冷めたの記事一覧

         
2019年11月19日



717: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)02:08:33 ID:2EL
3年くらい前、夫になぐられたことがある

夫が出産して一ヶ月も経たない私に内緒で大金
(というか我が家の貯金ほぼ全額700万くらい)を夫親戚に貸してしまった
しかも、それを夫から打ち明けられたんだけど、それと同時にその夫親戚が失踪したと聞かされた
ちなみにその700万の内訳は私が400万、夫300万

夫親戚は夫の養父母みたいな間柄の人で、
恩もあるしすぐ返すと言われたから貸してしまったらしい


元の計画としては私は子供をしばらくは自分で見たかったので、
3年くらいは夫の収入で足りない部分は貯金で補いつつ専業、
子供の幼稚園に合わせてパートなどするつもりだった

でも貯金が全額消えたとなっては、夫の収入だけではちょっと足りないし貯金なんて到底無理

会社はブラック気味なところで育休取れなかったので既に退職してたから、
仕事今から探さなきゃ、ニュウ児抱えて仕事見つかるかな、
何でこんなに小さくて可愛い子を置いて行かなくちゃいけないんだろうって思ったら、
辛くて悲しくて子供と一緒にいたくて、泣けて泣けてしょうがなかった
泣きながらこんな親で子供に申し訳ない、子供が可哀想だって繰り返した

そしたら夫に顔面を拳で思いっきりなぐられた
視界に星が飛んで、その後激痛
床にぼたぼた血が落ちた
「子供を保育園に預けることの何が悪い!赤ん坊預けて
働いてる母親なんて山ほどいるだろうが!そんなに働きたくないのか!」と怒鳴られた

別に私は保育園に預けることが悪いなんて一言も言っていない
ただ私が子供を見たいだけ
仕事も好きだし実際独身時代は仕事命みたいな感じだったけど、
それよりも子供との時間を優先したいだけ
でも夫からまた拳を振り下ろされるだろうと思ったら何も言えなかった

鏡を見たら目の周りが真っ黒になってパンパンに腫れていて、
上唇も腫れて大きく切れていた

夫からはその後土下座され、こちらも親戚のことで気が動転していた、
自分も悪気があったわけではないのに責められてついカッとなってしまったと言われた

離婚しようと思ったけれども貯金全額盗まれてるし、
その後の夫は全く暴*も暴言もなく良い夫良い父なので様子見して、3年経った

そしてさっき
夫友人夫婦が喧嘩ばかりだという話を夫がしたので、
私がうちは喧嘩しないよね、と言ったら(実際喧嘩らしい喧嘩はしたことがない)
夫が「喧嘩しないね。あっ、一回だけあるじゃん。
嫁ちゃんが顔面パンダになったとき。あの顔凄かったよね〜」と、笑われた

うちが喧嘩にならないのはまたあのときみたいに
なぐられるんじゃないかって思って、私が踏み込んだことを全く言えなくなったからだよ

結局子供を生後一年もしないうちに保育園に預けて、
登園のたびに縋り付いて泣く子供を無理矢理引き剥がして
仕事に行くのがどれだけ悲しかったか
私は一生忘れないけど夫には笑うようなことなんだ

時間薬でしばらく忘れてた夫への憎しみがまたすごい勢いで吹き上がってきてて眠れない




         
2019年09月16日

47 :修羅場な話 2009/04/26(日) 09:27:25 ID:Dq2Ocwh4
20歳まで中学の先輩と付き合っていた。
両方の両親公認の仲で、この人と結婚するもんだと思っていた。

ある年のGWに、彼と彼の家族が毎年参加しているキャンプに誘われた。
そのキャンプは、彼の家族と20年近く付き合いのある友達家族が参加する毎年恒例の行事だったので、ついに招待されたことが嬉しかった。

キャンプ当日、5つの家族(子供達の年齢こそばらばらだったけど、どの夫婦も彼の両親と同じ40代半ばという感じ。)が集まり、彼から「将来の嫁」として紹介された。

夕飯の準備時間になると、女性.グループで夕飯の準備に取り掛かった。
男性.グループはのんきにお酒を飲んでいる。

と、この辺で彼の父親が酔いはじめた。
私の名前は「まゆみ(仮)」なんだが、いつもは「まゆみちゃん」と呼ぶ彼の父親が、
酔っ払って「まみちゃん」と呼ぶようになった。
「まみちゃーん」と呼ばれる度に、「まゆみですww」と訂正しては「ごめんごめんwwww」の繰り返し。
まあそれ自体はそんなに気にしてなくて。

         
2019年09月15日

407 :修羅場な話 2015/12/23(水) 04:56:04 ID:h2B8LfIL.net
学生時代の話。
ある時、付き合って半年位の同大学同学年の彼と一緒に学生にもお手頃な値段のステーキ屋さんに行った。
そこで二人とも同じメニューを頼んだ。
そのメニューは「特製ソース」が美味しそうで、楽しみだねって話してた。
やがてステーキ×2と大きめのソースポットが一つ運ばれてきた。
さあソースをかけて食べようと思った瞬間、彼がポットのソースを全部ステーキにがばちょした。
びっくりして固まる私と、ん?という笑顔の彼。
2人分のソースでひたひたになった彼の鉄板はジュォォォォォォ鳴ってるけど言葉がでなかった。
その時テーブルの近くにウェイターさんがいて、それをばっちり見たウェイターさんも一瞬だけ驚愕の表情浮かべてた。
彼がこちらを気にせずステーキを食べ始めたところで我に返り、
「ソースかけすぎじゃない?」と言ったが
「いやソースはたっぷりがいいww」
「でもこれ2人分のソースだよ」
「うんでも俺は大丈夫wwwうまいwww」
なにも大丈夫じゃねえ、と思ったけど覆水盆に返らずだし、卓上にはハーブソルトとか特製スパイスとかあったからそれで食べることにした。お店で才柔めたくなかったし、ドン引きしてたのもある。
そしたら申し訳ないことにウェイターさんがまたソースを持ってきてくれたので有り難い事に私もソースをかけて食べることができた。
しかし私がポットを置いた瞬間、ソースは小さめのポットに1/3残っていたのだが、彼はそれをライスにがばちょした。
無理だと思った。
確かに特製ソースはもう本当に素晴らしく美味しかったけど、それはないだろと思った。
今まで彼と食事した時はそんな事なかったから、ステーキが彼を狂わせたんだと思う。肉にテンション上がって周りが見えなくなってたんだと思う。
肉の魔力って怖いね。

         
2019年09月04日

143 :修羅場な話 2015/05/12(火) 19:40:35 ID:BOqiFDxF.net
大学の時片思いの彼にバレンタインにちょこ渡して告白し付き合った。
そのあと映画デートしようと映画館に行ったんだが、映画みている間「んっんっ」と彼がなんか気持ち悪い声を出していた。えっちな映画じゃなくオオカミこどもの雨と雪だったんだけど、ありゃあなんだったのか…と冷めた。今思い出しても気持ち悪い

         
2019年08月24日



828: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/07/08(水) 12:58:35.86 ID:4JkZmgKM.net
大学のサークルに黒髪清楚系の華奢な美人で、いつもニコニコしてお淑やかで上品なお嬢様系で守ってあげたくなる感じの 
極上な女の子が新入生として入ってきた。

当然野郎どもは色めき立って「○○ちゃんやべーよめっちゃ可愛くね!?」と絶賛、俺も彼女に夢中な一人だった。 
そういう子は普通、同性からは嫉妬されて嫌われたりいじめられるだろうと当然思ったが 
サークルの女どもまでも彼女のことを「可愛い」「いい子」「女子力高い」「癒される」「マジ天使」とちやほやするようになった。 
特に虐めそうなブスや気の強い女も彼女を絶賛してて、理不尽だろうけどそれがかえって胡散臭いというか、気味悪く感じて冷めてしまった。



         
2019年07月12日



735: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 2016/07/24(日) 01:41:19.63 ID:YvZU168Q.net
彼の家族(両親、弟、姑)と初顔合わせも兼ねて彼実家で夕飯をご馳走になることになった

夕飯はすき焼きで「初めて会うのにいきなり皆でひとつの鍋をつつくのかぁ」なんて考えてたら 
何の前触れもなく「天にまします我らの父よ願わくわ・・・・」と食前の祈り?が始まった 
彼から宗教のことは何も聞かされていなかったしどうしていいのかもわからず私だけがぽつーんな状態 
その時点でかなり冷えてはきてたんだけど 
すき焼きの〆にうどんじゃなくてご飯と皆がさっきまでつけていたつけダレ(卵)の残りが一斉に投入されて完全に冷めた



         
2019年06月16日



18:おさかなくわえた名無しさん2008/12/09(火) 17:41:30ID:6QVItvAr
相談させてください。

付き合って6年半の彼がいます。私も彼も社会人で31歳です。
良く言われる「長すぎる春」になりそうだと思い、二ヶ月くらい前に
思い切って「結婚を考えよう」と私から言いました。
先月、「一緒に東京行って両親に会いたい」と言ってくれ、
私の実家に一緒に帰省しました。


元々そんなに頑固な親ではないので、両親や兄弟とも気が合い、
話も弾んで本当に楽しんでくれてる様子で、内心ほっとしました。

ところが、先週「お前の家のことを、うちの両親に話したら
身分が違うと言われて反対された」と言われました。
私の父親はある企業で役員をしてて、
実家も自分で言うのは何ですが、けっこう大きいです。
兄弟は私を入れて3人ですが、それぞれ部屋を持っています。

それを彼は「うちはボロマンションで、弟と仕切って
部屋を無理やり分けてる」と言います。
それぞれの部屋にベッドがあったのも気になったのか
「うちにベッドを置いたら部屋がベッドでいっぱいになる」
と言って、とにかく比較します。

「そんなの関係ない」と言いましたが
「身分が違うというのは俺も感じた」と言われました。

普段は普通に質素な生活をしてるので
「そんなのを感じれなかった、俺はちょっと騙されてた」
「俺に気品を求められても無理」(求めてないです)
「お父さんが気さくな人だからこそ、本物の金持ちを感じた」
(特段すごいわけではありません)
と、散々言われ、
今週は電話では話すものの、まったく会う様子がありません。

結婚は無理と諦めて、別れるべきでしょうか。
私としては、なんとか説得したいと思っていますが、
どうしたらいいのかわかりません。
どなたかアドバイスをお願いします。



         
2019年06月14日

390 :修羅場な話 2016/03/13(日) 16:00:26 ID:EPs
どこに書くのがいいのか、悩みましたが、ここに決めた。
フェイクなし、身バレ覚悟というか、元カノの根回しで自分はケツの穴の小さい男扱いなので
友人に真実を知ってもらい、判断してもらうために書きます。

まずは、彼女との交際にいきさつから、
彼女とは、中学の同級生で、高校は別ですが、塾が一緒で、2人とも地元国立大医学部を目指してた。
こちらは、前から彼女に好意を持っていましたが、高2の終り頃に彼女からなんとなくで付き合い始めた。
ただ、付き合うといっても週一でお互いの家に遊びに行く程度でした。
彼女には、私のこと好きだったでしょっていわれたことがあるので、バレてたと思う。

2年前センター試験で彼女が失敗し、志望を薬学部に変更したまではよかったんだが、結果薬学部も
不合格になり、滑り止めの私立の薬学部に行くことになった。
俺はせっかくここまでがんばったんだからと、浪人を進めたんだが・・・・・・

その後交際は順調でしたが、3週間ほど前
たまたま、有名なケーキ屋さんの前を通りかかった時、ちょうど開店10:00前だったので行列も短く
楽々買えたので、彼女のマンションにサプライズをしかけることにした。

         
2019年05月05日



623:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage]2014/08/08(金) 18:46:36.51 ID:+sFR+FSh
冷めた瞬間。

学生時代、久しぶりにアルバイトが休みだった私は友人と100円回転寿司に行った。
遠距離恋愛をしていた当時の彼に今100円寿司に来ているとメールを送った。
するとやってきた返信。

『いいよなお前は、呑気に寿司なんか食って。俺は生活するので精一杯なのに寿司なんか食って恥ずかしくないの?』


ちなみに自分は少食、3~4皿食べれば充分なので下手なファミレスより安上がり。
生活するので精一杯(笑)と言っていましたが、フリーターとしてそこそこは稼いでいた。だけど将来の夢の為といってやたら高い服や音楽機材を買っていたせいか生活はカツカツ。
そんな生活を送っているから基本私がバイト代を貯めて会いに行っていた。

今までも散々俺様で度の過ぎる所もあると思っていたけど、恋は盲目で夢を追いかけている志が高い人だと思っていた。
でもこれで一気に冷めた。

ちなみにこの後もしばらく付き合っていました。理由は彼が無職の時に家賃が払えなくて貸した数万円を返して欲しかったから。
学生が稼いだ数万円は本当に大きかったからズルズル付き合っていたけど、やがて社会人になってすっぱりと別れた。
数万円を放棄してでも付き合いたくないと思ったからです。

以上です。



         
2019年04月15日



491:名無しさん@おーぷん[sage]2017/10/13(金)16:08:25 ID:C8J [1/3回]
自分が鈍感なだけかもしれないけど

婚約こそしてないが、結婚を考えてる彼女がいる
彼女には中学校以来の大親友がいて、何かにつけて名前を出す、いかに親密かを語っていた
そして、俺のことを紹介したいと言い出した

親友さんはもう結婚して子供がいるので、ご主人、1歳弱のお子さん含めた5人で土曜日に食事した
普通に楽しく食事ができた


そして和やかな雰囲気の中俺が「その涎掛け素敵ですね、どうしたんですか?」と質問したんだ
赤ちゃんがしていた涎掛け、名前とかが刺繍されてて洒落た感じだったんだよね
すると親友さんが「職場の人が出産祝いにくれた」と言うので、何の気なしに彼女に
「お前は出産祝いになに渡したの」と聞いたんだ

そしたら微妙な雰囲気になって、親友さんが別の話題を振ってきた
特に気にしないでいたのだが、食事が終わって彼女と二人になったら彼女に激怒された





最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー