修羅場の記事一覧

         
2020年09月18日

917 :修羅場な話 2020/01/23(木) 23:30:26 ID:Udb
一週間ほど前に夫に離婚を申し渡した。
夫、蝋人形みたいに固まってた。
夫42歳、私35歳、結婚7年、子梨。
半年前に夫が職場の女の子と浮気して、夫に二度としないと頭を下げられて
再構築することにしたけど、やっぱり無理だった。
元々無理だと思ったから離婚を強く希望したけど
義母の闘病を盾に、こんな時に悲しませたくないと言われて。
まるで今離婚したら私が悪者みたいに。

義母、事情(浮気のこと)を知らないもんだから相変わらず孫孫煩いし。
やれることは全てやって出来なかったんだからいい加減諦めて欲しい。
子どもが欲しかったのはあんたより私自身だったんだよ。
(ちなみにどちらにも何故か原因は見当たらなかった)
生きてるうちに孫の顔を見せて欲しかったヨヨヨ・・・とか泣かれても
今はもう夫との間に子作りする気は全くないし。
こんな言い方するのは語弊があるんだろうけど
闘病中ってのは事実だけど、余命宣告されたわけでもない。
ネットで調べたら生存率結構高いし。
もう義母を盾に縛るのは止めて欲しい。解放してほしい。
っていうか、母親がそんなときに浮気しておいて何言ってんのよ。
すべて自分が撒いた種じゃない。
もう肩が触れても気持ち悪い。同じタオルも使えないし同じコップも使えない。
汚らわしいとしか思えない。
夫は応じてくれないけど、アパートも決まったし週末には出ていく予定。
やっぱり半年前に何が何でも離婚するべきだった。


         
2020年09月18日

647 :修羅場な話 2019/12/11(水) 18:34:35 ID:ery
前の会社にいた頃、上司にパワハラされ、残業月130時間超を強いられ、上司のミスを押しつけられて
円形脱毛症と不眠症と幻聴を発症。
愉快な幻聴に誘われてお空を飛ぼうとして二階の窓から落下し、途中で木にひっかかったため幸運にも打撲と捻挫で済んだ。
その落下事件をきっかけに休職→労基の助けを借りて退職
現在は同業他社に入社し、月40時間以下の残業で同額の給与をもらえている。

しかし今年、前社のパワハラ上司に再会。
その日のうちに告白されたのが衝撃だった。
相手は私より20歳くらい上。去年離婚しバツ2になったそうだ。
「きみをずっと好きだった。好きだから意地悪してしまった。結婚を前提に付きあってくれ」と泣きながら抱きしめてこようとするから
ぎゃああ!と悲鳴を上げて逃げた。
悲鳴を聞いて同僚が来てくれたので「セク八ラです、セク八ラです!」と連呼して逃走。
後日上司からメールが来て知ったのだが、私は逃げながら無意識に「タヒね!気持ち悪いタヒんで!」と叫んでいたようだ。
上司が「傷ついた」とたっぷり恨み言を書いてきたので「謝りません。100%本心だから」と返信して着拒した。
ちょっとだけスッキリした。

         
2020年09月18日

789 :修羅場な話 2016/03/09(水) 10:08:34 0.net
義兄は最初の奥さんとタヒ別して再婚してて、最初の奥さんは私の従姉
従姉の忘れ形見の姪は義兄が再婚するまでは我が家に半分下宿してた
従姉が亡くなった時姪は3歳だったので記憶はおぼろげだと思うけど
淋しくないようママの写真やビデオを見せたり思い出話をよく聞かせた

義兄が再婚することになって、義兄嫁(新)が努力してるのは認める
だけど姪に自分を「ママ」と呼ばせるのに固執しているのが困る
姪は新しい義兄嫁の事を「お母さん」と呼んでる、ママは亡くなった実母の呼び方だから分けてる
新しい義兄嫁は私達が協力して「ママ」と呼ばせてと言いだし、私たちは断った
義兄嫁姪に「アンタがママと呼ぶまで帰りません」と手紙書いて家出

超ラッキー(亡くなった従姉が見守ってるんじゃね?と思った)なことに
義兄家の鍵の接触が悪くて開かなくて姪が困ってうちに来たので
姪が手紙を見る前に回収できてよかった
義兄に連絡したけど結婚自体白紙に戻した方が姪のためな気がする

         
2020年09月17日

702 :修羅場な話 2012/07/17(火) 22:44:41 ID:k2Nd3VcX
職場に、事あるごとに、自分が痩せの大食いでしかも巨/乳って事をいちいち嫌味ったらしく自慢してくるブスがいた。(私は普通体型)
休日にケーキ屋に行ったら、そのブスがいた。ブスは私に気づいてなかったが、全種類のショートケーキを30個以上買ってた。
いくら大食いでも流石に1人分じゃないんだろうと思ってたが、帰りに車が信号でとまった時にふと何気なく近くのバス停を見たら
そのベンチに座ってケーキを手掴みでむさぼり食うブスがいた。
手や口をクリームやらでベッタベタにしているのが確認出来た。
そのブスは池沼では無いが、むしろ健常者であんな事が出来るなんて怖いと思った。
面白いから写真をたくさん取って、会社のトイレや階段などにその写真を貼りまくった。(私がやったって事はバレてない)
みんな写真を見てブスにドン引きしてた。ブスはその写真を見るなりキレて暴れ出して
「これは私じゃない!これは私じゃない!これは私じゃない!合成に決まってる!合成に決まってる!合成に決まってる!」
と、泣き叫んでいたが、誰もブスの言う事なんか信じない。
暫くしてからブスは退職した。

ブスが自分の体型や体質を自慢しなかったら私もこんな事はしなかったんだけどね。
ちなみに私は最近ジムに通い始めたから痩せてきた。ザマー見ろ

         
2020年09月17日

181 :修羅場な話 2011/09/04(日) 01:49:36 ID:qMGgffcs
娘さんを愛するお父様が羨ましいなぁ……
私の体験談。長いので3分割

騒いでる父の元に行くと母が風呂場で倒れていた
父に従い119に電話、119に「呼吸の有無」を聞かれたので
母の呼吸を確認していたら嘔吐といびきの症状が出た
「脳溢血」が頭をよぎり母に触れたら確信が持てた

私は医療系の資格持ち。応急処置を学んでたので
必タヒで処置したら救急車が来る前に母の意識がもどった

母に名前と住所を言わせ、両手指、両つま先が動くか確認
テレ笑いしながら名前と住所を間違いなく告げて
両手両足を動かす母を見て私も安心してしまい
思わず「とりあえず輪切り(MRI)で確認じゃねー」と
母のおでこをぺちぺち叩きながら笑ってしまった

そんな最中に救急車が到着し母は病院へ運ばれていった

         
2020年09月17日

321 :修羅場な話 2019/10/16(水) 16:28:10 ID:3r.wf.L1
最近、夫の見た目が本当に無理
30過ぎて明らかに太ってお腹やお尻ダルダル、顔はパンパン 
でも、年取ったら体型崩れたり老けるのは仕方ないしまあ受け入れられる
私だってこれから老けて行くわけだしね(でも運動して今のとこ体型は維持してます)
一番許せないのが髪型
夫は行きつけの美容室でいつも同じ人に切ってもらってるのね
その美容師さんの腕が本当に酷い
いつも毛先の処理も適当でザックザクのおかっぱみたいなクソださ髪になって帰ってくる
誇張なしに千円カット以下
もうそれがマジで無理
耳の上がぱつんってざっくり切ってあって半ヘルかぶってるみたいなの
前髪はなぜか無駄にすいていて、そのくせ横に長さ揃ってるし
何度も、美容室自体かせめて美容師さん変えてってお願いしてるのに聞き入れてくれない
たまたま失敗されたとかなら仕方ないねって許容出来るし、むしろフォローもするけど
こちらのお願い無視して自らクソださ髪型にしに2ヶ月に一度美容室わざわざ通ってるのが本当に本当にストレス
わたしの異性に対する外見の許容限界を超えてる
先週また夫が私を無視してクソださ髪型にてきて目に入るたび吐きそう助けて

         
2020年09月16日

968 :修羅場な話 2018/06/11(月) 13:10:53 ID:3w+PNQNz.net
20歳頃に23歳の人と付き合っていた時の話。
初めて彼の家(実家住み)に遊びに行く事になって、自分の部屋に行くのかと思えばリビングから動かない。当然、ご両親や兄弟が居て初めてだし気まずいなーと思いながら過ごし、泊まりの予定だったのでそろそろ寝ようとなって部屋へ。
ドアを開けたら両親が寝てる。え?と思っていたら「俺、親と寝てるんだよねー」って…。ここで凄く冷めたんだけど、とりあえず寝るしかないと思って布団に入ったら胸や下半身を触って来て営みのお誘い…。両親の隣で出来る訳ないしもちろんお断りして寝た。

無理すぎて数日後にお別れ話して別れたけど、その後やらせてもらえなかった原因が性病だとデマ流されて最低だった。

         
2020年09月14日

299 :修羅場な話 2019/04/18(木) 19:11:28 ID:qNo
一人暮らしで強盗だか強姦魔だかに押し入られたことがある
宅配装ってて警戒心も薄かったからそのまま開けてしまった
玄関でガバーッってこられて、夢中で暴れてたら飾ってたブロンズの熊(兄の贈り物、彫り物風)が落ちてきて強●の頭に直撃
強●が止まったんで逃げようとしたら足掴まれたんで同じく落ちてたクリスタル花瓶で頭殴った
そしたら動かなくなって、血ダラダラで死んだ?てか杀殳した?って思った
パニクって兄に電話した、杀殳しちゃったどうしようって
そしたら兄が仕事仲間連れてきて、大丈夫だから安心しろって言ってくれた
強●は死んでなかったらしく生きてるぞーって仲間さんが言っててホッとしたけど、
兄と仲間さんは俺らに任せとけって言って強●運んでいってしまった(救急車は止められた)
仲間のお姉さんが一緒に居てくれて慰めてくれた
それから数ヶ月して、近いけと別のところに引っ越して、強●のことはあまり考えなくなったころ、
兄が強●からの慰謝料と迷惑料って言って札束を渡してきた
びっくりしてそんなの受け取れないって言ったら、そうだよなって笑って通帳の方に振り込まれた
そうだよなじゃない、そうじゃないって言っても笑ってるだけ
どうなってるのか事情聞いても大丈夫、お前は知らない方がいい、気にするなばっかり
お金もお兄ちゃんが受け取ってって言ってももう貰ってるで済まされた
強●と示談にしたのかなと思って、でもまた来たら怖いからからもっと別のところに引っ越そうかと相談したら、
もうあいつは絶対来ないから大丈夫って言われた
その後、数年したら兄はこっちからは滅多に連絡が取れなくなってしまった(年1くらいで電話はある)
最近掃除中に出てきた中学のアルバム見てたら、強●の顔が友だちにストーカーしてた同級生と完全に一致して震えた
どっかで見た顔と思ってたから、そのへんのどっかで見かけて家まで来られたんだと思ってた
そいつが今どうしてるとか確かめないことに決めて墓場

         
2020年09月14日

453 :修羅場な話 2020/03/04(水) 10:12:43 ID:HM.y9.L1
コロナ関連の話で申し訳ないけど…

昨日の夜、偶然ドラッグストア勤めの後輩に会った
この後輩は高校時代の後輩で、卒業後も結構仲良くしてた
で、私もその子も翌日(今日)が休みだったから一緒に宅飲みした
近況報告とか色々してたんだけど、私がふと「コロナでドラッグストアも大変だよね」「本当、店員さんには感謝だわ」と言ったらボロボロ泣き出した
普段まったく泣かない子で、私が涙を見たのも引退試合の時くらいだったのに

なんか毎日気が休まらないみたい
仕事が忙しいのは仕方ないというか、本人も割り切ってるみたいだけど、客がもう嫌なんだと
マスクや消毒薬に加えて紙製品の買い占めも起きて、それで店員に当たる客が一日に10人はいると
怒鳴ってきたり嫌味を言って来たり、品出し中の店員に通りすがりでわざとカゴをぶつけたり
高いティシュだけ売れ残っててそれをレジで「普通のティッシュ(売り切れ)と同じ値段で売れ」と文句言ったり
入口に「マスク・消毒薬売り切れ」って張り紙してるのに「なんでないんだ!」「張り紙なんか読むか!」とキレたり
店員がつけてるマスクを見て「お前らがマスクして何の意味がある」と言って来たり
店長も普段は穏やかな人なのにそんな日が何週間も続いているからかだんだんピリピリしてきて、店員(後輩ではない)のしたちょっとしたミスで溜息を吐いてしまったり
「もうこんな状況で働きたくない」と言って辞めようとするパートさんも出てきたり
もうめちゃくちゃなんだって泣いてた
「誰にも感謝されないのに誰かに怒鳴られてばっかで嫌だった」って

私にできることなんてほとんどなくて、後輩の背中をさすって「ごめんね」「本当にありがとうね」「お願いだから無理しないでね」と言うことしかできなかった

お酒も入ってたし一人にするのが心配だったからそのまま後輩を家に泊めたんだけど、後輩まだ寝てる
後輩のために今から朝食を作る予定(ほぼインスタントだけど)
今日はいっぱい休んでほしい
ご飯食べたら一緒にスマブラしようね、昨日「誰かとポテチ食べながらスマブラしたい」って言ってたもんね

         
2020年09月13日

300 :修羅場な話 2014/06/28(土) 14:23:46 ID:fR9LQjkxm
先日、初めて不思議体験にあったから思い出せる限りの事をレスする。
ただ文章力が皆無だから分かりにくいと思うが…後、俺は不思議体験だと思うが皆がどう思うかは分からん。

仕事帰り、急な目眩に襲われたんだ。本当に突然で、しかも人気のない細道を歩いてたとき。
(あ、これヤバイやつだ)って本能的に感じるくらいにグラグラ視界ゆれんの。
で、さすがにこのままは危険だと思ってとりあえず車がきた時の事も考えて、端の方によって座り込んだんだ。
そこで携帯で嫁に連絡しようと思ったが、先に意識が途切れた。

でも一瞬にして目が覚めた。頭もグラグラしてない所か、本当にさっき目眩を感じたのか?って言うくらい元気。
(休みに病院行ったほうがいいかな)とか思いながらさっさと帰ろうと立ち上がって、ここで、本当にここでやっと気付いた。
さっきは夜だったのに、朝っつーか昼っつーか、とにかく明るい。
もう頭ん中大混乱。もしかして俺が一瞬って思っただけで、実は夜が明けるくらいだったのかと思って携帯見るも、日付は同じ日。と言うか、時間も俺が倒れた時の同じ時刻。嫁からの着信もなし。
余計にテンパって、とりあえず誰かに連絡とらないとって思って嫁に電話かけた。

でたよ、嫁。電話。でもすっごい怯えた声。
電話でた瞬間に「ど、どなたですか…?」って。
俺「いや、俺だよ。携帯に表示されてんだろ」
嫁「俺って…え?えでも、…え…?」
俺「なんかあった?つーか、今どこ?家?今何時?なんか俺、今へんな、」
電話の向こう「おーい、どうした?」
向こうで、男の声がした。その声に、一瞬で血の気引いた。
その男の声が、紛れもなく俺の声なんだよ。
それに思わず電話切ってしまった所で、またグルグル酷い目眩。

で、目が覚めたら倒れる前と同じ夜。もうテンパる所の騒ぎじゃない。
1人震えた手で嫁に電話かけたら、呑気にでやがった。
嫁「どうしたの?」って。それに俺も「お前今誰といる?」って聞いたら、「1人だよ」って。
嫁に今あったことを全部話して聞いても「やめてよ1人なんだから!怖いこといわないで!」と怒られた。

で、家帰ったら玄関まで嫁が走ってくんの。それもすっごい怯えた今にも泣きそうな顔で。
何事かと思って話を聞いたら…その日の先週くらい、俺が仕事いく前にそういう電話があったと。
嫁「あの日、貴方がいたのに私の携帯に貴方から電話がかかってきた。凄く怖かったんだけど、携帯落としたのかと思って出た。
  あの時も、そんな会話も電話の相手とした。相手の人は、酷く混乱している様子で俺だと名乗ってた。
  あの後、貴方が「どうしたの?」って声をかけた次には電話が切れた。
  本当は貴方に言おうと思ったけど、ソファーの上に貴方の携帯あるのが見えて幽霊か何かかと思うと怖くて何もいえなかった。」
と。
俺はそんな話聞かされてなくて、驚いた。確かに嫁が電話に怯えた日があったけど…まさかあの時とは。

ようは、あの時の電話とその日の電話が繋がったんだと思う。
俺が倒れた間に見た夢か何かだと思い込もうとしたけど、おもいっきり現実世界だし嫁も感じてるからさすがに夢とは思えない。
結局あれ、なんだったんだろ。こういう経験は本当に初めてで、まとめとか見てスゲーとか思ってたのに…まさか自分が体験するとは。

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー