彼氏の記事一覧

         
2024年02月19日

142 :修羅場な話 2016/06/04(土) 01:42:53 ID:te4TWb5d.net
付き合いたての頃、夕食に雰囲気のいいイタリアンのお店に入ってスパゲティを食べた時
フォークですくえるだけの麺をガバッとすくい、すするすする、それはもう「あれここってラーメン屋だっけ?」と思わせるほどの豪快なすすりっぷり
ちょっとおしゃれな雰囲気で店内は静かだし、元彼があまりに目立って周りのお客さんもチラチラこちらを見てくるし
さすがに耐えかねて小声で「…ねね、巻いて食べないの?」と言ってみた
するとあからさまに機嫌の悪くなる彼
そこからお店を出るまで一言も話さない
お店を出るや否や
元彼「…あーマジでお前にあれ言われてから少しも味しなかったわ最悪」と一言
元彼「なんでスパゲティの食い方なんか注意されなきゃなんねえんだよ」と続ける
私「でもそれで恥ずかしい思いするの俺君だし、外でだけでも(豪快にすするのは)やめた方がいいんじゃないかなぁ…」と伝えるも
元彼「はぁ?!何がダメなんだよ?!」と逆ギレ
私「いや、私もテーブルマナーとか詳しくないけど、スパゲティに関しては豪快にすすることを不快に思う人は多いと思うから、せめて外でだけでもやめてほしい」
元彼「テーブルマナー…?」
とつぶやきながらおもむろに携帯を取り出す彼、何やらテーブルマナーについて検索をしているよう
元彼「…ああ、あるね、スパゲティすするのだめって…ごめん、俺知らなくて」
どうやらスパゲティをすするのがあまりよろしくないと思われることは本当に知らなかったようで、
ここでようやく伝えたいところが伝わり、素直に謝ってくれた
しかし、箸で食べる某スパゲティチェーンや、自宅でスパゲティを食べる時は
「ここじゃ別にいいんだよな!」
と言って当てつけのように豪快にすすりまくるところになんだかなぁと思っていた

この彼は食事において他にもそれはどうなんだろうということが多く、一緒に食べていて不快になることも度々あり耐えかねて指摘すると
「俺はお前と違って育ちがよくねえんだよ!」と逆ギレ
断じて私はマナーなんて詳しくも厳しくもないし別に育ちもよくない
けど、そんな私でも一緒に食事していて不快になることをする彼に冷めていった
結局全然別の件で氷点下まで冷めて別れた

スパゲティすするとかは賛否両論あるみたいなのであれですが、私は冷めてしまった


         
2024年02月19日

202 :修羅場な話 2016/06/06(月) 09:25:27 ID:0ceH/eb3.net
朝からカレー食べてたら思い出した
当時の彼は外食があまり好きじゃないと言うので会う時はだいたい私がご飯を作って家デートが多かった
食器を用意してくれたり出来たものをよそってくれたりしてくれるいい人だと思ってたけど、よそい方にモヤモヤしてた
最初はなれてないから仕方ないと思ってたけど具をよそってくれないんだよね
例えばフライパン1つでできるようなパスタだったら麺をそれぞれ盛ってその上に残った具をのせるのが普通だと思ってたけど彼は違って、私用に麺を皿に盛る、その後彼用に全部いれるから私はパスタソースと絡まった麺のみ
カレーだったら上からよそうから私はルーと米、彼は具だくさん
豚汁とか具多めのスープ系でも器に盛られるとなんか寂しい印象に
責める言い方にならないよう気を付けてパスタの時にこうやって盛ったら見た目キレイだよと実践してみたんだけどその時の彼の反応が「俺の具少なくなるじゃん」で冷めた
わざとやってたんだね…手伝ってくれてたのもそれ狙いかよ…と思ってガッカリ

         
2024年02月18日

224 :修羅場な話 2016/06/06(月) 16:53:06 ID:We5ZIxSi.net
食い意地がはってた元彼に冷めた。
食べる事が大好きで、一緒にいろんなお店にもよく行った。
私が作った料理も、美味しいと笑顔で沢山食べてくれて幸せだった。

2人とも社会人1年目で、付き合い始めてから数ヶ月した頃、
生理が少し遅れたことがあった。
遅れたのは初めてだったので、もしかして妊娠したかも…と真っ青になって、
1人暮らしの私の部屋に彼氏を呼んで、どうしようかと相談した。
「まだお互い新入社員だし、今回は諦めて欲しい」と彼氏に言われ、
どう返事していいか分からず黙って泣いていたら、突然玄関のチャイムが鳴った。
実家の両親からの宅配便で、箱には大きくウナギと書かれてあった。
ウナギにしてはかなりでっかい箱で、ぱっと見、数匹入ってそうなサイズの箱だった。
泣いているのに気付いたのか、配達のおじちゃんが、
「今日は土用丑の日だし、ウナギ食べて元気出しな!」と声をかけてくれた。
ドアが閉まって配達のおじちゃんが帰った瞬間、部屋から飛び出してきた彼氏が、
「ウナギって言った!?うわ、◯◯産じゃん!やったーーー!!」
と、ジャンプしながら叫んだ。
ちょっと引きつつ、ウナギの箱を冷蔵庫にしまい込んで、
改めて真剣にさっきの話の続きをしようとしたんだけど、
どう見ても明らかに彼氏の意識がウナギに持って行かれてて、
何を話しかけても上の空の状態。
終いには、「その話はもういいから、早くウナギ食べよう」という内容を、
手を替え品を替えて何度もしつこく言われ、その言い方も、
「ウナギ悪くならない?」「君、お腹空いてるんじゃない?」「あの量を1人で食べきれる?」みたいな、
はっきりと本題を言わない、やんわりとした言い方でイライラした。
ウナギ>>>>>>>>>>私、なことに気がついて、冷めた。
「これからの事を1人でゆっくり考えたいから、今日は帰って」
って、言って帰らそうとしたんだけど、日付が変わる位まで粘られた。
もちろん、ウナギは出さなかった。
次の日、無事に生理が来て、嬉しくて嬉しくて泣き笑いしながら、
ウナギを1人で3匹食べた。
最高に美味しかった。

         
2024年02月11日

370 :修羅場な話 2017/05/15(月) 13:59:54 ID:fCw
「最悪や」が口癖の彼に冷めた
些細すぎるかもしれないけど本人は多分「マジか」と同じ感覚で使ってる
彼友「頼まれてたジュース売り切れだったから似たやつ買ってきたよー」→彼「最悪や、ありがとう」
彼友「数年片思いしてた子とやっと好きなこと付き合えてさー」→彼「最悪やんよかったな」
私「いつもの道通行止で10分くらい遅れる、ごめんね」→彼「最悪や、良いよ」
私「いつも売り切れのケーキが運よく買えたから一緒に食べよ」→彼「最悪やな。食べる食べるー」
みたいな感じで何にでも「最悪」って付くからモヤモヤするんだけど
ある日、彼母さん今日誕生日だったよね、っていう話になった時に「あっ、本当だ。おめでとうって言わなきゃな最悪や」って言ってたのを聞いてこりゃもうダメだってなってしまった

         
2024年02月10日

497 :修羅場な話 2016/11/02(水) 19:22:01 ID:fZdERFHv.net
理不尽冷め

元彼は趣味と実益兼ねて熱帯雨林だの無人島だのに行くような人で
「虫とか怖くないの?」という私の質問に「女の子からしたら気味悪い外見かもしれないけど、虫もその土地の文化や生活や生態系の一部で、僕には興味深いものなんだ」的な答えをくれたのがきっかけで好きになった
雪山や発展途上国に出かけていった彼の帰りを不安な気持ちを抱えて待つのはつらかったし趣味が豪快な分いろいろな面でズレたところのある人だったけど好きだった
そんなある日彼の部屋にゴキブリが出て私は無論彼が退治するなり追い出すなりしてくれるものと思った
あるいはゴキブリくらい気にしないのかなとか思っていたら彼は悲鳴をあげて逃げ出した
ゴキブリが怖いらしかった
えっゴキブリ怖いの!?でかいクモだのムカデだのがテントに入っても平気なのに!?と訊いたら「外で会うのと家で出くわすのとは別」みたいなことをまくしたてはじめた
それはそうかもしれないけど
なんか冷めて別れた

普通の人が普通にゴキブリ怖がるのは仕方ないし最近は男忄生でも虫苦手な人が増えてるっていうから分かるんだけど
普通の感覚持ってるなら普段のお付き合いでも普通の感覚持ってくれないのかなとかいろいろ考えて嫌になった

         
2024年02月09日

508 :修羅場な話 2016/11/02(水) 21:23:01 ID:RwIOuKWG.net
これは私も悪いところがあるけど、初めての彼に急速冷凍したときのお話

子供のときから身体が弱く、小中高と虚弱児でならした。
大学生になる頃には体調が落ち着いて、ようやく他人と同じ生活を送れるようになった。
楽しいキャンパスライフの末、サークルの先輩と初めてのお付き合い。
いろんなところにデートに連れて行ってくれたけど、わたしにとっては過酷すぎるところばっかだった。

富士山レベルのガチ登山は月に2~3回、秋口になぜかサーフィン、山奥の秘境で渓流釣りなど。キャンプもめっちゃ行った。自衛隊の訓練かと思った。

付き合う時に身体が弱いことは伝えていたし、角が立たない程度に断っていたけどノリが悪いと思われるのが嫌だった。
何より初めての彼氏だったので嫌われたくなかった。なので、出来る限り参加した。
それでも翌日には体調を崩すので、半べそかきながら直談判して、やっとアウトドアデートをやめてもらった。

理解してくれたんだと思ってほっとしていたら、少しして彼が大学の仲間に

「あいつメチャクチャわがまま。あそこはヤダとかしんどいとか、自分のことばっかだよ。アウトドア好きの俺の気持ちはどーなんの!?」

と愚痴っていたのを聞いてしまった。
それまでどうにか彼に合わせよう、一緒に楽しめる方法を探そうと思っていただけに、サーッと冷めた。
身体的なつらさは結局わかってもらえず、気まぐれなわがまま女だと思われていた。

すぐにお別れしたが、その後付き合ったアウトドア好き女子ともモラ八ラ関連の楺め事を起こしてかなり盛大に別れていた。
その女の子にも、危険な山を登らせたり(クライミングとか)していたらしい。

なんにせよ悪気のないデートで杀殳される前に別れてよかったと思った。

         
2024年01月28日

341 :修羅場な話 2017/07/16(日) 21:29:18 ID:2pp+R9Ut.net
私と元彼、どっちもどっちな話ではあるけど

同棲することになって元彼の家に私が引っ越すとき、家中いたる所からわざと隠されてたであろう女物のグッズがポロポロ出てきた
はじめ必タヒにごまかして隠そうとしてた元彼だけど、寝室から甘口リ系のキャミやメイク品が出てきて「あんたの?女装趣味あんなら手伝うよ」と言ったら勝手に自供しだした

元彼には3ヶ月前に別れた元カノがおり、その元カノとも同棲してて破局後もごねまくって出ていかなったのだと
察するに隠されたグッズは元カノの意趣返しだね
元カノの存在すら知らなかったけど、元彼イケメンでチャラかったし遊んでるだろうと予想はしてたのでショックは受けなかった
土下座する元彼に怒ってないと伝えたら安堵してた

それで元カノの置き土産どうするかって話で、ぶっちゃけ私は神経図太いから全く気にならない忄生格だし引っ越しで金欠中、中には高価で未使用品もありラッキーと思いながら仕分けていった
「使っていい?」と聞けば、元彼は私が本当に怒ってないとわかってか笑顔で快諾してくれた

そんなこんなでスペース空けて今度は私の荷解き開始
私も一人暮らしだったから荷物はある程度処分してきたけど、料理を一切しない元彼の家は皿すら危うかったからキッチン用具だけは丸っと運んだ
でも一緒に開封してた元彼の顔がどんどん曇りだして、突然「ごめん、これ元彼(当時の元々彼)も使ったことあるの?」と聞いてくる
お泊りで何度か使ったことあったから「うん」と返事したら、「全部捨てよう、元彼が使ってた食器でお前の手料理食べるなんて無理」とぬかす

ええ、それって完全にダブスタじゃん?
私はあんたが元カノといちゃついてた部屋で今から暮らすんだけど?
そう伝えても「ごめん、きつい、俺が全額出すから新しいの買お?もってきたのは全部捨てるね」と、あっという間にゴミ袋に入れたマンションの不燃物置き場に持ってってしまった
自分は別の女と寝たベッドで私にちょっかいかけてきたのに、立場が代われば無理の一点張りってまさにスレタイ

         
2023年12月27日

35 :修羅場な話 2018/10/04(木) 19:00:22 ID:TY3
彼と付き合い始めて2ヶ月でふられたwww
「俺もう無理。おまえ気持ち悪い。別れよ」
って言われて青天の霹靂。
気持ち悪いってなんだよ、そっちから交際申し込んできたのにさ。
「一体私の何が!?」って聞いたら
塩鮭の皮を食べるのが気持ち悪いんだって。
思わず「( ̄Д ̄ )んあ?」ってなった。
彼が言うには「あれは食べるもんじゃない。
食べるものがない貧乏人がやることで、
そんなん食べるやつの彼氏と思われたくない」って。
よっしゃわかった、別れよう。
「私も鮭の皮の栄養価も知らないようなアホの彼女と思われたくない」
つって別れてきた。
デートで塩鮭を食べたのは一回きりだったけど
食べて良かった鮭定食。
あれを気持ち悪いと思うような男、こっちだってべー!だわ。

         
2023年12月19日

287 :修羅場な話 2021/04/14(水) 17:22:36 ID:Au0aylLl.net
もう10年も前になるけど、当時付き合っていた人が雨の日に泊まりに来た
部屋でジュースを干していたんだけど何か臭う
ああ、これだ!とよく見たら凄く汚れいて悪臭を放っていたので、ゲームに夢中になっていた彼に声をかけ洗濯することにした
私の洗濯物と一緒に洗うのが躊躇われたので単体で洗ってみた
洗濯水が真っ黒に濁るくらい汚れていた
洗いあがり室内乾燥機の近くに干していたら彼が顔を出して
鬼の形相で「何やってんだよ!」と突き飛ばされ「せっかく育ててたのに!どうしてくれんだよ!!」
急に怒鳴られ突き飛ばされ体が壁にぶち当たり、更に怒鳴り続けられ声も出なくて涙目で震えるしかなかった
この一件で彼が怖くなり別れを切り出したけど、向こうは「命のように大事にしていたジーンズを駄目にしておいて逃げるのか」とか「弁償されても同じジーンズは二度と返ってこない」とか散々ごねられて別れるまで3ヶ月を要した

その後、ジーンズは洗う派の清潔な人とお付き合いして結婚した

         
2023年12月17日

551 :修羅場な話 2007/12/01(土) 14:41:22 ID:e8OZiLD7
付き合って間もない彼氏とデートしてたときに、偶然彼の友達に会った。
私とその友人は初対面だったけど、夕飯時だったこともあり、
せっかくだからと3人でご飯を食べることにした。
居酒屋で、「どこで出会ったの?」と友人が聞いてきたとき、
彼が、「この子の職場。キャバ嬢なんだよね」と言った。
私はキャバ嬢じゃなくて普通のOL。当然否定するが、
「いいよこいつは俺の親友だから、隠さなくても大丈夫だよ」
とあくまでも私をキャバ嬢にしたがる。
必タヒで否定するも、初対面の友人の前では通じない。
それどころか、よけいに隠しがってるだけのように見えるらしい。

友人と別れた後、なんであんな嘘をついたのか彼に尋ねると、
「あいつ、最近お気に入りのキャバ嬢に振られたらしいから、
俺がキャバ嬢と付き合ってるって言ったら悔しがるでしょ?
だから、もしこれからもあいつと会うようなことがあれば、
お前キャバ嬢キャラで通してね。あ、それか、
俺のこと好き過ぎてもうキャバで仕事するのがつらくなって、キャバやめて
OLになったことにしとく?そのほうがお前も嘘つかなくていいから楽かな。
どっちがいい?」と笑顔で言われた。

なんだかいろんな意味で冷めて、ただその日はもう遅かったので
家に帰って、後日別れ話をした。

Twitter プロフィール
2ch(5ch)鬼女系のまとめサイト 修羅場な話まとめのつぶやきアカウントです。
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー
その他

純広告募集中です