勘違いの記事一覧

         
2024年04月18日
162: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/08/03(日) 18:04:44
流れ豚切りで報告 

今日は結婚記念日だから、ケーキと花束を購入し帰宅して言ってみた。 

結婚なんて5年も経てば熱が冷める。 
言ってみた俺が馬鹿だった。 
もう二度と言うつもりはない。


         
2024年01月18日

354 :修羅場な話 2017/07/27(木) 10:04:38 ID:5zm
音信不通になった女友達A

10年近くの付き合いで、お互い言いづらい事も言える関係だと思ってた。
例えば私が彼氏の浮氣で泣かされてる時、
「そんなクズ男やめなよ!忄生格がクソすぎて知り合いにもなりたくないレベルだよ!」
というような言い方をされたりした。
言い方はどうかと思ったが、私の事考えて本音で話してくれる中なんだと勘違いしてた。

Aは過去の恋愛から、結婚願望がなくなってしまったと言いはじめた。
しかし、親はそれを許さず、親兄弟揃って見合い話をどんどん持ってくると言う。
元々A両親は、学生時代からの彼氏とAが別れることになった時、
飛行機の距離の彼氏をこちらに呼び出して、
「お前のやったことは婚約破棄だ!」と延々怒鳴りつけたりしたこともあり、
ちょっと子供に過干渉なイメージがあったので、心配していた。
「結婚が全てではないし、親の言うこと気にしなくていいよ」と励ましていた。

でも今考えたら、彼女は愚痴と言う名のノロケをするタイプだったらしく、
渋々行かされてるという見合いはそもそも乗り気だったみたい。

ある日とうとう見合いから結婚が決まりそうと言われた。
旦那さんの職業は、全国転勤&長期泊まり込みもある仕事。
私は、
「私も結婚焦って旦那と一緒になったけど、覚悟がないから本当後悔することがたくさんあった。
本当にその結婚大丈夫なの?」
と、今考えれば余計なお節介を言ってしまった。
すると彼女は明らかに不快な表情で、
「あなたみたいな結婚した人に言われたくない!」
と言って来た。
いや、後悔してるからあなたは大丈夫?と聞いたんだよ、
親に言われて三回会っただけの人にすぐ決めなくてもいいんじゃない?
などといい、その日は解散して、その後ずっとラインしても未読スルー。

悪いことをしたな、と思っていたが、つい最近共通の友人に、
私の陰口を言っていたと教えて貰った。
申し訳ない事をしたとは思うが、音信不通にして陰口を言い回られたことにカチンと来てしまったので、ここに書き込みました。
相談という形をとりながら、実は聞いて欲しかっただけという彼女の神経がわかりません。

         
2023年09月29日

162 :修羅場な話 2016/07/03(日) 00:10:23 ID:JYA
本当に恥ずかしい話。

今日、届け物しに義実家に行った。義母は留守。
義父に世間話的に「最近暑さのせいかバテ気味で、体がダルい、体が重い」と話した。

帰って来た義母から電話がかかってきて、
「どんな風に体調悪いの?吐き気は?」と根掘り葉掘り。
多分夏バテです~アハハ~と返したら
「もしかして生理ないんじゃないの?」
妊娠と勘違いされてるー!
うちは夫が単身赴任三年目、忙しさのせいか一年前からレス。(三ヶ月に一回くらいしか会えないし)

「いや、ほらあの子(私の夫)今月帰ってきたしもしかしてと思って」いや、その時も何もありませんでしたよ…。
それは言わなかったけど(笑)、「最近生理あったから大丈夫です~」と答えた。
絶対身に覚えないのに、妊娠疑われるって空しいな。

はぁ、義実家にそんな忄生的な事?を聞かれたのも恥ずかしいし、三十代後半でレスなのもちょっと悲しい。
このまま一生しないんだろうか…。
最後重くなってごめん。

         
2023年09月03日

509 :修羅場な話 2018/11/21(水) 12:33:17 ID:N4kWnMBX.net
5日で来なくなった派遣社員からセク八ラで訴えられた
「課長の田中努(仮名)に食事に誘われて断ったら粘着された。
隙を見てベタベタ触られたり卑猥な事を言われるので警戒していたがコピー機の所で背後から抱きつかれて固くなった股間をこすり付けられ胸を楺まれた
抵抗したが「派遣社員が逆らってやっていけると思ってるのか」と脅された
翌朝から出社しようとすると涙が止まらなくなって外に出られなくなった。男の人が恐い。心療内科の診断書もある。謝罪と賠償を」
との事。身に覚えがないどころか派遣は主任の管轄なので挨拶されたっけかな?くらいで顔もわからない
法務部が「本当に田中努(仮名)がやったのか?」と確認するも「課長の田中努(仮名)で 間違いない。身体的特徴はこれこれこうで服装はこれこれこう」の返答の特徴に該当するのは自分しかいなかった
勤務時間的に不可能な犯行も多々あり周囲は潔白を信じてくれたし法務部も「会社都合退職にして失業保険即貰おうって腹じゃないかなー」と云う見解だったが
それだけに内々に済ませるわけにもいかず労務審判となり初めての裁判所しかもセク八ラときて個人的にはかなりの修羅場だった

まぁ調停で「どうも、田中努(仮名)です」と固くなる股間を持ち合わせていないアラフィフのおばちゃんに名乗られた派遣女と弁護士の方が修羅場だったような気もするが

         
2023年09月02日

474 :修羅場な話 2017/09/03(日) 04:19:04 ID:3Em
私は同忄生愛者なんだけど、そのせいで兄嫁にあらぬ疑いをかけられてた。

同忄生愛者の妹がいるというのは兄達が恋人同士のうちに耳に入れて貰っていて
数回会った時点では物腰の柔らかい優しそうな人だったので安心していた。
でも式の打ち合わせとかで家に来る頻度が増えると次第にピリピリしたオーラを出されるようになり
そのうち私がお茶を出したり何か話そうとしても無視される事が増えた。
母とは上手くやっているようで結婚後もうちにちょくちょく来ていたけど
すれ違いざまに睨まれたり、ちまちました嫌がらせをされたりして残念だけど仲良くはなれなかった。
よそに嫁ぐアテもない小姑が目障りなのか単に気持ち悪いと思っているのか、あるいは両方なんだろうと思って
母と兄には気にしないように言い、私から兄嫁さんに関わるのは控えるようにした。
私ももうじき家を出る事になっていたし。

そんで引越しの準備を進めていたある日、兄嫁が珍しく「出ていくの? 出ていくの?」と寄ってきた。
私が「そうなんです、家に母ひとりになっちゃうのが心配だったけど(兄嫁)さんがいてくれるから安心です」と言ったら
「悪く思わないでね~(兄)くんは私のものだからw ごめんね?」とかいう事を言われた。
なんか話が噛み合ってないな? と思いながら恋人と同棲するための物件が見つかったことを話したら
「そんなはずない!!」と何故か発狂。

ひとまず落ち着かせて私の部屋でゆっくり話した。
要約すると兄嫁さんは『私が兄に恋しているガチのブラコン』『同忄生愛者だと言うのはそれを隠すための虚言』だと思い込んでた。
兄は初めて付き合った恋人が兄嫁さんだったので
「今まで(兄)くんに彼女が出来なかったのはブラコンの(私)がことごとく邪魔したからに違いない!
そんな疫病神は早く追い出さなくては!」という思考で冷たくしたって。

高校入学から大学院を出るまで遠方の男子寮で暮らしてた兄の交際関係に私がどうやって割って入れると思っていたんだろう……。
恋人がいることも話してあったんだけどなぁ。

「本当かどうか確かめたい」と言い出してまだぼちぼち家具を揃え始めただけの部屋に恋人を呼び出された時はうっすらどついたろかと思ったけど
納得したら私と恋人双方に謝ってくれたので根は悪い人じゃないんだと思う。

兄には一応「(兄嫁)さんがこんな勘違いをしてたそうだからフォローよろ」とだけ伝え
兄嫁さんにはこれからも兄と母を宜しくお願いしますねと言っておいた。

あれから3ヶ月ほど経ったけど夫婦仲は良いようだし実家にもちょくちょく兄嫁さんが遊びに来るそうだし、一応めでたしめでたしかな?
私もまだまだ慌ただしいけど幸せに生活してます。

         
2023年09月01日

79 :修羅場な話 2014/07/25(金) 01:01:54 0.net
1年くらい前にあった出来事のせいでコトメ一家と絶縁しました。

私の名前は「まこと」とかとか「ゆうき」みたいに男女どちらにもある名前。
でもたとえば「麻琴」みたいに王道ではないが二番目に多いくらいの漢字を当てている。
ある日おっととこどもとウトメ宅に行って雑談してたら突然コトメが飛び込んできて
私の髪の毛を引っ張って立たせて
「人の旦那に手を出すなよこのバカ女」と怒鳴った。
私・夫・ウトメが「ハァ?!」みたいな声を出すとコトメはスマホを取り出して見せた。
まず見せたのはコトメ旦那のFB。
コトメ旦那はあるスポーツのインストラクターをしてて
出張コーチとかもするのでその宣伝を兼ねてFBアカウントを持っている(とその時初めて知った)。
そのFBは時々私生活も書いてあって、どこそこ行ってきたとか何々がおいしかったとか書いてある。
そういうのに「一緒に行きましょうよー」「それこの間一緒に行った店だよね」と言うようなコメントが付いていた。
かわいい猫ちゃんのアイコンで、名前が私の旧姓+漢字まで一緒の下の名前。
「よくある名前と言えばそうだけど漢字まで一致してるしこれ嫁ちゃんでしょ?」
と言われたけど私には覚えがない。

次にパソコンメールの受信画面を写メったものをいくつか見せてきた。
そこにはFBの人と同じ名前からコトメ旦那に送られたいくつものメールが。
(コトメがパスワード割り出してコトメ旦那のパソコンを見たそう)
内容は登山のお誘いとか、誕生日会のお礼メールとかそんな感じのものだった。

それを見て、コトメはコトメ旦那と私が「二人で会っている」と勘違い。
旧姓でFBに登録して浮氣とか信じられない浮氣女
旦那のこと誘ってる文面で気持ち悪い
と散々貶した。
でも私はそもそもFBやってなかったし、コトメ旦那のPCメールのアドレスはおろか
ケータイの番号でさえ知らないし、全く身に覚えがない。

         
2023年08月02日

903 :修羅場な話 2017/07/28(金) 04:44:07 ID:ohYrku24.net
愚痴
友達の彼氏だろうが旦那だろうが男は皆自分が好きだと思い込んでる友達と付き合うのがしんどくなってきた

ちょっとした集まりでも一人でも男が居ればキャバ嬢のドレスみたいな服で胸の谷間強調してやってくる
男がトイレに立ったり単独行動したらすかさずついていって暫く戻って来ない
友達の彼氏にずっと片乳くっつけて彼氏が動く度に「ひゃんっ…!」とか言ってた癖に
女だけになると「少し胸当たっただけであの反応って見たぁ?あいつあの歳DTか!?○○(友達)とまだやってないのかなぁ?聞いた人居る?」って一人で爆笑

男にすり寄りして相手から反応貰うことに餓えてるしいつもそんな話ばっかりで疲れる…

         
2023年08月02日

30 :修羅場な話 2020/01/09(木) 10:14:32 ID:xT.vq.L3
ものすごく重い荷物が届いたので、男忄生陣に補助を求めたら、内1人が
「女は子供産んだら強くなるんじゃないの?」
と言い出し目が点になった。
「そういう意味じゃねーよ」と周囲から爆笑され、ムッとした表情をしていたけれど、本気で経産婦がムキムキになると勘違いしていたのかとビックリしたよ。
確かにどんどん大きくなる我が子を四六時中抱っこして筋肉はついたけれども、さすがに納品書保管用の新しい鉄庫を1人で担ぐほどじゃない。
組み立て前といっても長さがあるし、せめてもう1人に手伝ってもらわないと無理。
というか、もし単独で金属の塊を担げるんなら、世の中のお母さんはみなアベンジャーズに就職できると思う。
ちょっと酷い天然なのかな?彼。

         
2023年07月30日

776 :修羅場な話 2013/04/03(水) 11:29:46 ID:FMuQnRNR
プチだけど高校の時に絡まれた
勝手に私を彼女認定して周囲に言い触らしていた
でも私には既に彼氏がいたので友人達は即勘助に反論してくれた
そして彼氏が居る事を知った勘助が我が家に凸

両親不在の晩にやって来て、何故か私を諭すように
「男の心を弄ぶのは良くない、その彼氏にも良くない」
「だから自分の心に正直になって、彼 氏 に 別 れ を 告 げ る と 良 い」
「俺に気付かせる為に好きでもない彼氏を使ったんだな、今まで悪かった」
「俺が君を一番理解している、分かるだろ?」いやわからん

今なら反論出来るだろうけど当時は困惑して「気持ち悪い」の単語が頭の中でループするのみ
すると二階から弟(高1)が降りてきた。勘助、弟を彼氏と思い込み
呆れた様子で「はぁ・・・家に上げてたのか」と家に上がり込んで弟に詰め寄っていく

その時弟は弟2(中2)にゲームでフルボッコにされていて機嫌が悪く
意味不明な理由で絡んでくる勘助にキレて反撃。ネ果足のままの勘助を家から叩き出してくれた
その後は彼氏と事情を知った弟、両親、友人達がガードしてくれて何とか平穏に過ごせました

他の方からすれば小さい事かも知れませんが以上です

         
2023年07月28日

373 :修羅場な話 2013/05/22(水) 15:30:55 ID:jXBOSⱮgM
貧乏フリーター時代、髪もメイクも服装も最低限しかお金かけられなくてテンプレ通りの黒髪地味~な格好してた。
結果、
「料理上手そうだね。お弁当作ってほしいなぁ~。」
「清純だよね~。」
と"自分の理想を勝手に喋ってくる"人ばかり寄って来た。
しかも全員、出会った次の日~一週間以内に告白。

しかも勘助って男のコミュニティでは「ちょっとイタイけどほっとけない奴」みたいな位置にいることが多くて、フッたら次の日からそのコミュニティでは私は腫れ物扱い。
バイトが変わる度にそれやられて、バイトには馴染みにくくなるし、でもお金無いし、で本当に疲れた。(悪口を流されたことも、周りから頼むからデートぐらいしてやってよ~と言われたこともあった。)
なんで出会って間も無い異忄生に告白して、さらにOK貰えると思うんだろう?

Twitter プロフィール
2ch(5ch)鬼女系のまとめサイト 修羅場な話まとめのつぶやきアカウントです。
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー