衝撃体験の記事一覧

         
2020年01月15日

693 :修羅場な話 2017/06/02(金) 10:58:15 ID:mpF
去年の今頃かな?の話なんだけど、知り合い(Aさん小6の娘が1人)に家に招かれた。
普通にお茶と手作りのお菓子なんかを振舞って貰って子育ての話を聞いたりしていたらピンポーン、ってチャイムがなった。
宅急便かなんかかと思ったらAさんに案内されて見知らぬ男性.がリビングに入って来た。
お互いに??って顔していたらAさん、
「今日は家庭訪問なの、(私に向かって)こちら娘の先生。
(先生に向かって)こちら友人の私さん。よろしくね!」
何故家庭訪問に被せて…とか思いながら15分程度の訪問の間なんとなく、聞こえないフリをしながらお茶を飲んでやり過ごした。
先生もなんか混乱した顔で成績の話をしていた。
先生が帰った後にAさん「よかったー私さんが来てくれて!私ね、主人以外の男性.と家で2人っきりなんて絶対無理なの!」
…いや、先生はなんとも思ってないと思いますが…。

なんかズレた人だなーと思いながらその時はやり過ごしたんだけど、さらに今度は秋におよばれした時のこと。
一泊2日でAさんの娘が学校の修学旅行に行くという。
「あー、もう帰ってきたらあの子は女になってるんだわ…。」
「はい?」
「だって親から離れて男子もいるホテルで一晩過ごすのよ!絶対に経験しちゃうに決まってるじゃない!帰ってきた時には私の知らない娘になっちゃうのよ!どうしよう…どんな顔して会えばいいの…」
「…いや、そんなことはないと思うけど…」
「(聞いてない)妊娠しないといいけど…でも可能性.はあるんだし、ヒニンなんてしないだろうし…身体にも負担がかかっちゃうんだから女の子には気をつけないといけないし…」なんて話を延々と聞かされた。
たまにここで修学旅行に行くと娘が襲われる!みたいなことを言うモンペの話を見るけど、ナチュラルにそんな人が存在していたことに驚き。
なんか気持ち悪くてその後はなんとなくお付き合いが減っている。


         
2020年01月08日

296 :修羅場な話 2019/09/12(木) 00:13:46 ID:bJ.va.L3
発達女だけど、仕事ができないことの8割は怒られることへの不安&管理される事への抵抗感にあった
承認なしで好きな時に好きなだけ社印社長印押せちゃうくらい激ゆるな会社に転職したら、あっという間に仕事できるマンになった
上場企業にいた時と比べ、ノー承認でできる幅がめちゃくちゃ広い
基本、やり方とか進捗とか手順とかそういう途中経過と手段で怒られたり矯正されることがない
自分のスキル的に少し無理が必要な仕事を振られたんだけど、
前職なら、上司に進捗報告をしなければならないこと、そこで必ずアドバイスという名の矯正が入ること、段階的に承認を得なければならないこと
自分に不足してる知識をネット等で調べようとするとすかさずチェックされ、基礎ができてないことを指摘されること
挙げきれないけどとにかくそういう上司や同僚との報連相と、やり方も当たり前のように指示される環境がめちゃくちゃ心の足枷になってた
ブレーキを踏みまくった状態で進まなきゃいけない感覚
80kgくらいの重りがのしかかってるのに進まなきゃいけない感覚
インフルエンザなのに出勤していつも通り働かなきゃいけない感覚
例えがつかないけどそういうしんどさ、心の負担がなくなったら
同じ仕事が20%くらいの負荷しかなかったんだ、マジで
たかが「次年度の事業部の予算案を作成する」ことや「〇〇月度計推を経企に報告する」みたいな仕事がね
100の負担だったんだけどその80はただの人間関係(壊滅的にできない)だった
それが一切なくなったら、ただの数字調整になって、一瞬でできる
そんな事の繰り返し
もう大手企業では一生働けない
なんなら障/害者枠で大手に入って軽作業するより、この会社で管理職してる今の方が絶対楽だ
大手は自分の中の仕事の負荷が5倍になる
当たり前にしなければいけない手順が私には辛すぎた

         
2020年01月07日

56 :修羅場な話 2014/01/16(木) 07:56:04 ID:XZJxcV0+.net
息子と同じクラスの放置子が夕方に押しかけてきて困ってたので同じ思いを
してるお母さん方と一緒に担任に相談した。
担任には
「放置子ちゃんが可哀相!地域で協力し合って、出来る人が出来ることをするのが
現代の子育てです(キリッ」
と言われたので駄目だこりゃと各自自衛してた。
クラスでも
「困ってる人がいたら出来る人が出来ることを(ry」
と言ってるらしく、それを聞いた息子と友達が「息子君の家に行きたい!」
としつこい放置子に担任の住所を教えたらしい。
(○丁目の△△マンションの最上階、ベランダが一番広い部屋に住んでるのよ~と
自慢してたとのこと)
放置子は喜んで担任のマンションに押しかけたらしく、個人情報を勝手に教えられては
困りますと先週電話があった。
息子は担任が別の先生に
「旦那が単身赴任で心細いし寂しい。料理好きなのに腕をふるう相手もいない。
せめて子供がいれば~」
と言ってるのを聞いて
「これぞ出来る人が出来ることをするってことだ!先生も寂しくないし放置子君も
一人で自分の家で留守番しないで済んで一石二鳥!」
と思っての行動だったらしい。
「先生、『出来ることを出来る人が』の精神をご自分で実践なさってるんですね!
すごいですわ!私どもには『出来ること』じゃありませんもの!息子も先生の教えの
おかげで自分ができることを探して見つけたんですね!ありがとうございます!」
と言ったら
「ピュ・・ええまあゴニョゴニョ」
と言って電話を切った。
それから放置子来ない。ばんざい!

         
2020年01月04日

1 :修羅場な話 2014/10/31(金) 12:08:47 ID:hGiUWdZik
うちの社長が先見の明があったというか
7年前に流行りのマタハラだので苦い思いして
3年前で女雇うの辞めた

雰囲気的には皆下ネタ言いまくれるようになって
怖い人が丸くなって業績アップして皆余裕ができた

         
2019年12月31日



49: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2019/02/06(水) 10:27:42.22 ID:mJQA21St.net
2年弱付き合った元彼。
30歳、都心に実家があるから便利すぎて一人暮らしする気おきないなーと実家住み。

ある日、彼の祖母が施設に行くことになったと話してくれた。
彼「痴呆が進んでお袋も外出できないくらいだったみたいだし、仕方ないよね?」
他人事みたいな言い方だなぁと思ったけど、それこそ他人様の家のことだし、そうだねーと流してた。
でもそのあとの一言で決定的に無理になった。

彼「介護お疲れ様!ってことで、お袋に旅行でもプレゼントしようかな?」

いやいやいや。
そう思うんなら1秒でも早く家出ろよ。
終わったあとに旅行じゃなくて、家事介護手伝えよ。ご飯買って帰れよ。ヘルパー代出してやれよ。

続きます。



         
2019年12月31日

912 :修羅場な話 2016/06/20(月) 14:38:57 ID:WRp
兄嫁が、兄の婚前の貯金を使いこんでたことが発覚して
離婚するしないの騒ぎになった時が衝撃の連続だった
一番衝撃だったのは、その散財の理由が化粧品や服ってこと

だって兄嫁、ルックスは肉付きのいいヤワラちゃんで
いつもジーパンとTシャツ、変な写真のバッグっていう恰好しかしてない。
男の俺から見たらちゃんと化粧をしてる風にも見えない
でも俺従妹は、法事で兄嫁化粧品の話をした時に兄嫁から
「化粧品は伊勢丹の某店で買うに限る。
店員のレベルが高いから色々教えてもらえてメイクのクオリティがあがる」と
力説されたことがあるらしい
クオリティを語る以前にそんなに化粧してたってことにびっくりしたけど
従妹がその時に聞いた義兄嫁の愛用化粧品は高価なものが多かったし
俺にはただのおかっぱにしか見えない髪も表参道の有名なお店に通って手入れをし、
下着も、名前を聞いて思わず笑ったけど修行ブラという
オーダーメードで揃えてると言ってたらしい
後から兄が調べたら、その修行ブラっていうのが1枚1万円以上して
年に3回は新しいのを作ってたから軽く10万
色違いで沢山揃えてた靴は
バレーシューズの有名店のオーダー品で1足5万以上
俺から見れば変な、動物の写真がどーんとのってる変なバッグも
女には有名なブランドのらしくて兄嫁は10個以上所有してた

でも真実が明らかになる度に俺含めた身内みんな
「そんなに金かけても容姿があれってどれだけ費用対効果が悪いんだ」と
怒るのを通りこして呆れるようになってしまった
結局兄夫婦は離婚したけど、
「離婚原因は兄嫁の浪費。浪費の内容は服や化粧品」って説明すると
兄嫁知ってる人は誰も信じてくれなくて
実は兄に非があるのを嫁のせいにしてるんじゃ、と
疑われてたらしいのも衝撃だった

         
2019年12月30日

84 :修羅場な話 2014/03/26(水) 15:26:23 0.net
コトメが捕まった。詐欺?に引っかかって捕まった。

この間コトメがうちに来て変なマグネットシートを見せた。そこには、『飲酒運転中につきご注意』って書いてあった。もともとジョークグッツが大好きな良コトメだったのでまたジョークグッツを買ったのかと思った。ホントならこの時の会話で気づくべきだった。

         
2019年12月30日

56 :修羅場な話 2018/07/18(水) 04:43:46 ID:ucA
天涯孤独と言ってるけど所謂恥かきっ子で、放置子だった事と中卒だった事
夫が敬愛してる夫の従姉に19~29までの10年間を捧げた事、夫より夫の従姉を愛してる事

年行ってから出来た末っ子で、親も姉や兄も私に興味がなくて放置子だった
勉強なんてしてないし学校も気が向かなきゃ行かないので中卒
ある日家に帰ったら両親が引っ越してたのでそこから暫くホームレスしてた事もある
でもその1ヶ月後くらいに2つ年上の女性.に出会って、世界が変わった
それが、今の夫の従姉にあたる人

バイト先の惣菜屋の常連さんだった人で、いつもキラッキラしてる綺麗な人だった
世間話で「家がなくなってホームレスなんですよ」とか言ったと思う
うちにおいでよと言われて、バイト上がりに連れて行かれたのは綺麗なマンション
最初はこそこからバイト先に通ってたけど、生活費要らないからと言われてバイトを辞めた
勉強もろくにできない私に勉強を教えて高卒認定試験受けさせてくれて
大学にも通わせてもらったし、資格もとらせて貰った
その間は彼女のマンションで一緒に暮らして私がメインで家事をして添い寝するだけ
なのに、それだけの事をしてくれた
詳しくは言えないけど大金持ちの家の娘で、若い彼女自身も資産があるような人だった
更に彼女は同性.愛者だったんだよね。惣菜屋の常連だったのは私が目当てとも言われたし

大学卒業後は住み込みの家政婦って名目でマンションで暮らし続けてた
旅行にも連れて行ってもらったし、本当に何もかも面倒を見てもらった。
肉体関係なんて特になくて夜は本当に添い寝だけだったのは何でなのか分からない
彼女には多分複数セ○レみたいなのがいたみたいだけど。

そんな暮らしをしていたある日、彼女が癌になった。気付いた時には末期。
でも彼女、私の事ばかり心配してたんだよ
辛うじて彼女のおかげで学歴は出来たけどまともに働いた事なんてない私の心配
「自分の我儘で20代全部捧げさせてしまった」と言って。
寧ろ彼女に出会わなきゃ私なんか今頃その辺で野垂れタヒんでるのにね。
彼女がタヒぬ前に「私と好みがそっくりな従弟がいるから、紹介する」と言い出し、
会ってみると彼女の見舞いによく訪れてた男性.で、その人が私の夫になった
何から何までタヒんだ彼女の言う通りに話が進み、結婚してしまったんだよね

好みが似てるって言うのは、夫の事を知る度に理解した
女の好みが似てるし、食事の好みや好きな本や好きな映画、好みが本当に似てる
彼女が生きてるみたいだなと思う事もあるくらい彼女に影響を受けて生きてきたのが夫みたい
彼女に出会ってから今日までずっと、何かの映画の世界にいるみたいで実感がなくて
よくまとまらないけど、何も知らない夫には黙ってると決めてる

夫からすると、長年尊敬する従姉の家政婦をしていた女が
自分好みの顔をしていて、自分好みの声(声フェチらしい)をしていて、
好きな映画や好きな本も同じで話が合って、好みの味付けの料理を作ってくれて
自分の親ともそれなりに上手くやってくれてるって事になるみたい。
そういうの全部まとめて「僕は君と出会えて幸せ! 残念だったのは従姉ちゃんを結婚式に呼べなかった事」って言われたし。

でも私、夫といて幸せだと思うけど、タヒぬ時思い出すのは夫じゃないと思う
夫は可愛いけどなんだか彼女が用意した彼女のコピーみたいだなって思ってる
そんな自分が嫌になるけど妊娠中のマタニティブルーだと自分に言い聞かせて、
夫と子が幸せに暮らせるように頑張るから、たまに彼女を思い出す事は許して欲しい。

         
2019年12月29日

848 :修羅場な話 2017/07/22(土) 21:33:39 ID:a29McQc0.net
同棲している彼がホットプレートで焼肉を知らなかった
夕食で用意したら「えっ何これ?どうするの?これで焼いて食べるの?初めて見た。
家族でやった事なんてないよw焼肉と言えば焼肉屋か外でBBQでしょう」などとすっごく驚いていた
実際焼いて食べ始めたら「うまいうまい」言ってバクバク食べてあっという間に完食
食べ足りなかったようで自ら冷蔵庫の中から他の食材を出してきて追加で焼き始めるくらい
ホットプレートで焼肉は聞いたことがない
私の実家の独自だと言われたんでGoogleで画像検索して見せたら
「へぇー今焼いたのと同じだ!」と再度驚いていた

         
2019年12月27日



156: 名無しさん@HOME[sage] 2009/02/10(火) 15:28:45 0
そういや「胃潰瘍」で入院手術したウトの一時退院祝いの晩餐が
こってりカルビ焼肉だったわ。
私が作った中華粥はトメに完全黙杀殳された。
ウトはカルビのおかげで未だに元気・・・なワケがない(合掌



最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー