嫌な体験談の記事一覧

         
2017年10月13日

1:名無しさん@おーぷん2017/09/17(日)22:40:58ID:QpS
みんな本音は行きたくないとか
言ってるのに無くならないのはなんで?

嫌なら行かなきゃいいっていうけど
本当に行かないとキレる人が多いのはなんで?


         
2017年10月13日

1:名無しさん@おーぷん2017/09/18(月)08:20:37ID:GYk
やべえわ

         
2017年09月17日


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2017/05/14(日) 19:58:39.295ID:yTc2RCch0
というか辞めよう

         
2017年09月15日


261:恋人は名無しさん2017/03/01(水) 17:22:26.95ID:tENJ9EIN0
彼女焼き餅焼かせようとする。

例えば。。
・「ほおっておくと浮気しちゃうかもね」
・「A君が、遊びに行こうって」
・「B君が、
  私からチョコ欲しいって言ってるからあげたよ」
・「意図的に、連絡を無視する事がある」
仕事上、同僚は殆ど女で、でも彼女に言われて
同僚と極力接触取らないようにしてるのが
ばからしくなってきた。

彼女も元同じ会社で、状況分かっていて
俺が無理して努力してるの理解してるのに、
なんでそう言うの無視して
こんな事ばかり言うのだろう。

やられる度に、好きな感情が目減りしていって、
今はかなり少なくなった。
もう別れたいのかね。


         
2017年09月10日

242:名無しさん@HOME2009/12/21(月) 18:08:25 O
あの頃は俺の家が立派過ぎてお前と釣り合わなかったな。
だから別れてしまったけど、お前が今でも俺を待ってるのはわかってる。

今はうちも変わったんだ。
お前でも嫁げりようになったんだよ。
今の住所は(伏せ字、アパート)だ。
婚姻届は後はお前がサインするだけだ。
早く戻って来い。

24時間いつでもここでお前を待ってるから。

原文ママ。
んでこいつは元彼。

大学時代の彼氏で婚約したくて挨拶に行ったけど、挨拶でフルボッコされて別れた。
挨拶に行ったらご両親とお姉さんがいて、まず着物じゃないと罵る。
手土産のケーキを罵る(私の分もある数だったから)
手を見せろと言われトップコートだけ塗っていたのを夜鷹呼ばわり。
でも着物要求するわりに通されたのは洋間w
で、歩き方から何から罵られながら座る。
「出す物は?」と言われ何のことだかわからない。
また罵る罵る。

で、やっと黙ったら「結婚は家のこと、あなたがいくら息子を好きでも何の容赦もしないから」
と。それから父の仕事学歴年収遺産、母の~と根ほり葉ほり。


         
2017年09月07日

123: 2014/09/11(木) 20:09:20.68 ID:zopqFgzr
高校生のときの修羅場。 

ド田舎生まれド田舎育ちで、村外れにある実家は自営業だった。 
業種は伏せるけど、時期によってはかなり沢山客が来るので
駐車場が第三まであった。 
しかし忙しいときは駐車場が全部埋まるくらいだけど
暇なときは第一駐車場すらも埋まらない感じ。 
その時期は第二と第三は放ったらかし。 
ちなみに実家と自営やってるところと駐車場全部は同じ敷地内にあって
俺は毎日登下校時にその横通ってた。 

秋も終わる頃、帰宅途中に第三駐車場に軽自動車が停まってるのを見た。 
いや、今だから「見た」って書くけど、そのときは完全に風景の一部で
全く気にしてすらいなかった。 
次の日もその次の日も停まってた。だけど全く気にしなかった。
知らない車が時期外れに勝手に停められてるのはよくあることだったから。 
俺以外の家族はその横を通るときは車でビューンなので
徒歩では通らないから気付いてすらいなかった。 

そして更にその次の日もその次の日も停まってた。 
だんだんと車の上に積もる落ち葉が厚くなっていった。 
一週間くらいして、今思えば遅すぎるけど
俺はいつまで停まってんだあの車?と思った。 
で、夕方で辺りが暗くなってきた中をテクテクと車まで歩いていって
なんとはなしに中を覗いた。 

暗くて年格好はよく分からなかったが
男がハンドルにもたれかかるようにしてして運転席にいた。 
俺はあんまりにもびっくりして「うわっ!!!」とでかい声を上げたが
男は無反応だった。 
ちょっと間を置いて、窓をコンコン叩いて声をかけてみたりしたが、何の動きもない。 
ハンドルに覆い被さるみたいになってるから顔は見えないし、ドアは鍵がかかってる。 

さすがにこれヤバくね?と思って窓を強めにガンガン叩いてみたが、全く反応なし。 
俺は血の気が引いて実家に猛ダッシュして、母にかくかくしかじか説明
すぐに救急車と駐在さんが呼ばれることになった。 

結果、男の人は亡くなってた。毒薬飲んでの自○で、シ後一週間経ってた。 
俺は遺体の横を毎日毎日登下校してたんだよ。全く気付かずに。


         
2017年09月04日


30: 名無しさん@おーぷん 2017/06/17(土)17:09:20 ID:n1K
25歳なんだけど女友達がいない

学生のときはそこそこいたと思うんだけど、
卒業してフリーターになったら
いつの間にかほとんど疎遠になってた

この歳まで連絡取り続けてたのは3人だけ。
そのうちの一人とは
結婚して住まいが遠くなっても
行き来するくらい仲が良かったんだけど
2ヶ月前些細なことで喧嘩してからは
連絡とらなくなった。

向こうは友達多いし
多分このままフェードアウトだと思う

残りの2人のうちのひとりは
何ヶ月かに1回か電話がくるような間柄で
ツイッターなんかでも繋がってたけど、
1ヶ月くらい前に
インスタグラムの知り合いですか?
みたいな欄に出てきたから
フォロー申請したら
その日のうちに拒否されてて
なんか一気に力が抜けてしまった…

趣味がちょっと特殊で
女の仲間がなかなかできなくて
気軽に飲んだりできる間柄の友達は
男しかいない

10代の頃はそれなりに趣味仲間でも
女友達いたけど
やっぱり喧嘩別れしてしまった。
書いてて思ったけど
女友達とは喧嘩別れが多すぎる…

もともと関西に住んでたけど
飛行機の距離の場所に嫁いだから
今住んでる場所にも友達がいない。

地元の友達と疎遠になるのは
遠くに嫁いだぶん仕方ないのかな
女友達がほしい。

もっとちゃんと人間関係を若いうちに
築いておくべきだったって後悔する毎日

夫のことは愛してるし
子どももかわいいけど虚無感が消えない


         
2017年09月02日

525: おさかなくわえた名無しさん 04/01/04 23:27 ID:WO50RLsD
新年会で集まったメンバー(学生時代の部活仲間)で秋に結婚した男がいた。
俺含め数人は披露宴に出たのだが、 
その一人はまだ学生だった為、祝儀を2万包んだそうだ。 
勿論1万円札に5千円札2枚で。それを新婚男がいきなりいちゃもんつけだした。
常識がないとか何とか…。 
いや。お前、その子が仕送り無しで大学院行ってるの知ってるだろ…?
金ないのにわざわざ福岡から東京まで夜行バスで来た事も知ってるだろ…?
お前は交通費も出してないだろ…?
皆の前で言う事じゃないだろ!?神経疑った。
スピーチなんてしてやるんじゃなかった…



         
2017年09月02日

62: おさかなくわえた名無しさん 2007/11/30(金) 06:33:02 ID:X3HswmWS
レストランのメニューに『本日のパスタ』というのがあったので、
店員さんに 「本日のパスタとはどのようなものですか」と訊ねた。 

「本日はきのことガーリックのクリームパスタです」と言われたので 
「パスタとはどのようなパスタですか」と訊ねた。
店員さんが 「ですから、きのことガーリックのクリームパスタです」
と答えたので 
「そのパスタはどのようなパスタなのでしょうか」
とたずねた。すると 
「でーすーかーらー!きのことガーリックのクリームパスタですが?」 
と嫌そうに言われた。

面倒くさい客になってしまっているようだが丁寧に 
「パスタというのは、カッペリーニですかバーミチェリですかフェトチーニですか 
ラビオリですかマカロニですか何なんですか」とききなおした。 
店員は顔を真っ赤にして「パスタはパスタですけど?嫌なら他のにしたらどうですか!」
と怒り出した。 

店員が怖かったので注文しないで店を出てしまった。 
パスタって一体どのパスタなんだろう。
気に障ったというか気になって眠れなかった。


         
2017年09月01日


828: 可愛い奥様 2013/03/20(水) 15:31:44.27 ID:SHmottdY0
先月、旦那がであ い系サイトに登録していることが発覚した。 
「中身を覗いてみたくて出来心で登録しただけ、実際に会ったことなんてない。疑うなら俺の日々の行動を上司同僚全員に聞いてくれ」 
と旦那は言い、私も旦那の激務は良く知っていたので、登録抹消することで不問にした。 
ところが今月になって、旦那が今度は違うであ い系サイトに登録していることが発覚した。 
旦那には何も言わず、私もこっそり同じサイトに登録して調べたら、先月に別のサイトの登録を抹消したすぐ後に使い始めていた。 
旦那の書き込みはひたすら「セッ ク○フレンド募集」。 
旦那とはレスどころか週一ペースでしてたし、会話もたくさんあって仲の良い夫婦だと思いこんでいた分、心がズタズタだ。


最新記事
最新コメント
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
カテゴリー