不幸な結婚式の記事一覧

         
2021年09月03日

163 :修羅場な話 2016/05/05(木) 12:19:07 ID:dzr
姑と義姉の忄生格が悪い。
私たち夫婦の結婚披露宴の時に義姉が「旦那はおばあちゃんにかわいがってもらったから。」とか言って
完ボケの旦那祖母を車いすに乗せて披露宴に出席させたおかげで
披露宴めちゃくちゃ。
旦那祖母が「もっと食べ物―。うぎゃー!!助けてー、ここの人たち意地悪する―!!」
みたいな感じで手の届く範囲の食べ物をぐちゃぐちゃにしたりとカオスな状況に。
もちろん披露宴はめちゃくちゃ、友人たちからは同情されまくり。
旦那祖母にもかなり腹は立ったけど、施設にいるのを無理やり連れてきた義姉の方が腹立たしかった。
旦那はばあちゃんには世話になったからこらえてくれ、姉ちゃんも俺とお前の晴れ姿を見せたかっただけなんだから
勘弁してやってくれって言われた。
姑に至っては、義姉の優しすぎる忄生格が裏目に出てしまっただけなんよ、だってさ。
その言葉わたしの胸に刻んだわ。と思ってこの13年過ごしてきた。
他にも私の家族をけなしたり(何も迷惑かけてないのに)生活版によく書かれるようなことは
一通りやられてた。両親から少なくとも1年は努力しなさいと言われて嫁に出されたこともあり、
我慢してたら1年が終わるころに子供ができてずるずるときてしまった。
子供ができてからは今までのこともありできるだけ疎遠にはしてたけど、
4,5年前から姑がぼけだしてからは介護はほぼ私任せ。
現在、遺伝なのかなんなのかわからないけど姑が完ボケ、旦那祖母にそっくりになってきてる。
GW明けに義姉の娘の結婚披露宴がある。
私の優しすぎる忄生格が裏目に出てもしらんと旦那には言ってある。
旦那は現在義姉に言うか言わないかをものすごく迷ってるみたい。
姪ちゃんの披露宴の日にちゃんとお義母さん車に乗せてね。それとも
介護タクシー頼んでくれる?と全部旦那に任せてる。
もし義姉にちくったり、姑を披露宴に出すのを拒否するようなら、
今までいろいろされたことの証拠を持って離婚するだけ、未練ははっきり言ってない。
円満夫婦みたいにみんな思ってるけど子供が一人立ちしたらきっちり別れると決めてるから
予定が早まるだけだしね。
披露宴が楽しみだ。


         
2021年08月18日

433 :修羅場な話 2018/11/05(月) 21:38:55 ID:0LD+kaqf.net
大した不幸ではないけど…

妊娠中に新婦友人で参列することになった
招待状のNGな食べ物には、最初から30項目くらい一覧が用意されてたので
お酒と貝類にチェックいれて、備考欄には火の通りきってない肉も明記した
新婦も式場に妊婦が来ることを教えてたみたいだった

んで当日、披露宴の始まる前にスタッフから声をかけられて
妊婦と聞いている、事前に伺っていたのでそれらの代替品を出すと伝えられた
しっかりしてるな~安心できるなぁと思ってたのも束の間
運ばれてきた前菜には生のホタテがどーんと乗っかってた
ん?と思ったけど、私がNG項目にチェックし忘れたかな?と思って隣の友人に食べてもらった
その後友人は何かに気づいたらしくてすぐにスタッフを呼んだんだけど
どうやら配膳したスタッフのミスで、友人の前菜のほうが代替品になってたらしい
スタッフが3人くらい立て続けに来て平謝りされたけど、別にアレルギーでもないし食べてもらったから大丈夫ですよと返した

でもそのあとも続いた
みんなはパンが3種類出てきたけど私は3つとも同じ種類のパン
メインの肉料理もソースが洋酒ありだったのか、私だけソースなしで味がしない
料理が来るたび、皿を持ってきては「あ、違うわ…」と呟かれながら下げられたあとに代替品がやってくる
最後のデザートはウェディングケーキを切り分けるより先に運ばれてきたので私だけケーキが添えられてなかった
ケーキはきっとお酒使ってるのかなと思ったし、もう面倒だったから聞かなかったけど
全体を通して料理がなんだかなーって感じの式だった

結局披露宴を通して合計6回くらい謝罪を受けたんだけど
よりによって一番新婦側親類の隣だったから
ひたすら謝罪されたのが新婦母に丸見えだったので一体何事だと思われたとおもう
もちろんクレームつけてないし、大事にしたくなくて大丈夫です、お気になさらず、ありがとうと連呼してただけなんだけどね…

         
2021年07月27日

677 :修羅場な話 2016/05/05(木) 07:55:40 ID:28HnZnjR.net
これから間違いなく不幸になるだろう結婚式の招待がきた
なんと今週日曜の8日だって
キャンセルされまくってて人が足りないからって5年以上連絡とってなかった元同僚にFacebookで招待とかねーよ

         
2021年07月08日

13 :修羅場な話 2008/05/13(火) 01:04:32
別スレで見かけたネタですが…

一年前に式場押さえて二ヶ月前にはドレスもばっちり決めて余裕の結婚式のはずだった
式の前日、突然プランナーから電話があって
「すみません。こちらのミスでドレスを二重予約という形になっていて…
もう一人の方とは連絡がつかないので、申し訳ないのですが別のドレスに変えてもらえますか?」

・・・・(゚Д゚)ハァ?
二ヶ月前にしっかり予約しましたよね?
なんで二重予約?
しかも、なんで私が別のドレス?

その時既に夕方8時過ぎ
式場までは車で1時間半
「こちらは時間を延長してまっておりますので、どうか…」
いや、そっちで泣かれても…
ここはゴネても仕方ないと荷物をまとめて式場へ向かい、不機嫌なままドレスを試着
ひたすら謝るプランナーと衣装係
でも、どれだけ試着してもあのドレス以上に気に入ったドレスなんて無い
五回も試着してやっと決めたドレスなんだから、そりゃ当然だ
それでも、涙を呑んでなんとか一着決めたけど…当日式の途中で
「今頃、あのドレスを着て別の部屋で式を挙げてる人がいるんだ…」と思うと涙がこぼれてきてしまった…

         
2021年06月07日

696 :修羅場な話 2013/11/20(水) 18:25:20 ID:hLXrONsS
姉の結婚披露宴で新郎友人Aが素っネ果になる。
新郎友人Aと新郎は盛り上がってるが周囲はドン引き及び悲鳴。
良識派の新郎友人Bたちが注意するもうるせェ、うぜぇと言う始末。
その場で1番体がデカかった俺(185cm/85kgの坊主頭)に白羽の矢。素っネ果の馬廘を取り押さえ、引きずって式場の外へ。服を着せて椅子に座らせて良識派新郎友人Bとお説教。俺の中では修羅場だったけど俺より多分、その後の二次会とか友人関係が修羅場だったと思う。

         
2021年06月02日

707 :修羅場な話 2017/08/17(木) 12:00:45 ID:Gckf7Puk.net
スマホからなので読みにくかったらごめんなさい。

数年前の今頃に同窓会があって、その時に結婚報告をされ
11月末に結婚式を挙げるから来て欲しいと言われ
私含め周りの子も行く行く!楽しみだね!おめでとう!と言い、あとは思い出話で盛り上がったりして終わった

11月某日に結婚するって言ってた友達や結婚式行くね!と言ってた友達から何件もの着信があったことに気付いて折り返したら
⌜今日が結婚式!何故来ない!空席ができた!食事余るし、金がかかってんだぞ!⌟的なことを延々と言われ
結婚式をあげた友達にスレタイ

同窓会の時に結婚式に行くとは言ったものの、招待状来てないし
その後連絡がなかったので、日時や場所も知らなかった
私と同じ様な子が数人いたらしく、私が座るはずだった卓は3/5は空席だったと参加してた子から聞いた

         
2021年05月04日

162 :修羅場な話 2008/01/21(月) 05:34:02
おお、ス㋣ーカーで思い出した!

私の知り合い(友達レベルではない)の、不幸だったらしい結婚式。
新郎ウッキウキな表情、新婦はどよーん。
新婦の仲のいい友達から事情を聞けば、
新郎は新婦のものすごいス㋣ーカー。
挙式当時新婦は29歳だったのだけど、新婦が17歳のころからストーキングされ
もうとにかく地獄の果てまでついてくる状態だったらしい。

それにとうとう耐えられなくなった新婦が新郎との結婚を決意。
「結婚すればストーキングされなくなるかもしれない」
という理由だった。
周りはそんな理由で自分の戸籍を汚すなんてと反対したけど
新婦はもう、そんなことはどうでもいいくらい疲れ果てた様子だったそうで。

私にも結婚しましたハガキが来たけど、一枚のハガキに
何種類もの写真(どれも新郎ごきげん、新婦不機嫌)が散りばめられ、
気の毒に・・・と思っていたけど、4年後くらいに離婚した。

一緒に住んだらス㋣ーカー新郎が新婦に飽きたらしい。
新婦の離婚の申し出を普通に受け入れ、離婚。
子供もおらず。

「もっと早くにこうしておけば良かったーー!」と新婦の表情は
見たことのない晴れ晴れとしたものだった。
私が新婦と出会ったのは新婦が20歳超えてからのことだったので
彼女の本当の笑顔というものを初めて見た気がしたよ。

         
2021年03月14日

447 :修羅場な話 2006/12/26(火) 13:08:43 ID:a2qEigJ8
2月の話。
ガーデンナイトウェディングでコート着てマフラーまいて靴もブーツに履き替えたら
「えー…その格好って…何か…
一応フォーマルな場なんだしさぁ…着るなとはとは言わないけど…
華やかさってのも大事なわけだし…」
ってチクチクネチネチと完全装備の新婦に言われた。
しかも全体を覆うようなテントの中の新郎新婦席にはストーブ4台もあったし、
椅子にはアンカもおいてあったんだよ、ひざ掛けも。
「皆寒いの我慢してるんだけど?」って、お前が言うな、何枚着込んでるんだ。
気温が-2℃でガタガタ震えて何も食べれない相手にコート脱げって
そっちの方が常識ねーよ。
常識あったら2月の東北でガーデンなんてしないだろうけどね。

しかもあまりの寒さに親戚、子供が真っ青で退場、
結局、一度中に入ってしまうともう出る気がしなくなって、
ほとんどの人が引っ込んでしまった。
式場の人が戻って来いと何度も言いに来たけど
皆微妙な表情で視線を交わして無視。
ため息をつきながら戻ると新婦(鼻真っ赤)は怒り心頭だったが、
新郎ですらもうド紫唇でウンザリと言った顔。

私は電車だったからブーツだったけど、車で来た人なんかは何も持ってなくて
「ああ~」と言いながら雪で濡れてしまった靴を見てた。
ちょっとならいいけど、完全に濡れるとそこが凍るんだよね。
そうなったらもう靴自体がダメになるし。
テントの上に積もった雪がドガっと落ちてきて、思いっきりかぶった人も、
ぞうり履きの足が凍えて転ぶ人も居た。
大雪なのに傘をさすとスタッフがやめろって言いに来るしさ。


         
2021年03月12日

145 :修羅場な話 2018/01/11(木) 14:49:48 ID:t2EmihGv.net
ここでいいのかよくわかってない新参者だけど、置いていくね。ちょっと長くて申し訳ないです。
職場恋愛の末に結婚し、主役2人がその披露宴後不幸に陥った話。
新婦:40歳美人 うちの部署の創設メンバーで結婚式当時は課長。実質部署内トップに君臨している人
新郎;28歳。入社4年目。うちの部署でチーフを務めている。  
結末:新郎は降格・島流しの上で自主退職。新婦は色んな特権はく奪され、監視をつけられて自主退職。

何があったかというと、披露宴にて2人の馴れ初めを紹介する件や、
新郎が作ったであろうPVがひどすぎて参加者ドン引き。
参加者にはもちろん職場のお偉いさんも部下たちもいたわけで・・・。
内容をうまく説明できる自信がないので箇条書き。多少のフェイクやぼかし有りなので、訳わかんないとこはスルーしてね。

・2人の出会いはどこ?→2人「職場の面接(新婦+事務のお偉いさんが面接官)」
・結婚を意識したのはいつ?→2人「初対面のとき(つまり面接したとき)」
・付き合い始めたのはいつから?→新郎が就職1年目の冬から(新郎は同時期に他部署の役職付きとも付き合っていたし、公言もしていた)
・どういった形で愛を育んでいったのか→出張先でもデートしていた(つまり交通・宿泊費は経費)
・PVにて、次期課長・部長・主任候補たちをdisる。
(飲み会等での醜態写真などを出して、だらしない上司・先輩方だけど私達で〇〇部を支えていきます!的なストーリーに仕立ててあった)
・元カノ(というか二股してた相手)からもらった手作りマフラーを2人で着用しての2ショット写真掲載。
その女忄生は退職済みだが、同じ部署だった面々は気付いてざわついてた。

         
2021年03月06日

567 :修羅場な話 2015/02/06(金) 19:35:05 .net
新婦友人として出席した結婚式
新婦の高校時代の友人がサプライズゲストを用意してるって話を聞いた
高校の時に新婦が好きだった人らしい
結婚式にそんなサプライズゲストを呼ぶって……と思ったけどそれを知ったのは
式が始まる直前で、新婦に知らせる時間もなかった
そして式が進んで始まるサプライズ企画
司会「サプライズゲストに来ていただいております!Mさん、どうぞ!」
登場する新婦が好きだった人Mさん……のはずが、新婦がどう見ても「?」って顔してる
Mさんが「新婦ちゃん、結婚おめでとう」と花束を渡すと
新婦は笑顔で「ありがとうございます」と言ってるんだけど、なんつーか反応が薄いというか
誰なのか分かってないんじゃないの?って感じがする
高校の同級生のはずなのにめっちゃ敬語だしw
司会も「なんか思ってた反応と違う」って感じで焦り出す
そして「Mさんは新婦の高校の時の同級生です。新婦さん、覚えていますか?」と
新婦の反応を見て寄せばいいのに新婦にマイクを振って
新婦「あ、はい。高校の時に、えっと……運動部?に入ってた同級生で……」
司会「はい!Mさんはバスケ部でした!」
明らかに新婦ウロ覚えなのにゴリ押しw
どういう勘違いがあったのかは知らんが、新婦が好きだった人ってのが間違いなのは分かった
結局「新婦が好きだった人です」と紹介されることはないまま同級生として企画が終わった
自信満々のドヤ顔で颯爽と登場して徐々に「あれ?」と小さくなっていったMさんが不幸だった

本日のスカッと動画!
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー