うんざりの記事一覧

         
2016年08月29日
465: 恋人は名無しさん 2016/02/09(火) 17:53:01.78 ID:F7sHgD4t0.net
先日、彼女とドライブしている時に猫と接触した。 
接触を避けようとすると
横の歩道を歩いていた人の方向へハンドル切らなくちゃいけなかったから
本当に仕方なくそのまま直進した結果。 

後ろに車のいた事も分かっていたから急ブレーキも踏めなかった。


もちろん車をおりて
もし猫が倒れていたら病院には連れて行くつもりだったんだけど 
結局猫は見当たらなかった。 
そこまではどうしようもなかったと自分では思っている。 

問題はその後の全ての災難や問題を
彼女が「猫の祟り」だと言い出したこと。 

人とのちょっとした諍い、指の先を紙で切ってしまったこと、
バイトの面接へ遅刻したこと 
もうありとあらゆる厄災的なもの、事故的なものを事故に結びつける。 

挙句の果てには猫を避けなかった俺が悪いとか言い出すし。 
避けたら脇を歩いていた人を跳ねたかもしれない、と言っても
デモデモと言うだけ。 

今後付き合っていても全てのことを俺にされるかと思うと嫌になってきた。 

もちろん一過性の彼女の中での流行りみたいなものかもしれんが 
事ある毎に同じようなこと言われるかもしれんし。 
別れます。


         
2016年08月15日
460: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/26(木) 22:30:01.70 .net
仲良い時はまあいいんだけど、
時々本気で嫌気が差す

今日は嫁が俺の車を運転中に事故って、
10万オーバーの修理費が必要になった 
ゲンナリしそうになるのをこらえて、
「怪我なくて良かったね」と努めて明るく言ったら 
「事故ってすぐに電話したのに出なかった、
全然戦力にならなかった」などと何故か悪態をつかれた 
仕事中だっつうの 

それでも悪い雰囲気にならないように笑顔を保ってたけど、
子供にミルクやりながら自分は寝て、 
明日の晩飯のカレー作っといてと言われた 
流石にゲンナリしながら冷蔵庫開けたら、
そもそも材料が揃ってないという 

もう呆れてものが言えん

         
2016年03月09日
273: 名無しさん@HOME 2011/02/11(金) 01:55:07
 
コトメの託児先としてロックオンされてしまった我が家。 

明らかに、遊び行くのに子供が邪魔ってスタンス。 
嫁子ちゃんは保育士やってたから子供の扱い上手いわよね!と言って子供を押し付けたら 
すぐさま車で出てしまうことの繰り返し。

自己中コトメに似たのか、子供も自己中で可愛げがない。おまけにクレクレ体質。 
最初のうちは預かってたけど、いい加減うんざりしたので 

警察に「放置子です」と連れて行った。

強引に押し付けていくコトメの台詞も携帯のレコーダーで録音済みだったから同情してもらえた。 

警察からコトメ(カラオケ中?)に連絡が行って、厳重注意されたらしく 
しばらくはメールと着信がものすごいことになっていた。 
コトメ夫にも報告したら、その夜申し訳なさそうな顔でワインとお菓子を持ってきた。 
これ以上迷惑をかけるぐらいなら・・・と、コトメ旦那の実母を呼んで 
コトメが子供を放置して遊びに行かないよう監視することになったらしい。 

確かに私は保育士をやってたけど、それは短大卒業後の1年間の話。 
現実の子供は幻想上の無垢な子とは全然違っていて、結局ノイローゼ寸前で退職した。 
確かにいい子も少しはいたけど、顔や腕を舐めたりオシ*を鷲づかみにしたりシャツを捲り上げたり 
ブ*ジャーを引っ張ったりするエ*親父顔負けの猿餓鬼集団にはとても耐えられなかった。生娘だったしw 
その後は無職になって実家で過ごしたり、OLやったり。 

過去に「保母さんになりたい!」ってドリーム女だった分、その反動はすごくて 

子供はいらないって考えの旦那と結婚したよ… 


         
2016年02月29日
175: 名無しさん@HOME 2008/01/23(水) 19:54:07

「私はサバサバしてるの~だから言いたいことも 
ズバッと言っちゃうけど、悪気は無いから気にしないでね!」っていうトメ。 
結婚以来ほぼ毎日家にやって来ては、私や親の悪口をズバズバ。 
その都度笑顔で「も~トメさんったら~」って適当に相手してたけど、 
私はかなり根に持つ性格。そろそろいいかな、と思い。 
・真夜中にトメの家にイタ電(無言・お経流し・ワン切りなど) 
・クギを刺したワラ人形を、ちょくちょくトメ家の庭に 
・「お前は呪われている」って新聞の切り抜き手紙をトメ家のポストに
最初は強がっていたトメ。しかし偶然自転車でコケて骨折してからは 
「呪いだわ!!」と脅えまくり、今では家に引きこもり。 
ようやく静かな家庭生活を取り戻せました。 



最新記事