婚約破棄の記事一覧

         
2021年07月05日

520 :修羅場な話 2020/06/12(金) 13:55:13 ID:EfS
長年の友人Aは結婚1ヶ月前に婚約者Tに浮氣されて、婚約破棄
TはAと5年くらい付き合っていた

Tの浮氣相手はTの勤め先の社員で、悪質なことにTがAと婚約していると知らずに、自分が本命だと騙されていた
AはTにやり直したいと懇願されたそうだけど、そんな人格の持ち主と結婚できないとつっぱね慰謝料をもらって別れた

その後Aは慰謝料を手にふらりとどこかへ行ってしまった
TからAの行き先を教えてくれと頭を下げられた
やり直したいのでもう一度プロポーズすると少年漫画みたいな真剣な目で言われた
何いってんのこいつって感じ
だって人の心がある人間ならともかく、クズが真剣になってもゼロに1かけてゼロになるのと同じで、所詮クズでしかないでしょ?
いずれにせよそんなこと言われても私も知らないので、「知らんがな」と答えていた
LINEには
A:今日はここに行ったの~明日には違うところ行くけど
みたいな伝言とともに、マチュピチュやモアイの写真が届いたりはしていた


         
2021年06月30日

618 :修羅場な話 2016/10/30(日) 14:20:46 ID:JMW
中3になったばかりの頃、それまで親友だと思ってたA子が突然私に対して苛めの先導を始めた。
朝いつものようにA子の家に迎えに行ったらもう家を出てて、何か急用でもあったのかなぐらいしか思わずにひとりで登校したら
教室の私の机に犬のフンが置いてあって、A子が「私子くさ~い」「臭いの移るー」「近寄らないでー」っておどけて言って
いつの間にか8人グループ作って臭い臭いと連呼を始めた。
わけが分からなくて、とにかくフンを片付けたんだけど、男子の一部もくせーくせー言い出して
前日までと世界が入れ替わって、その世界で私はひとりぼっちになった。
他の女子と話しをしているとA子グループがその子を引っ張っていってしまうし、元々そんなに友達多くなかったからアッと言う間に孤立した。
何がキッカケでそうなったのか本当のところは今でも知らない。
私は学校を休みがちになって、ギリギリの日数しか登校せず、優秀だった兄に教えてもらいながら自宅で勉強した。
先生が何度も登校を促すように訪ねてきたけど、学校に行くのが怖かったし無理して行こうとすると吐いた。
修学旅行にも行ってない。卒業式にも出なかった。
親戚の家に下宿して、他県の高校に進学した。
私のことを誰もしらない高校では、昔のように楽しく通う事が出来て友達も出来たけど、いつ裏切られるのかとビクビクしてた。
幸い裏切られるようなこともなくその後大学に進学し、就職もして順調ではあったけど、地元に帰省するのはいつも緊張した。
ある時、私が帰省してることを知ったらしく実家にA子が訪ねてきた。
「実はもうすぐ結婚するんだ・・・」と切り出された。「ふーん」としか言えなかった。
すると「実はお腹に赤ちゃんがいるの」と言い出し「妊娠してこの子の未来のこととか考えることがある。
そんな時に中学の頃のことを思い出して、自分がとんでもないことをしたと思い当たった」と言い、
そこから畳に正座し直して「ごめんなさい」と頭を下げられた。
黙っていたら頭を上げてA子も黙ってるので、質問した。
「あの日、私の机に犬のフン置いたのA子?」って聞いたらゆっくり頷いた。
「今、謝って許して貰えると思ってる?」って聞いたらゆっくり首を横に振った。
「正解。無駄な事はしないで」と言って帰って貰った。

         
2021年06月11日

941 :修羅場な話 2021/05/08(土) 14:16:48 ID:ap.3l.L1
今日、まさに人生で初めての衝撃的といえる経験をしました。
長年放置児で苛められ続け、中学の時担任までが苛めに加担し(誰かを標的にしてクラス運営をするタイプ)限界まで来たので授業中暴れ、担任含め怪我をし
(私も25針縫った)件で停学となった事等を、10年前に私の婚約者の家族との会食で嬉々として母に言われた。
私は長年の苛めが発覚し、担任の異常な指導(苛めを黙認、煽る等)も級友達が証言してくれたが、怪我人も多く私は保護処分寸前まで行き、高校もかなり
離れた親戚を頼って底辺高に行った。しかしその原因は母にある。
母が長年パート先スーパー店長と不イ侖してたのは小2の時から知ってた。学校の帰りに母の職場に行った時、裏の倉庫前でおっさんとキスしてたのを見たので。
そしていつからか両親は不仲になり、父は単身赴任し別居、私は放置され出した。
色んな目に遭い何度か父にそれとなく話したが、父は私にあまり興味も持たなかったので、私には逃げ場がなかったが、それはもう過去として自分で
気持ちを切り替えて過ごしていたのに、それを私の人生の伴侶となる人とその家族の前で、大声で笑いながら暴露された。
頭が真っ白になったが、冷静な部分もあり私は「やはり母は知ってた。知ってて私との関りを煩わしく思い放置したんだ」と理解した。
婚約者は私の勤務先取引相手社員だったが、母の暴露(せい的描写も含め)でドン引きされ、少しして関係は解消となり、内容を私の勤務先も知る事となって
私は退職し高校時代の友人を頼って逃げた。一切の痕跡を消し、何の証拠も残さず彼らから逃げた。
今は日本の西部都市に住み、のんびり暮らしてる。仲の良い男忄生はいるが結婚する気は無い。二日前、弁護士を名乗る人から今年母がコロナでなくなったと
相続が発生したので面談したいと連絡があった。聞くと両親は離婚済みで母は祖父母からの相続財産があり、他の親戚から調査依頼を受けたので私を
探していたらしい。母方親戚は皆、田舎根忄生の歪んだ偏った思想の人が多く、私がいなければ相続財産を手に入れれると考えた様子。
今日の午前中、この話を面談した弁護士から聞き、長年腹の底に溜まってた膿というか黒い重りが落ちた、晴れた気がした。私はやっと自由になった気がした。
母が何故か掛けていた生命保険金や相続財産の合計が数千万円になるらしい。目録を貰ったが、ありがたく受け取ろうと思います。親戚は母の葬式代で
500万円請求してきたが(コロナなのに出来るの?)、弁護士に適正価格として示された金額を払って終了。墓なんて何処にあるか知らないし興味もない。
何だろう、凄くすっきりした晴れ晴れしい気持ちです。コロナ禍だけど、思い切って何処かに旅行に行きたい。40前だけど、もう働かなくていいよねw
今なら心の底から母にお礼が言えるかも。弁護士から貰った書類をさっさと作って送って、ゆっくりしよう。

         
2021年05月07日

227 :修羅場な話 2019/01/26(土) 22:53:58 ID:6IE
昔、友人A子のお兄さんと付き合っていた。
付き合っていることは何となくA子には内緒にしてた。
ある時、結婚してまだ2年の彼の先輩が離婚したことを聞いた。
その理由ってのが、奥さんが過去に墮胎してたことがバレたんだとか。
その時に彼が「墮胎って言っても事情にもよると思うけどなぁ。
どうしようもなくて仕方なくってこともあるんだろうし。妹だってさ・・・」
と口を滑らせて、慌てて「知ってただろ?」と聞いてきた。
全然知らなかったけど、その時「うん」と答えてしまった。
しかも「あの時は仕方なかったよね・・・」って。
そう誘導尋問。詳細が知りたくて。
そしたら彼が「さすがに高校生で子を産むわけにいかないし」って。
「そだね」で、その話は終了。
時期とか聞かなかったけど、言われてみれば高3の秋に
様子がかなりおかしくて、暫く学校休んだ時期があった。
てっきり当時付き合ってた他校の男子と別れたショックだと思ってたけど
そう言うことかと納得。
それからしばらく経って、彼に好きな女忄生が出来て別れた。
結婚を夢見てたからすごくショックだった。
けど、もっとショックだったのが、
彼がA子に実は私と付き合ってたけど別れたってことをバラしたらしくて
A子から「全然知らなかったよー。でも別れて良かった」って言われた。
「そのまま結婚なんてことになったらショックだったなー」って。
「やっぱり結婚、私子より先にしたいじゃん」とも言われた。
彼にふられたことに加えて、その言葉もショックでA子とはFOした。
それから一年ぐらい経って、A子が婚約したことを別の友人から聞いた。
相手の男忄生はクラス会で再会した中学時代の同級生だそうだ。
だったら自宅を知ってる。
婚約者の自宅に封書を投函した。「お母さまへ」って。
「A子が高校生の時に妊娠し、墮胎したことをご存知ですか?」
と書いた。
破談になった。
いつか罰が当たるかなと思いながらあれからもう20年ぐらい経つけど
高収入の旦那と2人の子供と良ウトメに恵まれている。
A子は未婚のままだし、コンビニバイトの日々。
世の中って案外こんなものかも思う今日この頃。
まぁ、一寸先は闇だけどね。

         
2021年01月07日

265 :修羅場な話 2020/09/08(火) 10:31:59 ID:3B.vx.L4
質問なんだけど、タトゥーが理由での婚約破棄って正当?
彼普通にサラリーマンをしてる人なんだけど、先日の私の誕生日の時にプレゼントのネックレスと一緒に「実はもう一つプレゼントがあるんだ!」と言って突然Tシャツをバッ!とまくったと思ったら、左胸に「愛、私子」ってタトゥーが彫られてた。
驚いて固まってる私をよそに感極まった感じで目に涙を溜めながら、「これめちゃめちゃ痛かったけど、結婚して夫婦として生きていく為の決意を痛みと共に刻み付けたかった。」とかなんとか言ってたけど、意味不明過ぎない?
確かに場所的にYシャツを着れば見えないから仕事に支障はないだろうけど、いずれ子供が産まれでもしたら少なくともプールや温泉なんかには連れてってあげられないし(確かタトゥーの方お断りみたいなの書いてあるよ
ね?)、それ以前に日本というお国柄上、タトゥー入ってる=ダーティーな業界の方orやばそうな人って見られそうな事くらい分かるじゃん。
なんでそんな事をわざわざこれから結婚して色々なところで新たな人間関係を築いていかなきゃならないってタイミングでやるの?
しかも彼がさも「私子の為に俺頑張ったよ!」的な感じで喋るからなんかもう呆れたというか腹が立つというか。
「なんでこんな事をしたの。
タトゥーを入れてる人全員が怖い人悪い人だとは思わないけど、一般的な生活をしてる人ならタトゥーを入れてるってだけで不快感だったり恐怖感を感じる人も少なくない。
タトゥーを隠すにしてもロッカーで着替えてる時に見られるかもしれない、子供が生まれて大きくなったらポロッと誰かに喋ってしまうかもしれない、入れる前にそういったリスクを考えなかったの?」
と彼に言ったら、怒鳴る訳じゃないけど確実に怒ってる感じで
「これを彫るのがどれだけ大変だったか私子に分かる?タトゥーってめちゃめちゃ痛いんだよ?
男の決意表明として入れようと決意した俺の気持ちは考えられないの?
ちょっと今日はもう帰る。また改めて話をしよう。」
って言って、止める私を振り払って帰っていった。
正直彼との未来を考えるのが嫌になっちゃった。

         
2020年12月14日

1 :修羅場な話 2019/12/14(土) 18:34:57 ID:icXwjoM/p.net
婚約破棄して別れて良いよな
ご飯にシチュー直がけは良いでもカレーは別盛とか意味がわからない
マジで理解出来ないわ

         
2020年12月14日

46 :修羅場な話 2015/11/06(金) 10:18:59 0.net
婚約者が浮氣して婚約破棄した
式場のキャンセル料は相手持ちで慰謝料ももらった
その元婚約者から

元気かな?
結論から言うと、あそこで結婚式をあげなくて良かったよ
結婚式をあげないくせに金を要求するんだ
○○(結婚式場)があんな強欲な企業だったとはね
レビューサイトとかあれば書き込んだ方がいいかもしれない
だけど両親もすっかり騙されていて支払えと言ってる
どう考えても結婚式をしていないのに支払う道理はない
両親には俺の貯金も取られた (←私への慰謝料だと思われます)
俺は親と縁を切ることにしたよ
駆け落ちしよう
大丈夫、俺達は両親の助けがなくてもやっていける

         
2020年11月19日

494 :修羅場な話 2019/12/21(土) 19:41:14 ID:yKv
大学を卒業して3年ほど一人暮らししてたんだが、
奨学金の返済もあって生活はカツカツだった。
会社と並行してコンビニバイトもしてて、廃棄弁当貰ってたりもした。
本当は廃棄弁当は廃棄しなきゃいけないんだけど、店長が察して分けてくれてた。
そのコンビニに同僚のA子の弟がバイトしてて、私がそこでバイトして
更に廃棄弁当貰ってたりすることを知られてしまった。
別にやましいことをしてるわけじゃないんだけど
ある日A子から「そんな人生私だったら耐えられない。惨めすぎて泣いちゃう」って言われて
更に「良かった?(私)さんじゃなくて?」って笑われたんだよね。
その時は「アホちゃうか」ぐらいの気持ちでスルーできたのに
帰宅してから思い出して涙が止まらなかった。
それから一年ぐらい経って、田舎から上京してきた友達と久しぶりに会った帰り、
A子が男性.と腕を組んで歩いているところを目撃した。
その男性.がどう見ても彼氏と言うには年を取り過ぎてるので(60前後に見えた)
もしかしたらチャンスかもと思って写メを撮って尾行した。
案の定ホテルに入って行ったので、ホテルに入る瞬間まで撮った。
写真を撮ったものの、有効な使い方が見つからず、身バレしても困るしで
とりあえず保存だけしてた。

それから2ヶ月か3ヶ月か経ってたと思うけど、A子が取引先の男性.と婚約した。
あの時の男性.ではなく、噂によるとかなりの優良物件らしい。
父親が某超有名企業の重役さんで、本人も京大だか阪大だかを卒業してるそうな。
チャンスが来たと思った。
フリーメール使って漫喫からA子のアドレスに写真を送った。
A子のアドレスは会社で使ってるやつ。
同じ会社の人だとバレるのは別にいいと思った。むしろその方がA子にとってはこたえるだろうと。
取引先の男性.の会社のアドレスは調べればわかるから、
この写真を送られたくなかったら明日は、コートの下にチューブトップにミニスカートで出社してくること。
胸の谷間には一万円札を挟んでくること。
始業ギリギリに出社して更衣室の前に事務所に入ってコートを脱いで、みんなの前でポーズをとること。
恥ずかしいことをするのを我慢するか、この写真をバラ撒かれるのを我慢するか
選ぶのはあなたです。って。
正直言って、あの男性.はもしかしたら父親だったのかも知れないから一か八かだったけど。

翌日A子は約束通りの恰好でやってきたけど、さすがにみんなの前でコートを脱ぐのは出来なくて
一旦事務所に来たけど、すぐに泣きだして更衣室に向かった。
事務所では「なんだどうした?!」とザワついた。

とりあえずA子の涙で溜飲は下がったけど、約束は約束なので写真は丁重に婚約者に送って差し上げた。
やはり想像した通りの関係の男性.だったらしく、婚約は破棄されてA子も退職していった。
ちょっとやり過ぎたw

         
2020年11月13日

427 :修羅場な話 2011/06/23(木) 18:34:23 O
元婚約者の母に言ったこと。
私は母が早くに亡くなり祖父母宅で育った。なので、暖かい普通の家庭というものに憧れがあった。
婚約者の家にご挨拶に言ったら「○○家家訓」みたいなのを渡された。
一、嫁は婚家に従うもの(何でも言うことを聞け)
一、嫁は夫の家族と同居し大切に孝養せよ(ニート偽鬱の婚約者兄が同居していた)
一、嫁は三年以内に跡取りを産め
一、嫁は個人財産を持つな(嫁名義の通帳など持っての他)
一、必要最低限の物は夫の許可を貰って買え
一、嫁に実家はないものと思え(実家に帰るな。家族に会うな。子が出来ても会わせない)
一、嫁の実家は結婚生活が円滑に行くよう気を使え(口は出すな。だが金は出せ)
等々つらつら書いてあって、目眩がした。
元婚約者はそんな婚約者母の横でうんうん頷いて何事もママンの言う通りに状態。
なので「このような立派なお宅に相応しくありませんから」とお断りした。
そしたら婚約者母が「やっぱり片親育ちは駄目よ。我慢が足りないわ。祖父母宅で育ったというから3文安って本当ね」と言った。
片親でもひとさまに馬鹿にされるような躾、教育は受けてないとムッときたので「私が3文安ならマザコンは3両安ぐらいですか?」と言い捨てて去った。
家訓をうっかり持って帰ってしまったので、婚約者父の実家に郵送しておいた。

         
2020年10月09日

300 :修羅場な話 2019/07/20(土) 12:27:47 ID:hbc
赤の他人の子供と一年ほど住んだことがある。
私はアラフィフBBA。二十代の時、婚約破棄されて以来、結婚願望ゼロになって未だ独身。
貯金は幸い多いから老後にお国の世話になる心配はなし。
婚約破棄された理由は、私の父の兄弟(七人兄弟)のうち三人が早世してるから。
「短命家系は困る」と彼の両親に言われた。
彼は「親が祝福してくれない結婚はちょっと…」と言う。
父の耳に入れたら悲しむと思って親には性格の不一致と言っておいたのに、彼母が実家にわざわざ電話してきて全部バレた。
父がショックで鬱っぽくなったので、慰謝料なしで別れるつもりだったが弁護士挟んで八十万ほどぶんどった。それが二十五年前。
その後働きながらなーんとなく民間のボランティア団体に加入して、ゆるくボランティアしながら生きてた。
平日は働いてるから土日だけ、災害があったら炊き出しのお手伝いとか、寄付物品の整理とか。
なのになんでかある日、「中1の女の子を預かってくれないか」と言われた。
DVとか虐待関係の保護で、本来なら行政の管轄なんだけど、母親の方が何度か行政にたらい回しにされたり対応に不備があったりで行政を信用できず民間の支援団体を頼ったらしい。
その支援団体と、私が属するボランティア団体が繋がってて、「シェルターは一杯だし、父親に居所がバレないようなるべく全く関係ない人間に預けたい」とかいう話だった。
もっと小さい子だと子育て実績があって夫婦そろってる家庭のとこに行かせるんだけど、中1だし安全そうな同性.なら独身でもいいって考えだったらしい。
三人くらいの人が断って、私のとこにお鉢が来た。
なんとなく「いいですよ」って答えちゃって、その子がうちに来た。
これが十八年前くらいの話。
多分今は民間でもこんないい加減なことやってないと思うんだけど、当時は「かくまうのがとにかく優先」って感じだった。
うちに来た子はとても静かだった。顔を隠すために髪を長ーく伸ばしてた。
「ただ置いてくれればいい」と言われていたから、名前と食べ物の好き嫌いとアレルギーと服のサイズだけ聞いて、基本放置した。
私が朝仕事に行って、戻ってくるとその子は同じ場所(たいていテレビの前)から微動だにしてなかった。
とくに話しかけることなく好きなだけテレビを観させ、ごはんとお風呂、歯磨き洗顔だけやらせて、私が寝る時間に一緒に消灯させた。
ここで美しい心の交流があればドラマっぽいんだが、別にそんなこともなく。
最初は一週間くらいって話だったのに、延び延びになって結局一年くらいうちにいた。
うちを出て行くときなぜかその子は泣いて、私は「何もしなかったのに、泣かれたら逆に申しわけないな」と思った。
それから十七年経って、ボランティア団体経由でその女の子と再会した。
とっても普通の三十歳の女性.になっていて、道ですれ違っても絶対わからないくらい普通になっていた。髪も短かった。
彼女は会ってすぐ色々謝ってきた。
・仕事でいない間、私のマニキュアやコスメを使った
・抽斗からお金を盗んだ(その場で返された。二万円くらい)
・皿を割って隠したことがある
等々。
その懺悔の中に「彼氏を追い返した」というのがあった。
彼氏とはなんぞや?と思って人相を聞くと、婚約破棄した元彼だった。
その子は「彼氏を家に連れ込まれたりしたらいやだ!」と思い、元彼が何度訪ねてきても「そんな人いません」で追い返したらしい。
ごめんなさいと謝られたが「全然いいよ」としか言えなかった。
帰宅してじわじわ実感がわいたけど、あの子にもっとお礼言うべきだったわ。
元彼を何度も追い返してくれたなんて有難い。トラウマで大人の男性.が怖かっただろうに…

本日のスカッと動画!
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー