嫁いびりの記事一覧

         
2020年04月05日

191 :修羅場な話 2015/12/14(月) 15:14:22 0.net
もう何年も前の話です。

義兄嫁も私も超がつく田舎でほそぼそと田舎のおばちゃんやってたんだけど、夫のいとこ(隣家)に
東京から若いお嫁さんがきて、義兄嫁は都会にコンプレックスあったみたいで、嫁イビリに発展した。
もともと交流あったからって毎日隣家に行っては畑のやり方が悪い、家事の仕方が悪い、派手すぎアバズレ、早く子梅などなど。
何度も畑で野菜のクズとかをいとこ嫁さんに投げてる姿を見たよ。
そうまでされても、東京からきた人ってのは立派なもので、誰にも言いつけてないみたいだった。
私も田舎者だから多少の嫁いびりは見て見ぬふりするけど、さすがに無理だなって思ってスマホで撮影して、
ウトの兄(長く校長先生をやってらしたすごくえらい人)に見せてやった。
次の日、ウト兄、ウトメ、義兄夫婦、いとこ家族でえらく長い会議があり、義兄嫁は一か月ほど実家に帰り、戻ってきたらおとなしくなった。
いとこ嫁さんに「スマホで撮影してたなんて全然気づかなかった、忍者みたいですね」と言われた。誰にも気づかれない影キャラだからねw


         
2020年03月31日

57 :修羅場な話 2017/09/20(水) 22:23:32 ID:MYI

優しい虐待を繰り返すクソトメがSOSしてきたので、乱文かつ長文ですが書き込みに来ました。
流れを切ってしまったらごめんなさい。

旦那と婚約した当初からトメとコトメからはテンプレ通りのイビリをされてきた。
お式の一週間前に母と二人で縫ったドレスをコトメが勝手に着て、修正が不可能なほど破かれたり、留守中に凸してきては家中を散らかされ、自分たちで散らかしたくせに片づけができていないと馬鹿にされたりもした。
私のアレルギー食材を意図的に混入されて危うく杀殳されそうになったこともある。

結婚して三年経っても子供ができなかったから、孫を産めない女は出て行けと毎日のように鬼電。
子供ができない理由が男性.不妊だとわかって私たち夫婦が養子を迎えたら、トメとコトメは旦那の子じゃないという理由で私たちが見ていないところで暴力と暴言を繰り返していた。

それが発覚して旦那は実家と完全に縁を切り、私家に婿養子になった。今は私両親と子供と二世帯合計5人と犬2匹で暮らしている。

平和に暮らしていたんだけど、先日トメからSOSがきた。
自分の浮気が原因で返品されたコトメが再婚に邪魔だからと子供を置いて行ったけど、年寄り一人では育てられないからうちの子を施設に返して、コトメ子×2を自分ごと引き取れ「マンションなんて嫌だけど我慢してあげる」だってさ。
寝言かと思ったわ。
「そんな血のつながっていない他人の子なんかいつまでも面倒みていないで、私たちの世話をするべき」なんて、素面でよく言える。
大事な子を捨ててこいなんて言われて平気な親なんかいるわけない。
当然、私たち夫婦の答えはNO。私以上に旦那がブチ切れた。

そもそも、元旦那がコトメをコブごと返品したのは「自分の子じゃない」って理由。
トメは知っていてコトメを止めずに、コトメ子を預かって小遣いまで与えて不倫させていた馬鹿親。間男を家にあげて、もてなしてごはん食べさせていたって言うんだから呆れる。
昔から、トメはコトメが何をしても叱らない親だったそうだ。
コトメは、小さい時から欲しいって言った物は何でも買い与えてもらって、嫌いな食べ物は食べなくていいのよ~って炭水化物とおやつばっかり食べて、一晩中好きなだけゲームをやって、当然眠いから朝は起きられずに学校に行かないって生活をしていたらしい。

旦那も同じように育てられたけど、躾に厳しかった大ウトメが半ば強制的にスポーツをさせて、中学から遠方の寮のあるところに進学させてくれたから助かった。
もし寮に入っていなかったら、コトメと同じように自制を知らないまま大人になったろうと旦那本人が言っている。
トメの過保護と過干渉は、旦那が寮に入ってからはコトメ一人に集中し、厳しいことを言う大ウトメを嫌っていたコトメは激甘な母親にべったりだったから更正の機会がないまま大人になってしまったそう。

コトメ子×2も、半分トメが育てたようなものだからコトメのコピー。

トメはコトメが欲しがる物が、おもちゃ→ゲーム→ブランドってどんどん高価になっていっても、好きなだけ買い与えてきた。
でもウトが数年前に鬼籍に入って、収入もないのに気前よくコトメやコトメ子に貯金で貢いできたからトメはカネコマ。年金の受給資格を満たしていなかったらしく、もう70近いけどパートに出てどうにか食いつないでいる状態。
そこに出戻りのコトメが転がり込んで仕事もせずに遊びほうけて、新しい男ができるなり実家の母親に子供を丸投げして出て行った。

私たち夫婦はそんなトメとコトメの状況を親戚から聞いて知っていた。
ありがたいことに、トメとコトメの人となりを知っている親戚が、知らずにいて後から困るよりは、知っていたほうが対処もできるからって逐一教えてくれる。

昔、住んでいた家が古い平屋で、玄関に鍵をかけても簡単に開けられちゃうボロ物件だったから散々侵入された。
だから家を買う時にセキュリティーがしっかりしているマンションにしようって旦那と決めて、私両親と半分ずつ資金を出してこのマンションを購入したんだけど、一銭も出していないクソトメが、私両親を追い出して自分たちを迎え入れろって言える神経が理解できない。
私にした嫁イビリはともかく、うちの子にした虐待だけは百年経っても許せないってのに。

コトメ子たちは可哀想だと思う。
たとえトメがカネコマで餓タヒしても散々好きに貢いだ結果だから本望だろうけど、子供に罪はないんだよね。
それでもコトメ子は私たち夫婦の手に負えるとは思えない。うちの子のほうが大事。

今後も関わる気はないけど、数字みたいに割り切れるわけでもなくて書き込んだ。
文才もなく脈絡なく書き連ねて申し訳ない。


         
2020年02月22日

713 :修羅場な話 2019/01/15(火) 14:51:57 0.net
正月に実家で起こったことで、どうすれば仲裁できるか教えてください。

両親は健在で、兄妹は長男・次男・長女(私)で、全員既婚で子持ちです。
お正月に実家に集まった時のことです。

母は、長男嫁がフリーで仕事を二つ持ち、家庭を蔑ろにしている(あくまで母からみて)ことが
気にいらないらしく、ちゃんとやることやってるの?が口癖。

長男嫁は基本スルーですが、いくら実の親でもちょっと酷い思い、過去に母に一回注意したこともありますが
「仕事仕事で常識ないあの子のために嫌われ役をかってでてるのに、おまえまでそんなこと言うのか」
と聞き入れてもらえませんでした。

実家では正月は一泊するのが恒例で、子供たちを寝かせて大人だけで話していたときのことです。
長男嫁は、2年ほど前にお父様を亡くしているので、参加は2年ぶりでした。
母はそのことから始まり、長男嫁が実家に寄り付かない非を咎めだし
長男嫁はいつも通りに、すいません、そうですね、はい、等の返事でスルー。
簡単にいうと、正月の集まりに毎年こないとは常識がない、亡くなったお父様だってそんなこと望んでない、と。
母は昔の人だから行事に対する思い入れがすごく、まずは親族集まって正月を迎えるのが当然だと信じて疑ってません。

その流れで「あなたみたいな娘がいて、お父様も安心してタヒねなかった。常識知らずに育って、きっと自分の子育てが失敗だって
無念の気持ちでタヒんでいった。」みたいなことを言ってしまいました。
さすがにこれは、と長男嫁だけじゃなく故人までも貶める発言に場の空気も最悪、と思ったら長男嫁が母に飛びつきました。

         
2020年01月28日

51 :修羅場な話 2004/05/12(水) 03:29:00
義理の姉がスカ発言やってくれました。
新婚三ヶ月で義理家族と同居しているのですが、いつも、やれこの料理の仕方はおかしいだの、
掃除の仕方が悪いだのとうるさいウトがおります。(トメさんはとても優しい人で、いつも庇ってくれます。何でこんな人と結婚したんだろうと悩むほどです)
夫も庇ってくれるのですが懲りないウトで…そんな中、一昨日離れたところで暮らしてる独身義理姉さんが初めて遊びに来ました。
(結婚前から「本当に同居でいいの?」「私が実家に帰って見ることも出来るから、別居してもいいんだよ?」と言ってくれ、同居してからもお金を送ってくれたり、
地方の特産物を送ってくれるとても優しい方です)
夕食時に、ウトはいつものように
『この嫁は気が利かない。材料の切り方が悪い。料理はもっと相手の事を考えてするもんだ』
と言い出しました。それを聞いて、義理姉さんがキレてくれました。
「あ、それ切ったの私(実際には私が切ったのですが…)。OOちゃん(私です)に作ってもらっといていうことはそれ?」
「アンタ何様?ってか、いっつもこんなこと言ってんの?」
「いい歳して、いっつもそんなこと言ってOOちゃんの事いびってんの?バカ?」
そういって私の事を庇ってくれました。
キレて怒鳴り出したウトに、
「実の娘にタヒぬほど嫌われてるあんたが説教するな。私が家を出たのは、アンタのそういうぐちゃぐちゃした陰険さが嫌だったって前にも言ったでしょ?
せっかくXX(ダンナです)のトコにお嫁に来てくれたOOちゃんに失礼なことするなら、私の伝手使って今すぐにでも施設に入れる!」
(義理姉さんは某老人介護病院で働いており、若いにも関わらず師長を任されてます)
と逆に怒鳴り返し、その後ウトを自室に引っ張っていき、懇々と説教してくれました。
お仕事があるから、と今日帰られたのですが、ウトに今度同じ事をしたら施設行きを実行する、と宣言してました。
ウトは相当ショックだったらしく、今日の夕食では珍しく嫌味も言わずに食事をしていました。

         
2020年01月26日

953 :修羅場な話 2012/03/15(木) 14:00:33 0
埋めついでにちょっと古い話だけど書いてく。

うちのコトメ(夫の姉)はものすごく可愛らしいんです。
いつもニコニコしてて、花のような人です。
夫は当然シスコンですが、私も夫を上回る勢いでコトメが好きなんです。

トメは結婚前まではこれは大当たりを引いたと思うくらいの良トメだったのにも関わらず、
結婚して2ヶ月くらいでチクチク嫁いびりをするようになりました。
まぁイヤミを言われる程度なんで耐えられないこともないですし、
何故だか当時は夫やコトメに言いつけるなんて考えもしませんでした。

         
2020年01月18日

673 :修羅場な話 2008/05/28(水) 16:46:56 0
ちょっと長い話になっちゃいますが、報告させてください。
結婚5年目、私は30歳代前半、夫は30歳代後半、娘が3歳。
ウトは結婚前に他界してて、トメは同居です。
私は結婚前に大きな事故にあい、気道を確保する為に喉を切開しました。
管を通す際に声帯を傷つけて、声が上手にでません。
だそうとすると、ヒューヒューと風が通る感じ。
頑張ると、小さい濁声という感じです。
それでも家族とはコミニュケーションは取れる程度です。
トメはそれが気に入らないらしく、結婚前から辛く当たってきました。
それでも「家政婦」が欲しかったらしく結婚の条件で同居をトメが提案。
私も当時エネmeだったし「嫁姑関係がこれでよくなるなら」と同意しました。
夫も、「お袋と仲良くしてくれるのが一番。我慢してくれ。」とエネミ気味。
で、その言葉の通り我慢しました。
娘が生まれる前はトメは「どうせロクに子供も生めないはずだろ!」と言い捨て、
子供ができたとたんにコロッと「孫万歳」と態度が豹変。
娘は可愛がってもらえたので、ほっとしたものの、娘に
「お前の母親はガマガエルだぞ!怖いぞ食べられるぞ!」
と教え込んだり、
「あのヒューヒューって喉からする声は地獄からの風だぞ!こわいでちゅねー」
と教え込んだりしていました。
その都度やめるように交渉しましたが
「あーあんたの声は何言ってるかわからない!聞こえないわ!」
と耳をふさぐばかり。
夫も、「まあしょうがないじゃないか、な?寂しいんだよ老人は。」とエネミ。
それでも娘は可愛がってもらえてると私は思い我慢をしてしまいました。

         
2019年12月10日



119: 名無しさん@おーぷん 2016/05/01(日)20:44:21 ID:???
>お前ら結婚しろ

白無垢提供するわ。
姑に染められたけどねっ



         
2019年11月27日

283 :修羅場な話 2018/05/16(水) 15:03:11 0.net
結婚前は義実家にお邪魔したときはケーキなど美味しいものを出してくれていたのに
結婚後は黒くなってスカスカのりんごやぶちゅぶちゅの柿、『半額』と書いてある袋菓子に変わった
夫が諫めてもトメは「いっぱい送られてくるから」とスルー
私「トメさんに嫌われてるのかな…もう義実家行きたくないな…」
夫「俺だけ行くからいいよ」
で、今年の正月から義実家訪問がなくなってラッキーやったーと思いつつ、この間の母の日
お互いの家だけ行こうという話になり、私は実家に帰った

「これ食べな!」と言う母が出したのは、黒くなったグレープフルーツ「いっぱいあったから買ってきた!」
もしや…?と思い、そこらに乱雑に置かれている買い物袋を見てみると
『半額』『〇割引』『おつとめ品』のシールが貼られたお菓子や生鮮食品の数々
私「これ…(義実家苗字)にもあげた…?わけないよね…?」
母「送ったよ^^(義実家苗字)さんもなってないよねー、折角送ってあげてるのにお礼の電話もしてこないんだから」
私「…いつから…?」
母「あんたが結婚してからだよ^^」
トメから腐りかけのものを出され始めた時期と、母がゴミを義実家に送り始めた時期が一致している、と
理解し背筋が凍ったその時がまさに修羅場だったと思う
母を、今後一切義実家にモノを渡すな!と〆た、が「まだ食べられるのに…」と何が悪いのかわかっていない様子だった

つづく

         
2019年11月10日

734 :修羅場な話 2007/08/17(金) 00:53:04 O
流れ読まずに投下。

今まで敷地内別居ウトメから嫁いびりというか刑事事件になるいじめ?を受けてきた。
旦那は海外赴任で盾にならず、被害を訴えてもできることに限界があった。
そして実家も遠く、携帯の電波も入ったり入らなかったりで
友達にもろくに相談もできなかった。

心身共に疲れ果て、自杀殳の文字が頭に浮かんでいたころ、
ウトメ宅に呼び出され、帰る時にウトがタバコの火をつけたまま寝ていました。

が、そのまま帰宅。
そして言いつけられた買い物へ。

         
2019年11月09日



408: 名無しさん@HOME 2009/10/13(火) 15:56:09
思い出した身の上話。 

元夫の実家はけっこう古くからの家で 
「戦争で空襲に遭っても無事だった」 
「幕末には前線基地として使われた」 
がウトトメの自慢。 
別れることになってその家を出るとき 
「二度とうちの敷居をまたぐな!」 
って云われたから、 
壁蹴破って出てきた。 

なにせ別れた理由が、ワタシが空手黒帯で
他にも格闘技修めてて
「うちの跡取りにそんな野蛮な!」
ってさんざんいびられたから。
男の子を産んだらちょっとは扱いよくなったけど、
ワタシが家事の合間に筋トレ修練続けてるのを見て
青ざめたトメがワタシの息子抱いて
「孫にそんな真似はさせない! 出て行け!」

あーほしかったのは跡取りかぁってなんか冷めた。ていうか覚めた。もしくは醒めた。
でも、別れ際にアレでムナクソ悪かったからちょっと蹴破ってみました。

嫁いだ当時から「これくらいなら……」って自信はあったけど、
やってみたらあっさり壊せて、むしろ拍子ぬけ。
「米軍でも長州軍でも壊せなかった」と
さんざん自慢していたおうちをワタシに壊されたのはご近所に知れ渡って、
それからウトトメのおうち自慢は出なくなったらしい。



最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー