嘘の記事一覧

         
2020年09月15日

481 :修羅場な話 2009/05/08(金) 00:30:15 ID:uwQh7rFG
私が雑貨屋でバイトしていたときの話なんだけど、その店にはディ○ニーの服なんかも売っていて
(ちゃんと本物)そういう高いスカジャンやパーカなどばかり10点近く買った女子高生がいた。
一週間だけ取り置き出来るので、とって置いたんだけど一週間たっても取りに来ない。
お金は貰ってないので、本当に取り置きをしてるだけなんだけど一週間目に書いてもらった電話番号に電話した。
すると、家電に出たのは母親らしき人。
「すいません、○○と言うお店のものですがお取り置きの商品のことで…娘子さんはいらっしゃいますか?」
って聞いたら電話の向こうで娘を呼ぶ声が聞こえる。
そして娘子は取り置きした商品の話をした模様。
また母親が出て「全部でいくらですか?」と聞かれたので「全部で10点で4万5800円です」
と言った途端に電話の向こうで大喧嘩の声!
そして5分程して母親が「すいません…娘子は昨日事故で亡くなったんです…」と。
本当にびっくりした!こんなバカなやつがいるのかとww
何度も「昨日死んだんですか?」と聞き返したけど「はい」と答えながら泣くそぶり。
あまりのあほらしさに「娘子さん杀殳さなくてもキャンセルできますよ」と言うと
あ、そうなんですか?いや…本当に死んだんです!!!!」と怒鳴って電話は切れた。

何だよその神経。


         
2020年08月24日

7 :修羅場な話 2014/06/01(日) 17:51:42 .net
嫁が障/害児生んだ。
叔父と弟が障/害者(知的)を持ってる家庭で生まれ育ったので
遺伝するかもしれないし子どもは絶対に作らないと、付き合う前から嫁には言っていた。
しかし結婚後にあんまり欲しい欲しい言うんで精/子バンクで子種仕入れて子どもを授かることに。

無事に子どもは生まれたが、4年後に知的障/害が発覚。
それと同時に嫁側の親族に知的障/害を持つ人間がいたことが発覚。

もちろん嫁はその親戚がいたことは知ってた。
障/害があっても子どもはかわいいが、嘘をついていた嫁に対しての怒りと、
心のどこかでこの子には俺の遺伝子は入ってないって思ってしまう自分が辛い。
結婚なんかしなきゃよかった。

         
2020年08月12日

219 :修羅場な話 2018/06/12(火) 10:52:12 ID:Kn9xogsX.net
中学の時の話だけど、うちの両親は私が幼稚園のころ離婚して私は母についていった。
中学になったころに、知らない男女が家にきた。
お父さんの新しい奥さんと、弁護士さんだった。
話を聞くと父は、離婚後1年ぐらいで再婚してたらしく、新しい奥さんの実家が経営する会社に入って、新しい奥さんのお父さん(社長)が引退して父が実質社長をしてたらしい。

そんな父が亡くなったと聞かされた。
で、財産放棄するように言われた。
「離婚して関係ないところで築いた財産だし離婚当時はあまりお金を持ってなかった。それを再婚してここまで財を成した。でもこれはあなたには関係ない財産だから相続権がないので放棄するように」と言われた。
母が「こちらは約束の養育費を1円も入れてもらえないまま音信不通…」と言いかけたら、被せるように「それはそちらと主人の問題なので私には関係ありません」とピシャリと切られた。

その後、どういう経緯か私にはハッキリ分からないけど、財産分与を貰えて成人するまで母が管理するみたいな書面を見せられた。
今だにちゃんとした金額は知らないが、高校大学は好きなところを選んでいいと言われた。大学は諦めてたから嬉しかった。
引っ越しもしてないし、生活は変わらず質素なままだから、大した金額じゃないかもしれないけど母からは独立するときに全部渡すからねと言われてる。

綺麗な身なりをした大の大人が、団地住まいの中学生に「関係ないとこで成した財産だからあなたには権利がない」平気で嘘をつくって結構衝撃的だった。

         
2020年08月08日

304 :修羅場な話 2019/12/10(火) 04:47:39 ID:fy.7f.L1
これまでいろいろあって実家とは疎遠にしていたが、妹が突然結婚式の招待状を送ってきた
妹には就職先が見つからないからと私の職場を紹介してほしいと頼まれ、本当に嫌だったが当時の部長などに相談してコネ入社させてもらったのに、後から親に私が無理やり入社させたと吹聴していたのを知り、私を嘘つき呼ばわりした親と合わせて絶縁していた
それなのに招待状を送ってくるなんてどんな神経してるんだ?と
夫や実家の奇行をよく知る地元友人に相談し、手切れ金として10万と欠席に丸をつけたはがきを書留で送った
結婚式の日が過ぎしばらくして、実家と絶縁後もずっと気にかけてくれている叔母から電話があり、その結婚式は私が出席と返事したのにも関わらず欠席した扱いになっていて、座席表に名前が載っていたことを知った
叔母は来ないと思っていたけど、名前があったので来るのかと思った、どうしてドタキャンになったのか、体調でも崩したのかと心配して電話をくれたのだが、真実を話すと呆れていた
いつもそうで、よくわからない嘘でなにを取り繕うとしたのかも謎
かかわりたくないから

         
2020年07月11日

60 :修羅場な話 2008/11/10(月) 10:35:24 0
ウトメ、ウトメ兄弟親族全員犬作教信者。
旦那も生まれてすぐ、犬作教の信者名簿に名前を連ねられた。
もちろん旦那は私と交際中は、一切その話をしなかった。
交際3年を過ぎた頃、そろそろ結婚話でも・・・・となった。
私は、無宗教だが結婚式は教会で挙げたかった。
なぜなら、着物が似合わないから、とミーハー根性.。
ちゃんとした教会でなくても、結婚式場のチャペルで挙げよう!と
旦那に言ったら、旦那、なんだかモニョモニョ。
双方の両親に結婚の意志を伝え、結婚式の準備を始めた頃
旦那の実家に呼び出された。
そこにいたのはウトメとなんか偉そうなオジサン。
犬作学会の地域のエライサンと紹介された。
「え?犬作?聞いてないそんなの」
旦那、下を向いて黙っている。
「息子君と結婚する以上、アンタも犬作学会に入ってもらうよ。
 そうでなければ、結婚は認められない。」
偉そうにオジサンはのたまう。
ウトメは私に「嫁子さん、さあ偉そうさんにご挨拶して」
とニコニコ。

         
2020年07月06日

491 :修羅場な話 2011/10/24(月) 09:53:45 ID:ozkog+b5
うちには広めの車庫と、他に2台分の駐車スペースがある。
今年、無事に免許を取った姪(近所に住む私の実姉の娘)が車を購入したので
隅に置かせる事にした。
姪が月に2万円払うって言ってくれたが断り、その代わり人に聞かれたら、
月に2万円払っている事にしてくれと姉にも姪にも釘を刺しておいた。
同じ町内に住む、近所でも評判のケチケチA子が絶対に黙っていないから。

案の定、話しを聞きつけたA子が、私にも車置かせろ!って言って来た。
普通に断っても通じないので、用意した嘘で反撃。
「では、姪と同じく月2万円でお願いします。やったぁ月4万の収入だわw」
A子、自分が損するのは嫌いだけど、人が得する事はもっと嫌い。
身内からお金をとるなんて...とすっごく怒って帰って行った。
実姉のところにも本当に2万円払っているのか確認の電話をしたらしい。
「月2万円は娘から言い出したんですよ。只で置かせろ!なんて図々しい事を
言う人間に育たなくて良かった」で撃退したそうだが。
その後、A子は近所に私の事を守銭奴だと噂を広めようとしたみたいだけど、
皆が「自己紹介乙!」と相手にしなかったので、この町はおかしい、こんな所
引っ越してやる!と町内会長さんに話したらしく、『朗報』が廻って来た。

         
2020年06月14日

1 :修羅場な話 2014/07/10(木) 20:49:41 ID:y040lDaPD
誰もよりつかない!
むしろ空気みたいな扱い!!

         
2020年05月28日

217 :修羅場な話 2009/04/16(木) 11:24:35
文章下手だけど、書き込んでもいいかな?

こないだ、結婚式を挙げました。

俺26
嫁24

出会って15年
付き合って二ヶ月目の去年の9月に籍を入れたんだ。

その時、俺は海外出張を控えてたので結婚式はしなかった。


         
2020年05月26日

1 :修羅場な話 2016/05/08(日) 05:11:17 ID:2earhjCPa.net
養ってあげると言われた模様

         
2020年05月22日

705 :修羅場な話 2013/06/13(木) 15:53:31 ID:oVt1gSsy0
流れを切りますが、ちょっとDQN返しかもしれない復讐
フェイク入れてるので辻褄合わなくても気にしないで下さい
読みにくかったらごめんなさい

小学生のころ住んでいたのは、閉鎖的でいわゆる典型的ムラ社会の田舎
過疎気味で子供も少なく、同じ学年の児童なら家族丸ごと全員知り合いレベルの狭きコミュニティです

私はそこに、父と父方の祖父母と住んでいました。母は幼いころに亡くなりました
その地域に住んでいた子供の中で、父子家庭だったのは私だけでした
片親しかいない私は学年内で目立ち、嫌がらせや軽いいじめの標的にされていました

私へのいじめを主に仕切っていた男子をAとします
Aは小学生のころからかなりガタイがよく、学年のリーダー格な存在でした
更に、Aの口癖は「俺の親戚には893がいる」でした
しかしこれは事実ではありません。祖父母にも確認しましたが、Aの家系に893はいません
もしAの家族に893の繋がりがあったら、狭い田舎で噂にならないはずありませんからね
きっとAはテレビか何かで見た言い回しを気に入って使っていたのでしょう
当然他のみんなもそれが嘘だと知っていました
ただAはそんな嘘をつかなくても腕っ節が強く、態度も威圧的なガキ大将でした
男子はAに逆らって痛い目を見るのを恐れ、私へのいじめに加担したり見て見ぬふりを決め込んでいました

といっても、私に対しては暴力的な振舞いはほとんどありませんでした
Aは口ばかりは達者ですが、かしましい女子に対しては腕力を振るえないヘタレなところがありましたから
陰口を叩いたり、私の方を向いてこれ見よがしに笑ったり、スカートを引っ張ったり・・・
精々が足を引っ掛けて転ばせようとするか、背後からランドセルを叩いて走り去る程度でした
どれも幼稚で見え見えな手口なので、私は大して気にしませんでした
女子は誰も私への嫌がらせを快く思っておらず、みんな味方してくれたので寂しくもありませんでした

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー