婚約破棄の記事一覧

         
2022年05月18日

493 :修羅場な話 2021/06/11(金) 17:17:09 ID:CT.or.L1
3ヶ月前からうちの実家に兄と婚約者(再来月入籍予定)が同居してたんだけど大荒れだった。

兄たちは関東某県住み。
それが兄の会社都合で数ヶ月だけ本社東京に移動に。
一時だから兄は実家に世話になって婚約者は置いてくつもりでいたみたい。

結納でもその話が出て、
「まぁ長くても半年だそうだからコロナで式もすぐは出来ないし気長に~」って父が言ったら
婚約者は
「私もそちらに住まわせて頂けませんか?花嫁修業のつもりで家事頑張ります!」

母はクソ婆の見本みたいな姑に物凄く苦労したからめちゃくちゃ腰引けちゃって、
「お勉強させて下さい!」
「ならご自身の実家でなさって!」
「お母様のお料理を覚えたいんです!」
っていう押し問答を何度もして母が折れた形。
「長男の嫁になる訳だし早くからそちらにいくに越したことはない!」
って婚約者父が言ってて
今どき入籍前に仕事退職してまでうち来るの?
高校生の妹と姪甥(母方叔母夫婦が海外赴任中で預かり)までいるのに?
おまけに二世帯住宅で母方祖母の出入りもあるのに?って妹はトイレでぶつぶつ。
実家に家賃を納める形で同居スタート。

色々心配だったけど、家は広いからパーソナルスペースはそれぞれ確保出来るだろうし様子見るかと思ってたら、
まぁこの婚約者、実家暮らしだったからか知らないけど家事が何も出来なかった。

キッチンは父母が料理に凝ってるので器具も調味料も多いんだけど、婚約者がいじるともうめちゃくちゃ。
元あった所に戻せばいいものを、出したあとは空いてるところにテキトーに置いちゃうタイプ。
マイセンの皿を欠けさせ祖母のウェッジウッドのマグを割ったところで
「もうキッチンはいいから!あなた立ち入り禁止!」と母発狂。

そんな感じの人だから、本好きの母の本棚もホコリだけ拭けって言ってるのにめちゃくちゃ。勝手に高さ順に並べ替え。
母の本棚大好き従弟ブチ切れ。

風呂場の掃除を頼めば脱衣所と横繋がりの洗面台までいじってコスメ類ぐっちゃぐちゃ。
妹たちの部屋まで片付け?荒らし?

洗濯機使えば乾燥までしちゃって父、兄、従弟妹たちのワイシャツはくっっっちゃくちゃ。祖母のブラウス台無し。
洗濯物干すだけ!と頼めば祖母と母から妹と10代の従妹まで、女忄生陣の下着類外干し。
学校帰りの従妹が帰宅途中に見つけて「同級生に見られた!」と号泣。
妹が鬼のように切れてついに婚約者を平手打ちしてしまい、そこから妹と従妹は婚約者と口聞かなくなった。

備蓄や漬物や買い置きのパントリーは早い段階で立ち入り禁止。
それでも興味本位で入って散らかして母ブチ切れ。

兄が平謝りして、婚約者に諭すも「私だって頑張ってるの…でもやっぱりお家にはそれぞれのルールもあるしお義母さんも妹ちゃん達もなかなか厳しくて…」
とこちらがいびってるみたいな言い方する有り様。
床ふき1つまともに出来やしない。
我が家は「やれる人がやる」では無く「問答無用で全員やるんだ働かざる者食うべからず!」という方針。
婚約者、こんな子供のお手伝いレベルの事すら出来なくてどんな実家なんだよ…
最初の3週間以降はお客さん状態。
ピーラーすら使えないもんだから料理を教えるレベルじゃない。
おまけにこちらが指示を細かくだしても自己流でやって失敗する。
まさか婚約者に付きっきりで居るわけにいかないし、お茶でも飲んでテレビ見て好きにして映画かドラマでも見たら?サブスクいっぱいよってリモコン渡すしか無かったらしい。

そしたら婚約者は実家に「いじめられてる」って電話。向こうの両親が婚約者の姉まで連れて怒鳴り込んで来たから、
きっちり訳を話した上で、改めて母から
「難しい年頃の女の子が二人もいるし、高校生の男の子もいる、家事も任せられるレベルじゃないしうちじゃ手に負えないからそちらで花嫁修業やって下さい」
って引き取るように言ったんだけど、婚約者はわんわん泣いてもう少しだけ頑張らせてくださ~い!って土下座。
婚約者父はブツブツ言ってたらしいけど、母と姉は末っ子で甘やかし過ぎたって平謝り。
婚約者母と姉の説得虚しく婚約者は居座った。

それでも結局、一週間教えても全くもって何にも出来ない婚約者に母が耐えかねて、
「このままじゃママおかしくなっちゃう!スト乚スでタヒんじゃったらどうするの!」
って母が泣くから母命の父ブチ切れ。兄が見つけて来たウィークリーに移ってもらった。最初からそうしろや。

父の家庭菜園に夫が参加してるんだけど、夫が聞いた話じゃ結婚話自体が流れそうみたい。
ぜひ流れてほしい。


         
2022年02月25日

155 :修羅場な話 2014/09/06(土) 09:31:46 ID:???
6年前に妹に婚約者をとられたこと。そしてそのことが理由でまず母親と縁を切ったこと。そしてその2年後に父親とも縁を切ったこと。
そして妹夫婦が借金をして困っているから助けてほしいと両親が泣きついてきたから誰にも何も言わずに引越しをして電話番号も変えたこと。
自分にこんな決断力と行動力があったことに驚いた。
私は6年前に結納も済ませ、式場も決めてあと半年足らずで結婚しようという時に、実家に呼ばれ、行ってみると婚約者と妹が土下座してた。
意味が分からなかったが、婚約者の子供を妹が身ごもってしまったので、婚約を解消してほしいと言われた。
その時は父は妹と婚約者が悪いので、婚約者はわたしと別れる代わりに妹とも結婚するな。
そんな身勝手なことはさせられないと言ってくれた。
妹は子供を杀殳せないと言ったら父は、勝手に産めばいいが勘当するし婚約者にも慰謝料を私に請求させて、かりに結婚するにしても、
今までぬくぬくと生活していた妹が驚くほど苦しい生活しかできないようになるだろう。と言ってくれた。
そして父は言葉通りにしてくれた。
しかし母は、昔から妹のほうをひいきにしていたので、結局妹夫婦を実家に引き入れた。
そして母にとって私は、かわいい妹の過ちすら許すことのできない鬼のような姉だという認識だったので、私は実家に帰らなくなった。
父からは球に連絡があり、食事をしたりしていたが妹がっ子供を産んでから、2年ほどたったときもうそろそろ許してやることはできないか。
父も最初は許せなかったが、孫を見るうちに気持ちが少しずつ許せるようになってきた。わたしにも2人を許して気持ちを切り替えて生きてほしいと言われた。
私はたった2年で父に気持ちがそんな風に変わってしまったのがショックだった。
父に無理だと告げると、父が母や妹の言うように私が執念深いと言われたので、その日を最後に縁を切ることにした。
父からの電話も出なかったし一切の連絡をしなかった。
ある日両親が私の勤め先に来た。
理由は、婚約者が私と別れた経緯を知っている上司から、人間関係をおろそかにするような人間は信用できないとまず閑職に回され、
その後辞職して、起業をしたがうまくいかずに今では実家を抵当に入ってこのまま返せないと競売にかかってしまう。お金を貸してほしい。とのことだった。
私は支払期日をたずねると、両親は安心したような顔をして、○○だと答えた。もう私に貨してもらえると確信しているようだった。
私は婚約者から支払われた慰謝料と、結婚資金で1000万を超える預金があったし、仕事もきちんとしていたから。
でも私は仕事を辞めて姿を隠すのに何日必要かを逆算するために知る必要があったから訪ねただけだった。
そして私は姿を消した。
その後実家の近くに行っていないので、どうなったかは知らなかった。最近までは。
最近になって自宅の最寄り駅で中学の同級生に声をかけられた。
出張でこちらに来て偶然私を見つけたらしかった。
その人によると、両親は家をとられ、現在生活保護で団地に住んでいるらしい。父はわたしに縁を切られたのは母親のせいだと、
あれほど母親に優しかったのに、今ではDⅤ亭主と化しているらしい。あれほど厳格だった父親がそんな風になっているとは驚いた。
私の婚約者だった人も、借金で首が回らなくなり子どもがいるというのに、妹を風イ谷に落としたらしい。子どもはそのあたりでは有名な放置子らしい。
ちなみに仕事にもいかず、妹が逃げないように仕事場まで送り迎えをする立派なヒモらしい。
妹はずいぶん私を恨んでいるらしい。わたしが婚約さえしなければと言っていたと聞いた。
これでよかったのかどうかはわからないし心が晴れたわけではないけど、家でも買おうかと考えている。
自分が本当に執念深いいやな人間だということを自覚することができたので、これからは一人で生きていくつもり。




         
2021年12月12日

628 :修羅場な話 2020/12/26(土) 18:19:51 ID:aiVZdmjRd.net
ちょい相談をと言うか報告かな?

つい2ヶ月と少しに前に汚嫁の寝言から汚嫁の浮氣が発覚をしたんだ。会社の同僚と上司に相談をしたら「そりゃあお前黒だよ」と言われ、会社からの紹介で興信所と弁護士事務所を紹介されて汚嫁の調査を開始したよ
そしたら僅か1ヶ月で真っ黒な証拠が十分集まったよ。汚嫁は会社の二つ年下の同僚と同じホテルの同じ部屋で、週二回の間男と秘密浮氣を重ねて嫌がった
其所で動いても良かったんだが、興信所の方から待ったがかかった
「サービスをしますから、間男に関してもう少し調査をさせて欲しい」とね
だから仕方なく動くのを止めて、間男に関する調査をさせた。そしたら間男に取引先企業の重役令嬢との縁談話が、持ち上がっていたのを掴んだ
これは間男潰しに使えると思ったね
そして俺は密かに引っ越しの順番を進めた。今住んでいるアパートの部屋を解約し、新しいアパートに移り住むと同時に、内容証明を汚嫁実家、間男実家、汚嫁と間男の会社、間男の縁談先の家と、会社に送ってやったんだクリスマス・プレゼントとしてね
間男に夢中になっていた汚嫁は、解約した部屋が自分の私物を除いて、もの抜けの空になった部屋を見るまで、俺の動きに気付かないでいたよ
昨日、今日と汚嫁と汚嫁実家からの着信が凄い。仕事関係は業務用を使っているので、たいした影響はなかったがね
影響と言えば体重が10㎏近く落ちた事かな?
一応飯は食えてはいるけど、味覚障碍かもしれないが、何を食っても味がしない
今日は汚嫁が会社に押し掛けて来たけど、弁護士の名刺を渡して帰したよ。弁護士の名刺を渡された汚嫁は顔面蒼白になった
ちなみに俺の実家は遠方な。兎に角子供が居なくて助かった。もし居たらここまで思い切った手は打てなかったよ
再構築は考えていない!離婚の一択だよ。全ては年明けになるだろう。

         
2021年12月09日

740 :修羅場な話 2017/05/29(月) 13:16:11 ID:naB
もうすぐ結婚予定だった27歳女です
彼氏のお姉さんが無神経だと最初は思っていたのですが
実はそれが全て彼氏が引き起こしていたことだとわかりました

私と彼氏(32才)は現在婚約のような状態で
5か月後(10月終わりくらい)に身内だけの簡単な結婚式をしようと話し合い準備を進めていました
彼氏にはお姉さんとお兄さんがいてお兄さん(独身)の方は式に出てくれると言ってくれたのですが
結婚して旦那さん・お子さんと暮らしているお姉さんには出席を断られました
彼氏の両親を通じて連絡を取ったところ
「弟の結婚なんておぞましいもの祝えない」とはっきり電話口で言われました(私も聞きました)
その時点で少し悲しくなったのですが
まあいろいろと事情があるのだろうとお姉さんは欠席で話をすすめることに

彼氏はマスコミ関係の仕事をしていて帰りが遅いわりに収入に浮き沈みがあります
結婚後は私も働いて調整するつもりですが
彼の広い実家が都心にあり、通勤の便もいいし部屋も余っていて
ここに住めたら家賃も少しは浮くし(一定の金額を淹れる予定ではいました)
帰りが遅くなっても都心に近いのでタクシー代も安くなります
彼氏と一緒に話し合い同居できたらいいと思い彼両親にその話をうちあけました
しかし彼の両親は「この家は自分たちのタヒ後は売り払って姉と兄で売り上げを分けることになっている」
と言いだしました
詳しく聞くと、彼両親のタヒ後、彼氏には現金が100万円ほどがいくのみで
残りはすべてお兄さんとお姉さんで分けるようになっているらしいのです

最初これを聞いたときはあまりに不公平なのでびっくりしました
彼氏本人も「不公平すぎる」と不満を漏らしたんですが
それに対して彼氏両親は「あなた(彼氏)が大学生の時にこういう取り決めをしたでしょう。忘れたの?」
と言いました
彼両親の話を聞いて、彼氏がとんでもない人だと思うようになってしまいました

つづきます

         
2021年11月27日

692 :修羅場な話 2021/11/11(木) 06:08:29 ID:gE.hu.L1
私は父の仕事の関係で、高校生の時、取引先の社長の息子A男と婚約した。
A男は私より三歳年上。
A一家とうちは家族ぐるみの付き合いをしていて、A男のことは小さいころから知っていたし好感を持っていたので婚約に不満はなかった。

私が23歳の時、A男はA両親と私と私両親を集め
「好きな人ができました。彼女と一生を共にしたい。(私)さんとの婚約を解消させていただけないでしょうか」
と申し出た。
当然、騒ぎになった。
父はきつい言葉でA男を詰問したが、A男は一歩も引かずに
「結婚するのは彼女以外考えられない」
と言い切った。
その場では結論を出さずに、話し合いは終わった。

家に帰って、私は父に婚約破棄を受け入れること、私は怒ってないことを伝えた。
父は難しい顔で頷いていた。
A男は、遠回しにだけど、前もって私に婚約破棄を打診していたから、今日の集まりが何のための集まりか薄々分かっていたし、心の準備ができていた。
それでもその晩は泣いたよ。
私はA男が好きになってたし、単純に「婚約破棄された=捨てられた」ってこともショックだったから。

それからはA一家とのプライベートでの付き合いには距離が置かれるようになった。
一方的な婚約破棄の代償に、父は仕事でペナルティをA側に科したようだが、詳しくは知らない。
取引を切る気まではないし、あまり酷いことはしなかった、とは言っていた。

A男は彼女さんと結婚し、そして一年とたたずに離婚した。
一生を共にするんじゃなかったのかよ。

         
2021年11月10日

36 :修羅場な話 2017/04/06(木) 16:49:43 ID:uqF
夫が私の前に婚約していた女がスレタイ。
多少シモ話注意。書き込みなれてない長文でごめんなさい。

彼は40過ぎてから婚活を始めた。
年収が高めだったので、女忄生からの申し込みは多かったけど、
その中でもひときわ美人だったA子が気に入った。
当時彼43歳でかなりお人よし、A子40歳派遣。本人曰く「私は仕事がデキル女」。
彼は子供が欲しくなかったので、A子の年は気にならなかったみたい。
3回くらいホテルでディナーをして、互いに結婚の意思が固まって、
半年間くらいかけて結婚の準備をすることになった。
A子が「お互いもっと深く知りあいましょう」ということで、毎晩スカイプをすることになった。
これが毎日毎日どんなに仕事で忙しい時でも3時間から5時間くらい、
主に彼の過去の女忄生関係について根掘り葉掘り聞き出し、訊問のようだったと彼は言った。
次に、彼は重度の睡眠障碍で長年睡眠薬を飲んでいたのを、
「睡眠薬なんか害でしかないから飲まないで」とA子はいきなり薬を全部捨てた。
いきなり止めると危険な薬もあったので、彼は一週間は酷い離脱症状に苦しんだ。
意識がまるではっきりせず朦朧と会社に行ってたけど、その時の記憶がまるでないそうだ。
A子は「薬なんかよりもっといいサプリがあるのよ」と言って、
A子に連れていかれたのが怪しいセミナー。
彼は一か月分で約15万円分のサプリを買わされた。
そして新居の準備がはじまったけど、彼は既にマンションを持っていたので、
A子は自分の好きなインテリアにしたいといい、家具やカーテン選びが始まった。
毎週末には家具屋やカーテン屋めぐりをしたけど、A子は高級志向でこだわりが強く、
あちこちの店をさんざん回ったので、彼は「いいかげんにしてくれ」と思ったけど言える雰囲気じゃなくて。
結局、ややお高めの家具を揃えることに決め、支払いは当然彼。
A子はなぜか「ベッドは絶対キングサイズ」にこだわり、キングサイズのベッドなんか
どの店も少ないので探すのが大変だったみたい。値段も送料もかかるし。
それと同時期に、A子は彼のマンションに毎週末通って食事を作るようになったけど、
まず2人でデパ地下に行き、A子は有機野菜(例えばほうれん草一束500円くらい)にこだわってて、
他の食材も高級なものを買っていて、支払いは当然彼。

         
2021年11月04日

628 :修羅場な話 2013/06/01(土) 12:08:05 0
私の最大の修羅場は自分の結婚式だったな。
式までいってないから、正確には結婚式準備か。

婚約者は当時仕事がタヒぬほど忙しい時期だったので、式場の予約やらは全部私と私母で動いてた。
ド乚スを決める時は俺も着いていきたい!と言っていたので休みを出していたのだが、当日急遽呼び出され残念だね~と言いつつ結局私と私母の2人で行った。
私母・衣装係のお姉さん・私達の式の担当者さんと一緒にアレいいねコレいいねとキャッキャウフフ状態で1時間ぐらい試着してたかな。
そうしたら突然「ううおおおおおおおおああああああああああ!!!!!!!」みたいな叫び声上げながら婚約者が担当者さんに突っ込んできた。
こけた担当者さんに馬乗りになって毆ろうとする婚約者を他の男忄生スタッフさん達が止めてた。
なんとか顔真っ赤にして興奮状態の婚約者を担当者さんから引き離してとりあえず話を聞いてみた。
そしたら、「俺以外の男とド乚スを決めるなんて非常識だ!」「新郎よりも先にド乚ス姿を見せるなんて、その男の事が好きなんだろ!」「クソビッ千が!婚約破棄じゃあああああ!」だそうで。
なんとかド乚ス決めに参加したくて仕事を早く終わらせて来てみたら他の男がいる!?どういうことじゃああ!ってなったらしいがあふぉか。
この人は私達の式の担当者さんでそれ以外のなにものでもないってのを懇切丁寧に説明したらやっと我にかえったらしく全員に土下座して謝ってたけどもうシラネ。
婚約者を車で彼実家に送り付け、その場で今の出来事を報告の上婚約破棄を伝えた。
グダグダすがってきたけど無事に別れることが出来た。
担当者さんや他のスタッフさん達にも謝罪行脚して回ったが、「たまにあることなので気にしないでください^^」と逆にフォローされてしまい申し訳なかった。

         
2021年07月05日

520 :修羅場な話 2020/06/12(金) 13:55:13 ID:EfS
長年の友人Aは結婚1ヶ月前に婚約者Tに浮氣されて、婚約破棄
TはAと5年くらい付き合っていた

Tの浮氣相手はTの勤め先の社員で、悪質なことにTがAと婚約していると知らずに、自分が本命だと騙されていた
AはTにやり直したいと懇願されたそうだけど、そんな人格の持ち主と結婚できないとつっぱね慰謝料をもらって別れた

その後Aは慰謝料を手にふらりとどこかへ行ってしまった
TからAの行き先を教えてくれと頭を下げられた
やり直したいのでもう一度プロポーズすると少年漫画みたいな真剣な目で言われた
何いってんのこいつって感じ
だって人の心がある人間ならともかく、クズが真剣になってもゼロに1かけてゼロになるのと同じで、所詮クズでしかないでしょ?
いずれにせよそんなこと言われても私も知らないので、「知らんがな」と答えていた
LINEには
A:今日はここに行ったの~明日には違うところ行くけど
みたいな伝言とともに、マチュピチュやモアイの写真が届いたりはしていた

         
2021年06月30日

618 :修羅場な話 2016/10/30(日) 14:20:46 ID:JMW
中3になったばかりの頃、それまで親友だと思ってたA子が突然私に対して苛めの先導を始めた。
朝いつものようにA子の家に迎えに行ったらもう家を出てて、何か急用でもあったのかなぐらいしか思わずにひとりで登校したら
教室の私の机に犬のフンが置いてあって、A子が「私子くさ~い」「臭いの移るー」「近寄らないでー」っておどけて言って
いつの間にか8人グループ作って臭い臭いと連呼を始めた。
わけが分からなくて、とにかくフンを片付けたんだけど、男子の一部もくせーくせー言い出して
前日までと世界が入れ替わって、その世界で私はひとりぼっちになった。
他の女子と話しをしているとA子グループがその子を引っ張っていってしまうし、元々そんなに友達多くなかったからアッと言う間に孤立した。
何がキッカケでそうなったのか本当のところは今でも知らない。
私は学校を休みがちになって、ギリギリの日数しか登校せず、優秀だった兄に教えてもらいながら自宅で勉強した。
先生が何度も登校を促すように訪ねてきたけど、学校に行くのが怖かったし無理して行こうとすると吐いた。
修学旅行にも行ってない。卒業式にも出なかった。
親戚の家に下宿して、他県の高校に進学した。
私のことを誰もしらない高校では、昔のように楽しく通う事が出来て友達も出来たけど、いつ裏切られるのかとビクビクしてた。
幸い裏切られるようなこともなくその後大学に進学し、就職もして順調ではあったけど、地元に帰省するのはいつも緊張した。
ある時、私が帰省してることを知ったらしく実家にA子が訪ねてきた。
「実はもうすぐ結婚するんだ・・・」と切り出された。「ふーん」としか言えなかった。
すると「実はお腹に赤ちゃんがいるの」と言い出し「妊娠してこの子の未来のこととか考えることがある。
そんな時に中学の頃のことを思い出して、自分がとんでもないことをしたと思い当たった」と言い、
そこから畳に正座し直して「ごめんなさい」と頭を下げられた。
黙っていたら頭を上げてA子も黙ってるので、質問した。
「あの日、私の机に犬のフン置いたのA子?」って聞いたらゆっくり頷いた。
「今、謝って許して貰えると思ってる?」って聞いたらゆっくり首を横に振った。
「正解。無駄な事はしないで」と言って帰って貰った。

         
2021年06月11日

941 :修羅場な話 2021/05/08(土) 14:16:48 ID:ap.3l.L1
今日、まさに人生で初めての衝撃的といえる経験をしました。
長年放置児で苛められ続け、中学の時担任までが苛めに加担し(誰かを標的にしてクラス運営をするタイプ)限界まで来たので授業中暴れ、担任含め怪我をし
(私も25針縫った)件で停学となった事等を、10年前に私の婚約者の家族との会食で嬉々として母に言われた。
私は長年の苛めが発覚し、担任の異常な指導(苛めを黙認、煽る等)も級友達が証言してくれたが、怪我人も多く私は保護処分寸前まで行き、高校もかなり
離れた親戚を頼って底辺高に行った。しかしその原因は母にある。
母が長年パート先スーパー店長と不イ侖してたのは小2の時から知ってた。学校の帰りに母の職場に行った時、裏の倉庫前でおっさんとキスしてたのを見たので。
そしていつからか両親は不仲になり、父は単身赴任し別居、私は放置され出した。
色んな目に遭い何度か父にそれとなく話したが、父は私にあまり興味も持たなかったので、私には逃げ場がなかったが、それはもう過去として自分で
気持ちを切り替えて過ごしていたのに、それを私の人生の伴侶となる人とその家族の前で、大声で笑いながら暴露された。
頭が真っ白になったが、冷静な部分もあり私は「やはり母は知ってた。知ってて私との関りを煩わしく思い放置したんだ」と理解した。
婚約者は私の勤務先取引相手社員だったが、母の暴露(せい的描写も含め)でドン引きされ、少しして関係は解消となり、内容を私の勤務先も知る事となって
私は退職し高校時代の友人を頼って逃げた。一切の痕跡を消し、何の証拠も残さず彼らから逃げた。
今は日本の西部都市に住み、のんびり暮らしてる。仲の良い男忄生はいるが結婚する気は無い。二日前、弁護士を名乗る人から今年母がコロナでなくなったと
相続が発生したので面談したいと連絡があった。聞くと両親は離婚済みで母は祖父母からの相続財産があり、他の親戚から調査依頼を受けたので私を
探していたらしい。母方親戚は皆、田舎根忄生の歪んだ偏った思想の人が多く、私がいなければ相続財産を手に入れれると考えた様子。
今日の午前中、この話を面談した弁護士から聞き、長年腹の底に溜まってた膿というか黒い重りが落ちた、晴れた気がした。私はやっと自由になった気がした。
母が何故か掛けていた生命保険金や相続財産の合計が数千万円になるらしい。目録を貰ったが、ありがたく受け取ろうと思います。親戚は母の葬式代で
500万円請求してきたが(コロナなのに出来るの?)、弁護士に適正価格として示された金額を払って終了。墓なんて何処にあるか知らないし興味もない。
何だろう、凄くすっきりした晴れ晴れしい気持ちです。コロナ禍だけど、思い切って何処かに旅行に行きたい。40前だけど、もう働かなくていいよねw
今なら心の底から母にお礼が言えるかも。弁護士から貰った書類をさっさと作って送って、ゆっくりしよう。

Twitter プロフィール
2ch(5ch)鬼女系のまとめサイト 修羅場な話まとめのつぶやきアカウントです。
おすすめのサプリ

       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
       
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー
その他

純広告募集中です