ほっこりする話の記事一覧

         
2019年02月18日

412 :名無しさん@おーぷん 2018/03/27(火) 11:26:44 ID:???
春休みに入ってから息子が毎日おにぎりを要求し
ダンボールやガムテープを持って出て行く
どこ行くの、と聞いても「ちょっと…」みたいに口ごもる
これは十中八九秘密基地を作っている
山と畑しかない田舎だけど人様の土地に侵入していたらどうしよう…
後をつけるべきか…



         
2019年02月13日

453 :名無しさん@おーぷん 2015/10/24(土) 08:54:16 ID:UZD
昨日旦那と軽いケンカをした。
すると旦那が「もういい!別居だ!」と娘を抱いて言ったので「えっ…」って一瞬固まったら
向こうが(何故か)泣きそうな顔をして
「嫁ちゃんはそっちの寝室ね!俺はそっちの和室で娘と住むから!家庭内別居!家庭内別居!yeah!」
と言うので
「じゃあご飯も別々なの?旦那くんの分作らないで良いってこと?」
と聞くと「………やだ」
「娘のご飯は?旦那くんが作るの?」
「………むり」
「家庭内別居するの?」
「しないー!ごめんなさいー!」
と仲直り。
いつもこうやって仲直りに持ち込んでくれる旦那が大好きだ!
結婚生活がこんなに上手くいってて幸せなのは旦那が優しいからだよーありがとーーー!


         
2019年01月24日

212 :おさかなくわえた名無しさん2011/06/11(土) 18:57:34ID:QPCiOJxr
十数年前姉が病タヒ、姪っ子は私達の母親の養子になった。
そんな姪っ子は当時幼稚園児。
両親は自営業だった為、事実上私が母親代わりになり、
仕事を辞め姪っ子のケアに専念。
そんなある日、姪っ子の誕生日プレゼントを買いに出掛けた。
しかしふと足を止め、お茶が欲しいと言い出した。
夏でとても暑い日だったので、喉乾いたのかな?と
思い、自販機でお茶を買い姪っ子に渡すと走り出してしまった。
慌てて追いかけると、姪っ子はある人の前に行き、
『どうぞ』とお茶を差し出してた。
最近この辺に居るようになった、40代と思われるホームレス。
元々ホームレス自体少ない地域だったので、姪っ子は気になってたようで
いつも座ってるホームレスが喉乾いてると思ったらしい。
ホームレスは戸惑い『貰っていいのかい?』と私の方に問い掛けてきた。
姪っ子はホームレスにあげたいからお茶を欲しがったので、
『良ければ貰ってください』と答えるとホームレスは泣いてしまった。
『こんなゴミに優しくしてくれるなんて…』泣きながらお茶を受け取ってくれた。


         
2019年01月23日

63 :名無しさん@HOME2015/07/05(日) 12:02:520.net
武勇伝とは違う気がかなりするけど、該当スレがわからん。でも誰かに言いたかったから書いてみる

児童館に2ヶ月くらいの赤ちゃん抱えた新米ママ(かなり憔悴しているのがわかる。目がタヒんでた。産後鬱?)がいた。
赤ちゃん泣き出しちゃって、ママはおろおろ。もう見てられないぐらいの焦りよう。
児童館だし、別に子ども泣いてもいいんだけどね。

そしたら、1歳半くらいの子が、そっちを指しながら自分の母親の顔を見て、あっあっって言う。泣いてるよーみたいな。
そのお母さんは、そうだねー泣いてるねーって相手してたんだけど、ぐったりな雰囲気の赤ちゃんのお母さん見て、

泣いてるね、赤ちゃん元気だねー

って言ったの。聞こえる声で。
その時の、赤ちゃんママのホッとした顔がとても印象的だった。
1歳半ママも昔苦労したんだろうなーと思ったよ。


         
2018年12月12日

298 :名無しさん@おーぷん 2015/09/28(月) 22:12:03 ID:1Fo
旦那に「月が綺麗ですね」ってメールしてみた。
何て返ってくるかなぁ


         
2018年09月30日

482 :2011/10/21(金) 20:34:53ID:smQou4rz0
道端で「ニャーン、ニャーン」と鳴きながら、道端の茂みに手招きしてニヤけているスーツのオッサンがいた。
近付くにつれ、道端の茂みの中に白い何かがいて、それに向かって鳴いてる事に気付いた。
猫か、と思いながら更に近付くと、それは猫ではなく白いビニール袋であり、
遠目から見たら不審者でしかないオッサンは、朝から眼鏡を家に忘れて出勤した私の父だった。

「お父さん何してんの」と話しかけると「猫いる猫いる(*゚∀゚*)」と言うので、
無言でビニール袋を茂みから引っ張りだして見せたら
「……うわああぁぁぁ!誰にも言わないで!アイス買ってあげるから!」
と頭抱えてた。

とりあえずハーゲンダッツ買ってもらった。



         
2018年09月23日



607 :2015/06/22(月) 15:13:07ID:WDAhUtfr.net
とあるKYな後輩の言葉が、一人の老人の心を救った話って、武勇伝扱いで良いんでしょうか?
スレチだったら申し訳ありません。


609 :2015/06/22(月) 15:20:13ID:vO7m2PtF.net
>>607
書いてからスレチと言われよう
はよ
610 :2015/06/22(月) 15:23:04ID:WDAhUtfr.net
書いてからスレチと言われろとのお言葉に従おうと思います。
確かにその通り。

当然ですがフェイク入ってます。


私以外の登場人物

後輩A:私の後輩。高卒の新人。人間的には良い奴だが、社会人的にはKY。
Bさん:104歳のお婆さん。先日天寿を全うされました。

現場
老人施設。いわゆる特養。


         
2018年09月17日

58 :名無しさん@おーぷん
私はダラ奥
超ダラ奥の専業
ただし夫の前ではキチン奥
掃除洗濯ゴミ捨て買い出し、料理の出汁はきちんと昆布や鰹節あご出汁時にはもどしどんこ

夫は2・3日の出張多めの専門職

GW明けに一週間の出張が入ったと言われ、当日も朝食から靴磨きまで完璧に夫を送り出した
その後もう一眠りし家着のまま近所のレンタルDVD屋行き爆借りした後コンビニで食料と酒買い溜め
一歩も外に出ずに5日経過
明日はスーパー行って掃除して…と思いつつソファーで寝落ち
起きたら朝、部屋キレイ
なんで???と思ってたらベッドで夫が寝てた

コンビニの食べ散らかしやビールの空き缶ピザ屋の食べ残し埃被った部屋これ全部夫がキレイにしてくれてた
出張先での仕事が終ったから終電で帰って来てくれてた
ラインも入れたが私は寝汚く夢の中

夫が起きるまでが私の最大の修羅場


         
2018年08月04日

793:1/32015/10/03(土) 13:25:51.70 .net
小学生の頃、
クラスの女子全員さらに一部の男子からもいじめに遭ってる女の子がいた。
いつも絵を描いていて、「ブサイクな絵だな」とか「ヘタクソ」とか言われてた。

彼女は少年漫画の絵を描いてて、
俺はその漫画の大ファンだったから絵を見せて貰ったらめちゃくちゃ上手いんだよ。

中学生になって俺はいわゆる中学デビューした。
毎日素行が悪い仲間と先生に迷惑かけていた。
ある日彼女がまたいじめられてると聞いた。
好きな人に告白したら撃沈したらしく、
その好きな人にいじめられ始めて......とのこと。
中3になると俺も勉強を始めた。
親に言われたし渋々に近かったけど。
俺は私学の出願の時、彼女が俺と同じ私学を受けることを知った。
本命の公立も一緒だった。
本命落ちたから第二志望を受けた。そこにも彼女はいた。
偶然ってすげーって思った。

高1.2と彼女出来たり振られたり部活で骨折したりでまあそれなりに楽しんでた。
そして高3。クラス発表の日。
彼女の名前が確かにあったんだ。
俺の、真下に。


         
2018年06月23日

743: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/07(日) 22:40:12.38 .net
今日の昼、嫁が大切にしていたアルバムを娘(高2)と見ていたら 
アルバムの写真の裏にびっしりとメッセージが書かれているのを発見した。 
すべての写真の裏に、その時の思い出が書かれていた。 
「ママ、反則だよwwwコレww」 
と、今は落ち着いたが中学生の頃は俺を汚いもののように接していた娘が泣き笑って 
俺に一枚の写真を差し出した。

娘が生まれた時の写真で、俺宛だった。 
「俺君へ。 
これを見る頃はたぶん娘ちゃんが中学に入学した頃かな。 
まあ、たぶん、私はそれまで生きれないと思います。 
女の子の中学生活をなめてはいけません。 
そろそろ蛇蝎のごとく嫌われているんじゃない? 
そんな時はこの写真。 これをみて心を落ち着けるのです。 
可愛いでしょう。このとき、俺君号泣してたよね。 
私がいないのが苦しいですけれど、 
俺君しか娘ちゃんの親はいないのです。 
お願い。心を離さないで上げて。 
俺君は当たり前だと思うかもしれないけれど、 
お願いしかできない私のお願いを聞いてください。 
あの子をよろしく頼みます」 

俺号泣。もう二度と泣かないと思ったけれど号泣。 
娘も号泣した。 
「遅いしwww私たち見るの遅いしwwwひくひく」 
娘は号泣したまま笑っていた。 
「パパ、これ中学時代に見たかったねwww」 
なんだかスッキリした笑顔で娘に言われてまた号泣。 
5年経っても俺にはまだ昨日のことみたいなんだけどな。 
久しぶりに嫁さんの声を思い出してたので記念カキコ。


最新記事
最新コメント
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリー