閲覧注意・恐怖の記事一覧

         
2017年02月12日
227: ◆/nvxRu8VbNDw 2014/02/01(土) 17:18:06.72 0
流れ読まずに投下 
ストーカー元彼とひと段落着いたとおもったら、錯覚だったようなので厄落としに。 
まとめてたらすごく長くなった… 

「件名:いい禍源スマホ買ったらどう? 
本文:ひさしぶり!元気してる?(^w^) 
一昨日○○(私)見たけどさ、未だにガラケーじゃん。スマホいいよー。早くスマホに変えてラインしよう(^^)θ 
今まで俺がしっかりしてなかったから、追いかけて欲しかったんだね? 
君の考えを全然分かってやれなかった俺が悪かったよm(_ _)m俺ちゃんと博士号とってきたから将来安定だよ(^3^)-☆ 
君の小説を笑ってごめんね(;w;)あれから詩を勉強したから一緒に厨2になろう 
ちょっと読んでくれ 

綺麗に光る物があった 氷みたいな石だった 
触ると冷たかった-- ぼくを拒んでいる 
透き通る石の中は赤いのに ぼくを拒んでいる 
ぼくは其れに耐えれなくなり、捨てた 
音がする 読んでいる 
ぼくは足を動かす 石を拾い上げて伝える 
「気ずけなくてごめん」石は冷たい 
「大事にするよ」ぼくの体温が伝わって 
もう冷たさはない 
石は受け入れた 赤い場所にぼくを誘う 
ケースなんていらない 
見世物じゃない 僕だけのものだ 
ぼくだけ受け入れて ぼくだけ入れて 

どうかな?結構自信作なんだ(//∀//)」 

改行の量以外誤字含め原文ままです。続きます


         
2017年02月05日
214: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/16(土) 16:46:17.82 ID:UWS15beV
汚話(流血沙汰)注意 

友人数人と温泉旅行に行くことになってたんだ。 
しかし、不順じゃないし大丈夫だと思ってたのに旅行まで1週間を切った時に生理が。 

旅行までに終わってくれる保証がなく、
行先も温泉以外何もない所なので生理中では何もすることないし 
何よりイラついて旅先で不機嫌なことばっかり言って
皆の気分を害するわけにはいかない、
と私だけキャンセルすることにした。 
当然所定のキャンセル料は払ったのに、
そのメンバーとは険悪なムードが続いてもう絶縁に近い状態だ。 

そいつらの言い分だと
「温泉は入れなくても旅館で非日常の雰囲気を楽しむことはできるし、
ふつうそれくらいでキャンセルする?」だそう。 

そりゃ周りに温泉以外の観光地がある行先ならいいよ、
でもあの行先だったら常識ある人であの事情ならキャンセルするはず。


         
2017年02月04日
961: 1/2 2016/07/20(水) 13:46:46.25 ID:OAuuFDOl
ちょっと語りたいので書き込みさせてもらいます。
初心者で、失礼があったらすみません。長文になったので分けます。 

多分、私より夫の修羅場でもあるかも。 

結婚し子供が産まれたらお互いタバコを辞めようと約束していたのに、
出産してしばらくしてもタバコを辞めない夫。 

実家は親兄弟全員ヘビースモーカーで里帰りできず、夫実家も同じで、
とにかくタバコタバコ。 
私は里帰りせずに一人で新生児育児することに。
夫は自宅ではベランダで、仕事中はいつも通りスパスパ吸っていたようだ。 

そんなある日、娘が突然呼吸を止めた。この瞬間が本当に修羅場だった。
スースーと寝息を立てていた娘が本当に突然、呼吸が止まり、
違和感で気がついた。すぐ隣でゴロゴロしていたし。 

必タヒで名前を呼び、服を脱がせて胸を叩くが目を開けない娘。
恐怖で泣きながらも必タヒで呼びかけて心臓マッサージ。
すると、ふぁっと思い出したように呼吸を再び始めぎゃぁー!と大泣きする娘。 

恐怖と安堵で娘を抱きながら私も号泣。
病院で診てもらったが特に異常は見つからず原因不明と言われた。 
いわゆる、「乳幼児突然タヒ」のようなものだったのではないかと言われた。 

突然タヒの原因はハッキリとはわからないが、
要因としてはミルク育児やうつぶせ寝、そしてタバコだとわかっていたのに、
夫のタバコを辞めさせられなかった。 
これじゃどうしようもないと一念発起した私、キチになりきった。

         
2017年01月31日
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 00:20:15.54 ID:QwbDpdqY0.net
オッレ「クジラの知能指数、感情の豊富さは人間の5歳児以上は世界の常識ですよ 知らないの?」 
アッホ「え?マジ?!」 
カフェオッレ「鯨を食うって事は人間の5歳を虐殺して食うのと一緒よ!」 
アッホ「…罪悪感に蝕まれる...」 
ワイ「分かったかサル。」 


ウー!ロンパ!ゥ!ロンパッ!ッア! ロンパッパ~!(ルンパッパ風)

         
2017年01月31日
873: 恋人は名無しさん 2008/09/22(月) 02:11:58 ID:hxPpMu3b0
彼氏の家でいちゃついてたら、彼氏が急な仕事で出かけてしまい、一人家に残された。 
皿洗ったりクッションの位置を直したりと軽く部屋を片付けてると、 
斜め後ろから物凄い吸引力が。 
頭を無理やりぐいっとひっぱられたようになり、無理な体勢でその場所を見た。

クローゼットの中のただの棚。 
なんだなんだ?と脳内ではパニックになりつつも体が吸い寄せられて、 
その棚の引き出しに手をかけたところで、その吸引力は収まった。 
吸引力は収まったけど、部屋の空気がおかしい。 
冷や汗がでてきて、なぜか目線が外せない。 
プライバシーの侵害をするのは最低だと思ってたけど、おそるおそる引き出しをあけてみた。 
鍵付きの棚だけど、鍵はかかってなくて、すんなりと中が見れた。 

盗撮された写真で埋まったアルバム、私の小中高の卒業アルバム 
見覚えのある、無くしたと思ってた私物、捨てたはずの私物 
私と出会う前の日付と私の名前が明記されたDVD、スケジュール帳、 
私のだと思われる髪の毛の束や見覚えのあるネイルその他 

発狂しそうなのを必タヒで抑えて、紙袋にそれらをあるだけ入れて、 
彼氏の家を飛び出し、新幹線で実家に逃げ帰って親に事情説明。 

腰が抜け震えまくってうまくしゃべれなかったんだけど、 
アルバムや髪の束を見せたら、青ざめる母親。 
2人でガクブルしつつも警察に連絡しようか話してると、 
彼氏から電話がかかってきた。 
悲鳴をあげて飛び上がったら、母が携帯の電源をきってくれた。

最新記事