彼氏の記事一覧

         
2017年10月04日


535:おさかなくわえた名無しさん[sage]2011/05/21(土) 05:25:43.05ID:m0kWFfKM
彼と二人でカラオケに言った時、歌い疲れたから少し休憩しようって話になって
最初は平和に会話を楽しんでたんだけど、
いつからか彼が執拗に
「女子なら王子様にお姫様抱っこされたいでしょ?」と言い始めた。

当時の私が身長155/体重48で、
多分デブではないと思うんだけど
彼は身長185/体重45のヒョロガリで筋肉もない人だったから、
持ち上がらなかったらお互い恥ずかしいだろうし、持ち上がっても落とされそうで怖いしと拒否したら
「ラブパワーで持ち上げてやんよ!」と無理矢理お姫様抱っこしようと迫ってきた。

逃げられなかった。

結局落とされてテーブルの角に腰を打ち付けて、涙目になる私に
「お前が重すぎるから悪い。大体俺よりデブとかふざけてんだろ。あと5キロ痩せろ」って言う彼に心底冷めて、涙目のままその場で別れてくれと頼んだ。


そのあと半年くらいして
「お前より可愛くて軽い彼女GETしたぜー!」ってハイテンションなメールが来て
添付されたプリクラには本当に可愛くて小柄で華奢な女の子を笑顔でお姫様抱っこする彼がいた。

その彼女は中学1年生だそうで(彼は大学2年)周囲から顰蹙を買いドン引きされたとか。
で、私のことは「見掛けは細いけど実は持ち上がらないほどデブ」と触れ回ってた。

その後
「彼にお姫様抱っこされて落とされた」って女の子が復数人いることが判明して
彼にとって彼女とはお姫様抱っこできるかどうかが重要で、
軽さを求めた結果、中学生まで年齢が下がったんじゃないか…って噂が流れた。

彼がそこまでお姫様抱っこにこだわる理由は未だに謎。



         
2017年10月02日


332: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/19(水) 22:22:24 ID:MmnhrfLH
一人暮らしをしている私の部屋に、半ば家出同然で転がりこんできた彼。
私が先に風呂から出てきた時の会話
彼「え、なんで先に風呂入ってんの?」

私「え?なんで?」
彼「普通、風呂は一家の長が最初に入るもんでしょ?」
私「…は?…いろいろツッコミたいけど…まずこの家の長は私だよ?」
そう言ったら彼は非常にショックを受けたらしく、部屋の隅でショボーンとしていた。
その後、早く風呂に入れと言ったら、二番目は嫌だとだだをこね始めたので、彼の荷物を窓からぶん投げ、彼を部屋から蹴り出した。
足にしがみついて粘っていたが、脇腹を蹴ったら「うっ」とうめいて倒れて動かなくなったが、ほおっておいた。
さっき見たら居なくなってたので、タヒんだふりだったようだ。
もう来なくていい。


         
2017年09月05日


140: 名無しさん@おーぷん 2016/06/12(日)08:46:37 ID:iHh
彼がぶっ壊し屋で冷めた。

初めて一人暮らしの私のうちで飲み会をすることになって
張り切って夕食とおつまみを作って冷蔵庫に入れていた。

やってきた彼は、持ってきた飲み物を冷蔵庫に入れたんだけど
中の引き出し?を引っ張ってレールから外れたのを
無理やり押し入れてプラスチックを割った。
一旦、引っ張り出してレールにハメたら簡単に直るのに。

その後、夕食を食べて飲んで空いた皿を洗って
水切りかごに並べておいたら
そこから小皿を取りたかったみたいで、ガシャガシャ音を立てながら探して
で、何故か水切りかごごと落とした。
大皿とグラス全滅。

細かい破片を掃除機で吸っていたら
「ごめん、俺がやる」
任せたら、掃除機ヘッドの巻き込みローラーを壊された。


         
2017年09月05日


959: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/04(月) 12:52:34.18 ID:57lBViTD
一人暮らししている時に
付き合うようになった人がいた。 

彼氏も一人暮らしで、
彼は彼女に合鍵を渡す事&
彼女から合鍵を渡されるのに憧れてたとかで、 
お互いの合鍵を交換しようと言ってきたが、 
私の一人暮らし先が
女性のみ入居可のアパートで
オートロックのセキュリティ付きだった為、 

そう言う理由でいくら彼氏と言えど
合鍵は渡せないと言ったら、 
今までお前の家に行く時は
必ず連絡を入れていたし、
お前のいない時に行くような真似はしなかった、 

鍵を貰ってもそう言う事は必ず守るのに
なぜ渡してくれないのか、
俺は信用が無いのかといじけだした。 

私にとっては信用の置ける彼氏でも
他の入居者にとっては見知らぬ男性なんだから、 
そう言う理由でセキュリティ付きの
女性限定アパートの合鍵を渡す事は
憚ると言ったんだが、 

相手からしたら
「見知らぬ女の人にとって
自分は不審者に見られるって事か?」で、 
自分を氾罪者扱いされた気分になったらしい。 

私が鍵を渡さない理由を説明するのが
下手だったかもしれないが、 
それが尾を引いて何かあると、 

「俺お前に信用されて無いもんな」
「俺は氾罪者予備軍だもんな」
と拗ねるようになって、 嫌になって別れた。


         
2017年08月31日


893: 恋人は名無しさん 2016/07/20(水) 11:08:06.97 ID:g3UDtQCB0
カップル板に書いていいのかどうか迷うレベルで申し訳ないんだけど・・・ 
友達の紹介でデートして、その時の印象が悪くなかったので付き合い始めた。 

二度目のデートの時、お店に入って注文を決める時、1つしかないメニューを当たり前のように自分の手にもち 
私には見せず、パタンと閉じて呼び鈴を鳴らして「コーヒー。で、キミは?」と言われた。 
いや、私メニューまだ見てないんですが・・ 
「まだ決まってないから」というと、「優柔不断だね^^」といわれてイラッとした。


「今日は○○(施設)まで行くから」といわれて駅で切符を買う時 
彼がいきなりお金を入れて切符をかい出した 
事前に予定を聞いてなかったのと知らない施設だったので、どこの駅まで買えばいいのかわからなくて 
彼に「二枚買ってもらってもいい?お金は後で出すから」と言いかけた瞬間、1枚いきなり買って 
そのまま駅の構内に入ろうとする 
「ちょっとまって、いくらの切符買ったの?」と遠くから聞いたら「え?まだ買ってないの?」と言われた。 

その施設の入場切符を買う時も同じことをされた(勝手に買う→勝手に入ろうとする) 

その後お昼を食べる時も、最初のお店と同じ流れで 
こちらが決めてないのに勝手に店員を呼ばれた。 

帰りの電車の中で「で、次は何時にする?」と突然聞かれた。 
「え。次の日曜?」と聞くと「いや、土曜だよ。当たり前でしょ」と何が当たり前なのかわからないけど言われた。 
土曜は予定が入っていたので「土曜は友達と・・」と断ると「土曜はデートでしょ。普通。断るよね」と言われた 
威圧的に、じゃなく、当たり前のように笑顔でサラッと。 

よくわからないけど、色々かみ合わないと思って、家に帰ってからお断りの連絡を入れたら 
「じゃあ、あと6回だけデートして。そこまでプラン考えてるから消化してから別れよう」と返事が・・・ 
悪い人ではないだろうけど、なんかちょっとおかしいというかズレてるというか・・・正直ちょっと怖かった。

         
2017年08月29日

5: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/04/20(水) 16:34:17.91 ID:2eFroS8d
達の家でDVDを見ていた時、そこに映ってる俳優を見て、 
「あんたが付き合ってた超天然の元彼ってこの俳優の天然っぷりとそっくりだね」と言われ 
確かに…とその元彼を思い出したのだが、高校生の頃にぽや~っとしてる人を好きになった。 

周りからも天然天然と言われる人で、付き合う前から会話の節々で謎発言と言うか不思議思考と言うか、 
よく「なにを言ってるんだ?」「なんの話?」と思うようなそう言う人だったけど、 
そう言う所も面白くて好きだったし、天然故の失笑してしまうチョンボやドジも可愛いと思っていたんだが、 
ある日、天然通り越して別の世界の住人だ…と気付き彼についていけていない自分を感じ冷めてしまった。 

ちなみに性格は穏やかで明るく優しかったし、運動神経は抜群で部ではエースと呼ばれていて、 
(実力的には部長だったのだが、天然すぎて部長には不適切だと外された) 
その超天然以外ではこれと言って問題の無い人だったので、相手が悪いわけではなくただ「合わなかった」って話です。


         
2017年06月04日

784: 名無しさん@おーぷん 2016/10/30(日)01:34:35 ID:sBi
今年入籍するつもりだった彼の身内に不幸があって、
結婚は先延ばしになったけど、同棲は始めた。

勤務時間等の関係で、家事は私がやる方が多いけど、
割とマメな方だし今のところ苦ではない。
彼は炊事は苦手だけどきれい好きだし、
私がやって当然な態度でもないので、不満もない。

ただ一つだけ、ちょっと困ったなと感じているのが、
彼が「白いごはん」を食べない、という点。
デートの食事は、お昼時なら麺類がほとんど。
夜は、どちらもお酒が好きなので、「白いごはん」を
食べるようなお店には行かなかった。
手料理をふるまう時も、彼のリクエストに沿った料理や、
お酒のおつまみばかりだったので、全く気づかなかった。
彼から「白いごはん」が好きではないという話も、聞いた事がなかった。

私は逆で、「白いごはん」が好き。
家での夕飯はほぼ「白いごはん」とおかず、という組み合わせ。
食事については任せる、と言われていたので、彼にもそういう夕飯を出した。

初めての夕飯は
・牛肉と玉ねぎのオイスターソース炒め
・焼きナス
・スモークサーモンと野菜のサラダ
それと味噌汁と「白いごはん」だった。

すると彼は「そういえば言ってなかったけど、俺、白いごはん嫌いなんだよ」
と言って、牛肉と玉ねぎのオイスターソース炒めを
「白いごはん」にかけて食べ始めた。
二膳目は、味噌汁のお椀に直接「白いごはん」を投入して完食。

食べ物の好き嫌いはある程度はしょうがないし、
彼も「白いごはん」に他の味がついていれば食べる。
ある程度の汁気があるおかずなら、そのままかけて食べる。
汁気がないおかず、主に揚げ物(唐揚げ、トンカツなど)の場合は、
ごはんにのせて、唐揚げなら中華ドレッシング、
トンカツならソースを多めにかけて食べる。

私の料理に不満があるわけでもなく、
ただただ「白いごはん」が嫌いなんだそうだ。
彼のお母さんに聞いてみると、小さい頃からずっとそうだったようで、
嫌いな理由は「味がないから」。

チャーハンやカレーライスやどんぶりものなら、出したまま食べてくれる。
私が「白いごはん」を食べるのを咎めるわけでもない。
無理に味のついたご飯を作る必要もない。
その日のおかずの中で味が濃い目のものを
「白いごはん」にかけて食べるからそれでいいと彼は言う。

別に私の負担が増えるわけでもないんだけど、
なんとなく、うっすらと、「なんかイヤだな」と感じてしまう。
こういうモヤモヤって、誰かに言ってもわかってもらえない気がする。
具体的に何が「イヤ」なのか、自分でもよくわからないわけだし。

今日は彼が留守にしていて、
私は一人で焼きサンマと野菜炒めをおかずに「白いごはん」を食べた。
彼はきっと焼きサンマと大根おろしをごはんにのせて、
醤油をたっぷりかけて食べるんだろう、って考えたら、
やっぱりちょっと、イヤだなあと思ってしまった。


         
2017年05月18日

356: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/03(水) 07:48:38.95 ID:RQ9Hzh9W.net
蕎麦を食べに行き彼はざる蕎麦、私はざるうどんを頼んだ 
注文したものが届き食べ始めたら彼が酷く不機嫌に 

「どうしたの?ここのうどん美味しい~」
なんてご機嫌とりながら自分が何かしたのかグルグル考えていた 
食事途中で彼が「もう無理」と言って出て行った 
自分が連れて行った店で急に不機嫌になり支払いもしないで
連れを置き去りにして出て行った人に寂しい冷めを感じた 

後日別れ話の時に、「うどんを音を立てて食べる姿が下品で耐えられなかった」
と言われ、 「麺類は普通に音を立てて食べるでしょ」と返したら 
「俺の周りの女子達は音を立てないように気遣いしながら上品に食べる!」と言われ 
「じゃあ、その上品に麺をすする気遣いさんと付き合いなさいよ!」と別れた


         
2017年05月18日

319: 恋人は名無しさん 2016/08/31(水) 01:19:16.65 ID:Uv63bqIt0.net
今日誕生日なんだけど、たぶん私より酷いプロポーズを受けた人っていないと思う。 

「結婚したら何時かお前を抱かなくなるだろうし、女として見れなくなる。
それは動物の本能だから抑えられないもの。だから先に謝っておく。
たぶんいつか俺は浮気する。でも素人には手を出さない。プロしか相手にしない。
なぜなら俺はお前と一生一緒にいたいから」 

開いていた指輪の箱をわざわざ閉じてから投げ付けたのが最後の私の優しさだわ。 
マジでなにこれ泣きたいけど涙出てこない。


         
2017年05月13日

654: おさかなくわえた名無しさん 2010/07/08(木) 02:34:38 ID:mi9yj13Q
ひと月の間で唯一休みがかぶったデート。 
一ヶ月前から楽しみにしていた。 

もともと行こうって言っていた場所があったけど、
彼が行きたがっていた美術展の最終日が近かったため、
そっちでも良いよ、と私が提案し、決行。 
私は美術には明るくないけれど、好奇心が強く、
何にでも興味を持つので、楽しめる自信は有った。 
彼に気を遣わせないように、当日までに少しだけ事前学習をして、楽しみに待った。

で、当日。 
チケットを渡して入場した瞬間に 
「じゃ、また出口で」 
と言い、さっさと中に進む彼。 

あまりのことに呆然としている内に彼を見失った。 
めちゃくちゃ人が多くて、探せないし美術館の中なので当然携帯もかけられない。 

1時間半美術館の中で人に揉まれて気分悪くなった上に、出口で合流した彼は 
「人多すぎてまともに見れなかった。あんまりだったな」 
と言われた。 

…私が美術展デートなんか提案したのが悪かったんでしょうかorz 
何かもう、とにかく悲しかった。


最新記事
カテゴリー