奇妙な体験談の記事一覧

         
2024年02月12日

462 :修羅場な話 2014/06/28(土) 19:07:12 ID:reH7+CKV0.net
少し長いんだけどきいてくれ
最近って言っても二年くらい前の話かな
家で三匹魚飼ってたんだけどさ、あるとき突然一匹消えたんだよね
どう数えても三匹しかいない…水槽の中どこを探してももう一匹見当たらない
共食いされたことも考えたんだけど、そんなことあるのかな、なんて思ったり…
消えてから半月くらいたってからかな、突然いなくなった一匹が現れたんだよ
傷もついてなくて、普通に泳いでた
そのときは無事でいてくれて嬉しかったぐらいだけど、よくよく考えてみたら過去にもタヒんだ魚が何匹かいつの間にか消えていたし、やっぱおかしいんだよね
消えた一匹の魚は半年くらいにタヒに、翌日土に埋めようと、見つけたその夜は放置しといた
なぜかまた、翌朝、消えていた

ちなみに今いる魚は一匹だけです
この魚は家に来てそろそろ7年経つな


         
2024年02月03日

298 :修羅場な話 2019/05/21(火) 02:53:12 ID:CBXbiSW90.net
今しがたあって震えがとまらない。
キ印の戯れ言として吐き出させてくれ。

私は今年度付けで超のつく田舎に移り住んだんだが、仕事終わりに仕立てたスーツを受取りに繁華街まで車で往復してきたんだ。
片道1時間半以上はかかるので、夕飯を食ったら帰り着くのは日付が変わった頃。
今回はコンビニで仮眠を取ったので、とっくに日付を跨いでいた。

そのまま1時間近く運転し、もう少しで家というところで信号に捕まった。
前に一台ハッチバックが停まっている…と、右側からのそのそと先の曲がったマッチ棒の様なものがすり寄ってきていた。

曲がった頭の高さで歩行者信号くらいあったので、その時点で3mは越えているのではないか。
それはすぐ脇の中央分離帯まで来ると、老眼の様な仕草をしながら前の車を覗き込んだ。
車と顔の距離はそこまで近くはない。
と、すぐに確認し終えたのか同様の仕草で私の所にも来た。
「来るだろうな」と漠然と思っていただけで覚悟は出来ぬまま、そいつと相対する。
いつのまにかそいつがこちらを見ているのを見て硬直する。
そいつの顔はパッと見デフォルメした赤ん坊の様だったが、そいつが体をくねらせて信号の光が当たると、揚羽蝶の幼虫(あれは胴体の方が頭より細いが)に口だけ人間のものを着けたような歪なものであるのがわかった。

その唇が不規則に動き、ブツブツと何か言葉を紡いでいるのが分かる。
時折母音の様な音が聞こえるので、おそらくは意味のある言葉なのだと思う。

私は硬直したまま、「見えてませんよ」とばかりにそいつ越しに信号をガン見し続け、そいつが去った後も振り返ることなど出来ず、ミラーすら確認せぬまま帰宅した。

         
2024年01月26日

215 :修羅場な話 2015/10/18(日) 00:49:46 ID:???
過労で電車に飛び込もうとした時の体験。

当時の私は20代半ば。連日15時間労働、休日出勤当たり前の超ブラックな職場で働いてた。パワ八ラのおまけつき。
妙齢の女が独り暮らしで、しかも職場が過酷なものだから親の心配は半端じゃなく、盆休みにほとんど無理矢理実家に連れ戻された。

しかし社畜だった私は2日休んだだけで職場のある町に戻ると決め、親の目を盗んで駅に行った。
町へ行く電車を待っていると、特急通過のお知らせが聞こえてきて、ふと飛び込めばもう働かなくて済むじゃんと思いついた。

憑かれていたというか、それが最良策だと思った。
たぶん楽に逝けるし、親に心配かけることもなくなるし、労災とか認められれば鉄道会社への迷惑料もブラックに請求できるかも、と。

いま思えば正気の沙汰じゃないが当時はもう、そうしようそれがいい!それしかない!!と勇んで一歩前へ。
ファーンていう特急の警笛?が聞こえて、さあ行くぞって走り出そうとした時、向かいのホームに犬が見えた。

それ、学生風の若い男の子が、脇に置いてたキャリーケースなんだよね。
目ではそう見えるんだけど、どうしてか頭では犬だって認識するの。
なにこれ、幻覚?て目を凝らすほどハッキリ犬の姿になる。
その顔に覚えがあったんだけど、10年前に天国へいった初代ワンコだと気づいて驚いた。

ペー太(仮)!!あんたペー太なの!?って叫んだか叫ばないか記憶にないけど、とりあえずワンコがこっち見ながら尻尾ふって、目の前をガーッと特急が過ぎてった。
ホームぎりぎりにいたので風圧で尻餅ついて、駅員さんにめちゃ怒られて。
あとは簡単に書くけど町には戻らず実家に帰って親と相談して会社やめた。

それからしばらく休養したあと給料半分くらいの仕事に再就職してのんびりやりながら今に至る。
昼間、2代目ワンコと戯れてたらふと思い出したので誰かに聞いてほしくて書いた。

         
2023年12月15日

909 :修羅場な話 2009/12/02(水) 12:47:56
俺もちょっと晒してみる

3歳下の妹が男と楺めて、あたると評判の占い師のところにいきたいから付き合え、と言い出す

占い師は俺を一目みて「恋人は?いないでしょ?良い縁があるから携帯番号とメアドを渡しなさい」と脅される

拒否しようとするが妹が「この人は当たるんだから従え!」とキレたので仕方なく渡す

2ヶ月ほど後、女忄生から「はじめまして」のメールが届く

1ヶ月ほどメールのやりとりをして初デート

1年半後結婚

占い師に渡したメモはしばらく占い師が保管していて、1ヶ月ほど後、占ってもらいにきた女忄生に
「アンタの周りに結婚したい女忄生がいるはず。その人に渡せ」と託される。
そして、その女忄生の職場の先輩にメモが渡され、1ヶ月ほど迷った後、思い切ってメールを送ってきた…という流れらしい。

不思議な縁だ。

         
2023年11月26日

67 :修羅場な話 2018/06/05(火) 21:35:46 ID:Odg
犬の話を二つ。

一つは、小雨の中、買い物に行こうと車を運転してた時。
赤信号で一時停止中に、ふと歩道を見ると、左前脚を……なんて言ったらいいのかな?
幽霊の絵みたいに折り曲げて、ひょこひょこ歩いてる中型犬がいた。
「首輪はしてるみたいだけど、逃げてきたのか?」
「って言うか車にでも轢かれたのか?」
「もしかして前足折れてる?」と頭の中を一瞬よぎり、そのまま見捨てるもどうかと思った時
犬の数メートル後ろを、男子小学生3名が、私と同じく犬を見つけ
「あれ、足折れてるんじゃん?」「えーマジ?可愛そう」と犬に近寄ろうとした所
犬が「あ、やべ」って顔して、普通に走って逃げて行った。
折れてるのでは?と思った足は、しっかり地面に足着けてたから、折れてる訳ではない…と思いたい。
子供に捕まるかも?と思って必タヒで逃げたのかもしれないけれど、それにしても普通に走ってたな。

二つ目は、我が家の犬。
私は朝起きると、とりあえず庭の犬に「おはよう」と窓をあけて挨拶するのだが、いつものように挨拶しようと
窓に手をかけ庭を覗くと、目を見開いたまま瞬きもせず、横たわる犬の姿が!
「えっ?えっ?何どうした?」と思ったが、おじいちゃん犬なので、もしやお迎えが来てしまったのか?と思い
「犬!」と叫びながら窓を乱㬥にあけると、その音に驚いた犬が、飛び起きて「なに!?」って顔された。
生きてて良かったでけど、なんで瞬きもせず固まったように横たわってたのかは謎。
犬も足を投げ出して、呆けたい気分になる時があるのだろうか……。

         
2023年11月13日

457 :修羅場な話 2012/10/11(木) 21:31:54 ID:OeIVXDR/
街で見かけた女忄生の服装にびっくりした。

前を歩いていたそのひとは、やたらスリムタイプのジーンズをはいていて
腰回りからくるぶしくらいまでぴたーっとなっていて、余裕というものがまったくないようだった。
おまけに、すっかり涼しくなってきて上着を羽織る人が多い中、
ウエストのあたりがもろだしのへそ出しフッション。そして上着を小脇にかかえ、
マリリンモンローみたいに、お尻をわざとフリフリして歩いているようだった。

すごいなー・・・あんな超スリムのGパン履いた人なんて初めて見たと感心。
もし私ならうっ血して気持ち悪くなってしまいそうだし、座ることさえ無理におもえた。
でもその人との距離が狭まった時、衝撃的だった。
その人はもう50過ぎと思われる女忄生で、履いていたのはジーンズではなく
ジーパン風プリントの薄ーいスパッツでした!w
よくみると、スカートはくの忘れてきちゃったの?状態。
あれも一つの露出プレイなのかな。

         
2023年10月25日

295 :修羅場な話 2009/11/27(金) 13:14:48 ID:CLrdm6/p0
近所に割に有名だったと思うけど日本画家がいた。
体が不自由で車いす生活だったけど品が良くやさしくて
近所の子供がみな遊びに行ってはおやつをもらってた。
初めて私が行った日涙を流した。奥さんではないすごく好きだった
人に似てるとかで・・・
皆と別で遊びに来るように言われ行くとずっと顔を眺めてる。
変なことするわけでもなくソファでごろごろしてる私を眺める。
行くとお小遣いをくれた。1万円も・・・まだ小6だったのに
もう末期のがんだったらしくタヒ期を悟って
ある日、遺産の一部を私に贈与したいとかまで発展してて
親にも「もう行くな!何をされてたんだとか・・・」
結局タヒに目にも会えなかった。
たまった小遣いは親に内緒で使えずに大人になるまで隠しもってた。

         
2023年09月13日

279 :修羅場な話 2016/01/13(水) 01:05:40 ID:0/eVr5U60.net
うちの母に酷いことした人間はもれなく不幸になってるよ
長文ごめんね

1.イジメしてきた同僚二名だけがリストラ
2.我家を見下し続けてきた近所の家→火事全焼しかも周囲御近所宅にも飛び火で肩身狭
3.あることないこと悪口言いふらした知人達→30代と50代の若さで癌でタヒ去

母本人は特にその人達を恨んではいなかった
嫌な思いをしてる、と私に告げたことはあったけど
どのパターンも全て共通しているのは、母がその人達から離れて一年以内にはそれらの出来事が必ず起こっていること
亡くなった祖母(私の曾祖母)が生前かなり徳を積んだ人らしく、母を相当大事に可愛いがっていたそう
天国からいつも母を見守っているのかな?私にはサッパリないのだけれど

         
2023年06月29日

248 :修羅場な話 2009/10/21(水) 19:01:39 ID:rgCF0EUI
あんまりゾッとしないし、もしかしたらネタかもしれない話。
ちょうど二年前の今頃、家でゴロゴロしてたら知らないアドレスからメールが届いた。
開けてみると「ピンホールカメラ作ったぜっ!」という本文と
手作りピンホールカメラの画像が。
アドレスをみる限り一般人っぽかったし暇だったので返信した。
俺「おっ、凄いね!器用だね(笑)」と。
間違いメールなら送り主も気付くだろうと、またゴロゴロしてたら返信が来た。
「でも結構苦労したんだよねー(苦笑する絵文字)
また今度ウチに来たら触らしてあげるよ。
そうそう、今度飲みに行かね?」
…正直、業者かチンピラの線を疑ったがどうやら普通の人のようだった。確証は無いんだけどねw
その後もいくらかメールをやり取りするうち、分かった事が3つ。
彼はどっかのリーマン。
俺を友人と勘違いしている。
最近会社を休みがちである。
ということだった。
暇つぶしにと始めた嘘メール返信に自分が遊ばれているのでは?
と考えもしたが、暇だったし別に気にも止めずにその日は寝た。


         
2023年06月12日

1:忍法帖【Lv=11,xxxPT】[sage]2012/09/10(月) 22:12:11.47 ID:XGy/iOlN0
先日、6年程前の話を未だに引きずったままだと実感したんだ。
ここに書き込むことで気持ちの整理をさせて欲しい。

その上で相談にのって欲しい事があるんだ。

スレ立ては初めてなんで至らぬ点は許してください。
話の関係上、補足も多く、ほぼ自分語りな上に、記憶補正が多い稚拙な文章になるけど、許して下さい。
あと、全部テキスト化したけど、かなり長くなったので半分以上省略した。
だから補足が必要な時は言って下さい。

Twitter プロフィール
2ch(5ch)鬼女系のまとめサイト 修羅場な話まとめのつぶやきアカウントです。
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー