仕返しの記事一覧

         
2024年01月02日

165 :修羅場な話 2006/12/26(火) 20:47:37 ID:Cqi3J1UY
俺のじーちゃんが家から徒歩5分くらいの所で家庭菜園をやっている。
その土地は元は親戚の家だったのを数年前に取り壊して菜園+空き地になったものだ。
空き地は我が家に親戚が来た時には駐車場代わりに使ったり
近所の家に訪問者が来た場合にわりと自由に一時的な駐車場として利用されていた。
近所の人はじーちゃんとも知り合いで無断で停めていてもそれは特段問題なかった。

しかしここ数ヶ月ほど、土日になると終日無断駐車をしている知らない車があった。
県外ナンバーでたまに金曜の夜から停めていることもあった。
近所の人に聞いても該当者はなく、たまに来る我が家の客も停められずちょっと困っていた。
じーちゃんは仕方なく「私有地につき無断駐車お断り」の立て板をするも効果なし、
車に同様の張り紙をするも効果なし、警察に苦情を言うも私有地だから何も出来ないと断られていた。

そこでじーちゃんは「工事予定地につき立ち入りを禁じる」という柵を張った。
実は工事予定なんかなかったが、スコップやらブロックやらを空き地に置いてそれらしく見せかけていた。
しかし柵といっても埋め込み式ではなくただ立てただけのものだったので
無断駐車する車はその柵をのけてまで空きスペースに駐車し、その後柵を元に戻して立ち去った様子だった。
怒り心頭したじーちゃんはついに先週の金曜日に行動に出た。
知り合いから借りてきたユンボで空き地の入り口付近を深さ1メートル・幅2メートルくらいの溝を掘り、
青いビニールシートをその上からかぶせて前と同じように工事予定地の柵をした。

土曜の朝、じーちゃんに面白いもん見せてやると言われ俺は菜園に付いていった。
俺が見た光景は、後輪が少し浮いた状態で空き地に突っ込んでいる白い車。
近所の人が数人周りを囲んでヒソヒソしてたけど主は誰かわからなかった。
呆然としている俺にじーちゃんはニヤニヤと車を指差しながら
「これがのいたら穴を埋めるから手伝え。とーちゃん達には内緒にしとけよ」と言った。
その日の昼過ぎにはJAFが来た。犯人は近所の賃貸アパートの単身赴任旦那だったらしい。
謝罪にも来なかったのでうちの両親にはじーちゃんの罠はバレなかった。
翌日のイブの日に何の予定も無い俺は一日がかりでじーちゃんと二人っきりで巨大な溝を埋めた。メリークリスマス。


         
2023年12月10日

645 :修羅場な話 2006/09/09(土) 15:41:52 ID:9H8zfxAH
小学校5年ころの話。
近所の盆踊り大会にガキ5,6人で遊びに行った。おもちゃ屋の屋台がでてた。
いかにもテキヤといった風情のあんちゃんに
「これいくら?」「高いよ、まけてよ」「お兄ちゃん彼女いる?」
などと絡んでたら、あんちゃん生意気なガキがうざかったのか、ケンちゃん(仮名)の顔面に銀玉鉄砲を至近距離で発射した。
ケンちゃん「うわぁーん」てな感じで泣き出したんで家まで連れてった。
ケンちゃんの家は土建屋。住宅の基礎とかブロック塀とか作ってる。
「あのね、おもちゃ屋のお兄ちゃんがね、ケンちゃんにピストル撃ってケンちゃん泣いちゃったの」
ケンちゃんのお父さんにチクった。
「なぬー!」てな感じでお父さんブチ切れて土方衆引き連れてどなり込み。
突如スコップだのボルトカッターだの手にした土方衆に囲まれ、あせるテキヤ。
お父さん「あやまれ!」
テキヤ「すんません...」
ボコッとお父さんのげんこが飛ぶ。
「あやまれっつってんだよ!」
「どうもすいません」
ボコッボコッ
「あやまれっつってんのがわかんねえのかよ!」
結局テキヤに土下座であやまらせた。
そして土方衆は屋台をひっくり返し、お父さんの一言「とっとと帰れ!」
テキヤはおとなしく撤収作業にはいりました。
その後ガキどもはケンちゃんのお父さんにかき氷をおごってもらい、
「すげえな、ケンちゃんのお父さん」
「今度からなんかあったらケンちゃんのお父さんに言おうぜ」
「オレ大人になったら土方になろう」
さっきまで泣いてたケンちゃんはニコニコでした。

         
2023年11月08日

316 :修羅場な話 2016/02/01(月) 23:48:15 ID:dsQ
高校でいじめに遭って復讐した。復讐といえるかどうかは微妙だけど。
いじめの内容は毆る蹴る窃盗物損に始まり、カッターで薄皮を剥がれたり肛門にペンを入れられるなど。
教師は見てみぬふりどころか連中の味方をする始末で、親も聞く耳持たずでただ耐えていた。
進学して、知った人間がいない土地に行くことだけが学校を辞めない理由だった。

いじめが始まった一年の二学期から、ひたすら日記をつけた。

10月25日 放課後、A、N、Wに実習棟で全ネ果にされ服を鍵のかかるロッカーに入れられた。

といった具合に、あったことだけを淡々と書き続けた。
ノートが三冊目に達したころ、ようやく卒業を迎えた。
教師は連中との別れを惜しみつつ、私には片手で卒業証書を投げ渡した。
生傷が絶えなかった私は、教師にとっては厄介事の種でしかなかったんだろう。

         
2023年10月04日

180 :修羅場な話 2012/12/14(金) 13:55:22 ID:4mwuwIZ+
今年の夏のこと
主婦友(お互い子ナシ)の友人で、旦那と全く会話がないという友人にドライブに誘われた
いつも車を出すのは私だけど、ついに離婚かな?悩んでるから気分転換かな?と
いつものように特に気にせずに迎えに行った

「とりあえずA薬局行ってもらえる?」
なんか急ぎなのかなと思い、言われるままにA薬局に
A薬局の用事が終わると「次はB薬品」

地元にA薬局とB薬品(名前が似てるドラ⺍グストア)がたくさんあって
市内と近郊に100件近くある

彼女はドラ⺍グストアに行くと、美容部員に話しかけ
2~3分相談するような会話をして「とりあえずサンプル下さい」と
自分と、同行している私の分のサンプルをもらう
資生堂の、そこそこ高いラインの化粧水と乳液のセットで
サンプルと言っても1回分ではなく、トラベル用のボトルくらいの量が入っている

帰りたいという私を無視して、市内のドラ⺍グストア数十件を周り
化粧品サンプルを大量にゲットした彼女、もちろんヤフオクで売るらしい

アメ車なので、真夏に市内ばかり走るとリッター3キロ以下になるのに
「自分の車だとガソリン代で多少経費がかかるけど、他人の車なら完全に実費ゼロじゃんw」

結果的にゲットした大量のサンプルの合計容量がフルボトル3本分くらいになったらしい
ブチ切れたのでヤフオクで探し出して
Facebookで彼女との共通の友人しか見れない設定にして
URLとその日あったドラ⺍グストア巡りの一件を書いて晒してやった

元々そういう人だから、他の友人ともなんやかんやあったみたいで
全員からCOされてて忘年会リストに入ってなかったw
あさましい人間からは、みんな離れていくんだね

         
2023年06月24日

872 :修羅場な話 2017/07/25(火) 13:35:23 ID:lie
喪女だった中学時代、私のラブレターを人前で読み上げた先輩が偶然勤め先にやって来た。
マニュアル通りの応対をしていたんだけど、なんか目が泳いでしどろもどろしている。
過去の事が気まずいのかな?なんて甘酸っぱい気持ちになっていたら
「あ、あの…すごくお綺麗ですね!すごい美人っすね!エヘヘへ」気付いていないどころかナンパしてきた。
「私の事忘れちゃったんですか?お久しぶりです、◯◯です。」
とニッコリすると、一瞬フリーズした後
えーーマジか俺なんで他の奴と結婚したんだろーいやぁ綺麗になったね驚いたよ昔から可愛かったけどね偶然かな運命だね今度食事でも…
まるで私がまだ自分に惚れているかのような口ぶりで喋る喋る。
もうすぐ寿退社する事を告げると、泣きそうな顔で「ちょっ、それ何とかなんないの?」
すごいクズだった。さっきまで甘酸っぱかったのに一気に思い出が腐った。
その後は用もないのに手みやげ持参で訪ねて来ては「ハァ…可愛いなぁちくしょう」と雑談して帰って行く。
引き継ぎは店一番のゴリラに頼んだ。

         
2023年03月13日

264 :修羅場な話 2013/02/19(火) 16:35:09 0
義実家で娘に離㲗食上げてたらウトに
「親の介護も子育ても一緒だな。飯食わせたりオムツ変えたりしてればいいんだから。
ま、嫁ちゃんよろしく頼むわ」
と言われたので思わず
「やだお義父さん、子育ては子供が成長するからやりがいがあるけど、介護は段々
弱っていくだけなんだから同じな訳ないじゃないですかー☆」
と言ってしまった。次いで夫が
「子育ては子供がかわいいからこそ頑張れるんだよ。自分のことかわいいとでも
思ってんの?」
と言ったら横からトメが
「そんな言い方しなくてもヨヨヨ・・・」
してきたので
「あっ悪気はないんですう☆ほら私ってサバサバしてるからあ、思ったこと
すぐ口に出ちゃうんですよねー☆ついでに言っちゃうとお、せっかくコトメちゃん
と一緒に住んでるんだから、コトメちゃんに介護してもらったらどうですかあ?

と言って帰ってきた。
「悪気はない」はトメの口癖でそれさえ言えば何を言っても許されると思ってる
みたいなので使わせてもらった。
コトメハゲーム廃人で引きこもり。

         
2023年03月12日

597 :修羅場な話 2010/11/17(水) 23:31:45 ID:hu7wRFaA
友人に頼まれ彼女の娘さんの七五三の撮影係になった
まだ三歳なのでワンピースを着たけど、かなり上品な色で私でも知ってるブランドのもの
でも、やっぱり着物の方が目立つようで真っ黒な着物で中の色が赤という子がいた
その子供が友人の子(Aちゃんとします)に絡み出した
7歳くらいの子が3歳相手に「ワンピース可哀相」だの「着物じゃなくて貧乏」だの色々言う
さすがに小さくても女の子、Aちゃんは悲しそうにしていたけど、それでもお母さんの前では明るく振る舞い、千歳飴をもらいはしゃいでいた
その健気さに黒着物の子がいる前で友人に
「知ってる?赤と黒を子供で着こなせたら将来美人になるんだって。でも、たいていが下品にしか見えないからまずそんなことはしないんだよね。そんな着物着ている子なんているわけないって・・いたよ!」
と黒着物の子を見て大袈裟に驚くと、Aちゃんに
「衣服は着る人を選べない・・可哀相に。Aちゃんは服の神様が選んでくれたんだよ。これからAちゃんは何を着てもよく似合うよ」
と言いました

多分、㬥言かもしれない
でも、晴れの日に他人が着ているものにケチ付ける子にはこれくらい言ってもいいよね

         
2022年12月28日

14 :修羅場な話 2016/08/18(木) 06:19:00 ID:NOp
最近スマホユーザーが増えたのもあるだろうけど
10~20年前より明らかに人にぶつかられる回数が増えてる。

こっちも避けようとしてるけど道のど真ん中塞いでこっちに突進してきてよけられない人が本当に多い。
こちらが見えてるっぽいのにぶつかってくる。
私は1年の3/4は日傘をさしているので
最近は日傘でガードしている。
背が低いのでちょうど顔や目に激突してくる人が多くて自分から刺さりにくる。
スマホ見てなくてもぶつかってくる人も多い。

なんか坂道を自転車こいでたら顔にぶつかってくる虫みたいで気持ち悪い。
私は人にぶつかりにいったりしないので本当にあの人達の意味がわからない。

         
2022年11月09日

144 :修羅場な話 2012/03/04(日) 21:35:16 ID:ITOuC55P
DQNなため嫌な人はスルーで

親類が選挙に出て当選した。
選挙と言えば選挙カー、たいていの人はレンタルにするが
俺がワンボックスバン持っているのを貸しだして、業者でカスタムすることに。
当選後は元のバンに戻すため、業者に行って看板とアンプを外してもらう。
投開票日翌日、横のステッカーの名前文字を剥がして、昼から隣の市の業者に行く。

その途中で、従兄の子供を学校へ迎えに行くことに。
校門の前で子供を乗せて、子供の持っていたICレコーダーを回収し、
今まであった内容を箇条書きで事情聴取して、ある家の前へ到着。
車内のアンプのスイッチを入れ、マイクを持ってきてスタート。
「**君、カツアゲしたお金は返しましょう」
「脋迫して刃物ちらつかすって怖いですよ」
「ケガした子も居るんですよ」「手下の名前も知ってますよ」
これを400Wハイパワーアンプ経由で爆音放送。
DQN母親が慌てて飛び出て来たので、
「本日午後5時までに解決しない場合は、明日学校の前で鳴らしまーす」と逃走。

近所どころか集落単位で噂になっているそうです。

         
2022年02月28日

409 :修羅場な話 2014/08/07(木) 08:42:53 ID:3xfdiWwzR
GWに我が家と旦那の友達A一家と初見Bさん、旦那友達Cさんと飲みに行くことになった
Aと旦那だけが嫁同伴で後は独身なので『男同士で飲みなよ』と断っても一緒に行くことになった
私と旦那、A、Bと4人で話していたんだけど仕事の話になってきた
旦那、A、Bが「仕事なんて」と愚痴り出しBが「奥さんは好きな仕事ができていいね」と絡んできた
私は旦那の会社で短時間経理、家では自分の仕事(開業済でこっちが本職経理は緊急に頼み込まれて仕方なく)
をしていたのでビックリした
持論になるかもしれないけど、息子達には「将来はできれば好きな仕事に。そうじゃなくても就いた仕事のことを好きになるように努力する。」と諭していた
なので「俺も仕事嫌い」「俺も」と次々に言い出し旦那は私に「お前だって最初から好きな仕事についていたわけじゃないだろ」と絡んできた
私は看護師かOLになりたかったけど、看護師は体力的に無理だと悟りOLになったから好きな仕事には変わりないと説明
旦那が俺だってアイドルになりたかったけど無理だから辞めたと言い出したから「オーディション受けたの?」と聞いたらきょとんとされた
旦那が嫁に責められている!友達として助けなきゃ!という空気になり、男3人で一斉に私に絡んできた
「奥さんはイチローなんですよ。なんでもやればできるからって他人は違う」そうだ!そうだ!
「お前なーみんながみんな好きな仕事できるわけじゃないだろ」そうだ!そうだ!
いやだからやむを得なく嫌いな仕事についても好きになるように努力はしないの?と言っていたのですが馬耳東風
もぉ「奥さんはおかしい!」そうだ!そうだ!フジコフジコで酔っ払いだし話にならない
3対1って意外ときついのねと思い泣きそうになったが腕をつねって我慢
場の空気を壊さないように先に帰ることにした
途中でトイレに行った時はトイレ前でBさんが待っていたり、帰る時も旦那じゃなくBさんが見送ってくれたんだけど保険屋と聞いていたし最初に絡んだのはBなので警戒はしていた
いったんきります



Twitter プロフィール
2ch(5ch)鬼女系のまとめサイト 修羅場な話まとめのつぶやきアカウントです。
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー