結婚の記事一覧

         
2020年01月12日

688 :修羅場な話 2015/01/15(木) 11:59:42 ID:???
誰かいるか?
俺専業主夫してるんだ。
もともとは共働きだったんだけど仕事中にフォークリフトに引かれて右手の指を2本切断するはめになって仕事を辞めざるを得なくなってな。
嫁はある国家資格が必要な仕事をしてる人間だから、日数を増やせば家族4人ぐらい養ってやれるさ!と言ってくれて俺は専業主夫になったって経緯。
俺のせいで家族に迷惑をかけたが嫁は全てを受け止めてくれて、子供達は率先して俺の家事を手伝ってくれた。
だから俺も家族の優しさに報いたい一心で家の事を必タヒにやってきた。
そんな形の家族になってから今年で17年。
上の子が結婚を前提に付き合っている女性.を紹介したいと、家に連れて来る事になったんだ。
事故の時は10歳のガキンチョだったこいつももうそんな歳になったのかと嬉しいやら寂しいやらw
俺は人生で一番気合を入れて家を磨き上げた。
料理も相手の好物だと言うグラタンとビーフシチューを作った。
ちなみにビーフシチューは3日もかけたんだぜwしかも俺の秘蔵赤ワイン入りだw
当日、上の子が彼女さんを連れてきた。
目がくりっとして可愛らしい子だったよ。
リビングで軽く挨拶をして、俺が庭で育てたハーブを使ったハーブティーを出したらすごく喜んでくれた。
で、飯食うかとなって俺の魂を込めたw料理も彼女さんはおかわりまでしてくれて気に入ったみたいだった。
ここまではよかったんだ。
全てが和やかかつ順調だったんだ。
「お母様はお料理がお上手なんですね!」と彼女さんが嫁に言った。
嫁は「ハーブを育ててるのもこの料理作ったのもこの人なのよwババロアは息子も一緒に作ったのよ。」と答えた。
すると彼女さんはこう言ったんだ。
「え、気持ち悪い…。」
数秒前までの暖かな雰囲気が一変。
言うなれば無の空間と化した。
「男性.がガーデニングしたり料理するなんて考えられない。
しかも指のない手で触った食材を食べさせられたなんて気分が悪いです。」と俺を睨みながら彼女さんは一息に言うと、帰ります。と鞄を持ってリビングを出て行ったよ。
慌てて息子が追って行ったけど彼女さんは「今度2人でゆっくり話そう。」と言い残して帰っていった。
あまりに頭が真っ白になっててこれ以降はよく覚えてねぇw
翌日疲れた顔の息子が起きてくると「彼女とは別れたから。父さん達を傷付けてごめん。」とだけ言って朝飯も食わずに自宅に帰っていったよ。
俺がアホみたいに気合いを入れ過ぎたせいで息子の結婚を台無しにしちまったよ。
子供の頃から俺のせいで迷惑かけてきたのにここでもかと絶望したわ。
俺、いっその事子供達と縁を切った方がいいんだろうか。
これから先上の子も下の子も結婚したい相手が見つかってもまた俺のせいでダメになるんじゃないだろうか。
とにかく息子には謝っても謝りきれないくらいに申し訳ない。


         
2020年01月05日

409 :修羅場な話 2019/10/13(日) 11:41:45 ID:65.zr.L4
古い沈没船の映画を旦那と見た
主人公の牧師が、上に行かないとここは沈むぞと訴えても
この場に残って救助を待つと頑なに動かない層がいて
それを見ながら旦那に
「私がもしこの場を動きたくないって言い出したらどうする?」ときいたら
「タヒぬと分かってても嫁と一緒にいる」と真面目に言われた
私は、殴ってでも上に連れてくとか、仕方ないけど別々に行動するとか、
そういう答えなのかと思っていたので、予想外の答えになんだか泣きそうになってしまった
でもよく考えたら、旦那が同じようにここを動かないと言えば私も多分それに従うと思う
もちろん生き残れると思う方に連れて行く努力はするけど
夫婦の側が亡くなる描写も辛かった
相手がなくなったらその場を動けなくなるよ

         
2019年12月18日

159 :修羅場な話 2007/12/29(土) 21:15:08
流れぶった切りだが言ってみたレポ。
俺28、嫁27、学年はいっしょ。結婚一年目。

付き合い開始時代(四年前)のラブい新鮮味が無くなってきて
更に生活が忙しくて家族感覚が増したせいで
異性.としての好き感覚を忘れてきたので、イッパツ言ってみた。

朝飯中にいきなり目を見て
『なあ、愛してるよ』っつったら、キョトンとして
『?? 知っとうよ?』って返された。

何かドラマチックじゃなくてすまん、けど
当たり前にその気持ちを持っててくれてジーンと来て嬉しかった。
逆に薄れてたのが申し訳なくなったから手を握って『ごめん、ありがとう』って言った。
帰ったら夕飯カレー(最大好物、嫁はカレー嫌い)だった(゚∀゚)

         
2019年12月01日

1 :修羅場な話 2015/07/21(火) 07:19:48 ID:40Hf9vKga.net
ワイ、新婚にして即2児のパパとなる
なおワイの種による3人目を仕込み中

         
2019年11月11日

574 :修羅場な話 2012/05/09(水) 22:33:25
嫁が台湾からの技術留学生で俺の会社に来て俺が教育担当になった
嫁の祖父が日本統治世代で日本語ができて両親もその影響でペラペラだから
嫁も祖父や両親から日本語を教わったので
最初から会話が成立するので意志疎通には苦労しなかった
2ヶ月位経った時に買い物につきあって欲しいといわれて休日に出かけた
留学生数人とで出掛けると思っていたら何と2人きり
重たい荷物かなと思ったが別に重たい荷物は無かったし
訳も分からず彼女の買い物につき合っていたら
その日の別れ際にまた来週どこか行きませんかと誘われた
3回位そんなのが続いたので俺は嫁の事を嫌でも意識し始めて
4回目のデートの時に嫁に思い切って俺の事が好きなのか聞いてみた
外国人特有のオープンさと言うのか顔色一つ変えずに好きですよと言う嫁
俺のどこがいいんだと聞くと嫁は満面の笑顔で「俺さんは優しいし、仕事できる男の人ってカッコいいじゃないですか」と言い切る
生まれてこの方女の子にカッコいいと言われた事の無い俺はもう夢かと疑う始末
この後に嫁に告白されて付き合う事になった

         
2019年10月20日

922 :修羅場な話 2018/05/01(火) 15:59:47 ID:xUqJKN8e0.net
嫁に言えた
このスレのことは結婚前から知ってて、いつか言いたかったけど、タイミングが掴めずにいた
けど、朝起きて、俺の好きなご飯が並んでて、ふと、ああ、幸せだなって思って、ポロっと愛してますって言えたんだ
そしたら嫁、ニコッと笑ってから、フッて消えちゃった

         
2019年09月23日

494 :修羅場な話 2012/05/09(水) 22:32:05
メモ帳に書き出したので投下してみる

俺と嫁の出会いは俺18歳、嫁8歳。
俺が高校3年のとき、当時26歳の兄貴が、28歳シンママの彼女と結婚した。
兄貴の結婚相手を紹介してもらったとき、義理の姉さんになる人の隣に小学生くらいの女の子がいた。

嫁 「は、はじめまして、嫁です。なかよくしてください。」
俺 「はじめまして。嫁ちゃんのお父さんになる人の弟です。僕のことは“おじちゃん”じゃなくて“お兄ちゃん”て呼んでな。」

このときは、まさかこの子が12年後の俺の嫁になるとは思いもしなかった。

         
2019年09月16日

612 :修羅場な話 2013/07/05(金) 22:55:40
まだそんなに昔の話でもないけど

夜の公園から車で帰る途中
後ろで音がしたので停車し確認
外からトランク部分に何かいるのを発見
素っネ果の女が寝てる
いろいろあり結婚

         
2019年09月07日

435 :修羅場な話 2013/07/05(金) 22:52:43
俺が痴/漢の冤罪されかかってた時に助けてくれたのが嫁。

         
2019年09月05日

808 :修羅場な話 2014/04/08(火) 21:46:38 .net
俺と嫁の出会いを淡々と語っていく
質問や意見は語り終わるまで流すぜ~

当時俺が済んでたボロいアパートの隣にはコンビニがあった
いつも仕事帰りにそこで飲み物買ってタバコ吸って家に帰るのが日課だった
そんなある日、俺がいつも通り飲み物を買って外にあった喫煙所に行ったら、見知らぬ女がいた
歳は高校生くらい
まあそれが嫁だ
嫁は特に何もすることもなく、なんか喫煙所のところにある自動車のタイヤ止めのブロックに座ってた
俺も特に気にすることなくいつも通りタバコ吸って帰った
それからちょくちょくそのコンビニで嫁を見るようになった
まあ赤の他人だし、我関せずを徹していた
それでも不思議に思っていた
いつも決まった時間にそこにいて、何もせずただぼーっと座っていた
それから結構月日が経っても、毎日ってわけじゃなかったけど、けっこう頻繁に嫁はいつも決まった時間にそこにいた
さすがに気になり始めていた俺は、何となく、座る嫁に話しかけてみた

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー