オカルトの記事一覧

         
2021年09月06日

532 :修羅場な話 2015/09/08(火) 22:59:14 ID:H43Cppkt0.net
小学6年生の時、不思議な体験をした。

あまり幸せな話じゃないし、うまく言えなくて、まとまってなかったり、分かりにくかったりするかもしれないけど、誰かに聞いてほしいので書かせてほしい。


         
2021年07月11日

922 :修羅場な話 2015/07/04(土) 04:59:09 ID:AOCT0KlZ0.net
俺の会社の本社ビルには幽霊が出るらしい。
遅くまで残業してたら、ふいにトイレの手洗い場の蛇口が全開に。
水音に驚いて、何事かと行ってみると無人で、真っ暗な男子トイレで誰かが手を洗ったみたいな汚れと全開の蛇口が。
朝、出勤したら水が出っぱなし、と言うことは無いので、誰も残業していない日は、幽霊さんは自分で水を止めているのだろうと言われている。

それが数年前の話。
昨年、トイレの水道が自動水栓になった。
手を差し出すと水が出るヤツ。
それで怪奇現象が収まったのかと思いきや。
「水が出ない。。。みんな普通に使っているのに私だけ。。。」
と、物悲しい声が聞こえるという。
若い女の声らしい。
(それまで、幽霊の年齢も忄生別も分からなかった)
本社出身の人曰く、トイレで手を洗っている最中にタヒんで、タヒんだことに気付かずに手を洗い続けているんじゃないか、と。
しかし、男子トイレで女の子が手を洗いながらタヒぬってどんな状況だ?

最近、問題の男子トイレの電気をオートライトに換える計画に予算が付いた。
社内動力管理部署の腕の立つ社員が、社内トイレを全部オートライト化した場合の節電効果を役員相手にプレゼンしたのだ。
が、女忄生社員から「トイレの女の子の居場所が無くなる」と反対運動が起きた。
結局女忄生社員の反対運動が勝って、計画はポシャった。

「自動水栓のセンサーに写らない女の子幽霊が、オートライトのセンサーに写るわけがない。
それに、男子トイレに出る女の子幽霊はセク八ラだ。
その辺考えずに反対運動をして役員を落とした女子社員は、下手な女の子幽霊より恐いよ」
とボヤくのは、本社の社内動力管理部署の出身の腕の立つ社員。
本社の女忄生社員と楺めた上、上司を女忄生社員の矢面に立たせてしまい、さらに役員まで動かした計画をポシャらせて、立場を失って僻地の支社、つまり俺の職場に飛ばされてきた。

幽霊に人生狂わされた、笑える男と飲み明かした花金であった。
ちょっとスレチかな。

         
2021年06月15日

191 :修羅場な話 2015/06/05(金) 16:09:54 ID:???
何かで説明がつく事象だったら誰か説明してほしい

私は結婚して5年目
結婚する前は何も考えていなかったけど、婚後の苗字はこの辺にしかなく、ハンコは買うのではなく作ってもらわないと手に入らない
銀行などの名義変更を行おうとしてようやくそれに気づき、ネット注文しようかと思ったが姑に「街の時計屋さんなら、この辺にしかない苗字でも取り揃えてるかもよ」と言われ、古ぼけたその時計屋に向かった

出てきたのは人の良さそうなおじいちゃん
事情を話すも、やはりその苗字はないので特注するしかないとのこと
1週間程で出来上がるので、出来上がったら電話をします、と言われてその日は帰った
でも1週間しても2週間しても電話はこない
会社からは手続きを早くしてくれとせっつかれているし、こちらから電話してみることに
すると例のおじいちゃんが出て「印鑑が出来ましたと留守電に入れた筈なんですけどねぇ~」とのこと
確認するも留守電には入っていない
高齢だし、番号間違えたか、かけたつもりになっているんだろうと思い、お支払いをして、印鑑を受け取った
そのまますっかりその事は忘れていたんだけど、つい3日前、仕事を終えると知らない番号から留守電が入っていた

「○○時計店です~、ご注文の印鑑が出来ましたのでいつでも取りに来てくださいね~」
とおじいさんの声

とうとうボケたかあのおじいちゃん!と思い、家に帰り、姑に話すと
「ちょっと、気味悪いこと言わないでよ」
と嫌そうな顔をされた
「○○時計店のおじいちゃん、2年前に亡くなったんだよ、知ってるでしょ?」

いやいやいやいや知りませんし

姑に留守電を聞かせたら絶句
「○○時計のじいさんの声だね…」

5年越しで留守電が届くとかあるの?
気持ち悪いから留守電は消したけどまたかかってきたらどうしよう
ホントに気持ち悪いから何かで説明がつくならそれで納得したい

         
2021年06月12日

510 :修羅場な話 2015/08/09(日) 07:40:55 ID:YWi
夏休みが取れたので地元に戻ってきているんだけど、最寄り駅についた頃から知らない人達に話しかけられた。
「こんにちは」とか挨拶程度のものから「旦那さんお元気?」(私は未婚)とか訳がわからないものまで。

誰と勘違いしているんだろうと思いつつも実家に帰って目を疑った。
私と瓜二つの人がお母さんと一緒にお茶飲んでた。
玄関から来た私を見て向こうも不思議に思ったのか、暫く三人共固まってた。
沈黙に耐えかねた母が私に向かって「・・・○○なの?」(○○は私の知らない名前)と言うと
私に似た人の顔が酷く歪んだように見えた。

怖くなった私は自宅から飛び出してしまった。
え?誰?なんで私が?とパニックになって気付いたら自宅から2キロ近く離れた地元の中学校まで走ってた。
近くの公園のベンチで休んでいるとまた怖くなって震えてた。
地元ではぼっちだった私に頼れる人なんかいないし、どうすればいいかわからなくなった。

1時間位経ってからふと携帯が震えたのに気付いて携帯をバッグから取り出すと昔使ってたアドレスからメールが1通届いてた。
何気なくメールを開いたら文字がなくて画像が添付されてた。
中学の時の集合写真。当時の私は集合写真が嫌いで私は左上に別撮りのものが使用されててたはずだった。
でも、送られてきたその写真にはその枠はなくて普通に並んで写っていた。

ここで記憶がなくなってて、次に気付いたら自宅(実家ではない)のベッドで寝てた。

         
2021年04月25日

806 :修羅場な話 2014/10/02(木) 16:14:52 ID:???
ほんと漫画みたいな話だからネタだと思う人はスルーしてくれ。

俺は嫁を1年前に亡くしてる。享年38歳。同い年の幼なじみだった嫁はそれはそれは可愛くて、ガキの頃からこいつと結婚してやる!と思ってたんだよね。
外見も年を重ねるにつれてそれ相応にどんどん綺麗になっていった。
4歳~38歳までのツーショット写真がこれでもかってぐらいあって、アルバムの数がどんどん増えてくる。
でももうアルバムが増えることはない。


嫁がタヒんで3ヶ月程たったある日、まだ嫁のタヒを引きずり孤独を紛らわすようにして居酒屋で一人呑みをしていた。
するとさ、隣に若い女が座ってきたの。その女が嫁の若い頃(25くらい)にそっくりで、心底驚いた。
その女と会話をしてみるが、名前も違うし喋り方も違う(当たり前)。俺もついベラベラと嫁にそっくりなんだよと話してしまった。
その女とはもうそれっきり。

         
2021年02月22日

189 :修羅場な話 2010/06/19(土) 20:52:37 ID:KWHRAzYa0
数年前の話。
いきなり元彼からメールが来た。

「私子、元気か?
つらいことあったんじゃないか?ちゃんと食べてるか?
お前のことがすごく心配だ。

やっぱりお前俺のことまだ好きだったんだな。
わかってたけど、お前の愛の強さがそこまでだったとは
正直とまどってる。
お前はもっと自分の気持ちを押し杀殳してしまうタイプだと思ってたから。

髪伸びたんだな。痩せたな。
俺が引っ越したこと、Bに聞いたの?
ちゃんと話そう。やり直せるかどうか二人で話し合おう。
明日ドア開けとくし、入ってこいよ。
ひさびさにお前の手料理も食べたいし。

元彼男」

         
2021年02月03日

439 :修羅場な話 2017/03/02(木) 20:19:59 ID:Fha
ちょいとオカルト入っている話。

中学の時、休み時間に階段付近でふざけていた不良三人組が続けざまに落ちた。
三人組は折り重なって踊り場に倒れていた。
事故の目撃者の一人ということで、証言をすることになったのだけれど、先生が何度も「誰かに突き飛ばされた訳じゃないんだな?あいつらが勝手に落ちたんだな?」と念押しするように聞いてきたのが妙に気になった。
こっちとしては何度も同じ事を聞かれて、同じ答を返すのが面倒になってきたのもあって「なんで同じ事を何度も聞くのか、何かあったのか」と聞いてみたところ、先生も困惑した感じで「落ちた連中が『Aに突き飛ばされた』と言っている」
連中が落ちた時、突き飛ばしたのはいなかったし、第一Aはその時不登校で学校には来ていない。
Aが不登校になったのは例の三人組からの暴カが原因。
「不良三人組はAに呪われた」なんて噂が学校中に広まった。
不良三人組は結局戻らなかった。一命は取り止めたものの重い障碍が残って、身体障碍者対応の学校に転校した、とのことだった。
Aは卒業まで不登校のままだった。高校には通えたらしい。

まあでも確かに連中が落ちた時の様子は「誰かに突き飛ばされた」ように見えなくもなかったんだよな。突き飛ばされた奴はいなかったけど。

         
2021年01月20日

992 :修羅場な話 2016/10/09(日) 01:15:18 ID:KVH00h2x0.net
オカルト?スピリチュアル話なので信じられない人はスルー


昔から、憎いと思った人や物を攻撃してしまう能力がある
自分でも半分偶然じゃないかと思ってるけど、タイミング的に自分の能力のせいだとも思ってる

不○家で注文しても忘れられる→覚めた料理が出る→店員も適当な謝り方
→すごく腹が立ってイライラしてたら約1週間後に営業停止
友人に無理やり連れてかれたパチ屋で別の客から謎のマイルールを押し付けられて怖かったのとイライラ
→次の日に火事で半焼
モラハラ上司にイライラ
→数週間後に事故でムチウチ
等、数え切れない程の偶然が重なっていて、これに気がついてからは人を恨まないように気をつけている

もちろん能力については誰にも言ったことは無い
けれど、一ヶ月程前に喧嘩した旦那にすごくイライラしていたら数日後に旦那が事故で病院に運ばれてしまった
幸い、命に別状も無く精密検査だけで帰宅したけれどもしも、また家族を傷つけて
しまったらと思うと夜も眠れず自杀殳も考えるようになったので厄落としの為に書き込み

ただの偶然にこんなに怯えてるのも頭おかしいと思うので病院に行こうと思います

         
2020年12月30日

18 :修羅場な話 2010/06/01(火) 01:38:04 ID:QpILxyH5
微妙な流れの中解決話を。ちょっとオカルト注意。

我が家には私所有のマグカップが大量にある。
ブランド物だとかコレクションだとかそういうのではなくて、
ただ好きで最初にいくつか持っていたのを見た友人が集めているのだと勘違いして
余ったのやいらないのをくれたりしたのが原因。
なので大量にあるけど別にすごく大事だったりする訳ではない。
むしろ置き場所に困るので少しくらい誰かにあげたりしたいくらいだ。

…という話をした翌日、マグカップがごそっと盗まれた。
窓をこじ開けた形跡があったし、何よりもマグカップの中に一つだけ
友人の形見というすごく大事な物があったので慌ててKに通報した。
すぐKは駆けつけてくれたけど有力な手掛かりは得られず、
何か分かり次第連絡するということになった。

         
2020年12月16日

821 :修羅場な話 2015/04/04(土) 13:07:16 ID:P8C
私が新卒で入った会社での話。フェイク有

職場内サークル仲間でハイキングに行こうぜ!という話になり
4人車出してくれて乗り合わせていった(ガソリン代はサークル経費持ち)
うち1台の内訳 私助手席、Aさん運転、BさんCさんDさん後部座席

車内はなごやかで話も弾み、Bさんは口数少なめだったけど
特に気にしてなかった、その時までは

しばらくすると急にBさんがスピード落とせ、ブレーキ踏めと言い出した
は?と振り返る私、なんで?とびっくりするAさん
早くしろ間に合わなくなるとさらに語気を強めるBさん

振り返ってかろうじて見えたBさんは顔面蒼白だった
いいからブレーキ!!と叫ぶBさんの声と同時に急ブレーキ

反射的に前を見ると子供の首が見えた
正確には首から上が
ポカーンとしている子供の顔

本日のスカッと動画!
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー