嫁いびりの記事一覧

         
2024年05月17日



581:名無しさん@HOME2013/03/09(土) 20:57:09.86 0

旦那より遅く起きてくるなんて、とグチグチ言ってきたトメにDQN返ししてしまったかもしれん

さだまさしの「関白宣言」みたいな事を旦那本人ならまだしもトメが言ってきて、
止む気配がなかったのでその通りに実行させて貰った





         
2024年05月07日



700: 名無しさん@HOME 2009/03/25(水) 13:47:06
現在実行中のプチ。

私が何かする度、わざとらしくため息をついて、
「言いたくないんだけど」「あなたの為だから」と料理を作り直されたり、
掃除が終わったところを拭いて「こんなに埃が!」とやったりするトメ。 
(ちなみに埃はトメが持参して、床に落としてから拭くのを目撃)
ウトと旦那は空気なので役に立たない。 

そんなトメは洋品店を経営していて、服も結構趣味が良いので
お上品だとか
困ったときのトメ子さんみたいに言われている。

今朝、6時前にやってきて
「仕入れに行くから、今日一日店番をしろ。 
将来の嫁子のためだ」と言ってきた。 



         
2024年04月21日
810: 名無しさん@HOME 2011/09/23(金) 18:57:14.42
 
先ほど目の前で見たDQN返し 

彼岸の集まりで夫実家に親族一同が集まっての昼餐会(笑)の最中、 
夫の弟嫁が何かのついでのように発言

「あの〜、そういえば『うまづめ』ってなんですか?巻き爪かなんかみたいな病気?」 
「お母様からずーっと『あんたはうまづめに違いないから早く出て行ってくれ』って言われてるんです」 
…おかげさまで昼餐会は即親族会議に変更、ただいま絶賛続行中だ。 
弟嫁ちゃんがトメにいじめられてたなんて、
さっき聞くまで知らんかったわ…不覚


DQN要素無さそうにみえるでしょうが、スザンヌ似で頭よくなさそうにみえるけど 
弟嫁ちゃんは数年前、高校生クイズで県の代表だったんだから

石女知らんかったとは言わせんよ。

         
2023年10月20日

494 :修羅場な話 2012/11/08(木) 08:39:59 0
トメは群れて嫁に嫌味を言うのが大好き。
いつもトメ友人3人とコトメとトメでねちねちやられる。
昨日も私が一人で洗い物をしている間、5人は談笑。
「嫁の実家は犬小屋みたいに小さい」「育ちが悪くて躾が大変」
だの言われた。
もう我慢ならなくなり洗いおけに貯めていた水を5人にぶちまけてやった。
驚き怒鳴ってくるトメの襟首つかんで
「嫁いびりなんて育ちのいい人は高貴な趣味をお持ちですね。
私はやられたことを絶対忘れませんから。老後に何されても文句は言えませんよ。
いつまでも従順でいると思うなよ。ここまで喧嘩売られたんだから買ってやる」
で、一発ビンタして帰ってきた。
その後トメから主人ケータイに電話が鳴りっぱなしになり、ウザがられて着拒にされてた。
これにていい嫁キャンペーン終了。二度と行かない。

         
2023年10月01日

222 :修羅場な話 2018/08/12(日) 05:02:30 ID:9TJJYFpC0.net
数年前にトメを○したこと
20年以上嫁いびりをしてくださったトメ様
韩流が大好きでヨン様の時から韩國ラブ
私の第二外国語が越鮮語だったと聞きつけた時は
韩國のコンサートのチケット取れ!ホテル飛行機手配しろ!ドラマのロケ地へ案外しろ!
などなど大変有り難いお言葉をいただいた
毎日の嫁いびりで洗脳されエネmeになっていた私は
すぐにトメ様のお言いつけ通り手配
現地では荷物持ち&通訳として同行
そんなことが10年程続いたある日、韩國の掲示板を見ていると
加湿器の杀殳菌剤についての書き込みを見つけた
杀殳菌剤でタヒ者が出ているという
嫁いびりから抜け出したい私は杀殳菌剤について必タヒに調べた
杀殳菌剤のうちの最初の1つが回収されたくらいだった
トメがコンサートへ行っている間に薬局、スーパー、個人商店をハシゴして複数の杀殳菌剤を確保
韩國コスメに夢中のトメに乾燥は美容の敵だからと
韩流スターがブログで紹介していた加湿器をプレゼント
それから2年でアボン
我ながらよくやったわ

         
2023年08月31日

84 :修羅場な話 2011/07/23(土) 18:45:30 0
プチだけど、帰省の時期になると思い出す出来事

結婚したばかりのころ、旦那実家に帰省すると、トメに「おかず作ってみんさい」と言われた。
ちゃんと作れるのか、○○家の嫁としてふさわしいかチェックしてやる、みたいなニュアンスで。
当時はイイ嫁キャンペーン中だったので、頑張っていろいろ作った。
食卓に並んだ料理を見てトメ、「まぁ、いろいろ作ったね~」と感心して見せたあと、いきなり
「でも、お兄ちゃん(夫のこと)はこれが好きなんよね」と言って、自分で作った料理を出してくる。
そういうことが何回も続いた。

しかし毎回夫は「え? 俺別にこれ好きじゃないけど?」
「子供のころはよく食べてたけど、今は好みが変わったし。てか、大人になって美味しいものがたくさんあること知ったし」
って感じで、トメの料理に全然手を付けない。私の料理ばかり嬉しそうに食べる。

多分トメは、嫁の料理が並んだ所で、息子の好物を持った自分がジャーンと登場
息子は「懐かしい、俺これが食べたかったんだよ~」と感激、凹む嫁
というシーンを思い描いたんだろうね

ちなみに、ウトも私の料理ばかり食べていました

         
2023年08月31日

127 :修羅場な話 2012/04/07(土) 18:54:01 0
外堀を埋めて孤立、という点がちょっと似てるかも

トメは「嫁の家は格下」みたいな感覚
私が東京出身なのがよけい気に入らなかったみたいで
なにかと東京を貶め、私の実家を貶め、都会育ちの遊び人の嫁のせいで苦労するみたいな話を吹聴していた
私は親戚が集まる席では結構肩身が狭い思いをしていた
(夫は必タヒでかばってくれたけど、それがかえって火に油を注ぐ感じ)

でも、面倒な親戚付き合いや、法事とか、盆暮れの集まりとかのイベントを頑張ってこなし
お年寄りや叔父さん叔母さんたちにはこちらから積極的に話しかけてたら
「あれ?思っていたのと全然違うねぇ」と言われ、
親族が集まる場面では、助けてくれたりかばってくれたりする人が増えていった。

トメは、親戚みんな自分と同じ感覚と思いこみ、相変わらず私や私の実家下げをしていたけど
そのたびに陰で「あんなに頑張っている嫁さんを䖈めるなんて、ひどい姑根忄生だね」と陰口言われていることに
長年気付いていなかった。一気にではなく、徐々に徐々に、トメの周辺を味方にしていったからね。
最後の砦だったトメ友にも冷たくされ始め
ようやく あれ?自分、もしかしてポツン? と分って来たみたいだけど。

トメに言われたりされたりしたことを、少し大げさに
「ここだけの話なんですが」と相談しては
「私の頑張りが足りないからですね…」と泣いたりして同情を集めたのは
ちょっとDQNだったかもしれない。でも、トメが仕切っていたころは親族間トラブルが多かったのに
今は至って平和だから、トメポツンにしたのは正解だったと思う

田舎だから、ポツンは地獄だけどね。



         
2023年08月28日

366 :修羅場な話 2011/05/30(月) 00:55:00 O
4月から同居中だがウトは単身赴任中、旦那は今月の頭から長期出張中。
トメは優しいお母さんって感じで、
割と上手くやってたつもりだったけど、
旦那が出張に行ってからチクチクやられるようになった。
ご飯がまずい、って私が作ったものを片付けて作り直されるとか、
取り込んだ洗濯物を私の分だけぐちゃぐちゃで放置されたり、
サンダル以外の靴を捨てられたり、
ゴミの日にはゴミ袋を口をあけたまま私の部屋(正確には夫婦の寝室)の前に積んでみたり、
仕事用のバッグに牛乳ぶっかけられたり。
決め台詞は
「嫁子ちゃん、こんなこともできないでよく息子ちゃんのお嫁さんが務まるわね…」

         
2023年08月07日

52 :修羅場な話 2008/06/26(木) 10:49:08 0
昔、近所で嫁姑戦争がものすごい家があって、姑が嫁さんを締め出しとかは日常茶飯事だった。
(夜遅くに嫁さんが旦那さんを駅まで迎えに行き、帰ってきて旦那さんが先に家の中へ、
車を車庫に入れて嫁さんが家に入ろうとすると姑が鍵かけて締め出し、旦那さんはさっさと風呂に行ってて知らない
嫁さんはデカい声で「お義母さーん、開けてー開けてー、また嫁イビリですかあー」と叫ぶw)
でも、ある時、昼間回覧板を回すために外に出て、また締め出された。
で、またかと思った嫁さんは、そのまま隣の家に戻って夕方までお茶してたそうだ。
出先から直接帰ったとかで珍しく旦那さんが早くに帰ってきて、鍵あけて家に入ったら、
姑さん、心筋梗塞でとっくに亡くなってたそうだ。
不審タヒということで警察が入ったけど、タヒ亡時刻は嫁さん締め出してからたいして経ってなかったって。

そこの旦那さん、「お前が気をつけてれば母さんはタヒななかった」って嫁さん責めて毆って、
結局そこの嫁さん、離婚して出て行っちゃったけどね。

         
2023年07月29日

590 :修羅場な話 2012/09/09(日) 21:15:30 O
アレルギーと言えば、うちの祖母は昔からやたらと私に蕎麦製品を進めてた
私は祖母がボケたせいだと思ってたが実際は憎い女の子供を苦しませてやろうって事だった

幼い私は「お婆ちゃんが私お蕎麦駄目だよって、タヒんじゃうって言ってるのに何度も食べさそうとするの。お婆ちゃんボケちゃったの?」
泣きながら訴えまくってたら父も祖父も祖母が完璧にボケてしまったと泣きながら老人ホームへ

母だけは祖母がわざとだと分かり、母もわざと「やだお義母さんったら朝御飯食べたでしょ」「お義母さんこの間○○買ってたじゃない。お金はそれでないのよ」
等と祖母自身が自分の記憶に自信を持てなくした

中学年の頃、ふと昔を思い出して母に聞いたら笑いながら祖母は自業自得だと言い放った


母自身もアレ持ちで嫌がらせされてて、しかも私にまで、という事でのドキュ行為であったらしい

今になって考えると「あんたの母さんは身体でうちの子を誘惑したんだよ。あんたも同じ血を受け継いで淫乱な女になるよ。そうならないようにこれを食べなさい」と言いながらそば粉煎餅食わせようとする祖母に今更ながら恐怖を抱くよ

Twitter プロフィール
2ch(5ch)鬼女系のまとめサイト 修羅場な話まとめのつぶやきアカウントです。
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー