キチガイ被害の記事一覧

         
2019年07月28日



1: 名無しさん@おーぷん 2016/05/26(木)11:10:25 ID:kNE
こわい思いした




         
2019年04月20日



248:名無しさん@お腹いっぱい。2007/01/12(金) 14:53:32
愚痴らせてくれ。
俺の母が、俺の家にほぼ毎日朝から晩まで入り浸り。
生まれて二ヶ月の息子に「ままでちゅよ〜」とかほざく。
嫁が怒って「わたしがお母さんよ」と息子に言うと、
「子供が混乱するでしょ!あんたは黙ってなさい!」と。

多分勝手に俺のをコピーしたんだとおもうが、家のカギを持っていて、この間嫁といっしょに定期検診行って帰ってきたら、なぜかいる。
勝手にくつろいでいる。
そのときの能面のような嫁の顔が忘れられん。
どれだけ言ってもしかっても怒鳴っても、まったく人の話をきかねぇ。

とうとう夕べ、嫁が「あなたとママの子供を産んでくれる家政婦でも雇えば?」と言い出したorz
家にきても家事も何もかも一切せず、息子を独占するらしい。
食事からなにから嫁がして、息子に触らせてももらえないと泣かれた。
会社の社宅だから簡単に引っ越せない。俺実家徒歩15分、嫁実家飛行機2時間。
このままじゃ、安心して仕事に復帰できないと嫁が泣く。
無いと理解しつつも、母を諌める魔法の言葉が真剣に欲しい。

ああ。愚痴だ。



         
2019年04月03日



712:おさかなくわえた名無しさん2018/07/07(土) 05:32:16.54ID:ALbdEZ6a
数年前に同僚である既婚者のA子と不倫していると濡れ衣を着せられ、
全部失った。

去年、なんとか精神的に立ち直って
実家の両親の顔を遠目でも良いから見ようと思ったら、
A子の元旦那が俺の妹と再婚してた

みんな幸せそうだったよ
抱っこしてた赤ちゃんは妹の子供なんだろうなあ




         
2018年04月14日



826:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/07/04(土) 23:35:59.05 ID:tD54HQwv.net
もうほとぼりもさめたと思うので投下します。
ボウリョク話なのでご了承ください。

10年くらい前、
徹夜の準備のために22時過ぎにコンビニに行った帰りのことです。
道の先でイカ釣り船仕様の車から降りた男が2人、
若い女の子を羽交い締めにして無理矢理に車に乗せようとしていました。
拉致現場です。 
そのままダッシュしてDQN1に飛び蹴りをし、DQN2の下半身を蹴り上げました。 
DQN2は悶絶、倒れているDQN1が立ち上がりそうで怖いので 
上からジャンプストンピングしました。 

ここで誤算だった、というかよくよく考えれば当たり前なんですが、 
運転席からDQN3が降りてきました。 




         
2017年09月28日

120:名無しさん@おーぷん2016/12/21(水)23:11:53ID:X1r
もう済んだことなので愚痴です

正社員共働き、旦那の社宅に住んでた頃
ある日仕事の昼休みにトイレでの嘔吐が止まらなくなった
家事は私がしてたので、
旦那に「しんどくて夕飯作れなくなったから買ってきて」とメールした

速攻で「残業だから無理。作らなくていいから買ってきて」と帰ってきた
「吐いてるのに無理だよ」と送ったけど返信は待てども待てども来なかった
胃を空っぽにして吐き気をこらえて早退
近所のお弁当屋さんに電話で一人分予約してたらまた気持ち悪くなり、
水を飲んでまたトイレでひとしきり吐いた
三時間はトイレに篭ってた
トイレで少し意識が飛んで、目が冷めたら19時半、
弁当の予約時間から一時間も過ぎてた
マスクを二重にして袋を持って牛歩の歩み私でお弁当を取りに行った

帰り、社宅仲間と帰宅する旦那と鉢合わせ
社宅仲間に「えっ、今晩弁当っすかw」と言われたけど、
口を開いたら吐きそうで黙ってた
「愛想悪」と言われ、社宅仲間は旦那に別れを告げて先に行った
旦那は私に「お前挨拶しろよトロいな。ソレ俺の飯?」
と私の手から弁当だけ奪って先に帰った
その後自宅に戻るともう限界で、玄関からトイレに直行してこもった
苦しくて泣きながら吐いた

気づいたらトイレで気絶してたらしく、扉を叩く音と女性の声で目を覚ました
扉をあけると旦那と姑がいた
旦那は私を見て「ほら出てきた。ガキみたいに拗ねてんだよ」
と吐き捨てたが、姑は私を見て真っ青
「救急車呼びなさい!」と叫び、
ポカンとする旦那を張り倒して姑が救急車をよんでくれた
「寝てただけだろ!?」「こんな顔色の人間がいますか!?」
「は?普通じゃん」「このアホンダラぁ!!」
と旦那と姑のやりとりだけ耳に残ってた

救急車に運ばれたとき、
私の顔色は真っ青を通り越して土気色になっていたらしい
原因は過労と急性胃腸炎だったけど、
夏場だったので脱水症状でタヒにかけていた
姑がいなかったらトイレでタヒんでたかもしれない

点滴して検査したら、内蔵に異常が見つかって二ヶ月の入院
二ヶ月後に体調が戻らず、転院してまた二ヶ月の入院
一時帰宅したら流しからドブの匂いがしてコバエが沸いてゴミが溜まってた
何もする気が起きなくて病院に戻ったら、後日旦那が
「なんで家を片付けてくれなかったんだ」と離婚届を持ってきた
「働いてないんだから俺に離婚されたら困るだろ」と笑って言われた

記入して取りに来るのを待っていると、
姑が札束を抱えた旦那を連れてやってきた
札束を渡されて謝られ、離婚届を渡したら考え直して欲しいと言われ、
姑に往復ビンタを喰らってた

入院中に無事に離婚が成立したが、
旦那が姑の目を盗んで連絡を入れてくるのが不愉快
「また一緒に働いて一緒に家庭を築いていこう」だって
家庭築いてたの私だよね
私がなんで過労と言われたのか理解してないのかな

馬鹿すぎて実家に届く手紙が目障りで不愉快で気持ち悪い


         
2017年09月23日

854: 恋人は名無しさん 2010/08/28(土) 23:27:33 ID:gO8ZjG+n0
飛び込んで行った修羅場 

私子 19歳 学生自他共に認めるシスコン 
姉子 21歳 フツーの大学生 優しく美人 
ダメ男 34歳姉子の彼氏ダメ本当にダメなやつ 
友子 姉子の友達,白衣の堕天使キレたら地道に怖い人 

姉子と私子は昔からかなり仲良くて高校卒業したら
一緒の県に出て二人暮らししようと約束してた。

年子だったので一年間離れたが卒業後無事一緒に暮らせるようになった。 

姉子には離れた一年間の間に新しい彼氏(ダメ男)ができていて私子も二。三回会っていた 
バイト先にわざわざ二人で来てくれたんだが私は制服が可愛い感じのカフェで働いてて
ダメ男はメイドカフェだと勘違いして帰っていった 
それから、ダメ男のこと聞いてもあまり姉子が話してくれなくて不思議に思っていた。


         
2017年09月21日

674:   02/12/09 18:04 ID:98dwCBaz
「これ、三年前にここで買ったんだけど保障期間すぎてないから無料で修理して」 
と、ガスコンロをお持ちになったババアとオバちゃんのボーダーな感じのお客様。 

当店は現在の場所に店舗立ち上げしてから一年半くらいしかたってません。 
「店をお間違いではないですか?」と問うと、 
「何いってんの?レシートも保証書もあるのよ?」 
と、レシートを見せられましたが全然違う店のものでした。 

保証書を見ると九十七年に製造された物で保証の期限すら切れてます。 
こちらでは修理は有料になりますという事を伝えると「じゃあ、捨てといて」と。 
それも有料になるのですがと伝えると、 「何よもう!何でもお金お金って
あんたきったない根性してるわね!!」と、怒鳴って出て行きました。 

店の駐車場の隅にそのガスコンロが放置してあったのは言うまでもありませんが、 
一緒に捨ててあった保証書とか送り票に住所とか全部書いてあったんで
取りに来させようと思います。


         
2017年09月20日

1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/08(木)20:15:57 ID:CEU
俺が信じられないなら別れるしか無いな!
って言って家から追い出し立ったわ

ざまぁw


         
2017年09月18日

347:名無しさん@HOME2014/01/02(木) 09:31:34.63 0
私の鬱にプラスモラハラ受けまくってでもなんとか這い上がって、鬱はほぼ完治。
子供連れて家を出る事を決めた。

こっそり事を進めていたつもりだったが、出て行く事が嬉しい
(何でそんなに嬉しいのかはよくわからない)
子供たち(4歳、7歳)の口からポロリと家決めて荷物
少しづつ運んでる事が旦那にバレた(年末の出来事)
その日から、旦那が寝室に籠って出てこなくなり、
子供たちに『最後だから抱きしめさせてくれ』とおいおい泣いたり
『もうタヒぬ。出来る限り迷惑はかけないようにする』
とかタヒぬタヒぬ言ってて困ってる。

私の気持ちは出て行く事から変わらないし、子供たちも変わらないみたい。
これはただのタヒぬタヒぬ詐欺なんだろうか・・・
でも正直今しなれたらやっぱり私も子供も自分責めるし
どうしたらいいんだろう・・・

テンプレ埋めた方がいいなら埋めます


         
2017年09月13日

104: 名無しさん@おーぷん 2016/03/19(土)15:19:21 ID:W27
1/3
平凡な生活しかしていない自分の修羅場

中学に上がる前の春休みから、塾でも行っとく?的な流れで塾に行き始めた。
同じ考えの同級生や、同じ中学になるであろうもうひとつの小学校の同級生など
も居て友達もできて嬉しくて勉強はついで。ってな感じで通っていた。

おじいちゃん塾講師がほとんどな中、大学生の塾講師が3人入ってきた、
その中の女の先生が自分たちのクラスの担当になったのが中学に入って3ヶ月程の頃。
その女の先生の教え方が慣れてない感じがして、私たちもなにを言われてるか
よく理解できないまま話を聞いていたが1人の生徒が授業に飽きたのか
隣の席の私に話しかけてきた。
まあ好きな人の話とかそんなものだったんだけど、その好きな人の名前を
「ダイチ」とする

長いので分けます。


最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー