不倫の記事一覧

         
2021年01月18日

452 :修羅場な話 2013/03/01(金) 00:32:49 ID:utMMN9Q2P
半年ぐらい前のことだけど、
職場の仲の良い同僚たちと旅行することになって計画立ててたら
Aさんが仲間に入れてほしいと言ってきた。
元々計画立ててたのは私を含め3人だったんだけど、
Aさんも時々お昼休みが同じになることもあって
いいよ~一緒に行こう~って感じになった。
Aさんって2ヶ月ぐらい前に入社してきた人で
早くみんなと仲良くなりたいのかなって思ってた。
断る理由もなかったし。
旅行は2泊3日だったんだけど、行きの新幹線の車内で
Aさんがビックリすることを言い出した。
向こうに着いたら、別行動したい、
帰りの新幹線のホームでまた合流するからって。
行先がAさんの地元で、地元の友達たちと遊びたいって。
別に別行動でもいいけど最初から言ってよ!って雰囲気。
旅行のしょっぱなから水さされた感じになって気分悪かった。
つづく


         
2021年01月11日

177 :修羅場な話 2008/05/16(金) 16:49:10 O
近距離別居トメ。
トメ参りの時はいつも私のお茶がなく「女手一つでムチュコたんを立派に育てたアテクシ」自慢
そんなトメがアポ無し凸して母から貰った柘植の櫛を目の前で折られた。
その櫛は亡き父が母に贈ったもので私にも大事なものだった。
それをトメは「親子揃って男に媚売りやがって。この婬乱親子が。」と折ってしまった。私は放心状態で気付いたらトメは居なかった。
櫛を見つめているうちに怒りと悲しみが湧いたけど何故か冷静になって速やかに櫛職人に修理を依頼。夫に連絡。
帰るなり土下座で謝る夫をまぁまぁと落ち着かせ翌日夫婦揃ってトメ参りに行った。また「うっかり」私にだけお茶がない。
いつもなら夫に頼むんだけど「いつまでもあなたを頼っては駄目ね。自分でやるわ。」とおもむろに食器棚に向かい「湯呑はどこかしらー。これはちがうわぁー」とガシャガシャ食器を割った。
そして奥の奥に収まってるレトロなカップがあって「まぁかわいい。カップで緑茶飲むのもいいわよねー」とくるくる回して眺めてたら「うっかり」落として踏んでしまった。
知ってた。夫が不イ侖の末の子供だって。あのカップが唯一の夫の父親の持ち物だって。トメはわあわあ泣いてたけど、その人

         
2020年12月30日

20 :修羅場な話 2019/03/14(木) 18:03:25 ID:Mj8
復讐のとばっちりを受けたから復讐しかえした話

元実家は両親と3歳上の兄貴の4人家族
家族全員仲が良く、まさに理想的な家族だったんだけど俺が中二の時に事件が起きた。

母親が過去に浮氣をしていたことが発覚。
相手はおそらく母の学生時代の元彼。おそらくと書いたのはいくら探しても連絡先がつかめなかったから。(今でも不明)。

何故浮氣が発覚したのかは最後まで教えてくれなかったけど、とにかく両親が離婚することになった。

んで子供たちはどうするってなった時に父が「DNA鑑定をする」と言い出した。
結果は兄貴は両親の子で俺は父の遺伝子を受け継いでいなかった。

兄貴を産んでしばらくたったあとの同窓会がきっかけだったんだと。
憶測だけど父親は兄貴は自分の子だけど俺は違うってなんとなく気づいてたっぽい。

家を出る時、俺の物は必要最低限のもの以外すべて捨てられていた。

漫画もゲームも服も小学校のアルバムも空手で優勝した時のトロフィーもすべてなくなっていた。

母はしきりに俺に謝ってたが当時はショックが大きすぎて全く耳に入ってこなかった。

離婚後は母はもちろん俺も父や兄貴と一切会うことはなかった。

一連の騒動で母は母実家をはじめ親戚全員から疎遠にされてたし父に対しての慰謝料もあったみたいだしさらには父がいろんなところに吹きまわってくれたせいで生活はとても苦しかったが、不思議とあまり母に対して憎みはそこまでなかった。
憎みとか怒りとかよりも生きていくのに精いっぱいだったしなんとか俺を高校卒業まで世話してくれたし。
社会に出てからは1人暮らしを始め、毎日馬車馬のように働いた。

         
2020年12月30日

135 :修羅場な話 2016/11/02(水) 16:13:46 ID:0vM8F4W7.net
上の子からの10年近くの付き合いだったママ友Y。キャンプに行ったりクリスマスパーティーをしたり家族ぐるみで付き合っていた。
うちが子供二人Yは三人、お互い2番目の子を同じ幼稚園に通わせてる時に、Yがそこの園長と不イ侖を始めた。
始めはドラマみたいと興味もあったけど、デートの時はアリバイ工作をやらされたり、Yの3番目の子を預かったり、
その園長が結構他のママさんも喰っちゃってるみたいで、お茶の時間がほぼその園長に対する愚痴の時間になったり、で心身共きつくなり、徐々に距離を置いていった。
うちの子が卒園してからも二人の関係は続いてるみたいで、Yは「秘密を教えてるんだから協力してよ」としつこく電話して来て、最初は「忙しくて」と断ってたけど、終いには「もう聞きたくない!!」と怒鳴ってしまった。
それから交流はない。
友達の不イ侖相手の、しかもそれが子供の通ってた園長の、ピロートークを延々と聞かされるのは本当にきつかった。
あの事がなかったら、今も家族ぐるみの付き合いをしてたかな~と時々思う。

         
2020年12月27日

721 :修羅場な話 2016/09/24(土) 23:50:43 ID:UyCHQtMI0.net
20世紀の思い出話

不イ侖相手に子が出来たってて、慰謝料貰って別れた夫に
最後に会った時「私は健康体だから種無しはアンタの方だ」って嘘ついた
昔だったから診断書の名前はボールペンで手描き
診断書は近い時期に妹が結婚前にって受けたのを流用
妹と私は名前が一文字しか違わないからハイターで消して書きなおした
それまでも通学定期の住所とかをハイターで消して書いてたことがあるw

診断書に騙された別れた夫が元不イ侖相手に自分の子じゃないじゃないか!と怒り
不イ侖相手も思う所があったのか、お腹の子は堕胎して別れたそう
その後しばらく元夫から復縁迫られたけど、種無し男に存在価値なんかない!と面と向かって言ったら元夫は荒れた挙句精神病んだ

私は縁あってバツ1同志再婚して2子に恵まれた
今の夫は前夫が出来婚して子供ができない私を捨てた、とまでしか知らない

こないだ元夫がタヒんだと共通の知人がわざわざフェイスブックから接触して来て言ってきた
なんか思うとこないの?と聞かれたけど滅んでくれて良かったなぁ、としか思わない

         
2020年12月09日

505 :修羅場な話 2016/03/18(金) 21:14:18 ID:SOB
ひと区切りがついたので、ちょっと吐き出し。
舅と姑のこと。

夫の両親に初めて会った時は、どちらかというと男尊女卑的な夫婦関係の私の両親とは
全く違う雰囲気の、仲睦まじく対等な夫婦関係のカップルで、理想的だなと思った。
舅が2歳下の姑に猛アタックして射止めた恋愛結婚だと聞いて
ますます良いな、私たちもこうなりたいなと思った。

ところが、両家の打ち合わせなどの段取りを決めるために何度目かに訪問した時
舅から衝撃的なことを聞かされた。

・夫は舅の子ではなく、姑が不イ侖して妊娠した、いわゆる托卵の子であること
・舅は姑を許し、夫を我が子として育ててきた。愛情に変わりなくこれからもそのつもりであること。
・こういう経過から、夫側は両家の親族とは疎遠で参列者も少なくなることをご容赦願いたい

というものだった。文に書くと立派な舅だけど、この時、実は夫も初耳で
大きくショックを受け、式の延期を考えるくらい落ち込んでいた。
普通は、夫婦にいきなりじゃなくまず実子に話すものだと思うけどね。
そういうこともあって、特に疎遠にしたわけではないけど、
私たちと義実家とは精神的な壁ができてしまった。

結婚1年余り後、私が妊娠中に姑が急病で入院。夫が義実家に通った。
ずっと後になって、自杀殳未遂だったと知らされた。
妊婦に負担をかけるな、と義伯母(姑の姉)から口止めされていたらしい。

その後、何も知らなかった私が訪問した時には、また仲睦まじい夫婦になっていた。
私たちや子供達のことも、折節の訪問とか贈答はあったけれど、基本的にふたりの人生を
楽しんでいるようで、ほどよく不干渉な感じだった。

それから10年余り経ち、舅に進行ガンが見つかった。
手術に抗がん剤、放射線といろいろな治療をして、舅は入退院を繰り返した。
その間、姑はつきっきりだった。
私たちが見舞うと、姑は舅を気遣い「お父さんはこんなところで終わってはいけない」と
必タヒで世話していた。舅がいない時に舅の苦しみを慮って泣いていたこともあった。
舅も、姑がいないところでも姑への感謝の言葉がくり返し出てきて、
「母さんと一緒にどこそこに行きたい、もっとふたりの人生を楽しむんだ」と言っていた。

しかし、甲斐無く舅は70前で亡くなった。姑は「どうして」とくり返し泣きはらしていた。
余りにも落ち込みがひどいので、極端に言えば後追いも心配され、一人にしておけないと
いうことになった。でも唯一の実子世帯の私たちは、子供が難しい年頃で
姑が落ち着ける場所もなかったので、大きな姑実家を継いでいる義伯母のところに引き取られた。
しかし、そこも居心地があまり良くなかったのと、
まだ60代なのに軽い認知症の気配もしてきたため、
姑自身の希望で、舅の遺産と義実家を処分したお金で、今後介護が必要になっても対応できる
遠方の上等な有料老人ホームに入ることが決まった。
無事に引越しが終わったのが先日。

         
2020年12月08日

169 :修羅場な話 2020/01/19(日) 15:49:37
コトメが離婚して子供連れて私宅に居候したがってる
猫がいるんだけどコトメ子がアレルギーらしくて出来れば猫どっかやって欲しいんだけどダメかな?とか言い出した
いいわけねーだろ。そもそも家に住むことすら許可してないし、猫捨てるくらいならお前を捨てる
ってそのまま伝えたら酷いって泣き出した
自分の不イ侖で離婚して慰謝料の支払いに追われてるからってこっち頼るなよ迷惑

         
2020年12月01日

283 :修羅場な話 2010/10/02(土) 14:21:11 0
真面目に書くと長文になりそうなので最初の方は箇条書きで投下

・夫の腹違いの兄(43歳)がうちの姉(36歳)を狙っていることを最近知る。
・姉には7歳年下の彼がいて旦那も知っているはずなのに、姉をうちに呼んで二人をくっつけようとする
・文句を言うと「ウトメからの命令で仕方なくやってる。いい年して結婚できない兄も可哀想」
・確かに可哀想だけど人間忄生に問題があるし(詳細省くけど)、姉は来年結婚予定だから無理と拒否
・しばらくして、突然姉の家に義兄突撃して警察沙汰に。何故か姉(というか実家)の鍵を義兄が持っていた。
・義兄「義弟(夫)からもらった。力ずくでも自分のものにしたら結婚できると唆された」
・夫を問い詰めたところ私の持っていた実家のスペアキーを勝手に複製して渡していたことが発覚
・ウトメがやってきてこの時初めてウトメは義兄の姉への気持ちを知る(=ウトメから命令というのは夫の嘘)
・トメ泣きながら土下座。
・ウトはアホなので「男が女を孕ませたいと思うのは自然の摂理」と言って義兄と夫絶賛
(※ウトは浮氣は男の甲斐忄生で当たり前、という価値観の人間。前トメと別れたのも浮氣が原因)

ここで楺めて一旦夫と別居することになった。

・ある日、荷物取りに戻ると女の気配がプンプン
・夕方、夫が帰ってくる頃を見計らって家の前で貼りこんでいると、若い女と一緒に帰宅
・一旦戻って数日後の私の残業の無い日、録音機とビデオカメラ持って再度突撃
・帰ってくる二人を撮影してからさり気なく家に「ただいま。忘れ物取りにきたの」と戻る
・リビングで若い女と鉢合せ。夫はお風呂中

         
2020年11月26日

694 :修羅場な話 2019/11/16(土) 01:19:27
妹と妹夫は10年近く前に不イ侖の果てに妹が妊娠して結婚した。
この時点でかなり楺めてた。
妹夫が結婚したくないって大騒ぎしたけど、妹が結婚しなくても絶対堕さないし職場と嫁にもばらすって脅した。
既に神経分からんけど更にそこからが意味不明。
案の定上手くいかなくてしょっちゅう喧嘩してた。
妹夫も浮氣癖は治らなかったようであっちこっちで手を出してたらしい。
妹が妹夫と別れない理由は金銭的な面で分かるが、妹夫が妹と別れない理由がまじで分からん。(妹夫がお医者さん)
妹夫は色んな人にまじで別れたい、家に帰るのが苦痛って愚痴ってたみたい。
でも、なんだかんだ言いながらこの二人子供3人以上作った。
妹夫もギャーギャー喚きながらもきちんと家に帰ってきて子供の面倒は見てたし家事も手伝う良き夫で感じだった。
でも、喧嘩になる度にもういい、離婚だって言ってたみたい。
ちなみに、それは今もで別れたいって愚痴は色んな人に言ってるらしい。
何なんだろうか、この夫婦は。
別れたいなら子供作らずにさっさと別れればいいのに。
てか、そもそも別れたいほど夫婦仲悪いのに行為はするのか。
色々と分からん。

         
2020年11月18日

66 :修羅場な話 2018/07/22(日) 00:39:29 ID:5fTyMrOx0.net
当時のスペック
結婚2週間(籍を入れただけ)
俺25歳 建築関係のサイリング工事 年収500万
嫁24歳 俺会社の元請け建築会社 
間男35歳 嫁の会社の先輩 仕事現場で何度か俺と仕事をしている

当時、元請会社の社長から気に入られ、嫁を紹介してもらい
お互いに一目惚れ?で、交際開し
一年後にプロポーズ。嫁は泣きながら承諾
で、結婚式で取られていきました
式中盤になり、酔った間男が来て嫁に告白
嫁は頷いて2人で去っていった

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー