いい話の記事一覧

         
2018年11月06日



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 16:26:18.55 ID:pr1zdWNJI
けっこう前の話だけど 
立ったらかく
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 16:33:15.33 ID:pr1zdWNJI
まず俺のスペックな。 
175cm どちらかといえば痩せ型 
29歳 

嫁 
165cm 体系普通 
顔は可愛くはないけど全体的にふんわりしたタイプ 
妊娠5ヶ月



         
2018年10月18日



285 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/12/09(水) 13:11:54 ID:aATFW6As.net
この前、久しぶりに実家に兄弟姉妹が集まった。
皆独立しているが子供がいるのは兄ちゃんところだけ。
両親(ジジババ)と3人の叔父叔母が兄の一人娘(4歳)を可愛がっていたら、
姪が唐突に「じじとばばはいつタヒぬの?」と真顔で聞いた。
義姉が慌てて「こら!何てこと言うの!」とたしなめたが 
両親はニコニコと「子供の言うことだから大丈夫よ」と義姉を制し、
姪に向かって 
「そうね、おじいちゃんもおばあちゃんも歳だから、そろそろタヒんじゃうかもね」と言った。 
義姉が「そんなことないですよ、お義父さん、お義母さん、変なこと言わないで」と言いかけたら 
いきなり姪が泣き出した。



         
2018年09月24日



360 :2015/04/04(土) 17:17:20ID:Dhn
修羅場とは少し違うけど、
私の実家と夫の実家のぎくしゃくが原因で起こった事件の話

義実家は絵にかいたような上流家庭で、
割と貧しい家で育った私は、その空気にあまり馴染めなかった
うまく溶け込もうとはしていたのだけど、
住む世界が違うという感じで、どうも話がかみ合わない

義両親ももったいないくらい優しい方々で、
馴染めない私にとても気をつかってくださったのだけど、
そうすると余計に疎外感を感じてしまって、うまくいかなかった





         
2018年09月01日



492:1/52006/02/13(月) 05:50:13ID:Ksv7Zq5b
俺には母親がいない。
俺を産んですぐ事故でタヒんでしまったらしい。
産まれたときから耳が聞こえなかった俺は
物心ついた時にはもうすでに簡単な手話を使っていた。

耳が聞こえない事で俺はずいぶん苦労した。
普通の学校にはいけず、障害者用の学校で学童期を過ごしたわけだが、
片親だったこともあってか、近所の子どもに馬鹿にされた。
耳が聞こえないから何を言われたか覚えていない(というか知らない)が
あの見下すような馬鹿にしたような顔は今も忘れられない。

その時は、自分がなぜこんな目にあうのかわからなかったが、
やがて障害者であるということがその理由だとわかると
俺は塞ぎ込み、思春期の多くを家の中で過ごした。
自分に何の非もなく、不幸にな目にあうのが悔しくて仕方がなかった。

だから俺は父親を憎んだ。
そしてタヒんだ母親すら憎んだ。
なぜこんな身体に産んだのか。
なぜ普通の人生を俺にくれなかったのか。

手話では到底表しきれない想いを、暴力に変えて叫んだ。
ときおり爆発する俺の気持ちを前に、父は抵抗せず、
ただただ、涙を流し「すまない」と手話で言い続けていた。

その時の俺は何もやる気がおきず、荒んだ生活をしていたと思う。




         
2018年06月08日

768: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/14(火) 01:29:44 ID:Sz0CHrYx
 
夜中にこっそり長文を貼ります。
怒らないで。 

高校の時、母親が病気でなくなった。 父は弱い人だったのだと思う。 
苦しむ母親から目をそらして、他に恋人を作って、
母親がなくなると家を出ていった。 

「高校卒業までは面倒をみる。その後は自力で暮らしてくれ」 

受験も追い込みに入る3年生の秋、わたしはこうして独り暮らしを始めることになった。 

わたしの通っていた高校は進学校で、ほぼ100%の生徒が大学を目指していた。 
わたしだけ、大学受験という目標は消えた。 
授業料や家賃や光熱費は父が負担していた。 
生活費は送ってもらえなかった。 
どこを探しても家にはお金がなかった。 

父の新しい相手は他人の奥さんだった。

きっと慰謝料のために何もかも持っていったのだろう。


         
2018年05月21日



670 :名無しさん@おーぷん 2017/06/05(月) 12:12:16 ID:4Zh
結婚してすぐ義実家に同居することが決まっていた。

家具を運び込んでいたら近所のおば様たちがわらわら集まってきて
「ここんちの奥さんはキツい人なのよ、大丈夫?」と
遠まわしに「なんで同居なんかしちゃったの」
みたいな意味のことを口々に言ってきた。

子供の頃から私は親に「おまえはワガママ」「我慢がきかない」と言われてきたので
お姑さんは同居した途端豹変してしまうんだろうか、
私につとまるだろうかと怖気をふるった。




         
2017年10月22日

557:名無しさん@お腹いっぱい。[]2008/11/18(火) 20:11:44
ふーこの前の話なんだけど、ようやく独身の頃から憧れていた
バルセロナ・チェアーを少ないこずかい削ってたばこやめて
20万貯めてレプリカだけどいいやって思って買おうっとして
妻と二人で、家具屋に行ったんだ
正直夫婦共同の貯金は、あるけど将来のために使えないし妻もいろいろ
我慢してる感じだ
独身時代の貯金は、引越しやら、結婚式やらでほとんど残ってなかった
家具屋についたら、妻がずっと化粧台見てるんだなんて言うか寂しそうな
雰囲気で、なんかうしろめたさからその日は、買うのを、やめて食事して
帰った
妻には、なんで買わないの?って聞かれたけど
なんとなく次でいいやって答えた
んーやっぱ中学生の頃から、ほしかった家具だったので仕事の帰りに家具屋さん
に一人で行ったんだ
どうしても妻の顔が浮かぶ
寂しい表情の顔がうかぶ


         
2016年11月15日
610: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 15:23:04.27 ID:WDAhUtfr.net
書いてからスレチと言われろとのお言葉に従おうと思います。 
確かにその通り。 

当然ですがフェイク入ってます。 


私以外の登場人物 

後輩A:私の後輩。高卒の新人。人間的には良い奴だが、社会人的にはKY。 
Bさん:104歳のお婆さん。先日天寿を全うされました。 

現場 
老人施設。いわゆる特養。 


私はとある老人施設で働く介護福祉士で、業務の他にも新人の指導育成も担当しています。 

高卒で就職してきた後輩A君は、言葉遣いは悪いんですが、人間的には好感が持てる男でした。 
基本的に目上には丁寧に接しようとするも、言葉遣いや言動が、どうしても高校の先輩後輩的なノリになってる、と言った感じで。 
施設を利用するお年寄りに対しても、自分の親戚に話しかけるみたいなノリが多く、その辺が特に指導の対象になっていました。 
基本的に、利用者に対しては敬語、丁寧語で接し、タメ口は好ましくないとされています。 
仕事は真面目だし、頑張って覚えようとしてるし、返事もしっかりとする。 
それだけに、言葉や言動が社会人的にはKYで評価を落としてるのがもったいない、と私も他の同僚も思っていました。

         
2016年09月11日
708: 名無しさん@おーぷん 2014/10/02(木)20:57:24 ID:OFgNt3kk2
 
自分は昔は大変な怖がりで、
ホラー映画を一瞬見ただけでも大泣き。
お墓参りや初詣さえ夜には怖くて行けないチキンでした。

それを面白がって、
いつも怖い話をわざと聞かせてきたり、
1人の時にワッ!と驚かしてきたり
学校の机の中に貞子のプリントアウトした紙を入れる意地悪なTと言う男子がいました。


中学1年生、移動教室で泊まりに行った時のお話です。
うちの学校は
1年の夏前に那須高原に行って皆の親交を深める為のレクリエーションを行う、
一泊二日のオリエンテーションがありその学校では移動教室と呼ばれていました。
配られたしおりを見ると夜の項目に「肝試し」の文字が。
そのしおりを見た時点で泣きそうになってしまい、担任の先生に相談したんですが

「そんな怖がらせるもんじゃないから大丈夫だよ。移動教室実行委員の子達がちょっと驚かすくらいだから」

と言われましたが、
言われても怖い物は怖い。
だって肝試し中に本当の幽霊が出ない保証なんてどこにもない。
そう考えると自然と涙が溢れてきて
中学1年にもなってメソメソ家で泣いてしまいました。


しかも追い討ちをかける様に実行委員にはあのTがいます。
他の実行委員で仲の良い女の子に聞いた話によると、
Tはその肝試しをすごく楽しみにしていてある奴を本気で驚かせたいと息巻いてると言われました。

         
2016年08月05日
1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/31(木)00:13:23 ID:iEA2kmOcq
私、
佐々木希を一発殴ったみたいな
顔してるって言われる

千尋くん、
罰ゲームで付き合った子、
中性顔の美少年って感じ、
根暗なオタクって雰囲気、
眼鏡をしてた。

最新記事
最新コメント
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリー