コトメ娘の記事一覧

         
2017年05月14日

425:名無しさん@HOME2011/10/27(木) 15:32:22.03 0
良とまではいかなくても、普通のトメコトメだと思ってたんだ。
トメから「今日コトメとコトメ子が来てる。一緒に昼ご飯を食べにおいで」
と電話があったので、義実家へ行ってきた。

食事の後、娘とコトメ娘が二階へ上がっていった。
繰り返すけど、本当に今日までは、普通のトメコトメだと思ってたんだ。
娘(五歳)が自分で作ったビーズの指輪やらブローチが入った箱を持って行き、
コトメ娘に見せて一緒におしゃれごっこをして遊ぼうと誘った。
するとコトメ娘、いきなり手当たり次第にひっつかんで走り去ったんだと。
娘がぽかんとしているうちに義実家の部屋のどこかに隠し、
台所に駆け込んできてトメの背中に隠れた。

我に返った娘が追いかけてきて泣きながら返してくれと訴えるも、
コトメ娘はトメの足にしがみついたまま顔を向けもせずだんまり。
居間にいた私が聞きつけてやって来ると、娘は立ち尽くし
ぼろぼろ泣いているところだった。トメはコトメ娘を背にかばいながら
「娘ちゃんの方がお姉さんなんだからプレゼントしてあげたら」と言っていた。
咄嗟に状況が分からずに娘に「一体どうしたの」と聞くと、
泣きじゃくる娘は私にしがみついて「コトメ娘ちゃんが」と繰り返すばかり。
喧嘩でもしたのか。だったら話も聞かずに一方的に娘の味方は
できないなと思っていたら。
コトメ娘、角度的に見えてないと思ったのかトメの後ろでにやにやと笑っていた。
子供でもこんなきたならしい顔ができるんだと呆然。
「娘ちゃんがコトメ娘ちゃんにあげるって言ったんでしょ?
後になって返せって言うなんてわがままだよ」とトメ。
「ちがう!コトメ娘ちゃんが私のビーズ勝手にとったの!返して!」と泣きじゃくる娘。
もうね、にやにやするトメとコトメ娘、そっくりおんなじ顔してた。
これがこいつらの本性か、と今更気付いた。



         
2016年12月11日
99: 1/2 2014/08/09(土) 11:54:59.94 0.net
初書き込みで至らないところがあるかもしれません。 
どこに書いていいかわからなかったのでスレチだったらすいません。 
長文ですので嫌いな方はスルーお願いします。 

夫は長男で結婚当初から義実家で同居。 
夫には姉がおり私達が結婚前に結婚して家を出ています。

コトメがコトメ娘を出産した1年後に私が娘を産んだのですが、コトメ娘が3歳の時発達障害の診断を受けました。 

当時2歳の私娘と比べてみても明らかに落ち着きが無く重度の癇癪持ちで余りにも育てにくい子だったので、ウトメにも勧められて相談に行った際判明。 
その事でコトメ夫婦が揉めて半年後離婚。 

コトメがコトメ娘を引き取ったのですが、育てにくい我が子が邪魔になったのか娘をウトメに預けたまま逃亡。 

元々扱い辛いコトメ娘sage私娘ageなウトメでしたので、コトメ娘の面倒を見れるわけもなく、私に丸投げ。 

私も幼児を抱え更にそろそろもう一人と考えていた頃で、しかもそんな扱い辛い他人の子の面倒をみる自信もなかったので、全力で無理です!と断っていたのですが、同居のため完全に無視とはいかず時々手伝っている内になし崩し的に私負担が増えて行く状況でした。 

夫は謝ってはくれるものの「頼りになるのはお前だけ。コトメ娘が可哀相だろ?」と当てにならず。 
私娘とコトメ娘の世話とコトメ娘の療育と目の回る忙しさであっと言う間に3年が過ぎていきました。 

盆正月GWには私実家に帰省するのでその時だけが唯一ほっと出来る時間でした。 
私実家は自分で言うのも何ですがそこそこ裕福な家庭でウトメは自営の資金繰りで私両親に数百万ほど借金をしています。 

なので、コトメ娘を私に面倒みさせてると私両親にばれたくない為か帰省時はコトメ娘は義実家でウトメが面倒見ていました。夫は私実家帰省時に私がコトメ娘の事で私両親に愚痴ったりしないか監視役だったようです。(後で知りました)

         
2016年04月13日
554: 名無しさん@HOME 2012/05/25(金) 18:31:38.95
愚痴です。 
コトメは出来婚したが、
子供を産む前に離婚して出戻り。 
「離婚で傷ついた」と働きもせず、
娘を親と弟(夫)に丸投げ。 
コトメ娘は幸いにも素直で良い子に育った。 

コトメ娘が幼稚園の時に私達は結婚したが、
コトメ娘は初めから私にもの凄く 
懐いてくれて、義実家に行くと飛びついて来て
離れない程だった。 

これは推測だけど、

母親であるコトメは自分の娘を無視するし、
トメは優しいけどおばあちゃん。
そこへ入って来た若い女性(私)に
母親像を求めたんだと思う。 

コトメは娘の事なんか関心無いくせに、
私に懐く事は気に入らないみたいで、 
弟も娘も奪う気か!と泣き喚き、
私を庇うコトメ娘にまで手をあげ始めたので、 
私は義実家に行くのを止めた。 

暫く会ってなかったが、
高校生になったコトメ娘が、向こうから連絡して来た。 
当時コトメはまた別の男性と不倫中。 
その辺の事情を理解出来る年頃になったコトメ娘には、
耐えきれなかったみたいで、 
うちに入り浸り状態になった。 

他の子だったら、
母親とちゃんと話し合えと言う所だけど、
あのコトメには絶対に通じない事は解ってたので、
成績が下がらない事を条件に受け入れた。 
コトメ娘は、家事も勉強も、
うちの息子達の世話も率先してやってくれた。 
本当に良い子。
何であんな母親の元に生まれてしまったんだろうと、
不憫になった。 
そのコトメ娘も、先月結婚した。 

私は式にも披露宴にも呼ばれなかったが、
別の日に、彼のご両親と食事会をした。 
「これが本当の披露宴です」
ってコトメ娘が言ってくれて、涙が出た。

最新記事
カテゴリー