ほのぼのの記事一覧

         
2019年09月26日

497 :修羅場な話 2017/01/22(日) 02:54:58 ID:hU3
子供の時、8歳下に生まれた弟が、両親に可愛がられているので
両親を取られた気がして面白くなく、何とか意地悪してやろうと思っていた。
弟がしゃべり始めた頃、私の動物図鑑がお気に入りになって
動物の絵を指さして「うさぎ」とか「ライオン」とか読んでやるときゃっきゃっと喜んだ。
よしここだ。
私は「馬」の絵を指さして「ブタ」と教え込んだ。
何度か繰り返すと、馬の絵を見ただけで弟の方から「ブタ!」と言うようになった。
やーいバカ、と考えの浅い私はほくそ笑んだ。

日曜日の午後、お茶の間で両親と私と弟がまったりしていると
つけっぱなしのテレビが競馬中継の時間になった。
画面いっぱいに映し出される馬、馬、馬。
弟は興奮してテレビに駆け寄り「ブタ!」と叫んだ。
両親「え?」
弟、テレビの画面に指を押しつけながら「ブタ!ブタ!ブト!ブト!ブトブトブト!」
舌が回らないので、途中から「ブト」になってしまった。
さすがに母は子供のことをわかっている。「(私)ちゃん、(弟)に何か言った?」
私「あうっ……」
うなだれて白状すると、両親爆笑。
父「俺も同じこと、弟にやった。親子ってそんなところも似るんだ」
弟はそのことを覚えていないが、高校生くらいまで
両親と私の間だけで「ブトはまだ寝てるの?」とか、弟のことをブトと呼んでいた。


         
2019年09月20日

164 :修羅場な話 2013/10/28(月) 20:01:10
嫁と全国チェーンの寿司屋に行った。
かなり混んでいたが、長々と居座る客は余りいなかったようで、
俺達はそれほど待たずして席に着くことが出来た。
そして俺が「この店、客の回転率いいな」と言ったら、
嫁は「何言ってるの?回転してるのは寿司でしょ?」と言った…

びっくりして嫁の顔を2度見したが、嫁は物凄く真剣な顔だったわ。
俺はつい見つめてしまった。
二人で同時に「えぇ?」と言ったわ。
俺はしばらく寿司を食う事に集中し、気持ちを落ち着かせるしかなかったな。

         
2019年09月18日

506 :修羅場な話 2011/10/23(日) 12:08:59 ID:IPk070hN0
647 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/10/21(金) 12:50:06.80 ID:Kz+RaBmN
母が亡くなって数年、私も一人暮らししているので父も一人きり。
そんな父から「今週帰ってこないか」とメールがきた。珍しいな、と思いつつ家に帰ったら、
リビングに床から天井まであるキャットタワー、猫トイレ、おもちゃ複数が散乱してた。
え、猫飼ってるの?とテンション上げたら
身長180の厳つい顔の父はしょんぼり肩を落としてテンションが低い。

先日、外の物置の前にいた子猫を保護し、そのまま飼うことにしたものの
子猫がちっとも懐かないし威嚇されまくり、とのこと。
はて、と袋に潜む猫に近づいたら、ごーろごーろと喉を鳴らしてていた。
「な、威嚇してるだろ・・・ずっとこうなんだ」と相変わらずしょんぼり。
私が猫を触ろうとすると「馬鹿!子猫でも爪は鋭いんだ!」と慌てる父。
子猫は私の手にすりすり。
ねえ父、このごろごろ音は愛情表現だよと言うと、ぽかーん。
恐る恐る手を差し出す父にも子猫はすりすり。
でっかいおっさんが一瞬で、パアァっと効果音出そうな笑顔になった。

後日、「猫の雑誌買ったら本当にごろごろ音は信頼の証って書いてある!」
と興奮気味に電話きた。無口な父が突然、猫のおかげで明るくなったよ。
母がアレルギー気味だったから金魚しか飼ったことなかったし、
黙っていたけど動物大好きだったとのこと。
遠方の兄が帰宅した時も猫に一生懸命話しかけてて、兄に気づいた瞬間、
キリッとなったけど手元の猫じゃらしは止まらなかったそうだ。

         
2019年09月18日

89 :修羅場な話 2006/09/12(火) 00:56:23 ID:Qe4cchly
兄二人と年が離れて(9つ)生まれた私。
私が大人になってからは、ママンは「実はあんたはうっかり出来た子よw」などと
生々しいカミングアウトをしてくれたが、パパン的には、女の子が欲しくて、まさに
「娘キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!」状態だったそうな。
口数の少ないパパンだったけど、とても可愛がってくれた思い出ばかり。
そんなパパン、実は私が赤ちゃんだった頃、家を買って住宅ローンを組んだ途端、
プレッシャーによるストレスで、一時視力が著しく低下し、もしかしたら失明かも?という
時期があったらしい。その時、真っ先に始めたのが、絵本の読み聞かせをテープに
録音する事。それも、何冊も何冊も。お世辞にも裕福とは言えない家庭だったから、
図書館でごっそり借りてきては、見えにくい目で一生懸命カセットに録音したと。
「○○(赤子の私)に絵本読んでやれなくなるかもしれんからなぁ・・・」と。

そんな話を、結婚間近になってママンから初めて聞いて、涙が止まらなかった。
物心ついた時から、普通に元気に働いてるパパンにそんな事があったなんて、
全く喋らずにいたパパンに萌えすぎて、「新婦からの手紙」の時は鼻水まみれの
花嫁と花嫁父の写真だったよ(´ー`)

         
2019年09月13日

209 :修羅場な話 2015/07/12(日) 18:08:05 0.net
中学生のとき実の母に「お父さんと仲が悪くなったのも離婚したのもあんたのせいなんだよ」って言われて心の中がまず第一の修羅場

半年後、父親と二人きりでの面会時
私「お母さんがこんなこと言ってたけど本当?」
父親「そんなことはない。離婚は僕たち二人が悪かったんだよ」
私「じゃあ私、お父さんと一緒に住みたい。お母さんはもう無理」
父親「いや…父さんとはなぁ…学校も遠くなるし…そうだ!親戚の○○さんの所に行けば良いんじゃないかな?」
その直後、父親が再婚、引っ越し。私は邪魔だったと分かり第二の修羅場

高校一年の時、上記の「お父さんと暮らしたい」と言ったことを耳に入れた母親がキレて私の存在を家から消した。母が私に話しかけるのは親戚や母の友達が来ている時に「良い母ちゃん」を演じたい時のみ
家事は母と弟の分だけ。私の洗濯物、食事は高校3年間自分でこなした。第三の修羅場だけどしばらくしたら慣れた

父がいない事を心配した祖母が時々お小遣いをくれたので、バイト代と合わせて貯めて、高校三年生の時に遠方の公務員試験を受ける為の受験料や交通費に使った
無事に合格したので母と父に報告
母→いつも通り無視
父→そうか。引っ越しはいつだ?金を振り込んでやるから口座を教えなさい
両親からのおめでとう、は無かった

新天地へ無事に引っ越し。その後帰省も両親との接触も何もなく、仕事に励む。23の時、結婚したいという物好きが現れたので式は挙げず入籍のみ。夫実家、同僚、上司が祝ってくれた

妊娠したので母と父に連絡しようとしたら番号が変わって連絡が取れなくなった。祖母宅には繋がったが祖母はもう亡くなっていた。第四の修羅場

落ち込んでいる所に、夫が「君はお花から生まれた妖精なんだよ。僕に幸せを蒔くために生まれてくれたんだ」とアホなセリフを真剣な顔で言ってきたので泣きながら大笑い

女の子だと思っていたお腹の子にお珍ちん付いてたので、色んなグッズを買い換えてる現在修羅場

         
2019年08月31日

430 :修羅場な話 2009/03/30(月) 00:51:49 ID:OmwOH3JX
404 名前:774RR[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 02:00:30 ID:Dj/2STdN
うちにいるデブ猫を飼いだしたのは、夜中に血まみれで道路の真ん中でジタバタしていたのを
仕事帰りに通り掛かった俺が近所の動物病院に連れこんだのがキッカケだった

夜中の流れの速い道路の真ん中にいたら、轢かれてタヒぬのは目に見えていたので
とりあえず道路の端にでも移動させようと車を停めた
実際に近くで見ると結構出血していて重症っぽかった
置いておくわけにもいかず、抱き上げて車に乗せようとすると、
これぞ肉食獣!という感じで歯を剥き出しにして俺を威嚇しまくり抵抗した
トランクにあった毛布をバサっとかぶせて包み、助手席の足元に置くとぐったりしてあまり動かなくなった
素人目にもこれはヤバいと思い、うちの近所にオープンしたての動物病院があったのを思い出し
警察に捕まったら確実に免許が無くなりそうな走り方をしてその病院に急いだ
自宅兼動物病院に着き、呼び鈴を連打すると若い女の人(奥さん)がインターホンに出て
少ししてパジャマ姿の若い院長先生が目をこすりながら出てきた
ぐったりと抵抗もしなくなった猫を車から降ろし検査をしたところ、後ろの両足が折れ尻尾が潰れていた
左足は骨が突き出し、そこからかなり出血していた
車に撥ねられたようだった

         
2019年08月15日

477 :修羅場な話 2009/03/07(土) 20:30:11 ID:L0hyU35W
鳥山明のサイン貰った。
しかもサイン会とかで貰ったんじゃなく、親が本人に偶然会って貰って来た。

         
2019年07月22日

410 :修羅場な話 2019/03/28(木) 21:17:52 ID:pOGN+OUb0.net
大学生の娘がいる。
小さい頃はパパっ子で、俺が抱っこしないと寝ないくらいべったりだったが、
思春期になると殆ど会話もしなくなって、嫌われこそしないけど、関わりもない親子関係に変わっていった。
まぁこうして遠くから見守っておくのがいいのかな、そんなものかなと思いつつ、何か寂しさも感じていた。
もうパパは必要ないから、と、そんなふうに言われたような気持ちをどこかで抱いていた。

先日、胃癌の疑い有りと診断されて、精密検査を受けることとなった。
娘にはまだ言わないでおこう、きちんと診断されてからでいい、無駄な不安をかけることはないと妻と相談したのだが、
普段仲の良い妻と俺がこそこそしてるのを訝しんだのか、妻と検査のことなどをやりとりしてるメールを見られてバレてしまった。

携帯を突きつけて、これ何!と詰め寄る娘を宥めようと、まだ検査中だからと説明しようとしたが、
携帯を胸の前で握りしめた娘が、ぽろっと涙を流したので、黙りこくってしまった。

娘は、友達のパパは皆元気なのに!なんでパパなの!なんで!、と荒々しく吐き捨てたあと、急に小さな声になって
「やだよ、本当はパパのこと大好きだよ。まだパパがいないと駄目だよ、まだ頼りたい、そばにいて欲しい……」
とつぶやいた。
目をぎゅっとして、顔を真っ赤にして泣く癖は、昔から何も変わってないなぁ、身体は大きくなってもまだまだ子供だなぁ、
と懐かしく思っていると、俺の目からも涙がこぼれた。
親にとって、子供はいつまでたっても子供だと言うけれど、なるほどそうだなぁとしみじみ思った。

ちなみに検査したところ、胃癌ではなかったので、今娘とすごく気まずい空気になっている。
唯一妻だけが、俺と娘を見ては嬉しそうに笑っている。

         
2019年07月17日

274 :修羅場な話 2012/06/13(水) 13:58:00 ID:+DM6KiM60
娘と彼が週末に結婚の挨拶にやってきた!
小さい頃から「娘の旦那になるヤツは3回殴る」と言っていた夫が
涙ぐみながら彼氏に「娘をよろしく」と頭を下げていた
娘彼はずっと娘に聞いていたらしく覚悟して来たのでポカーンとしていたw

夫の涙なんて初めて見たよ!結婚して15年も経つのに!

・・・はい、「計算があわない」と思う方、その通りです
娘は私の連れ子。
私より先に娘にプロポーズをしてくれた夫だし、
思春期もずっと会話を絶やさずに父親として頑張ってくれたので
娘はずっと父親大好きに育った。もちろん私も。

男なんて信用できない!と独身を通すつもりでいた私の心を溶かしてくれた
夫にはずっと感謝してる
「これでやっと新婚みたいにふたりっきりになるね」と言ってくれたので
まずは旅行しよう!といろいろ探していたら
「これからは2部屋取らないといけないから予算アップだなぁ、働かなきゃ」

・・・どうやら娘夫婦も一緒に連れて行くようだ・・・夫め・・・

         
2019年07月17日

109 :修羅場な話 2013/11/18(月) 13:47:11 ID:dN/kgBtr
嫌われていると思っていた姪に嫌われてなかったこと。
それどころか家族を題材とした作文で賞を取ってその作文をプレゼント
してくれたこと。
311の震災後、兄夫婦は仕事の関係で転勤先である東北に残らなければならず、
仕事のめどがつくまで姪だけを先に我が家で預かり一緒にくらすことに。
姪は春休みに我が家に来たんだけど、あまり口を聞かず笑顔も見られなかった。
大変な思いしたんだし転校だって不安だよなと思って友達の子供(姪の同級生)
を紹介して後はあまり構わなかった。どう接していいかわからなかったし。
学校が始まり、祖父母(私の父母)と喋るときは段々笑顔も出てきた。
私とは洗面所でかちあうと無言で通り過ぎる感じ。
でもこの前
「ん。これ。喪子さんのこと書いて入選したから。喪子さんに断りなく書いて
ごめん。」
って作文を渡された。
作文には両親から離れて心細かったことや祖父母に対する感謝の気持ちが書かれて
いて、その最後の方に
「喪子さんくらいの年の人と喋ったことがないからどうしていいかわからなかった。
○美ちゃんを紹介してくれて友達になれて嬉しかった。ありがとう。実は喪子さんの仕事に
興味があり将来はその仕事に就きたいと思っている。喪子さんが毎日勉強して
資格を取ったのが自分も嬉しかった。来年の1月にはお父さんとお母さんが帰って
きて今の家を出るけど、喪子さんともっと話がしたい。引っ越してからも遊びに来てもいい
ですか。ただ、喪子さんは夕飯の前に肉まんを3つも食べるのは体に悪いと思います。
本当に心配なのでおやつは今より減らして下さい」(要約)
と書かれていた。
私も嬉しくて涙出た。でも肉まんのくだりを全校生徒の前で読んだとかorz

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー