結婚の記事一覧

         
2019年12月01日

1 :修羅場な話 2015/07/21(火) 07:19:48 ID:40Hf9vKga.net
ワイ、新婚にして即2児のパパとなる
なおワイの種による3人目を仕込み中


         
2019年11月11日

574 :修羅場な話 2012/05/09(水) 22:33:25
嫁が台湾からの技術留学生で俺の会社に来て俺が教育担当になった
嫁の祖父が日本統治世代で日本語ができて両親もその影響でペラペラだから
嫁も祖父や両親から日本語を教わったので
最初から会話が成立するので意志疎通には苦労しなかった
2ヶ月位経った時に買い物につきあって欲しいといわれて休日に出かけた
留学生数人とで出掛けると思っていたら何と2人きり
重たい荷物かなと思ったが別に重たい荷物は無かったし
訳も分からず彼女の買い物につき合っていたら
その日の別れ際にまた来週どこか行きませんかと誘われた
3回位そんなのが続いたので俺は嫁の事を嫌でも意識し始めて
4回目のデートの時に嫁に思い切って俺の事が好きなのか聞いてみた
外国人特有のオープンさと言うのか顔色一つ変えずに好きですよと言う嫁
俺のどこがいいんだと聞くと嫁は満面の笑顔で「俺さんは優しいし、仕事できる男の人ってカッコいいじゃないですか」と言い切る
生まれてこの方女の子にカッコいいと言われた事の無い俺はもう夢かと疑う始末
この後に嫁に告白されて付き合う事になった

         
2019年10月20日

922 :修羅場な話 2018/05/01(火) 15:59:47 ID:xUqJKN8e0.net
嫁に言えた
このスレのことは結婚前から知ってて、いつか言いたかったけど、タイミングが掴めずにいた
けど、朝起きて、俺の好きなご飯が並んでて、ふと、ああ、幸せだなって思って、ポロっと愛してますって言えたんだ
そしたら嫁、ニコッと笑ってから、フッて消えちゃった

         
2019年09月23日

494 :修羅場な話 2012/05/09(水) 22:32:05
メモ帳に書き出したので投下してみる

俺と嫁の出会いは俺18歳、嫁8歳。
俺が高校3年のとき、当時26歳の兄貴が、28歳シンママの彼女と結婚した。
兄貴の結婚相手を紹介してもらったとき、義理の姉さんになる人の隣に小学生くらいの女の子がいた。

嫁 「は、はじめまして、嫁です。なかよくしてください。」
俺 「はじめまして。嫁ちゃんのお父さんになる人の弟です。僕のことは“おじちゃん”じゃなくて“お兄ちゃん”て呼んでな。」

このときは、まさかこの子が12年後の俺の嫁になるとは思いもしなかった。

         
2019年09月16日

612 :修羅場な話 2013/07/05(金) 22:55:40
まだそんなに昔の話でもないけど

夜の公園から車で帰る途中
後ろで音がしたので停車し確認
外からトランク部分に何かいるのを発見
素っネ果の女が寝てる
いろいろあり結婚

         
2019年09月07日

435 :修羅場な話 2013/07/05(金) 22:52:43
俺が痴/漢の冤罪されかかってた時に助けてくれたのが嫁。

         
2019年09月05日

808 :修羅場な話 2014/04/08(火) 21:46:38 .net
俺と嫁の出会いを淡々と語っていく
質問や意見は語り終わるまで流すぜ~

当時俺が済んでたボロいアパートの隣にはコンビニがあった
いつも仕事帰りにそこで飲み物買ってタバコ吸って家に帰るのが日課だった
そんなある日、俺がいつも通り飲み物を買って外にあった喫煙所に行ったら、見知らぬ女がいた
歳は高校生くらい
まあそれが嫁だ
嫁は特に何もすることもなく、なんか喫煙所のところにある自動車のタイヤ止めのブロックに座ってた
俺も特に気にすることなくいつも通りタバコ吸って帰った
それからちょくちょくそのコンビニで嫁を見るようになった
まあ赤の他人だし、我関せずを徹していた
それでも不思議に思っていた
いつも決まった時間にそこにいて、何もせずただぼーっと座っていた
それから結構月日が経っても、毎日ってわけじゃなかったけど、けっこう頻繁に嫁はいつも決まった時間にそこにいた
さすがに気になり始めていた俺は、何となく、座る嫁に話しかけてみた

         
2019年07月04日



799: おさかなくわえた名無しさん 2018/06/26(火) 21:51:06.90 ID:EyzNUesc.net
彼女にプロポーズしたら断られた。 
なんか色々理由言ってたけど、ちゃんと聞いたら「ごめん、あなたのことは好きだけど心に響かなかった。だから今じゃないのかなって思った」と言われ 
嫌われる訳じゃないし、今じゃないだけで将来的には考えてくれるかな?と思い付き合いは続けた。

アホな俺はそんな感じで1年足らずで計4回もプロポーズしては断られた。「そんなに結婚を急ぎたいなら別れた方がいいかも…」と言われ「ごめん!もう焦らないから別れるとか言わないで!」とまた付き合いを続けた。 

それから2カ月ぐらいした頃、彼女の家で寛いでいたら彼女の飼い犬のパグ犬が俺の太ももを枕にして仰向けで白目でイビキかいて寝てしまった。 
あまりにも無邪気な寝顔にオッさんみたいなイビキが可愛くて「いいなぁ(彼女)はパグオと一緒に暮らせて…」とボソっと言ったら「え?じゃあ一緒に暮らす?」と言われたから勢いで「え?じゃあ籍入れる?」って聞いたら「うん、いいよ!」と言われまさかのプロポーズ成功。 

結婚してから「何で急に結婚しようと思えたの?」って聞いたら「結婚したらパグオも絶対一緒じゃないと無理だと思ってた。でもあなたは犬と暮らした事がないって言ってたし、当たり前だけどうちに来てもパグオに対して私より愛情が少ないなと思ってた。 
でも、あなたが私がパグオと暮らせるのが羨ましいと言った。私と暮らせるパグオが羨ましいんじゃなくてパグオと暮らせる私が羨ましいと、あなたの中でパグオが私を超えた!と思ったらストンと何か降りて来て 
バチっとハマった感じがした。 
そしたら私とあなたとパグオと3人で暮らしたい!っと突然思っちゃった」と言われた。 
そんなよく分からん理由でプロポーズOKもらったのが衝撃的だったが幸せである。



         
2018年03月25日


168:名無しさん@おーぷん2016/09/16(金)17:30:52 ID:c5z
少しオカルトが入ります

自分の前世を知ってしまったかもしれない時が衝撃的だった

三年ほど前に結婚したんだけど
一般中流家庭やや下の私の家族に比べて夫の家柄はかなり格上
はっきり言って格差婚で周りからは玉の輿とか苦労するとか言われていた
夫の容姿や収入を考えるとなんで私だったんだと思うんだけど
トメさんはもっとスペックの高いお嫁さんが狙えたと思っていたらしく
付き合っていた当時はかなり厳しく当たられていたし、
風の噂で結婚に大反対しているというのも聞いた




         
2017年11月28日


1: 名も無き被検体774号 2016/06/12(日) 00:59:01.67 ID:L01oBHjY
結婚できる気がしない


最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー