ほのぼのの記事一覧

         
2022年11月28日

818 :修羅場な話 2013/10/21(月) 20:00:04 ID:KN5iJiPt
幼稚園からの幼馴染みにいい所のうちの子Aがいる。かなりの俺様な男の子だったが、でも情に厚い所もあって、それを知ってる人しか仲良くしようとはしなかった(親たちの中には彼のお母さんにあしらわれ、息子に取り入ろうとしていたのはいたけど)
しかし大学入学と共に同窓会にも顔を見せなくなり、成人式で再会して以降、近くに住んでいるにもかかわらず10年は会わなかった
ところが先日、偶然に再会し、久しぶりなのに開口一番「ねぇ、何の犬を飼ってるの?」と尋ねてしまった
それは仲間内で幼稚園以来の疑問で
「Aの家には犬がたくさんいる」
という話は知ってるが、種類が分からずみんな勝手に高そうな犬種を言い合っていた(聞けよと言われそうだが、何か聞くのは失礼かなと思っていた)
それがずっと頭に残っていて、Aに再会し「久しぶり!元気だった?」より先にその質問をしてしまった
「うわ!何バカなこと言ったんだろう!」と顔が熱くなったが、Aは嬉しそうに「今飼ってるのは・・」と教えてくれた
そして「変わらないな、お前。変なやつ」と言いながらぼろぼろ泣き出した。「本当に変なやつ」
二度も変とは言われたくなかったが、Aが嬉しそうなので、簡単に知ってる幼馴染みの近況を教えると、いちいち反応しながら何度もうなずいていた
「みんなに会いたいよ。でも、会えないな」
「会えるよ。定期的にご飯食べたりしてるもん。今度連絡するから行こうよ」
そう言うと「いつでも連絡くれよ」そう答え、彼は迎えに来た車に乗って行った
後で聞くと、Aは若いながらかなりの重役で、付き合う相手も気を使い、遊ぶにしても自由がなかったという
気を抜くと周りには家名に群がる人々ばかりで、いつも気を張っていたらしい
だから久しぶりに幼馴染みに会い、変わらない姿に抱えていたものが全部なくなった気がしたそうだ
これは職場に偶然来たAのお母さんの話してくれたこと
そして最後にお母さんから笑ってない目で微笑みながら
「ねえ、(私)ちゃんまだ独身?うちの子どう?(私)ちゃんなら安心なんだけど」に驚いた
あれから何回か職場に来て、何度も言われるんだけど・・


         
2022年10月25日

530 :修羅場な話 2012/07/21(土) 10:24:43 ID:qQx6Lv6l0
うちの社長(50代男忄生)が以前からFaceBookにハマっている。
ちょっと前までFBいいよ(私)さんもやろうよなんて言ってたのに
このところ静か。

どうしたのかなと思って、こちらからFBの話題を振ろうと
「FBって勝手にお誘いメール送るっていう困った機能あったそうですねー」
と言ったら突然目を輝かせて
「そ、それかあああああああ!」

友人知人の人たちに社長からのFBお誘いメールが
言ってしまい、まだFBについてよく知らない人ばかりなので
「(社長)、変な勧誘しないでくれませんか」
と文句言われて元気がなかったらしい。

「よかったあああボクがおかしなことしたわけじゃなかったんだああ
(私)さんありがとおおおお!よく機能について調べないとダメだねええ」

翌日書店でFB関連の書籍を元気よく大人買い。
ついでに私にどら焼き買ってきてくれた。

なんか50代のおっさんがショボーンとパアアアの顔文字みたいになって
大変なごんだ。

         
2022年10月14日

3 :修羅場な話 2015/08/03(月) 02:37:46 .net
アイホンだから読みづらかった申し訳ない。あと文章下手で。

俺、帰宅。
かみさん、なぜか最近ハマっているバクチクのDⅤD鑑賞中。
ちなみにカミさんは20代後半。

カミさんが用意してくれた飯を食べながら一緒にLIVEを鑑賞しながらジャブをぶっこんでみたよ。

カミさん「あっちゃん、かっこいいな~」ため息まじりに…
俺「・・・俺は?」

カミさん驚きながら振り向く。

カミさん「どうした!?」
俺「いや、べつに…」
沈黙中に、愛猫が通過。
カミさんが猫にむかって
「うちのおじさん(俺、40代前半)が一番かっこいいに決まってるよね~」
猫「にゃー」←こいつは話しかけると、とりあえず返事する

俺「うちの奥さんも一番綺麗だよ」
かみさん「・・・」
俺「奥さん、愛してるよ」

床に座ってた かみさん、勢いよくハイハイで近づく。

ソファーに座ってた俺に抱きつこうとして、下から頭突きをかます。
俺、アゴ強打。

カミさん「きゃー!ごめんね!痛いよね!ごめんね!!」
俺「いや、、、大丈夫だよ…」
カミさん「本当にごめんね!あと、愛してるよ!」

改めて抱きつかれる→猫、通過。
カミさんが猫を抱いて
「にゃーも、○○(俺)を愛してるって!」

猫を俺の顔に近付ける。
猫、猫パンチ。

パンチが軽く目に入る。
左目負傷に悶える。

カミさん、謝る謝る。

抗菌目薬さして、寝室へ。

いろいろ顔面痛いけど、いつもよりサービス増しだったよ。
あと、あっちゃんはバクチクのボーカルで50歳だったよ。
カミさんよ、おじさん好きだな。

         
2022年10月14日

169 :修羅場な話 2016/02/13(土) 09:19:02 ID:R/lKc0tc.net
今さっき、マックで朝マック食べようと1人で席に着こうとしたら背もたれのついた椅子の上に財布の忘れものが、、、
背もたれに隠れて店員からも他の客からもタヒ角になっててこの財布の存在は俺しか気づいてなかったんだけど、パッと見いい感じに膨らんでて何と無くお金がいっぱい入ってそう、、、
昨日パチ〇コで大負けしてた俺はすかさず店員に届けて、1人でソーセージマフィン食ってたら、店員からドーナツのサービスもらった。
ウサギの絵と良い1日をて文字がチョコで書いてあって、正直こんなに食えねーよと思いながらも頑張って少しずつ食べてると、なんか爺さん
がやってきて財布届けてくれてありがとうと、お礼を言われた。
彼女も友達もいないから誰にも言えないのでここに書いておく。良かったな爺さん。

         
2022年10月08日

743 :修羅場な話 2013/01/26(土) 23:38:43 ID:oCLuw2SH0
55: 彼氏いない歴774年 2009/12/11 01:40:14 ID:RhW9CEec

電車の向かい側の席に座っていた初老の夫婦の会話。
多分、旅行に行くんだと思う二人。

(`・ω・´)少し頑固そうなおじいさん
(*´∀`)上品なおばあさん

(`・ω・´)つ「ん…」鞄の中からおもむろにミカンを出す
(*´∀`)「ありがとうございます。でも今は大丈夫ですよ」
(´・ω・`)「……」ミカンをそっと鞄にしまう

少ししてから
(`・ω・´)つ「ん…」今度はペットボトルのお茶を差し出す
(*´∀`)「ありがとうございます」お茶を受け取り飲む
(*´・ω・`)「……」少し嬉しそう
(*´∀`)「はい、ありがとうございました」ペットボトルを返す
(`・ω・´)「ん…」受け取って少し考える
(*´・ω・`)「……ゴクゴク」残っていたお茶を一口飲む
(*´∀`)「ふふふ」

その後もお菓子やタオルなんかでこのやり取りを行う二人。
ぱっと見、亭主関白なのかなぁ?と思ったが、
何事もおじいさんがおばあさんを優先していた。
おばあさんは高そうな服は着ていないんだけど、
すごく綺麗な座り方や、言葉遣いから上品さがにじみ出ていたよ。
上品ってのは、外見じゃなくて内面からあふれるんだね。
おばあさんみたいな歳のとりかたが出来たらいいな。

――――――――
おばあさんもいいがおじいちゃんが可愛い。

         
2022年09月29日

407 :修羅場な話 2009/10/13(火) 13:04:43
最近ばーちゃんが市民カルチャーみたいなので
色鉛筆で気軽に絵を描く、という講座を受けた。

1回限りの催しで、ばーちゃんは通う気はないらしいが
絵を描くのは楽しいと思ったらしい。
子供の頃は戦争中でそういうことができず、ばーちゃんは
ほとんど絵を描いたことがない。

「(私)ちゃん、これ見て」
「んー?お向かいの猫?」
「わかった?猫に見える?」
「うん。あと、猫は耳をこのへんに、こういう風に描くともっと猫っぽくなるよ」
「おおー」

「(私)ちゃん、コスモスがうまく描けない」
「コスモスの花びらはこんなかな」
「わあ、コスモスだねえ。(私)ちゃんはうまいねえ」

どうしよう、ばーちゃんがいとしくてならない。

         
2022年09月28日

64 :修羅場な話 2007/12/02(日) 23:52:13 ID:wfcrnKAS0
742 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/12/01(土) 22:25:29 ID:ubJOHKjh
昨日の、電話を受けた平社員と課長の会話です。
平「課長、東京ガスからお電話です」
課長「東京だす?」
平「ガスです」
課長「カスタム?」
平「東京ガ・ス・です!」
課長「東京ジャスデスク?」
ちょっとここで平社員がイライラ。
平「順番に言いますよ!東京!」
課長「東京」
平「ガンダムのガ!」
課長「ガ」
平「ガンダムのン!」
課長「ン」
平「ガンダムのダ!」
課長「ダ」
平「ガンダムのム!」
課長「ム」
平「です!」
課長「東京ガンダム」
平「だから違いますってば!!!!…ん????」
課長「????????」
私:(;゚;ж;゚; )ブッ
分かりやすくガンダムを例に出したら、ガンダムに影響されてガンダムになっちゃったよwww

         
2022年09月27日

359 :修羅場な話 2007/12/18(火) 12:18:37 ID:dLyopNxg0
姉が先日結婚し、その時の写真を式に参列できなかった大叔母に送った。
大叔母はとてもおっとりしていて、身内から見ても上品でモダンな人。
姉への結婚祝いも「ご夫婦で飲んでね」とmoetを送ってきてくれた。
ひそかに「こういうおばあちゃんになりたい」とあこがれてる。
そんな大叔母からお礼の電話がきた。

叔母「(姉)ちゃんのだんな様、とっても素敵な方ね」
私「そうかな」
叔母「そうよ、今の人たちはこういう方のこと「イケメン」って言うんでしょ?」
私「……かっこいい人のことはイケメンっていうけど、この人はそんなにイケメンでは…」
叔母「あら、イケメンよ、(私)ちゃんたら見る目がないのね」
私「……そ、そうかな、良い人だし私も仲はいいけど、イケメンとは思えないなあ」
叔母「ふふふ、頑固ね(私)ちゃん、どんだけ~☆」
私「(゚Д゚)」

きっと大叔母は年若な私に流行語を合わせてくれたんだと思うが、
おっとりとした大叔母の口からIKKOを聞くことになるとは思わなんだ。
クリスマスカードとオーナメントを送ったのできっとまた電話が来るだろうが、
小島よしおをやられたらどうしよう。

         
2022年09月27日

622 :修羅場な話 2008/01/03(木) 16:15:26 ID:cjCeAPfd0
犬話注意

いつも散歩に行く土手に、何ヶ月も前から白い犬がいた。
犬は毛がぼさぼさで、あまり食べていないんだろうか、痩せこけていた。
とても人に慣れていて、決して触らせないが近くまで寄ってくる。
捨て犬なのか、迷い犬なのか分からないが、野良ではないオーラを持っていた。
近所の犬の散歩を、いつもじっと見つめているんだが、とても寂しそうで、こっちが切なくなった。
連れて帰りたいけど、うちは賃貸だから無理だしなあ、と思っていた。

先週、新しい真っ赤な首輪が犬に付けられていた。でも飼い主の姿は無い。
今日また行ったら、リードを持ったおじさんに連れられて、元気に、嬉しそうに散歩していた。
連れと「あの犬かな?」って話していたら、おじさんが気づいたのか話しかけてくれた。
おじさん曰く、ずっと前から気になってはいたが触らせてくれないもんだから
こりゃ持久戦だ!と思って、少しづつ仲良くなっていく作戦を取ったそうな。

離れたところから餌を置き、
それを1ヶ月続けたところ、自分から寄ってきて触らせてくれるようになった。
チャンスだ、と思い持っていた首輪を付けたが、逃げられてしまった。
でも翌日も寄ってくるから、餌付けは続けた。
で、大晦日にとうとう家に連れて来る事ができた、と。
どうやら今日が初めての散歩だったらしいが、犬の目は輝いていたし、毛並みも前より良くなっていた。
幸せそうだったし、触らせてくれている間も尻尾をぱたぱた振っていた。

本当に良かったな、と心から思ったよ…

         
2022年09月26日

253 :修羅場な話 2007/12/14(金) 09:51:30 ID:0+2UAw0yO
11月始め、お祖父ちゃんが入院した。
その時からお祖母ちゃんは毎日欠かさず見舞いに行っていた。見舞いというより軽く介護だったかもしれない。
バスで行くには遠い所だったので、大体は姉が車を運転し一緒に病院まで行っていた。
そんで長くて半日ぐらい二人でお祖父ちゃんの所にいた。

後から姉に教えてもらったが、お祖母ちゃん、帰る時に姉がいないとお祖父ちゃんにキスしてから帰っていたんだそうだ。
それ聞いた時、お祖母ちゃん本当にお祖父ちゃんが好きなんだなって思った。
頑固でちょっと細かいお祖父ちゃんの言うことに素っ気ない返事してたりしてたお祖母ちゃんだったけど、何かすごい暖かくなった。

先日、残念ながらお祖父ちゃんは亡くなったが、この前古いアルバムを見せてもらった。
それを見ながら昔のお祖父ちゃんの話をするお祖母ちゃんが、何だかとても可愛く見えた。
結婚とか考えたことも無かったけど、ちょっといいなって思えたよ。ありがとうお祖母ちゃん。

長くてスマソ。

Twitter プロフィール
2ch(5ch)鬼女系のまとめサイト 修羅場な話まとめのつぶやきアカウントです。
おすすめのサプリ

       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
       
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー
その他

純広告募集中です