勘違い男の記事一覧

         
2018年10月14日



351 :名無しさん@おーぷん 2017/11/10(金) 23:32:36 ID:ouN
JKの頃スーパーでレジのバイトしてた
ある日、兄が来店して、自分の買い物のついでに
私の好きなお菓子買ってくれたので「だいすきー♪」って言った瞬間、
見たことないおばさんに「このアバズレ!」って怒鳴られた
「うちの息子と付き合ってると聞いて、どんな子か見にきたら」
とか何とか?みたいなこと言われたので、
当時の彼氏のお母さんだと思って
「彼氏彼名くんとお付き合いさせて頂いてます、(フルネーム)と申します!こっちは兄です!」って言った瞬間、おばさんにポカーンとされた
「(知らない名前)の彼女じゃないの?」と聞かれたので
「どなたですか?」って聞き返しながら兄を見たら、全力で横に首振られた
「○○高校の(知らない氏名)よ、知ってるでしょ?」って返されたから、
さらに「○○高校に知り合いはいません」って答えたらすごい不思議な顔して、
駆けつけてきた男忄生社員に「何でもないの、お騒がせしてごめんなさい」みたいなことゴニョゴニョ言って帰っていった
どうでもいいけど、謝るなら私に謝れよ!って思ったのだけは覚えてる




         
2018年08月24日



280:1/42015/07/31(金) 20:04:01.62 .net
誰もいないな…こそっと書き逃げ

7年ほど前の修羅場

仕事から帰宅、いつものように
嫁さんに弁当を「今日もありがとう」と渡して
ひとっ風呂浴びてきたら嫁の様子がおかしい。

「どうしたの?」と尋ねると
「これ…どういう事?」と出してきたのは
折りたたまれた緑の紙と
「さっさと離婚しろ ○さん(俺の名前)は私のものだ」
と書かれたメモ。

どうやら弁当を入れていたバッグに入っていたらしい。




         
2018年08月23日



82:おさかなくわえた名無しさん2013/06/04(火) 11:58:23.92ID:kfX1BRXz!

オレ嫁とオレが婚約中、勘助と結婚すると噂をばらまかれた。

長いけど、聞いてくれ。
オレ:当時31歳。海外出張が多いリーマン。

嫁:オレの嫁。当時29歳。人口数千人の小さな地方自治体役場勤務。見合いしてオレと婚約中。
嫁父:オレ嫁の父。極普通のリーマン。
上司:オレ嫁の上司。町役場勤務
勘助:役場に出入りする業者の作業員。
勘助母:農家
雇い主:勘助の雇い主。

オレと嫁は見合い結婚。
オレが海外転勤することになって、焦って婚活して、嫁と見合いしたが、趣味も価値観もバッチリで直ぐに結婚することを決めた。
出会いは見合いだけど、恋愛感情としては自由恋愛と全く変わりなく、ラブラブだったし、結婚して4年たった今でもラブラブだよ。



         
2018年07月08日



390:おさかなくわえた名無しさん2009/12/14(月) 10:44:42ID:i/DowXVq
朝一で、もうすぐ三十路の派遣男(勘助)に呼ばれた。
歳上ってだけで上司ぶる男だったから、
また的外れなアドバイスか?と思ってたら、
「あのさ、もう、メールやめよう。君とは合わない」
といきなり言われた。
皆仕事してる場所でそんなこと言い出すから、
私も周りもポカーンとしてたら、
「いや、君が悪い訳じゃないよ?
ただ、俺は君の気持ちに応えてあげられないんだ。
俺には叶えたい夢があるから、
君に構ってあげることもできない。
君の気持ちは嬉しかった。本当に嬉しかった。でも、別れよう。」
と、下唇を噛みながら、周りをチラチラ見ながら言ってきた。



         
2018年06月29日



596:恋人は名無しさん2010/02/19(金) 17:28:47ID:P8AiUJBk0
流れを読まずに投下。

いつの間にか知らない人と結婚することにされてて、式場まで予約されていた。
その男の母親から
「なぜ顔も見せないんだ!無礼だ!
バレンタインにチョコもあげなかったらしいじゃないか。
うちの子が落ち込んでいた!
そんな女は目の黒いうちは嫁にさせん!」
と怒鳴り込んできて、初めてすべてが発覚した。




         
2017年07月26日

384: おさかなくわえた名無しさん 2010/10/12(火) 02:03:48 ID:uokJ8oE0
とある飲み会行ったら、以前仕事で一緒になったことのある男がいた。 
連絡先は交換したが仕事でもその後も連絡をとりあうことはなかった。その程度の仲。 
向こうも私に気づいたので、「お久しぶりです」と挨拶だけして別テーブルに移動した。 

飲み会終了後、その勘助に指でくいくいと、ジェスチャーで呼ばれた。 
「お前、二次会行くだろ?」「行きますよ(最初からその予定)」「なら、いいわ、わかった」 
このいきなりのタメ口会話のあと、しっしっと追い払われた。 

二次会には勘助がいたが、この会話でむかついてたので一切話かけなかった。 
向こうも話しかけてこなかった。 

二次会が終了し、友人カップルとタクシーに乗りかけたら、ここで勘助登場。 
「お前、家どこ?A町か。俺、E町だから方向一緒」と言いだし、 
E町って方向かなり違うし遠いじゃん……と思ったものの、相乗りすることに。 
「私が最初に降りるので先乗ってください」と言うが「俺真ん中座るの嫌」と言われ、 
勘助が最後に乗り込むことに。 

で、うちについた。ここで勘助が「俺が出すから財布しまえ」と偉そうな態度で 
有無をいわさず、私の分を支払った。 
でドア側の勘助が降りて、私が降りた。ここで勘助が車内に戻らず、 
「じゃあ、俺たちそういうことなんで」と車内の友人に挨拶して、私の肩を抱いた。 
友人に言わせると、ここでウインクしてきたそうだ。 

私が楳図かずお漫画ばりの強烈な嫌悪顔で、手を振り払ったのを見て、 
助手席に座ってた友人(カップルの彼氏のほう)があわてて車を降りてくれた。 
友人の彼女は酔いつぶれていたので先にそのまま帰した。 


         
2015年06月27日
168: 恋人は名無しさん 2006/08/17(木) 12:23:40
昔、ものすごい勘違い君に出会った時の話。

当時、浪人をしていたんですが犬を飼い始めた頃、夕方は散歩に行っていたんです。
近くに犬を遊ばせにみんなが集まってくる公園があり、私もそこに行っていました。
周りはおばちゃんばっかりでしたが、何回か行くうちに話すようになりました。

ある時、よく話していた人に
「うちの息子(同じ年齢で浪人していた)も志望している学科が同じなんだけど、
あなたと話してみたいって言ってるのよ」
と言われました。 何度かお散歩の時に見かけたことはあったので
「今度、お散歩で見かけた時にでも」と返事しておきました。




最新記事
最新コメント
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリー