キチガイ被害の記事一覧

         
2020年03月13日

919 :修羅場な話 2017/09/19(火) 13:56:16 ID:veAua3EA.net
長くなる
すごく明るくて楽しい人が嫁に虐待されていた
嫁の金遣いが荒くて旦那の小遣いゼロ
束縛も激しくて、物を投げつけられたり引っかかれたりの暴力も受けていた
「嫁が怒るから」と仕事終わったらすぐ帰宅、休日も出かけない
友人が同情して飲み代払ってあげて、
飲み会や遊びにこっそり参加していた

嫁は結婚前はニコニコキャラだったのに
結婚したとたん、仕事をさっさと辞めて
友人付き合いの場に夫婦で来ても
ひたすら無愛想で、すぐ夫連れて帰ってしまう

その嫁のことがみんな大嫌いで、
早く離婚しろと言っていた
が、その人は「俺の大好きな人を悪く言ってほしくない、
少し人見知りする子なだけなんだよ」
と嫁をかばっていた

半年くらいで嫁が男作って家を飛び出して離婚
そしたら間男に逃げられて狂言自杀殳までやらかして
迷惑かけまくりだったらしい
友人は「俺の稼ぎが少なかったからなー
仕方ないよ」としょげていた

嫁への慰謝料は驚愕の300万
なんでお前が慰謝料払うの?もらう側だろ?と、
心底その男の人の良さに呆れたくらいだった

続きます


         
2020年02月05日

482 :修羅場な話 2016/07/20(水) 14:09:22 ID:vwrZ3Jf+.net
昼寝で当時の夢を見たので思い出しカキコ。
3年ほど前、実家を出て女の一人暮らしをしていた時のこと。
深夜に帰宅してご飯を作っていたら
男性.から玄関越しに監視されていた。

超怖かった。心の中が修羅場だった。

         
2019年09月27日

639 :修羅場な話 2010/07/02(金) 01:01:44 ID:zpU1Qv3k
出産した次の日に赤に会いにナースステーションに行ったら赤がおらず、
看護師に聞いたら間違って違うお部屋のお母さんの所にいた…。
ふざけんなよ。抱っこも初乳もまだだったのに…赤の他人に連れてかれてたなんて…。
ムカつくムカつくムカつく

         
2019年09月13日

712 :修羅場な話 2018/04/19(木) 09:34:05 ID:rld/Lh5X.net
とある限界集落寸前な田舎の町内会で話し合ってAさんの家を地域の共有財産にすることが決まった
Aさんの家にあるものは自由に使っていいし
Aさんは家に鍵をかけてはいけないし万が一鍵がかかってたら窓を割って入る
そうすることで集落の外まで買い物にでかけるのがAさんだけで済んで年寄りが快適に暮らせる

ちゃんとAさん以外のみんなで話し合って決めたことなのにAさんが一人で勝手に反対して駐在さんまで呼んだ
警察は「ご近所だから」とAさんを叱ってくれたのにAさんが発狂して
「近所ならなにやっても許されるのか」とかわけのわからないことを言いながら近所の家に石を投げてガラスを割って逮捕
「近所なのに!!」って叫びながら駐在さんが呼んだパトカーに乘せられていった

Aさんがいなくなったから都会に行ったAさんの息子夫婦が帰ってきて買い物係を引き継ぐのが筋なのに
連絡すらよこさないAさんの息子夫婦の神経がわからん

ってキレてる嫁の両親の神経がわからん

         
2019年09月03日



638: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2018/09/07(金) 15:12:32.35 ID:/LG6BYk1.net
高校生になった瞬間に捨てられた。 
親がそりゃもうウシジマ君の登場人物並みにしょうもなくて私は通信制に行かされた。理由は一番学資が安いからw 
いきなりくそボロいアパートを契約させられてそこに捨てられた。

しかもお金は私が全て払う。
家賃も携帯も光熱費もいきなり払う生活になった。そんな話なんてしてないのに。 
最初の月はタヒぬかと思った。入ったバイト先がお弁当屋さんだったので賄いでなんとか生きた。 
普通に生活してる友達にはなんか言えなかった。 
中学時代にチャットにハマっててそこの住人達(中学生からおじさんまで様々な人がいる)がいきなり私が消えた事を心配してくれて携帯に連絡が来てたが止まってたのでやっと払うとメールが来てて泣けた。 
私はありのまま話すとその子が色んな人に言ってくれたみたいで住所を教えるとみんな物資を送ってくれた。 
中には封筒の中にお金とか入れてくれる人もいた。 
バイト先の人にも話すと率先して(?)破棄のお弁当くれたり本当はいけないんだけど扶養超えたら別でくれたり、パートのおばちゃんが野菜たっぷりのお弁当作ってくれたり本当色んな人にお世話になった。 
お返しはみんな拒否するので生活が軌道に乗ったらお菓子作って送ったりした。 
おばちゃんになった今、今度は困った人がいたら私が助けたいが、そんな生活してる人に出会わない。。w



         
2019年08月30日

538 :修羅場な話 2009/01/02(金) 18:54:51 0
「ひどいめにあった」といえるほどのことじゃないかも知れませんが…。

義実家の廊下で急に後ろから抱きしめられて胸わしづかみされたんで夫かと思ったら義兄だった。
びっくりして、「お義兄さん、違いますよ!(=私は義兄嫁じゃないですよ)」というと、
「ああ、ごめん」と静かに微笑んで(苦笑かな?)去って行った。
普段悪ふざけをするわけでもなく、殆ど接点がない人だったんで、うっかりしてたのかなーと思っていた。
(義兄嫁と私は髪の長さも身長も体型も全然違うけど。)
でもそれ以来、同じようなこと(後ろから触られたり抱きしめられる)がわずか2日で数回続いたので、
義兄が疲労かなにかでおかしくなったのかと心配になり、夫に相談した。
夫は驚いていたけど信じてくれ、義兄と二人で何か話し合った後、「もう大丈夫だから。」と言っていたので、
義兄も大変なんだな、と同情していた。
しかし、その晩義実家のマンションの駐車場で突然抱きしめられたので、痴/漢かと思って大声を出し、
ωらしきモノをおもいっきり握りしめた後振りほどき、近所の人に警察を呼んでもらってからよく見たら、痴/漢は義兄だった。
(暗くて本当に気付かなかった。ωは私が握力弱いことや服の上からだったので、大した怪我ではなさそう)
警察や近所の人には、義兄が義兄嫁と私と間違えたらしい、迷惑をかけてすみません、と説明して帰っていただき、
その後その場をウトメとコトメに任せて私と夫は自分たちの家に戻ったので、その後のことはどうなったかは知らない。
義兄は精神疾患があるようには見えなかったけど、急に変わってしまったので心配だが、
ωを力いっぱい握りつぶせたのが自分にとってはとってもスカだった。

         
2019年07月28日



1: 名無しさん@おーぷん 2016/05/26(木)11:10:25 ID:kNE
こわい思いした



         
2019年04月20日



248:名無しさん@お腹いっぱい。2007/01/12(金) 14:53:32
愚痴らせてくれ。
俺の母が、俺の家にほぼ毎日朝から晩まで入り浸り。
生まれて二ヶ月の息子に「ままでちゅよ〜」とかほざく。
嫁が怒って「わたしがお母さんよ」と息子に言うと、
「子供が混乱するでしょ!あんたは黙ってなさい!」と。

多分勝手に俺のをコピーしたんだとおもうが、家のカギを持っていて、この間嫁といっしょに定期検診行って帰ってきたら、なぜかいる。
勝手にくつろいでいる。
そのときの能面のような嫁の顔が忘れられん。
どれだけ言ってもしかっても怒鳴っても、まったく人の話をきかねぇ。

とうとう夕べ、嫁が「あなたとママの子供を産んでくれる家政婦でも雇えば?」と言い出したorz
家にきても家事も何もかも一切せず、息子を独占するらしい。
食事からなにから嫁がして、息子に触らせてももらえないと泣かれた。
会社の社宅だから簡単に引っ越せない。俺実家徒歩15分、嫁実家飛行機2時間。
このままじゃ、安心して仕事に復帰できないと嫁が泣く。
無いと理解しつつも、母を諌める魔法の言葉が真剣に欲しい。

ああ。愚痴だ。



         
2019年04月03日



712:おさかなくわえた名無しさん2018/07/07(土) 05:32:16.54ID:ALbdEZ6a
数年前に同僚である既婚者のA子と不倫していると濡れ衣を着せられ、
全部失った。

去年、なんとか精神的に立ち直って
実家の両親の顔を遠目でも良いから見ようと思ったら、
A子の元旦那が俺の妹と再婚してた

みんな幸せそうだったよ
抱っこしてた赤ちゃんは妹の子供なんだろうなあ




         
2018年04月14日



826:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/07/04(土) 23:35:59.05 ID:tD54HQwv.net
もうほとぼりもさめたと思うので投下します。
ボウリョク話なのでご了承ください。

10年くらい前、
徹夜の準備のために22時過ぎにコンビニに行った帰りのことです。
道の先でイカ釣り船仕様の車から降りた男が2人、
若い女の子を羽交い締めにして無理矢理に車に乗せようとしていました。
拉致現場です。 
そのままダッシュしてDQN1に飛び蹴りをし、DQN2の下半身を蹴り上げました。 
DQN2は悶絶、倒れているDQN1が立ち上がりそうで怖いので 
上からジャンプストンピングしました。 

ここで誤算だった、というかよくよく考えれば当たり前なんですが、 
運転席からDQN3が降りてきました。 




最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー