黒い話の記事一覧

         
2022年01月16日

635 :修羅場な話 2015/05/24(日) 19:24:10 ID:6Zi
2-1 父と娘が「墓場まで持っていった黒い話」!
昔のことなので、説明が多くてごめんよ。

約60年前。太平洋戦争が終わったのが70年前だから、
まだ日本中が貧しくて、食べていくのが精いっぱいだった時代。
マリコ(仮名)が学校を卒業して、就職した。
マリコは長女で、食べ盛りの妹弟がいっぱいいる。
自分が就職したら家にお金を入れて、両親にも一息つかせてあげられる。

待望の給料日。お金の入った封筒を大事にバッグに入れて(昔の給料は手渡し)、
会社を出ると、物陰から父親がぬっとあらわれた。
今も昔も、ろくでなしの父親が子供の給料を巻き上げていく話はよくある。
マリコもそれかと思って身構えたが、自分の父親は真面目な勤め人で、
酒も賭け事もしない。
父親はもじもじしながら一言。
「なあマリコ、ケーキおごってくれんか」
ズコーとなるマリコ。

子沢山の家で、父親の稼ぎは全額生活費。息抜きに使えるお金は一円もない。
そして、お酒も当時流行していたマージャンもやらない=社会人としてダメ、
という世間の風潮で、職場で友達もいない。
せめて甘いものが食べたい……というわけで、マリコにたかりに来たのだった。
父と娘は生まれて初めて喫茶店に入り、差し向かいでショートケーキ
(昔はケーキというとシュークリームかショートケーキの二択)
とコーヒーをいただいた。


         
2022年01月08日

15 :修羅場な話 2018/07/30(月) 16:18:10 ID:zH53Cal50.net
978 可愛い奥様 sage 2018/07/30(月) 00:27:16.32 ID:CdhHYY8I0
高校生の時の初彼。彼母に私は嫌われていたらしく、「悪い女に騙されている!」との評判だったらしい。彼は泣きながら別れを切り出してきて、私はすんなり了解。言い訳がましく泣かれたところで、結局母親の言いなりに自己決定する彼にウンザリしたから。
で、最近その元彼に第二子ができたそうだ。
上の子も下の子も女児。彼母さん、良かったね!跡継ぎ出来ないね!ざまあみろ!!!
というのが、私の黒い過去と黒い思いです。
今時跡継ぎもへったくれもないし忄生差もないとは思うけれど、会ったこともない私にひどい発言した彼母に、ずっと一矢報いたくてたまらなかったんです。元カレ嫁子には何の恨みもないのですが。
もちろん、この黒い思いは誰にも言わず墓場まで持っていきます。

         
2021年11月07日

196 :修羅場な話 2018/12/19(水) 13:53:23 ID:tEQ
高校の頃、ブッ〇オフで立ち読みしてたら盗撮してきたオッサンを脅してお金を巻き上げたこと。
読んでる途中でふっと視線を外したら足元に気配を感じて、
バッと振り向いたら知らないオッサンが足元にいてケータイのカメラをこちらに向けていた。
めちゃめちゃびっくりした私、咄嗟に足が出た。
オッサンからグフッみたいな音がして咳き込んでて、見下ろしながらふと「チャンスじゃね?」と思ってしまった。
そのオッサンのネクタイを掴んで持ち上げて「何やってたのオッサン」「(ケータイの)中身見せろよ」と圧をかけ、
拒む素振りを見せたら「私が大声出したらオッサン人生終わるじゃんドンマイw」と嗤って、中身を確認した上で「マジでキモイありえない〇ね」と罵り、「大事にされたくないなら有り金全部置いてってよ」と煽った。
オッサン、みるみるうちに顔色悪くなって慌てて財布を取り出して渡してきた。
中身は大したことなくて、数万円しかなかったけど、金欠だった私には充分な額。
「ありがとー、懲りたら二度とこんなことすんなよ」とだけ言ってすぐ店を出た。
追ってくる気配も無かったから帰った。
お金は友達とぱーっと使った。

         
2021年10月02日

517 :修羅場な話 2018/08/11(土) 23:34:40 ID:ldv
姑を見杀殳しにしたこと

夜中、トイレに起きたら姑が電気のついた台所で倒れてた。
背中しか見えなかったけど、それを見た瞬間に今までされたこと
(私の両親sage姑age、私の祖母の形見の着物や祖母手縫いの洋服を切り裂く、料理にケチつけて捨てる、
私の親引き取り同居なのに旦那が建てたと旦那が何度訂正しても思い込み我が物顔…他多数)
が思い出されたので、電気を消してトイレを済ませてそのまま寝た。
運が良ければ旦那が起きてきて助けるか自分でなんとかするだろうと思ったけど、朝起きたら冷たくなってた。
旦那にはこのことは内緒。

         
2021年06月01日

957 :修羅場な話 2017/08/03(木) 16:19:42 .net
モラハラ男と結婚していた。
付き合ってた頃ずっと別れたかったが別れ話をしたら軟禁されレ○プされ、子どもができて結局結婚した。そのへんは省く。

クソエピソードは山程あるが1つ挙げると、キッチンの流しの三角コーナーを覗き込み、ちょっとでも生ゴミが多いと怒る。
野菜の皮を厚めに剥くと、もったいないことしやがって!!食え!!って三角コーナーから皮を拾われて口に押し込まれたりした。
ちなみに生活費は完全折半。食べさせてもらっているわけではない。
しかもこのとき生後2ヶ月の子どももいた(育休中)。

抱っこしてないと寝ない子で、短時間で必タヒに家事してるからどうしても野菜の皮の剥き方とか雑になる。それでも怒られる。
おかずは常に5品出せと言われ、惣菜や冷奴を出すと怒られる。常備菜で遣り繰りしようとすると、手抜きだと怒られる。狂いそうだった。

モラハラにありがちな、外面が恐ろしくいい男だったので、周囲に訴えても信じてもらえない。
私の産後のヒスだと片付けられた。今思えば手回しされてたっぽい。

そんなクソ男が氏んだ。交通事故だった。
続く

         
2021年01月18日

811 :修羅場な話 2017/10/29(日) 18:32:31 ID:wkb
どうしても人を飼ってみたくて
元受刑囚を囲い込んだ
忄生的な関係一切なしで、生活の面倒全部見た
社会復帰しかけたところで手を回して潰して
私だけに依存させてるようにした
お酒や暴食はだめだって禁止してたのに
全然関係ない病気でタヒんじゃって悲しかった

         
2020年12月27日

721 :修羅場な話 2016/09/24(土) 23:50:43 ID:UyCHQtMI0.net
20世紀の思い出話

不イ侖相手に子が出来たってて、慰謝料貰って別れた夫に
最後に会った時「私は健康体だから種無しはアンタの方だ」って嘘ついた
昔だったから診断書の名前はボールペンで手描き
診断書は近い時期に妹が結婚前にって受けたのを流用
妹と私は名前が一文字しか違わないからハイターで消して書きなおした
それまでも通学定期の住所とかをハイターで消して書いてたことがあるw

診断書に騙された別れた夫が元不イ侖相手に自分の子じゃないじゃないか!と怒り
不イ侖相手も思う所があったのか、お腹の子は堕胎して別れたそう
その後しばらく元夫から復縁迫られたけど、種無し男に存在価値なんかない!と面と向かって言ったら元夫は荒れた挙句精神病んだ

私は縁あってバツ1同志再婚して2子に恵まれた
今の夫は前夫が出来婚して子供ができない私を捨てた、とまでしか知らない

こないだ元夫がタヒんだと共通の知人がわざわざフェイスブックから接触して来て言ってきた
なんか思うとこないの?と聞かれたけど滅んでくれて良かったなぁ、としか思わない

         
2020年11月21日

81 :修羅場な話 2019/05/05(日) 00:20:37 ID:4F856QgQ0.net
それじゃあ俺の実家での話。
基本的に友人には話したことがあるけど、大抵冗談だと思われているから皆もそう思ってくれて構わない。
長いから分割して書き込ませてもらう。

俺の実家にはちょっとした風習があって、「コヅツミ」って言うんだけど、
誰かが妊娠したり、出産した際には祝いとして小包を渡すんだ。
中身は大抵お菓子や玩具が大半で、気を使ってくれるようなところからは赤ちゃん用の道具なんかも入れてくれてたりする。
少し珍しいのはその中に必ず「自分が幼少期に使用していた物や、思い入れの深い物」を必ず一つは入れておくこと。
そんで数年前に俺の友達(仮にA)が結婚して、めでたく子供を授かったとの知らせが来たんだ。
俺もそのAも幼馴染で、同じ場所の出身だったから電話で「じゃあ小包送るわー」「おう、ありがとな」
くらいの他愛無い会話だったんだけども、電話をしてた際に近くでテレビを見ていた女友達(Bとする)が
「あれ? 俺君ってもしかして〇〇(実家のある地域)出身?」と眉を浮かせて聞いてきた。
俺が「そうだよ」とだけ言ったら、Bは「ふーん」といってまたテレビを見始めた。

翌日、仕事も休みだったのでBに買い物に付き合わされていた。
折角デパートに来たんだし、と思いついでにAへの小包の中身を探しているとBが
「もしかしてコヅツミの中身を探してる?」とたずねてきた。
俺が「そうだ、それが祝い方だからな」とだけ返してまた物色を再開しようとしたら、
「待て、コヅツミの意味を分かっていてやっているもんだと思ったら。アンタ、何も知らないでしょ」
と言いながら半ばキレたような様子で俺を止めてきた。
「は? ただの祝いの行事だろ、どこの田舎にもそういう風習はあるって」と言ったのだが、
「それは祝い事なんかにするもんじゃない、ただのシュだ」とBは言った。
その時にシュという音が聞きとれただけで、どう書くのかは分からないがBがそう言っていた。
「場所変えよう」
Bにそう言われるがまま、威圧感に委縮しまくっていた俺は近くの喫茶店に引っ張り込まれた。

         
2020年11月19日

494 :修羅場な話 2019/12/21(土) 19:41:14 ID:yKv
大学を卒業して3年ほど一人暮らししてたんだが、
奨学金の返済もあって生活はカツカツだった。
会社と並行してコンビニバイトもしてて、廃棄弁当貰ってたりもした。
本当は廃棄弁当は廃棄しなきゃいけないんだけど、店長が察して分けてくれてた。
そのコンビニに同僚のA子の弟がバイトしてて、私がそこでバイトして
更に廃棄弁当貰ってたりすることを知られてしまった。
別にやましいことをしてるわけじゃないんだけど
ある日A子から「そんな人生私だったら耐えられない。惨めすぎて泣いちゃう」って言われて
更に「良かった?(私)さんじゃなくて?」って笑われたんだよね。
その時は「アホちゃうか」ぐらいの気持ちでスルーできたのに
帰宅してから思い出して涙が止まらなかった。
それから一年ぐらい経って、田舎から上京してきた友達と久しぶりに会った帰り、
A子が男性.と腕を組んで歩いているところを目撃した。
その男性.がどう見ても彼氏と言うには年を取り過ぎてるので(60前後に見えた)
もしかしたらチャンスかもと思って写メを撮って尾行した。
案の定ホテルに入って行ったので、ホテルに入る瞬間まで撮った。
写真を撮ったものの、有効な使い方が見つからず、身バレしても困るしで
とりあえず保存だけしてた。

それから2ヶ月か3ヶ月か経ってたと思うけど、A子が取引先の男性.と婚約した。
あの時の男性.ではなく、噂によるとかなりの優良物件らしい。
父親が某超有名企業の重役さんで、本人も京大だか阪大だかを卒業してるそうな。
チャンスが来たと思った。
フリーメール使って漫喫からA子のアドレスに写真を送った。
A子のアドレスは会社で使ってるやつ。
同じ会社の人だとバレるのは別にいいと思った。むしろその方がA子にとってはこたえるだろうと。
取引先の男性.の会社のアドレスは調べればわかるから、
この写真を送られたくなかったら明日は、コートの下にチューブトップにミニスカートで出社してくること。
胸の谷間には一万円札を挟んでくること。
始業ギリギリに出社して更衣室の前に事務所に入ってコートを脱いで、みんなの前でポーズをとること。
恥ずかしいことをするのを我慢するか、この写真をバラ撒かれるのを我慢するか
選ぶのはあなたです。って。
正直言って、あの男性.はもしかしたら父親だったのかも知れないから一か八かだったけど。

翌日A子は約束通りの恰好でやってきたけど、さすがにみんなの前でコートを脱ぐのは出来なくて
一旦事務所に来たけど、すぐに泣きだして更衣室に向かった。
事務所では「なんだどうした?!」とザワついた。

とりあえずA子の涙で溜飲は下がったけど、約束は約束なので写真は丁重に婚約者に送って差し上げた。
やはり想像した通りの関係の男性.だったらしく、婚約は破棄されてA子も退職していった。
ちょっとやり過ぎたw

         
2020年10月28日

877 :修羅場な話 2018/02/01(木) 12:53:36 ID:Ein
婆が小学生の頃だから半世紀ほど前の話。そしてこれはフィクションなの。
同級生に問題児がいた。今で言う放置児でもあり、いじめや嫌がらせをする子だった。
クラスの子の筆箱を踏んで壊して「これは象が踏んでも壊れないのとは違ったな~間違えたわ~」とシレッと言ったり、
当時、検便検査があってマッチ箱に入れて持って行って教室の回収カゴに入れるのだけど、女子のを見つけて開けて
「わあ、お前の〇んこ、くせー」とか言って泣かしたり、下校時に鍵っ子に着いて行って強引に家に上がり込んで
滅茶苦茶やったりと相当な問題児だった。その子の親に相当苦情が行ったり担任が注意したけれど、全く変わらなかった。
子供を放置するような親だから無駄だったのかも知れないわ。
また、苦情を言った家の車が後日、傷をつけられたりして、その問題児がやったのだろうと言われていたが、
証拠がないからと親から突っぱねられたと私の親から聞いた。
気の弱い子は徹底的に嫌がらせをされた。問題児のせいかかどうか知らないけれど転校した子もいた。私にも嫌がらせをしたり
家にも来たけれど、私の父親が体格が大きく声も大きい人だったから、一度叱られてからはその問題児は私の家までは来なかった。

Twitter プロフィール
2ch(5ch)鬼女系のまとめサイト 修羅場な話まとめのつぶやきアカウントです。
最新記事
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー
その他おすすめサイト