二股の記事一覧

         
2018年01月14日

769:名無しさん@HOME2012/07/29(日) 14:55:28
空気は読めない。

今から10数年前の真冬のこと。
一人暮らしのアパートに、深夜1時も過ぎた頃にチャイムが鳴る。
ドアスコープから見ると当時付き合っていた彼が立っていた。
しかもTシャツ姿で。


驚いてドアを開けると、ボロボロのTシャツ1枚“しか”身に着けてなかった。
彼は、とりあえずタクシー代を払ってほしいと私に言う。
どうやらその姿でタクシーに乗って来たらしい。
タクシー代を払って、彼を家に入れて事情を聞くと、“奥さん”と大喧嘩してその姿で追い出されたと。
奥さんだなんて、私知らない。聞いてない。
そこが私の第一の修羅場。



         
2018年01月11日

133:恋人は名無しさん2007/07/31(火) 01:39:21 ID:k1G2MsL70
彼太・彼氏
私美・私
女乃・彼女

彼太とは付き合って1年ぐらいだった頃、同棲を始めました。
当時彼太と私はお互いに仕事している時間がバラバラで合わない状態。
会えるのは帰った時の寝顔か、たまに休みが合った時ぐらい。 

ある日彼太と休みが合ったんだけど、たまたま職場の宴会で彼太といられなくなってしまい、 
家をあとにしました。 
二次会などを覚悟していたものの、休みの日に一緒に出かけようと予定していたので、申しわけなくなり 
誰にも気付かれないように宴会から抜けました。 
きっと彼太驚くだろうな~なんて思いながら家に到着。 
と、同時に彼太が家から出て行こうとしていた。 
私を見て凄く驚く彼太。 
私「どっかでかけるの?」 
彼「いや、ちょっとコンビに行こうかなと思って。私美もどうしたの宴会!」 
私「抜けてきちゃった。」 
彼「えっ!そうなんだ…じゃあ、今夜はずっと家にいるの?」 
私「うん!」 
彼「えー…そうなんだー…」 

ちょっと様子が変でした。 
きっとビックリしてるんだなと思ってそのまま二人でコンビニへ行き帰宅。 
そのあとは二人でテレビなどを見て過ごしてました。 
彼太は何だかそわそわしていて落ち着かない様子で、会話も上の空状態。 
そして彼太の携帯電話が鳴りました。 
しかし彼太は全く出ようとしません。 
出るように催促しても、嫌いな人から電話だからいいとか何んとかいって出ようとしない。 
いい加減様子が変だと思い、大事な用事だったらどうするの!と言って受話器を上げるボタンをポチ。 
彼太に渡しました。


         
2017年06月03日


158: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/24(土) 12:07:18
嫁が結婚直前まで二股掛けていた事実を知ってしまった。 
しかも、俺が浮気相手w 

馬鹿な事に、それをネットで暴露していた嫁。 

俺の悪口も全部見てしまった。 

進行形じゃないからスレ違いか。スマソ 


         
2017年03月07日


770: 恋人は名無しさん 2009/05/09(土) 01:42:37 ID:hzBNVIYkO
悲惨なGWになりました。 

彼女とデートしました。 
ああ幸せさ。けどね、道端でやたらガタイのいい野郎が道塞いだんです。 
何かわからないままいきなり俺殴られました。ええまあフルボッコですよ。 
交番が近くにあったのが救い。お巡りさん駆けつけて野郎逃走。ついでに彼女もいない。 

何が何だかさっぱり。お巡りさんに話して家帰ると玄関前に彼女いるし。 
「何で帰ったの?」と聞いたら「まさかあんなとこであんな怖い人と会うとは思わなかった。怖くて逃げ帰った」と。 
何かおかしいです。交番あったのに。そんなにチキンだったっけこの女? 
そして彼女お帰り。意味不明。 
翌日会おうとしたら断られた。何なんだ? 
嫌な予感満載で独りで買い物いきました。顔痛いんで鎮痛剤でも買おうかと。そしたらね、彼女いたんです。昨日の怖い人と。 
向こうも気づいてね。野郎が来ました。「てめえちょっとツラ貸せ」とね。 
人通り少ない道で言われました。「いつまで俺の女に付きまとうんだ?まだ殴られ足りないか?」 
俺答えたんです。「あのですね、俺彼女と付き合っているんですが、今ここで彼女にちゃんと色々聞きたいんです。殴るならその後でお願いしたいんですが?」


         
2017年01月05日
22: 恋人は名無しさん 2007/07/30(月) 12:22:51 ID:zTHZ18KZO
昔経験した修羅場投下します。 

私→マリ(21) 
彼氏→タケシ(23) 
彼氏の二また相手→アキナ(23) 
彼氏の友達→シゲ 
彼氏の妹→サナエ

昔、彼氏が二股相手と歩いてるのを見かけた時の話です。 
彼氏のバカさ加減をお楽しみください。 

マリ「あら、タケシ何してるの?」 
タケシ「あ…いや、これは…あの、あれだ」 
アキナ「妹さん?」 
タケシ「そ、そう!妹!妹のマリ!」 
アキナ「タケシの妹ってサナエちゃんじゃなかった?」 
タケシ「あ、いや、二人いるんだ!生まれたんだ!」

         
2016年11月30日
60: 恋人は名無しさん 2007/07/30(月) 17:26:57 ID:1GczWvInO
2年前の話 

私…花子22歳 
彼…太郎25歳 
元カノ…元美?歳(たぶん同じくらい) 

太郎と付き合って2年。同棲して半年ぐらいの頃、 
太郎が夜勤メインの仕事に転職した。私は昼勤のため 
ほとんどすれ違いの生活。 
でもそれなりに仲良くはやっていました。 
ある日、私のシフトのチェックミスで休日に出勤してしまい、 
店について即帰宅。という情けない日があった。 
でも、太郎は仕事だと思ってるから 
今帰ったらビックリするだろうな。とちょっとワクワクして帰った。

         
2016年11月07日
1: 名無しさんといつまでも一緒 2012/07/22(日) 18:11:11.03
知って2日目。 
話聞いてくれー(泣)

         
2016年10月02日
1: 名無しさん 2012/06/20(水)22:05:38 ID:RgJR60Q0S 

A子 外見*ッチ(巨乳でエ口い。性格は男勝り)
B子 外見清純派(貧乳でチビ。ほんわか系)


普通どっち選ぶよ

         
2016年09月02日
616: 名無しさん@HOME 2013/02/17(日) 04:20:11.17 O
数年前の修羅場。 

当時、社会人三年目だった俺には
付き合って五年になる彼女がいた。 
俺には申し分無いくらい可愛くて優しい子だったんだが、
まだお互い若い(彼女とは大学の同期)
ということで結婚は保留していた。 

そんな秋、彼女に子供ができた。 
急いで家族に連絡して結婚の準備を始めた。 

判明した次の週には
俺家両親+妹と彼女家両親+彼女弟×2の九人での
食事会に漕ぎ着けた。 

食事会も和やかに進んで、
食後の飲み物を待つのみとなったところで
妹が突然「子供のDNA鑑定をお願いできませんか?」
と言って、場が凍った。 

俺は怒鳴ったし、
彼女は「お兄ちゃんを取られるのが嫌でも、
(妹)ちゃん流石に酷いわ」って泣くしで散々。 

喚く俺達を止めたのは、
俺両親と妹を気に入ってくれている彼女両親で 
彼女父に促されて妹が話したのは以下の通り。 

・大学時代、彼女はクソ女で
有名だったこと(全然知らなかったw) 

・卒業したら別れると思っていたから
兄(俺)には伝えなかったこと 

・俺達が長続きしてるので彼女の身辺調査をしたこと
(&勝手にごめんなさいと謝罪) 

・現在、最低でも三人は浮気相手がいる
&関係があると思われること 

・双方の両親と兄(俺)が誰の子でもいいから
結婚って思ってるなら構わないが、
自分(妹)自身はDNA検査してほしいと思ってること。 

         
2016年07月05日
1: 名無しさんといつまでも一緒 2012/07/22(日) 18:11:11.03
知って2日目。 
話聞いてくれー(泣)

最新記事
カテゴリー