スカっとの記事一覧

         
2016年08月06日
101: 名無しさん@HOME 2011/04/27(水) 10:04:22.38 O
義弟嫁がスカしてくれた 

私→関東出身、結婚3年 
義弟嫁→ツッコミが盛んな国出身、結婚6年 
義実家→関西圏 

トメは嫌がらせ等はしないもののイヤミが多い 
でも、電話やイヤゲモノはなく、年に1、2回しか会わないので気にしないようにしていた 

私たちが義実家に行く時は、義弟夫婦も毎回タイミングを合わせて来てくれる

夕飯の鍋の時 
トメ「私子(1歳)キノコ食べてないじゃない!」 
私「そうですね。弾力があるのでまだダメなんです。奥歯が生えてからですね。」 
トメ「えぇ〜!そんな甘ったれに育てて大丈夫?」 
義弟嫁「甘ったれってw時期じゃないだけなのにw」 
トメ「…」 

トメ「とりあえず、好き嫌いはダメよ!」 
義弟嫁「じゃあ、トメさんもトマト食べなきゃね(音符)」 
トメ「私はいいのよ!」 
義弟嫁「なwんwでw」 
トメ「なんでも!」 
義弟嫁「あwりwえwなwいw」 

食後、片付けをしてる時 
トメ「私さん、コップの片付ける場所違うわよ。いつになったら覚えてくれるのかしら?」 
義弟嫁「数回しか来たことないのに、わかるわけないじゃないですかw」 
トメ「それでも覚えるのが」 
トメ&義弟嫁「嫁の努め」←ハモった 
義弟嫁「www」


         
2015年10月24日
793: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/13(土) 13:40:23.00 ID:FbAUM2af
高校時代の友達の話。
高校生の頃、仲良くて一緒に帰ることの多かったSくん。
身長が155なのをコンプレックスにしていたけど、性格は優しくてお人好し。
人のために自分のデメリットを気にしない奴だった、ちょっとシャイで、クラスのアイドルの女の子から「Sくん可愛い〜」と頭を撫でられて、顔を真っ赤ししてるようなお人好しを絵にかいたようなタイプだった。


         
2015年10月23日
419: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/13(土) 13:34:09.00 ID:1NAGPgOO
今日ファミレスで遭遇した出来事。

夏休みシーズンのランチタイムでめちゃくちゃ混んでた。
俺の隣の席に30歳ぐらいで同じ会社のリーマンっぽい男女二人連れが座ってた。
料理を持って来た若いウエイターに男が絡み始めた。

「子供の声がうるさいんだけど?」
「夏休みシーズンですので…」
「料理が来るのがいつもより遅いんだけど?昼休みも無限じゃないんだけど?」
「できる限り早くお届けできるよう努力はしているのですが…」
「そんなの全部そっちの都合でしょ?言い訳にならないよね?」

とか言いがかりつけまくり。声がでかいし、周りの空気が悪くなった。


         
2015年10月20日
580: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/16(日) 09:44:38.00 ID:xWsMCyDJ
全然関係ないけど、勤め先のショッピングモールのインフォメーションに
迷子と思しき子供とぽっちゃりした地味目の女性がいた(二人とも手を繋いでた)
子供は今にも泣きそうだけど、女性が「お母さんもうちょっとで来るから、
良い子で待ってようね」となだめて何とか保たせてた
多分、迷子をインフォメーションに連れてきて一緒に母親を待ってくれてるんだろう
待ってる間の会話も結構面白かったんだけど割愛

ちょっとしてから派手な化粧したおばさんがやってきて、
子供をひったくるように自分の方へ寄せると
「ちゃんと見てたのに迷子だなんて大げさな」と地味目な女性に文句を言った
おいおい子供泣いてただろ、明らかに迷子だっただろ、
しかも子供の面倒見てくれてた女性に文句って…と思ってたら
地味目な女性が「見てらっしゃったんならすみません、お母さんお母さんって泣いてたから
てっきり迷子だと思って連れてきちゃいました。
近くに似た感じの方がいないかと探したりもしたんですけど、
どうも顔の似た方もいらっしゃらなかったもので。まあそれだけお化粧されてたら分かりませんよねえ」と
世間話でもするみたいに言った
子供の母親は化粧が超濃かったので、周りにいた人の中にも思わず母親の顔を見て笑ってしまう人もいた
母親はいたたまれなくなったのか子供の手を引いてどっか行ったけど、
地味目の女性が子供に手を振ったら子供が超嬉しそうに振り返してた


         
2015年10月18日
10: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/16(日) 09:35:08.00 ID:sODz8rKV
長文すいません。
また、初めてなので文章下手です。
あとスーッとはしないかもしれませんがご勘弁下さい。

私が中学校から高校に上がる頃の話です。

私には2つ年上の又従兄(以降A)がいるのですが、このAとその家族が一度、
私が中学2年生に上がる前に私の家に訪ねてきたことがありました。
ちなみに私はその時初対面で、目立たないようにおとなしくしていました。

その家族が我が家に来た理由が
「うちのAがT高校(私が住む県内で4番目位の偏差値の進学校)に受かったからお祝い頂戴。」
というものでした。
普段は私の家に来ることさえ無い人達だったので、この段階で私は「ん?」と思いましたが、
まあそんな人もいるか、と思いスルーしていました。

そして、家に上がってからは、
「うちのAはものすごく優等生で〜!!」
「あのT高校に入学出来るうちのA!!」
とムチュコタンLOVEなご様子…
Aも相当天狗で自意識過剰でナルシストでした。
しまいにはA両親、
「あらやだ!自慢みたいになっちゃってごめんなさいね〜!
 あなた方にはご縁の無い話でしたね!」
などといい始める始末。
しかし、両親もこの時は我慢していたし、
まあ馬鹿にされてるのも私の事だけだったから我慢していた。

続きます。


         
2015年10月17日
823: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/11(火) 13:47:24.73 ID:3lsY75+B
流れを読まず投下。

高校の友人の結婚式に参列したときのこと。
友人は幼〜中学、大学はお嬢様女子校で、高校だけ共学。
家柄はもちろん、性格もよく、祖父母のことを「おじいちゃま、おばあちゃま」と呼ぶ正真正銘のお嬢様。

式場も、地元民ならみんな知ってる高級なところだったので、友人に恥をかかせちゃならないと、マナー本を熟読して、特に服装にはとても気を遣った。
ネックレスは、母から借りて真珠を付けていった。

当日、式、披露宴はつつがなく終了し、送賓の列に並んでると、多分、幼〜中時代の新婦友人集団に声かけられた。

「素敵なお式でしたわね」
「そうですね、○○(新婦あだ名、ゆう子→ゆうゆ、みたいな感じ)、とっても綺麗でした」
「まぁ!○○子さんのこと、そうお呼びになるの?」
「はい、高校時代のあだ名ですけど」

彼女達にとっては、私の口調とか、友人をあだ名で呼ぶとかが癪に障ったみたいで、「お里が知れましてよ(本当にこう言った)」と言いつつ、私に説教しだした。

「新婦の友人として招かれたのですから、お式に華を添えるのが役目。そのお色味のドレス(ネイビーでした)はふさわしくありません。靴も黒だなんて!
ネックレスも、できれば本物をお付けになるべきでしたね。非常識です。○○子さんの面子を考えて差し上げては?」


         
2015年10月17日
807: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/10(月) 23:38:03.92 ID:3dn6sSSi
部活繋がりで私も。
私の武勇伝ではないが、スーッとした出来事があったので。

大学時代、ダンス系運動部に所属していたんだけれども
同じ部活にやたらと自分の意見を他人に押し付ける女(以下A美)がいた。
「私はこう思うの。だから○○ちゃんもこれやって。」
みたいな。
その癖、基礎的な練習(地味なトレーニングとか)は全く重視しないで
振り付けはこう!視線の使い方はこう!とか
外面ばかり気にする奴だった。
もちろんそういうことも大事だし、やらないよりはいいんだけど
そのうち結果について文句を言いだした。
「○○ちゃんの結果が良くないのは、頑張ってる姿勢を見せないからだよ。」
「もっと、周りの人に頑張ってるアピールをしないと。」
と、ずっとこんな調子。

私も他の部員も、頑張ってることはアピールするものじゃない、と何度も諭したがA美は聞き入れなかった。
むしろ、「そんなやり方じゃダメだよ!私の言うことをやらないと。」
とますます上から目線になっていった。


         
2015年10月14日
99: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/23(木) 00:24:14.14 ID:DlS56p/w
小学生の頃、いじめられてた
よくある話だけど、○○菌が移るとかそういうの
みんな遊び感覚でやってたんだろうけどされてる方はたまったもんじゃない
正直あんまり覚えてないけど

で、ある日バスケットボールをぶつけられて眼鏡が吹っ飛んだ
今みたいに安い眼鏡がたくさん売ってるわけじゃなかったから、それ相応の値段がするものだと
親から聞かされていた(だから大事にしろ、って事ね)
眼鏡が吹っ飛ぶくらいだから、自分もひっくり返ってたんだけど
ささやかな手伝いをして貰えるのがいくらだから、それが何日分、一ヶ月は何日あるから…と
計算して、自分が買うとしたらとんでもない年数になる事が分かって頭に血が上った
その辺の記憶があまり無いんだけど、机をひっつかんだ所までは覚えている


         
2015年09月13日
235: 名無しさん@HOME 2011/02/10(木) 23:17:04 O
携帯から失礼。改行とか言葉とかおかしかったらすんません。んっとにスカッとしたから我慢できない。
夕方に地元のショッピングモールに娘(3歳)と久しぶりに買い物に行った。偶然 仕事が早く終わった旦那と夕飯 食べようって話になり旦那が良ウトメを連れてきて合流した。
旦那たちの姿を見るなり「パパ!ばーば!じーじ!」と満面の笑みで走り出した娘。満面の笑みで両手を広げる旦那。満面の笑みで見守るウトメ。私も満面の笑みだった。
その後ろに、昔お世話になった方たちがいた。テンプレどおりだった元糞ウトメ。これまたテンプレどおりだった元糞旦那。開いた口が塞がらない、っつーか本当にアウアウ・・・ってなってる人たちを初めて見た。
きっと私の大きなおなかや、頭の上がらない先輩を娘がパパと呼んだこと、いろいろついていけなかったんだと思う。
本当にスカッとした。幸せ。娘にも現旦那にも現ウトメにも感謝しきれない。素敵な瞬間をくれた神様もありがとう。
なんか興奮おさまらなくて今 涙がとまらないや。みんなごめん。

引用元: ・【宣戦】義実家にしたスカッとするDQN返し 191【布告】


         
2015年04月12日
944: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/10(木) 12:24:17 ID:SKgh0Mpb
年末帰省するときのこと。 
新幹線の指定席に行くと、私の席におじさんが座っていた。 
3人家族で2枚しか指定席を取っていないので(両親と1歳くらいの子) 
席を譲れと言われるが、こっちはお金も払っているし、他に代わりの席もないので断ると 
私が犬連れなのをみて、「子供は動物アレルギー!近づかないで」とわめき始める。 
参ったな~と思っていると、ずいぶん前のほうに座っていたヤクザ風味のおじさんが 
「じゃあお嬢ちゃん(私?)とチケット交換してあげるよ」とどかっとその席に座り込み、 
私はおじさんが座っていた席に行くことになった。 
その後家族連れはおじさんに「子供もいるいい年した大人が、相手みてアヤつけるとか 
情けないことしちゃいかんでしょう?」とヤクザ風味さんに説教されていた。 
ずうずうしい親子連れだ、ヤクザ風味さんありがとう!GJと思った。が。 
変わってもらった席の周囲が全部ダークスーツのそっち風味でちょっと怖かった・・・。

引用元: ・(-д-)本当にあったずうずうしい話 第112話


最新記事
カテゴリー