メシマズの記事一覧

         
2020年09月14日

704 :修羅場な話 2020/05/07(木) 20:02:15
うちの嫁は「ハラスカレー事件」と「杀殳人タルタル事件」起こしてから
ほとんど料理を作らず、俺任せになってるけど
ここであげられるような
意固地に作り続けるテロリストよりは
全然マシだな


         
2020年09月07日

586 :修羅場な話 2015/10/17(土) 01:21:28 .net
新婚一ヶ月のぺーぺーです
あまりにも嫁のメシがマズイので
本日遂に言ってしまいました
「なんでこんなにマズイんだ?」と
嫁が泣き出して大変でしたが
一緒に料理を考えようと説得しました
嫁も自分でマズイのは解っているけど
うまくできないと悩んでいたらしく
店で売っているセット物を参考に真似してみようとなりまして
こちらの先輩方のおっしゃるところのコンビニの鍋が美味しいと思い出しまして
やはり美味しいですね店で売っているものですし
これは付属のスープが美味いのだと嫁と結論しました
明日は同じ味のスープを作るところからはじめます
市販スープで簡単にできるなら楽なのですが
それも一緒に探してみるつもりです
なにせまだ若輩の身で稼ぎも少ないので
なかなか贅沢も言えません
来年の春には第一子も生まれます
我が子のためにも稼いで美味い飯を我が家庭に誕生させねばと

嫁は熱い内に打て

助かりました事を諸先輩方に御礼申し上げます

         
2020年08月13日

8 :修羅場な話 2014/04/18(金) 18:32:17 ID:VpRKfzuTT
前夫の親からよくある嫁いびり受けてたんだけど、しょっちゅう
メスマズ扱いされて食事残された。
のこすだけじゃなくてある程度食べたら捨てられた。
味付けの好みの問題かと思ったが、同じ味でも濃い薄い甘い辛い
と理由はバラバラだった。
姑に教えを請うも感想言ってるんだから分かるだろう!としか
言わない。
前夫はおいしいって言ってくれるが、親には逆らえず
反論や注意はしてくれない。
そのうち親の言うこと聞いて親がおいしいって言う料理を作って
欲しいって前夫にお願いされてしまった。
なのでそれからマズメシだけ作った。
当時は気が弱かったから洗剤入れたりとかは出来ず、塩加減や
焼き具合の振り幅を大きく外すようにした。
味が薄いと言われれば次は塩をガンバン振ってしょっぱくして、
焼き過ぎと言われれば次は魚だろうと豚だろうとレアにした。
食材を無駄にするのは辛かったが、どのみち捨てられるんだって
思って続けた。
前夫も巻き添えにしたらそれから半年で離婚になった。
その後良い人に出会えて幸せだが、
今なら前夫よく半年も耐えたなと思うw

         
2020年06月27日

676 :修羅場な話 2008/04/15(火) 20:41:01 0
「私は女手ひとつで4人の子供を育てあげた」が口癖のトメさん。
下は乳飲み子、上も就学前の三つ子という状況でウトさんにタヒなれ、
それはそれは苦労して全員高校までは出したトメさんを尊敬はする。
「それでも子育て家事に手抜きはしなかった」とさんざん聞かされ、
凸してきてはいろいろいちゃもんつけてくれたトメさんに、
家事を仕込むという名目で義実家に呼ばれて義家族全員集合の食事作ってきた。

コウト「すげー嫁子さんの料理ウメー」
コウト2「うわープロみたいだ」
コウト3「兄貴うらやましいぜ!」
夫「だろー?共働きなのにいっつもこんな料理出してくれんだぜ。
母さんも安心してくれよなー、スッゴイ良くしてくれてるからさあ」
トメ、苦虫噛み潰したような顔してたわ。

で、どのあたりがDQかというと、私、世間基準ではメシマズ。
ゴメン、その煮物そばつゆ味。酢の物は寿司酢味。揚げ物は唐揚げ粉味。

飴煮という調理法があると聞いて水飴と水だけ(塩醤油なし)で煮たり
下味の存在を知らずに小麦粉まぶして揚げた鶏肉に醤油かけたのを唐揚げと称したり
トンデモ料理のトメさんに育てられた夫兄弟にはわからないみたいだけど。

コウトの皆さんに彼女が出来て真実に気付くまでにもう少し料理スキル頑張るorz

         
2020年06月26日

927 :修羅場な話 2007/10/25(木) 05:28:17 O
あんまり深刻じゃないけど、家庭内修羅場を。
私が高校一年の冬、母がホットプレートで夕飯のお好み焼きを焼いていた。
母は普段は料理が上手い人なのだか、何故かその日は
焼きの段階から少し変な匂いがしていた。
お好み焼きが焼きあがり、父・母・私で食卓を囲んだ。
匂いの通り、何だか妙な味…例えるならば、
牛乳を拭いた雑巾汁を飲んだらこんな感じか?というような。
私と父は三口ぐらいで食べるのを止めた。
私「何か、匂いも味もおかしいんだけど」
父「うん…何入れた?」
すると母が突然逆上、いきなり立ち上がって父と私の茶碗(白飯入り)を
父に向かって投げつけるわ、金ヘラを窓から放り投げるわ大修羅場。
母は星一徹状態でホットプレート上のお好み焼きすらもひっくり返し、
当時新築したばかりの家の壁からカーテンまでソース塗れ。
「そんなにマズいんやったら食べんでええ!」(母:京都出身)
よく分からないままに5千円を渡され(これで外食しろ
という意味だったらしい)LDK外に出される父と私。
父は中に入ろうとしたが、母が皿を投げつけてきたので、
被害拡大を防ぐため、放置する事に→それぞれ2階の自室へ。

         
2020年05月18日

4 :修羅場な話 2009/01/30(金) 19:57:50 0
旦那は結婚前、「新米の炊きたてなんて、マズくて嫌いだ!!」と言い切った。
実家は趣味で米作してるので、私にとって新米炊きたては楽しみの一つ。
「とりあえず、食べてから文句(感想)言って」と出してみた。
「おいしい」って、白米だけで食いきったから、なんで嫌いだったかkwskしたら、

トメ製新米炊きたてご飯は、ベッチャベチャだったこと判明。

主食がメシマズって、キツいお。

         
2020年05月12日

412 :修羅場な話 2015/09/13(日) 14:59:11 O.net
国勢調査からの私のモヤモヤも聞いてほしい。

初めての子を出産後、色々あって育休をとらずに産休明けで復帰することになった。
復帰後の1ヶ月はもう記憶もないくらい忙しく、家事は最初からそこそこでいいと夫にも了解もらってご飯なんかそれこそを混ぜて焼くだけ!みたいなのばっかりだった。夫は激務ではないけど、毎日帰りは8時頃で、料理はできなかったから仕方なかった。
そしたら、突然夫が自●した。
遺書なし、病気なし、仕事のトラブルなし、もちろん双方浮気もなく、原因はわからなかったけど、産後すぐに夫が精神科で眠剤処方されていたことがわかり、鬱だろうということに。
ただでさえボロボロなのに、他人に迷惑な方法での自●だったために賠償やら、葬儀やら、首も座らない子を抱えて毎日駆けずり回った。義両親には子の種を疑われた(間違いなく夫との子)。
半年くらいして、国勢調査のため、しまいっぱなしだった夫のパソコンをネットにつないだ。そしたら、にちゃんのブックマークを見つけた。
メ シ マ ズ ス レ の。

産前は私も使ってたけど、そんなのはなかった。産後は夫しか使ってない。
夫がタヒを選んだ理由はわからないけど、腹がたって仕方なくて、お彼岸も近いけど何もする気にならない。

         
2020年04月21日

1 :修羅場な話 2018/12/15(土) 01:25:20 ID:s33YGgFt0.net
食材買って準備して煮込んで、文句しか言われないならこれからは全部捨てる

         
2020年02月14日

326 :修羅場な話 2018/07/23(月) 22:52:48 ID:???
少し違うタイプの怖い話でもいいかしら。
婆の長男の嫁が一週間ほどうちに来てたのよ。
料理は得意じゃないとは聞いてたんだけど、衝撃的な光景を何度も見たわ。
お味噌汁に醤油っていれる地方ってあるの?
おすましじゃなくてお味噌汁よ?
「お醤油入れるの?」って聞いたら「だってお醤油でも入れないと色が出ないもん」って。
ネタじゃないわよ!
唐揚げの下味にお味噌入れるのも衝撃だったわ。
お酒とお醤油とお味噌を入れてモミモミしてたわ。
それは黙って見てて、だまって出されたのを食べたけど・・・(自粛)・・・だったわ。
あんまり衝撃だったから長男に聞いてみたの。
そしたら「たまにちゃんとしたの出るよ」ってw
まぁふたりがそれでいいならいいけど・・・いいけど・・・いい・・・け・・・ど・・・・・・(´;ω;`)

         
2019年10月11日

273 :修羅場な話 2007/11/06(火) 13:19:35
昨日久々に親父と酒を飲んだので、ちょっと食事情を話してみたんだ。

えらくビックリする親父。
どうした?と聞いてみたところ驚愕の事実発覚。

カーチャンもメシマズだったそうだ・・・・
少なくとも記憶の限りでは、美味い飯を作ってくれてたんだがな。
親父がボソッと「お前かぼちゃ嫌いだろ。アレな、カーチャンが煮物を破滅的な味付けしてな・・・」
その先は聞かなくても分かった('A`)マジッスカ

どうやって直したのか聞いたところ
「根気強く一緒に料理しながら直してった」だそうな。
「イチャコラ出来るうちに、どうにかしろ。多分、それを過ぎたら後戻りはできん」
なんつー、ここで見た覚えのある言葉が出てきたよ。

でも親父・・・俺の嫁はアンモニア臭が漂うカレーを作るツワモノなんだ・・・

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー