきっているとか
一度元嫁から近況報告が来たけど、義妹さんは見ているぞとだけ言ったら悲鳴をあげて切られた

         
2020年07月17日

50 :修羅場な話 2019/11/20(水) 20:35:52
コトメが娘のプリンを残らず食べてしまい
娘がギャン泣きした
復習にチャーハンをラップして冷蔵庫に閉まっておいた
我ながら美味しそうにできたと思う自信作だ
誰も食うべからずって張り紙をして名前まで書いておいた
あんのじょう食い意地の張ってるコトメが残らず食べた
10分後救急車でコトメは運ばれた
コトメは軽度の甲殻アレルギーでタヒぬことはないが
全身が真っ赤に腫れ上がって痒くて痒くて
掻きむしった
あまりの苦しみ用にトメが救急車を呼んだ 
チャーハンはわたし特製のカニ炒飯だったのだ
それも缶詰のカニを使った本物の蟹炒飯
さぞや美味しかろう

警察に取り調べを受けたが食うなって張り紙までしてあったし
アレルギー持ちなのに他人の物を勝手に食ったコトメにも責任がある
って事で私は起訴猶予処分になった

コトメはそれ以来他人の食物を横取りするようなことをしなくなったか
が寝言でチャーハン怖いとうなされているらしい

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー