近所の記事一覧

         
2024年02月14日

498 :修羅場な話 2014/01/12(日) 09:10:14 ID:oUnMVu3L.net
止まってるようなので解決済み泥話。
ド田舎に住んでます。
畑の前にベビーカー置いて次男抱きながら長男と野菜とってたら、見知らぬ若い女忄生がうちのベビーカーを押して逃走してました。
気付いたときには20mほど先に行ってて、私は「ちょ、それうちの!」って叫んだんですが子供2人いるし足元は便所サンダルだしで追い付けず見事にやられました。
帰宅してから憤慨しながら「警察に届ける」と息巻いていたら、姑が「大した罪にはならないから大事にするな」「数日黙って悲劇のヒロインしてなさい」(意訳)と言うのでしぶしぶ従いました。
3日で犯人特定されましたwwww
どういうことなのと姑に聞いたところ、「そんな白昼堂々泥棒するような人間は絶対初犯じゃないから。こんな狭い田舎でそんなことしてれば絶対にバレるわよ」と。
舅が近所の寄合で、姑が井戸端会議で、旦那が消防団の集まりで「こんなことがありまして~」
「次男が乗ってなくてまだよかった」
「ベビーカーはまた買えばいいけど、あのベビーカーは嫁の祖母が買ってくれたものだから嫁が気落ちしちゃって」
「長男も目の前で泥棒を見ちゃったし、心配」と、「世間話してきただけ」らしいのですが、
姑曰く「田舎の噂話は冬の山火事よりよく広がる」そうで3日で泥、泥旦那、泥旦那両親が謝罪にきました。
田舎本当に怖いです。


         
2024年02月10日

481 :修羅場な話 2010/04/28(水) 21:09:27 ID:eTxuCRyo
近所にかなり老犬を飼っている家がある
当然だが、散歩はまともに歩くこともできないので、柔らかい紐で後ろを支え飼い主さんは犬に合わせてゆっくり歩く
それでも犬は飼い主さんに全てを預け、飼い主さんも家族全員でありたけの愛情を注いでいた

ある日、成金ぽい家族が引越して来た
はっきり言えるぎんぎらの悪趣味さ
子供は口から先に生まれたような・・察して下さい
その子供が散歩中の犬を見て「きったねぇ!タヒねばいいのに」と一言
その場にいた誰もが凍り付く中、飼い主さんは何も言わずに犬を抱きしめた
そして優しく
「ずっと一緒にいようね」

どんな言葉より強い言葉にスーッとし、鼻がツーンとした

スレチになる?

         
2024年01月29日

256 :修羅場な話 2012/10/03(水) 20:38:29 ID:EDabjq88
こないだの月曜日の話。台風一過で、うちの地域は朝から雲一つなく、本当に暑かった。
自分はたまたま仕事が休みだったので、洗濯して布団を干した。
窓から公園が見えて、近所の奥さん(5人~)が井戸端会議をしてた。
(うちの周りは未就学児が多くて、朝は8時から奇声あげながら遊びまわってる。我が家は小梨&ほぼ家にいないので近所のことはよく知らない)
2時間ぐらいして、ウォーキングしようと思って着替えて準備して外に出た。
その奥さんたちは井戸端会議していた。一応「こんにちは~」と声をかけたけど、返してくれたのは子供たちだけ。そんなもんかなぁと思った。
1時間半くらい歩いて帰ってきたら、まだ井戸端会議をしていた。
シャワー浴びて、昼ごはんは近所のコーヒーショップにと思って外に出たら井戸端会議をry
1時間ほどして戻ってきたらやっぱり井戸端ry
ご飯食べて昼寝したら夕方になって「暗くなる前に買い物しとこう」と思って家を出たら井戸ry
帰ってきたらかなり暗くなってた。人は減ったけどやっぱり井戸端会議してた。

未就学児の親って、すごいんだか暇なんだかよくわからん…

         
2023年12月31日

527 :修羅場な話 2015/06/26(金) 11:35:42 ID:Vyg
近所にAさんというお宅があった。
Aさんちのひとり息子さん、パッと見には分からないけど
中学の時にある難病を発症した。
でも親子揃って前向きに受け止めているようで
たまに親子3人で出掛ける様子を見ても
本当にそんな苦労を背負ってるとは感じられないぐらい明るかった。
もちろんそうなるまでに相当苦しんだんだろうし、
その時も見えないところで食生活とか病院通いとか色々と
進行形の苦労もあるんだろうと思う。
ある日のこと、Aさん、私、糞B、Cさんの4人の班になって
町内会の行事をこなしていたんだが、その休憩中に
糞BがAさんに対して息子さんの話を振った。
昔の事なのでキッカケになった話は覚えてないけど、
とにかく息子さん可哀想可哀想を連発していた。
そしたらAさんが「可哀想って思われることを本人が一番嫌ってるから
それは思わないことにしてる」みたいな事を言った。
そしたら、
「だって、そんなワケの分からない病気になって結婚もできないでしょう?
子供だって作れないし、それ以前に就職とかできるの?大変よね」
って、それだけでも失礼だと思うけど更に
「うちの子、時々一緒に遊んでるけど、移ったりはしなのよね?
一度確認しておきたかったんだけど」って。
Aさんは笑いながら「移らないわよ。大丈夫大丈夫!
それに、先のこと考えてたってしょうがないでしょ?
病気にならなくたってうちの子大人しいから彼女なんて作れるのかしら。あははは」
って明るい。
その場にいた私やCさんは、糞Bの言葉を聞いて
よくそんな失礼なこと言えるなーって、聞いてる方が胃がキリキリしそうだったのに
Aさんがそれをサラッとかわして明るく受け答えしたのを聞いてて
器が違うというか、きっと苦労したぶん強くなったんだなって感心した。
昔読んだ「エースをねらえ!」って漫画で
【慟哭を味わった人間は強い】って言葉を思い出したわ。
そんなことがあって、ずいぶん経ったんだけど
何年か前に引越していったAさんと先日久々に会ったら
息子さんがめでたく結婚したそうだ。
お相手のお嬢さん、難病のことも全て理解したうえで
Aくんをサポートしていきたいって言ってくれたんだって。
婚約中からAさんの元に、息子さんの為の食事を教わりにきて
すごくいい子だって、Aさん笑いながら目尻に涙を浮かべてた。
一方の糞Bんとこの長男は糞ニート一直線で、時々罵声が聞こえてくる。
長女の方はデキ婚のあと子供を2人抱えて出戻ってきている。
漫画か!と言いたくなるようなその後の展開。

         
2023年12月30日

866 :修羅場な話 2015/07/17(金) 13:16:28 ID:Feq
台風の来るたびに思い出す人がいる。
実家の近くに良く居たお婆さん。
いつも小さな巾着袋を持って、外をうろうろしている。
巾着袋を持っていて、小銭とポケットティッシュが入っている。
晴れでも雨でも、暑くても寒くても、昼間は一年中外にいるから日焼けで真っ黒。
喋っているのは聞いたことがない。

台風の迫っていたある日、学校から帰る途中でお婆さんを見かけた。
廃屋の軒先を借りて雨宿りをしているようだったけど、
もう随分と雨風は強くなっていて、雨宿りの意味があまりないような有様。
お婆さんはびしょ濡れで震えていた。

家に帰って、祖母にお婆さんのことを知らせた。
祖母は少し考えた後、町内会長さんのお宅に連絡を入れ、出かけて行った。
小一時間ほどで帰宅した祖母は、
「あなたももう中学生だから、世の中にはこういうことがあるって
知っておいてもいいでしょう」
と、そのお婆さんに纏わることを話し出した。

昔々、隣町の地主の家に娘が生まれた。
この娘は「頭のゆっくりした子」(祖母談。知的に障碍がある、という意味だと思う)で
地主夫婦は娘のことをとても心配していた。
自分たちが世話をできるうちはいい。しかし、親は子より先にタヒぬ。
自分たちのタヒ後、娘はどうなる?

地主夫婦は、娘に婿を取ることにした。
家、土地、資産は娘に全部付けてやる。だから娘を一生面倒見てくれ。
そういう条件で婿養子を探し、娘を結婚させた。
娘夫婦は地主夫婦と同居で生活し、穏やかに暮らしているようだった。
そのまま数十年が経った。

地主夫婦は随分長生きして娘の面倒を見たが、それにも終わりの時が来る。
まず妻が、続いて夫が倒れた。
夫婦ともに、最後まで「娘を頼む」と婿に頼んでいたそうだ。
婿が葬儀やそれに伴う雑事を取り仕切り、そして、娘夫婦が資産とともに残された。

         
2023年12月11日

26 :修羅場な話 2014/09/12(金) 04:48:42 ID:NFI68F2L0.net
10年くらい前に、近所で火事かあった。
夜中だったけど、サイレンの音で起こされてベランダから見ていたら、類焼の恐れがあるからって避難させられた。

焼け跡から、教員定年後に自宅で個人塾を開いていた爺さんの遺体が見つかり、火元は爺さんの寝煙草だった。
それから数年、爺さん宅の焼け跡は小さな公園として遺族が整備し、解放してある。
所詮は個人宅の跡地、大した広さはなく、小学生が数人で遊べるレベル。

町内会の掃除の時に子供から聞いたのだが、この公園には爺さんの幽霊が出るらしい。
普通の爺さんの格好で、「勉強で分からない所はないか?」と聞いてくるという。
教科書とノートをベンチに広げて爺さんに教えて貰い、勉強に夢中になっているうちに、いつの間にか居なくなっているらしい。
それで実際に、落ちこぼれ児が勉強得意になったと言うから驚く。
その子が道徳の時間に「公園の掃除をしたい」と言って、学級全員で大掃除をしたこともあるらしい。

経営していた個人塾で、不登校児を更正させたり、家庭環境の悪い子の勉強の場として解放したり、夫婦喧嘩が始まった時の避難先に使わせていたり、勉強より世話上手で知られていたが。
タヒんで何も無くなっても、知識は財産だよ、って爺さん幽霊がそう言ってたーと無邪気に笑う子供が眩しかった。
そういえば、公園のすみで一人でエグエグ泣いてる女の子とか、ベンチにノート広げて勉強してる子とか、たまに見る気がする。

爺さん・・・生きているうちから凄い人だったらしいけど、タヒんでからも凄いよ。
タヒ後10年経ってもまだ、爺さんに頼る子供が居るんだからね。

         
2023年11月30日

409 :修羅場な話 2020/07/18(土) 11:57:53 0.net
ご近所さんがめまい症?でいろんな医者に行っても治らなかった。
今朝トメが、同居のお嫁さんがネットで調べまくって名医を探して、家でも出来る改善法をお姑さんに教えたんだって!
すごく優しいお嫁さんね~良いお嫁さんで羨ましいわ~とこっちを見ながらなんか言ってた。

私もトメの耳の調子が悪くて治らないときに専門医と治療法ネットで調べて教えたんだけど。
そしたら、そんなこと当たり前じゃない?知らないの?って言い出して全く相手にされなかった。
それ以来トメのために何か調べるのやめたわ。

自分のほうが何でも知ってると思うな!!
30年以上の前の価値観でものを語るなよ!!
っていつも思う。

         
2023年11月04日

810 :修羅場な話 2012/10/24(水) 13:23:56 ID:/yU1mCEx
団地に住んでいる
今日の昼前にトイレに入ってたらチャイムが鳴った気がした
玄関まで行って覗き穴から確認したら訪問者があったのは向かいの部屋だったんだけど
作業服風の揃いの上着を着た2人連れが何度も何度もチャイムを鳴らして「○○さーん」って呼びかけてた
そのうちにドアをドンドンドンって叩き始めて、チャイムを連打して、名前を呼んで、またドアを叩いて、という感じで
「おいおい借金取りか?近ごろめずらしくないかい、こんな荒っぽいのは」と、ちょっとビビりつつ覗いていたら
「○○さーん、いらっしゃるんでしょう?市役所住宅課ですけどー」

え?
家賃の滞納かなにかですか?
正確な来意はわからないけど、市役所もけっこう怖いなあ
電気のメーター見たりして2人でなにか話して(これは声が小さくて聞こえなかった)帰っていった

向かいはうちと同じで子供のいない中年の夫婦が住んでいる
なにをしている人たちなのか、そもそも働いているのかどうかもわからないけど
そういえば去年か、車を手放してたなあ、と思ったりした

         
2023年10月30日

718 :修羅場な話 2009/11/08(日) 23:37:18 ID:e9xhOERc
亡くなったじいさまの話で今でも親戚中の語り種になっている

うちの近所にやーさんの親分の家があったそうで、誰もが恐れる中、なぜかじじさまだけは仲良くしていたそうな
ある日、そこの子分が酔った揚句、うちに不法侵入し、その頃うちにいた行儀見習いの女の子にいたずらしようとしたそうな
だが、じじさまに見つかり捕まったが、じじさまはそのことを公にせずに身柄を親分に引き渡した
向こうは「堅気のお家に何てことを」と子分の指を詰めようとしたが、じじさまは
「近所同士の仲です。やんちゃな子分さんの躾をきちんとしてくれるだけで十分。あの子(行儀見習いの子)も今は落ち着いてますから」
そう言って穏便に済ませたらしい
親分は後日、子分を寺に出家させ自分の指を詰めて詫びをしたそうな

遥か昔の話だそうです

         
2023年10月09日

433 :修羅場な話 2013/11/01(金) 12:55:47 ID:YaaLv4xe
うちは中古マンション買ったんだけど、リフォーム前後に業者が上下左右斜上下の8件に挨拶に行ってる。
リフォーム後にバタついてすぐに引っ越せなくて、2ヵ月間があいてしまった。
その間、たまに昼間に簡単な掃除をしに行ったりしてた。

引っ越し1ヵ月前に、何月何日に引っ越し作業しますって言う挨拶周りした。
右隣の家に挨拶行ったら喧嘩腰。
よくよく聞いたら
「引っ越してきてから何日も経ってるのに挨拶がない!毎晩毎晩うるさい!」
と言う話。
まだ引っ越してきてない事、たまに昼間に掃除に来てるだけで夜に来た事はないこと、
挨拶が遅れたのは申し訳ないがリフォーム前に業者から挨拶もあった筈だし掃除に来た時にすれ違った人には挨拶してる事、
そもそもいつも昼間右隣さんないないから挨拶ができなかった事を言った。
そしたら右隣のババア、「うそ!毎晩毎晩金槌うってるみたいな音がしてうるさい!ひびくのよ!」だって。
リフォームはもう1ヵ月も前に終わってるからうちじゃない!って説明しても分かってもらえず。

その時は、変な人の隣に越してきてしまったなぁーって思った。
実際某宗教やってたし。

でもたまーに夜中の2時とか朝方に金槌の音みたいのが聞こえるんだよね。
トントントントン トントントントントントントントン トントン
って。本当に響くし何分も聞こえる。上から響いてるような気がする。

なんだろうこれ。
妹夫婦が泊まりにきた時に妹夫婦も聞こえたらしく「うるさいなー」と言ってたから私にだけ聞こえる幻聴とかではないみたい。

この音が聞こえてきた時がちょっとした修羅場だ。

Twitter プロフィール
2ch(5ch)鬼女系のまとめサイト 修羅場な話まとめのつぶやきアカウントです。
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー
その他

純広告募集中です