介護の記事一覧

         
2022年06月21日

112 :修羅場な話 2019/12/18(水) 01:49:48 ID:hP.7q.L1
中学の時、学年全員で障碍者とその家族の講演を聞いたが内容が胸糞だった。

健常者として生まれた康(やすし)さんは事故に遭って肢体不自由と知的障碍含む障碍が残ってしまった。

両親は「私達がタヒんだらこの子はどうなるの」と思い康さんのために弟を作った。

康さんの弟には「康を介助してくれる子になってほしい」という願いから「康介(こうすけ)」と命名。

両親は康介さんに「あなたがお兄ちゃんの面倒を見るのよ」「ママとパパがタヒんだら康介ちゃんがいるから安心ね」と言って育てた。

そのお陰で、康介さんはかなり小さい時からお兄ちゃんのお世話をして頑張ってくれた、

幼稚園のお泊まり保育も「お兄ちゃんが寂しがったらいけないから」と自主的に休んでくれた、
康介さんには彼女もできたが彼女が康さんの介護を嫌がるからすぐ別れてしまった、康介がいるから康を任せて夫婦で出かけることができるなどのエピソードを微笑ましいテンションで語っていて怖かった。

講演には両親の他、ベッドみたいな特殊な車椅子に乗って何も言わない康さん、康介さんも来ていて、
康介さんも
「僕には普通の子と違って友達と遊んだ経験はありませんが、僕には兄を世話するという特別な役割があるので友達と遊びたいなんて思ったことは一度もありません。」
「僕は将来、奥さんと子供達みんなで兄を介護していきたい」
「新婚旅行で奥さんと2人で兄の車椅子を押しながら沖縄に行くことが夢です!」と瞳を輝かせながら語っていた。

康介さんは当時高校生で1年生だったと思う。
(制服姿で来ていた)
まだ結婚もしていない当時中学生だった彼女さんに兄の介護をさせようとしたのか?とものすごいモヤモヤした。

しかも、康さんの上には「健」という息子さんもいるらしく、「健には健の人生があるのだから普通の子供らしく康のことは気にせずのびのびと成長してほしい」
「康には康介がいるから健は友達と遊んだり、勉強したり、彼女とデートしたり、遠方の大学で充実した生活を送ることができる。」と言っていたことから長男には全く康さんの介護はさせていないと思われる。

もちろん。これらの名前はフェイクなのだが、長男と次男の名前を合わせると良い意味の熟語になることと、障碍がある次男のために作られた三男が次男の名前に「介」という文字を足した名前になるのは事実。

先生方の中にも講演の後に両親を批判している人が何人かいたのを覚えている。

学年主任だけは「感動した」とその後何ヶ月もことあるごとに康さん家族の話をしてきてみんながうんざりしていた。


         
2022年06月17日

647 :修羅場な話 2017/08/13(日) 12:06:47 ID:msAk361q0.net
昔の彼女を忘れられず、その思いを吐き出したくてネットをさまよっていたらこんな素晴らしいところがあったんだね。仲間がいてすごくうれしい。
10年前に付き合っていた彼女。当時20代だった俺はもっと遊びたくて泣いてすがる彼女を捨てたんだっけな。
もう一度連絡していいと思うか?

         
2022年06月09日

860 :修羅場な話 2007/06/07(木) 11:39:13
「嫁子さん、あなた母の面倒をみてくれるわよね?長男嫁だから当たり前よ。
あなたがうんというまでここを動かないわよ。」と突撃&座り込みをカマしたコトメに、
「いやです。用事があるのでお帰りください」と玄関先で拒絶して閉め出しました。

結婚が決まったとき、「息子ちゃんには他にも素晴らしい家柄のお嬢さんとたくさん縁談があったのに!」
と露骨に不快な顔をし、結婚後もこっそり見合いをたくらんでいたトメ。
「親が認めない縁談なんかわたしも認めないから」と結婚式の出席も拒否し、
祝いのひと言も言わなかったどころか「子どもがいないうちに別れたほうがいいんじゃない?
泣くのは女だよ。」と失礼な言葉を吐いたコトメ。

「世話になんかひとつもなってないどころか、
嫁として認められてもいないのに、なぜ介護だけさせようとするのか不思議です。」
とわたしが言うと、「親の面倒を見るってことは嫁として認められる名誉なことじゃないの!」と
昼間から寝言をのたまうコトメに、「あらまあ認められて名誉だとかいうほどの
お家柄とは存じ上げませんでした。pgr」と申し上げておきました。

ウトがタヒんで寄る年波と先々の生活に不安をおぼえたトメの差し金なのか、
トメの世話なんてまっぴらごめんと思ってるコトメの独断か知りませんが、
頭を下げてお願いに来るならまだしも、胸を張って命令・脋迫口調の介護依頼なんて聞く耳持ちません。

だいたい世話になったという気持ちがかけらでもあれば少しは考えたんでしょうが、
子ども達(トメにとっての孫)にすら愛情の片鱗をも見せなかったトメの介護なんてするいわれはありません。

その後電話がじゃんじゃん鳴ってますが、電話線抜いたので静かになりました。
突撃しても非常識な他人をうちには入れません。だって最初に「あなたは他人」って言ったのはトメ&コトメだもん。

         
2022年05月15日

586 :修羅場な話 2017/05/29(月) 17:10:57 ID:qZf
もう数年前の話だけど、母と弟と3人で「今晩は外食にしよう」って盛り上がって、
近所の乚ストランに予約の電話入れて、戸締りして車の準備してさあ出かけようって時、
家の前に小汚いおじさんがいたのね
誰と思ったら、母が「もしかして○○さん?」と名前呼んで、よく見たら、
それは20年前に母と5歳の私と2歳の弟置いて、職場のお金に手を付けて女忄生と海外に消えた父だった

で、「お前たち、悪かった」「許してくれるか」とか「俺はもうガンでタヒぬんだ~」「お前はもしかして~~(名前)か?」とかとか言ってて、
えーそうなんだと驚いたけど、とにかく予約に遅れたら乚ストランに悪いから、父のことは取りあえず置いといて車で出発した

乚ストランで「あの人どうするか」という話し合いになったけど、
弟は「父親なんて顔も全く覚えてなかったしどうでもいい」と言ってて、
母も「もう恨んでもないしとっくにもうタヒんでると思ってたからどうでもいい」と言ってて、
私も「まあがんでタヒぬって言ってたから、介護とか来るのはみんな忙しいし迷惑だね」と言う結論になり、
とにかく相手すると損だから会わないようにしよう、こじれたら警察に相談しよう、となり、

丁度その時期、私の結婚が決まって婚約者と新居を探してたし、弟も就職を期に一人暮らしを検討してると言い出して、
「じゃあもうあの古い家は売って、私は職場の傍に中古のマンションでも買う」と母はその場で決断し、
乚ストランで家族の解散の乾杯をし、今まで3人楽しかったねという思い出話で酔って盛り上がり(運転係の私除く)、元気に帰宅した
家はすぐに不動産屋に任せ、更地になった後間もなく売れた

この春、父の遠い親戚から父の他界の連絡が来て、母が始末のお礼にと香典1万送ったと聞いた
がんでタヒぬとわざわざ捨てた家族に哀れそうに言いに来た割には、数年は生きたのかすごい図々しいなあと驚いた

         
2022年05月03日

135 :修羅場な話 2018/09/05(水) 13:17:49 ID:9mXhy5gC.net
息子がプロポーズしたんだけど、断られてきた。

断られた理由が
「両親の介護が必要になったら引き取り同居して、
絶対に老人ホームにもデイケアにも預けずに家で介護する!」

と息子が言い切ったから。そりゃあ断られるよ。

ちなみに息子は次男だし、私たち夫婦は息子たちにたくさん残せるほどの預金はないけど
自分たちが老人ホームに入ってタヒぬまで金銭的に迷惑がかけないくらいの余裕はあるんだよね。
なんで息子がそんなこと言ったのか謎すぎて、悩む。

         
2022年04月06日

725 :修羅場な話 2020/07/06(月) 08:39:27 ID:rS.3l.L3
ちょっと誰か聞いて!
イライラするわー!!
今更義父が私に遺産を残した事に不満を爆発させてきた義妹が腹立つ!!
長くなるからとりあえず省くけど、私と夫の入籍直後に脳溢血で倒れた義父を私が最後まで介護をしたのよ。
(介護に至った事情や介護をした事については別になんとも思ってない。納得した上です。)
その義父が自身のタヒ後、私にも遺産が渡るように遺言を残してくれてて、その事に誰も口を出す人もいなかったから遺言通りにかなりの額を相続させてもらったのね。
それから2年が経ったんだけど、最近になって義妹が「本当は私さんが相続する事に異論があった!」とか言い出して。
「運良く介護のチャンスが転がってきて、ちょこちょこっと手を出しただけであんなお金が貰えるなんてボロい商売だったね!普通は受け取らないと思うけどさ!」なんて言うから私も夫も義姉もブチ切れ。
最近義妹夫の仕事が上手くいってなくてもめてるらしいから(あの時私さんがお金を受け取ってなければ…!)と思ってるようだけど、そんなん私が知るかー!
遺言を残してくれてた事も義父が亡くなるまで知らなかったわー!

         
2022年03月16日

41 :修羅場な話 2021/11/16(火) 12:28:39 0.net
近距離住みで足腰悪いトメの世話、一人っ子夫だから当たり前のように私がメインで世話してた
まだいい嫁キャンペーンしてた時のこと
どんどん増長して顎で人を使っては文句しか言わなくなり、私も限界に
顔合わせたくないと夫に全部話しても、そうは言っても親だぞと私を避難
いよいよヨボヨボしてきて昼間私、仕事帰宅後夜を夫が泊まり込みになって初めてトメと過ごすことのしんどさがわかったらしく、やっと同じ気持ちになれた
お前頭おかしい精神病院行けとまで言われた過去は忘れない

         
2022年02月09日

10 :修羅場な話 2012/07/16(月) 20:08:06 0
直接言ったわけじゃないからスレチかもしれないけど、お茶うけに。

先日旧友が家に遊びにきて、息子さんがもうすぐ結婚するのだが
お嫁さんになる予定の人が、どうにも気に食わないと愚痴をこぼした。
「○○(地方名)の人って、なんだかねぇ。
家族もみんな○○弁丸出しで、品がない感じで。うちの家風には合わないって反対したんだけどね」
と語る顔は、私の知っている友人ではなく、すっかり姑の顔になっていて哀しかった。
しかも彼女は、すでに嫁いびりっぽいことをコチョコチョしているらしい。
「あの子は気付いてないから大丈夫。私が勝手にスカっとしてるだけー。自己満足ねー」と笑う顔につい切れて、強い口調でたしなめてしまった。

「気付いてないわけがないでしょう! 嫁はそんなに馬鹿じゃないよ。ただ波風立てるのが面倒なだけ。
でもね、分ってる? そのお嫁さんが強い中年オバサンになる頃、
あなたはすっかり衰えて、人の助けがなきゃ生きられなくなるの。
その時、お嫁さんが気持ち良く助けてくれると思う?仕返しがないと思う?
言っとくけど、自分だけじゃなくて親まで貶められた悔しさは、絶対消えないよ。
忘れたとか、悪気はなかったとか、通用しないからね!」

友人は私の剣幕にムッとしていたけど
私の視線が彼女を通り越しているのに気が付き、振り向いて
そこにうちの引き取り同居のトメがいて、今の言葉を聞いて青ざめてワタワタしているのを見て俯いていた。

         
2022年01月25日

825 :修羅場な話 2017/06/13(火) 18:13:03 ID:ARI
ちょっとモヤモヤするので吐き出させてください。
私は介護の仕事をしている。最近は人手が足りないため2ヶ月限定で夜勤専門の派遣の人を雇った。
今の施設は夜勤はかなり楽な業務だけど、夜勤ができるスタッフが不足していたから。
派遣の人が、ここの施設は夜勤が楽ですね! て言ってきたので、大変な時期もあったんですよと主任が話をした。去年の年末に亡くなったおばあさんがいたのだが、その人はかなり夜が大変だった。
居室で幻覚を見て大声で怒鳴り散らしたり物を破壊したり。睡眠薬も全く効かず、おばあさんが怪我をしないようになだめたり押さえるのも大変だった。
その時によって大変さは変わりますよねと私が言ったら、主任と私に向かって派遣の人が
「でも良かったですね! 面倒な人がいなくなってせいせいしましたよね! 楽になって助かりますよね」
と言ってきた。
その瞬間、そのおばあさんの思い出がぶわっとよみがえった。
確かに大変だった。暴れるのも㬥言もひどかった。
でも昼間の穏やかな時は職員に向かってお礼を言ってくれたり、新聞が大好きで夢中で読んだりしてた。
かわいいおばあさんで憎めない人だった。
亡くなったから、確かに仕事は楽になった。
でも「せいせいした」なんて思ってない。
主任も苦笑いして流していた。
そんなこと派遣の人に言ったって仕方がないし、どうせ今月で辞めてしまうので関わりなんてなくなるんだけど。
派遣の人の言葉が、ボディーブローみたいにじわじわきいてる。

         
2021年12月29日

932 :修羅場な話 2010/11/01(月) 18:47:37 0
うちのウトは、夫と私をわざわざ正座させて
「わしが先に行くことがあったら
母さんを引き取って面倒を見るように」と言い渡したよ。
老後の資金は家のために全部使い果たしているので、面倒みる金はもちろん全部息子持ち。
介護はもちろん嫁の仕事。
お願いではなく、長男を頼ってやってるんだ誇りに思えみたいな感じ。
トメは横でニコニコ笑ってた。
サラリーマンだけど膿家脳の家で、搾取用長男として育てられた夫は
当時は逆らうどころか「さすがお父さん」みたいな感じだった。

ウトのタヒ後、紆余曲折あって結局トメを引き取ったけど
今や育った家庭のおかしさを理解して、依存してくる母親を嫌でたまらない夫
きっちり トメ<<<<<<妻 の態度を取ってくれている。
嫁よりも自分を優先してもらいたいトメは
なんとかして私に「嫁は格下」を思い出させようとしてるみたいだけど
そのたびに私から
「この家が嫌なら、元の家に帰っていいんですよ」と一蹴されて凹んでる。

Twitter プロフィール
2ch(5ch)鬼女系のまとめサイト 修羅場な話まとめのつぶやきアカウントです。
おすすめのサプリ

       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
       
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー
その他

純広告募集中です