542:名無しの心子知らず@無断\(^o^)/2015/05/13(水) 21:52:55.23ID:Gm4Nvkr8.net
数年前、うちの姑さんがロックオンされていて、
飼っていた猫を口実に、ほぼ毎日上がり込まれていました。
姑さんが自転車で転んで脚の骨を折り、不自由な体になったのを期に
同居した私と旦那が締め出しにかかり、何とか追い出しに成功しました。

一週間くらい平穏な日が続いたのですが、ある朝仕事に出ようと車に乗り込んだ
ところ、件の放置児が、うちの低い生け垣によじ登って、ニヤニヤこちらを見ている
のが目に入って来ました。
これは、出る前にきちんと戸締まりした方がいいと、旦那に伝えようと思って車を
降り、家に入って出てくる数分の間に、放置児はいなくなっていました。

すっかり嫌な気分で、一応確認しておこうと、車の周囲を見ると、
後ろタイヤの下に何か変なものが見えたのです。
姑さんの飼猫が詰められた土のう袋でした。
あのニヤニヤ顔が何を期待してのものだったのか、正直考えたくありません。

ふい、と3日くらい家を空けることはよくある猫でしたので、
そのときもそうだろうと思っていたのですが、
まさかそこまでのことをするなんて、あんなに可愛がっていたのに。
今にして思うと、それを口実に上がり込んでいたのですから、そのように装うのは
当然であって、それに気づけなかった自分のバカさ加減が嫌になります。

ペットを飼っていらっしゃる皆さん、くれぐれもお気をつけて。