出会いの記事一覧

         
2018年05月13日

102: 名無しさん@おーぷん 2014/09/09(火)15:42:21 ID:???
私はバブル世代。
とはいえ、当時はまだはじけてないからバブルなんて言葉はなかった。
高卒でも上企業に就職なんて普通に出来た時代だった。
私も高卒で地元で就職。友達は都内の大手企業に就職した子が多かった。
進学先も都内がほとんどで、特に仲のいい子は派手に遊ぶので有名な大学生。

当然、私も絵にかいたような派手な遊びを繰り返していた。
遊び相手はお金持ちの坊ちゃん大学生やリッチな会社員。
バブルがはじけても、まあディスコにはいかなくなったけど、程度で楽しく遊んでた。
派手な職種だった会社を辞めて手堅く地元の土建会社に就職した。
中小企業だけど役所相手の仕事が中心で景気良かった。
肉体労働のおっちゃんたちや事務のおばちゃんたちにかわいがられて楽しくやってた。

遊びもそろそろ卒業する頃だなと思い始めた頃、友人の紹介でF男と知り合った。
F男は上場企業の社員。
大学時代は派手に遊んでいただけあって、遊びなれていて面白かった。
そのF男と数人の友人で集まってのプチパーティみたいので、Aと知り合った。

AはF男の同期の同僚で、私より5歳年上。F男の友人にしては地味で落ち着いた人だった。
バブル世代だからそれなりの遊びも知っていたけど、ちょっと堅くて面白味のない人だった。
2度目くらいにあった時、Aから「F男と付き合っているの?」と聞かれたので「ただの友達」と答えた。
実際、ふざけて軽いキスをしたくらいの仲。家も知らない。家電も知らなくて、でも名刺交換していたので
職場に電話して「今日遊ぶ?」って感じ。
今は彼氏もいないよ、と言ったら、「じゃあ、今日から僕が君の彼氏だよ」と言われた。
え?と思ったけど、冗談かなんかだと思って軽く流し、でも自宅の電話番号記入の名刺を交換した。



         
2018年05月10日

876: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/06(木) 22:11:11.34
TUTAYA駐車場にて 
俺「あ、あの・・・ 俺、あのステージアの者です」 
嫁「あっ、これ私のヴィッツです。初めまして」 

お互いの車を先に覚えた俺と嫁の初めての会話でした。


         
2018年04月26日

268: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/12(金) 18:47:56

嫁と出会ったのが大学1年の時だった
嫁は他の大学に行ってたのを中退して入り直したので
出合った時が俺18歳、嫁21歳
大学の時間割をガッチリ組んで初めて出た講義に嫁と隣同士になった


マジメに取り組む俺と横で眠たそうにしている嫁
しばらくして嫁がノートを写させて欲しいと言ってきた 


俺は快くノートを渡そうとしたら
嫁の「どうせだったら私の部屋に来ない?」という誘いをしてきた


魔法使いの俺には刺激が強すぎて断ろうとしたが
嫁は俺の手を引いてグイグイと連れて行く始末
ビビリながら嫁の部屋に入って行った

嫁の住むマンションは高級が付くような部屋で
家賃を聞くと父が前の大学の合格祝いに買ってくれたから知らないという


俺の住む15000円の築60年近い風呂トイレ共同のボロアパートとは大違いだった
聞いてみれば嫁の父親は広島の警察官で結構偉い人らしい


娘の安全が買えれば数千万は安いという発言に俺は圧倒されっぱなしだった
嫁にノートを渡して写している時間に色々話が出来て
モテ無い俺が女の子と仲良くなれた・・・と俺は思っていた



         
2018年02月17日

1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/31(水)21:29:39 ID:Zdi
彼女に打ち明けたほうがいいかな?

とりあえず当時の詳細書く


         
2018年02月08日

920: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/01(土) 06:29:15
気が付いたら知らない部屋の布団の中に居た。見知らぬパジャマを着ていた。 
頭がガンガンしていた。二日酔いだった。枕元にはタオルと洗面器。 
記憶を辿ると職場の忘年会、大卒新人だった俺はかなり飲まされていた。 
途中から自棄になり自分から浴びるように飲んだ筈、その後が不明。 

静かに戸が開き、見知らぬ女が入ってきた。 
よく言えば端正で清楚な容姿、悪く言えば特徴のない地味女、それが嫁だった。 
厚手のトレーナーにジーパン、上からエプロンを着ていた。 

嫁「あ、ごめんなさい、起こしちゃいました?」 
何となく自信なさ気の声色、不安そうな笑顔。 
誰だ、この女は?状況からすればこの女の部屋に転がり込んだのだろう。 
俺は昨夜この女に何をしたんだ?俺の趣味じゃないだろ? 
誤魔化して逃げた方がよくねぇ?待て、やったのならもう一度やろうぜ? 
脳内会議が紛糾した。 

嫁「朝食、作りましたけれど?…まだ気持ち悪いですか?」 
俺「…ええ、申し訳御座いませんが、食欲がありませんので」 
嫁「お水?要ります?」 
俺「…あ?、ああ、お願いできますか?」 
嫁「待ってて下さいね」 

安心したのか、無邪気な子供のような笑顔だった。 
っていうか高校生ぐらいじゃねぇ?まさか中学生じゃないよな? 
俺は酔ってコンの道を歩み出したのか?そうなのか? 

理性では否定していても、部屋を出て行く嫁の後姿、 
そのジーパン包まれた顔とミスマッチナな肉付きの良い尻を凝視した後、 
このチャンスを生かして「やる」事が脳内会議で決定した。 
自然と右手がセンターポールを握っていた。 

閉じられたふすま越しの嫁親子の会話を聞くまで、 
ガラに合わない肉食野獣になりきっていた俺だった。


         
2018年01月16日

623:名無しさん@お腹いっぱい。2011/09/13(火) 23:16:39.96
上司と外訪終えて日比谷公園でアイス食ってた社会人3年目の夏
座ってたベンチの前を女子大生と女子高生っぽい二人連れが通りかかった

女子大生風「あ、おっじさん、あたしもアイス食べたーい」
女子高生風「あ、こら、ちょっと!」
上司「それが人に物をねだる態度かね?もっとちゃんと頼みなさい」
俺「いや、そういう問題じゃ……」
女子大生風「ではおじ様、私達にもアイスをご馳走していただけませんでしょうか?」
上司「よろしい。これで買ってきなさい」 
そんな感じのやりとりをしつつ、しれっと小銭を渡す上司と嬉しそうに 
受け取る女子大生風に全くついていけない俺と女子高生風は、 

俺「あの、ごめんなさい、何か変な上司で」 
女子高生風「いえ、こちらこそ、すいません。ご迷惑をおかけして」 

なんてペコペコ頭下げあってたら、上司は不思議そうに首を傾げて 
「いや、あれ姪だから」と… 

俺はてっきり初対面の他人同士だと思ってあわあわしてたんだが、 
身内だと解ったら思わずホッとして、で、四人で自己紹介し合った 

その女子高生風が嫁さんです


         
2018年01月12日

69:名無しさん@お腹いっぱい。2011/06/06(月) 20:07:53.35
高校の時の廊下で

嫁「カバディカバディカバディカバ」Σ(゚д゚)ビクッ
俺Σ(゚д゚)ビクッ
嫁「あっ、あれっ?お兄ちゃ…、…ごめんなさい!間違えましたっ!!」ダダダダダ…走り去る嫁
俺(゚д゚)…ボーゼン

数日後

妹「ただいま~」
俺「おかえり~」
妹「友達連れてきた。勉強会するから」
俺「マジか。解んないとこあったら聞けよ」
妹「わかった。上がって上がって」
嫁「お邪魔しまーす。こんにちわ」
俺「あ、この前のカバディ娘」
嫁Σ(゚д゚)
妹「カバディ?」


         
2018年01月11日

180:名無しさん@お腹いっぱい。2013/07/05(金) 22:48:28
中3の時に学校からの帰り道で家から50mくらいのとこで嫁がうん子漏らしてたのがきっかけで付き合う→結婚


         
2018年01月03日

550: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/11/16(月) 00:54:13
今日久々に姉と会って昔話しているうちに、嫁との馴れ初めの話になったので 
懐かしむとともに投下します。


         
2018年01月02日

438: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/27(火) 00:53:23.77
俺……23歳・メガネ屋の店員 
嫁……高3・その時が人生初メガネで、 
つまんない事言うと一瞬でマジギレされそうな、 
切れ長な瞳でキリッとした雰囲気の、なんというか 
RPGでいうと氷系の魔法使いそうな感じで、 
学園モノでいうと風紀委員長タイプ



最新記事
カテゴリー