キチガイの記事一覧

         
2017年03月15日


82: :2016/06/03(金)13:42:57 ID: 
昼飯の一時におっさんがボソッと。
親子ほど歳の離れた妹ができたこと。
その妹に知的障害があったこと。
そんでもって、先日、妹の妊娠発覚。
修羅場っていえばこんなもんかなぁ?




         
2017年03月12日


482: 名無しさん@おーぷん 2016/05/17(火)13:12:52 ID:GtB
流れを読まずに書き込みます
娘の高校の生活指導にモヤモヤ

うちの娘は天然パーマです
ありがちですが小学校、中学校の間は
あだ名で呼ばれていました
娘は私には何も言いませんでしたが、
おそらく虐められていたんだと思います

中三の後半のあたりは
受験のストレスの捌け口にされたのか
散々酷いことを言われていたようです
最後の方は受験勉強と言い訳をして
不登校気味になっていました

娘の将来を心配する日々でしたが、
高校進学に合わせる様な形で
折よく夫の栄転が決まって
遠くに引っ越しをすることになりました

無事に受験を終えた春休み、
新しい土地での再出発のために
縮毛をかけたいと娘に相談されました
小中学校のときのトラウマがあり
このままでは自分に自信がもてないから、と
娘の進学先はどちらかといえば
教育に力をいれている学校だったので
カラーもパーマも禁止でしたが
パーマぐらいばれないだろうと思ったし、
まず第一に娘に気持ちよく新しい生活を
スタートさせてほしかったのでそれを承諾しました

でも高校の先生という職業の方はよく見ているんですね
GW明けに服装のチェックが入り、ものの見事に指摘されました
とはいえ、娘はパーマのおかげで笑顔を取り戻し、
これはある種のメンタルケアのようなものと
私自身は思っていましたので
仕方なしに菓子折りをもって担任の先生の所に行きました

「娘の縮毛はお洒落になりたいからというよりは
娘が気持ちよく学校生活を送るためのもので
悪いことだとは思わない」
「髪の毛に酷いトラウマがあるんです。
どうか許してあげてほしい」

と昔の写真を持参して説明すると、
担任の先生は理解を示してくださいましたが、
生活指導の先生が駄目でした
「お洒落をしたくとも我慢してる子もいる」
「これも一つの個性と受け入れるべき」

挙句の果てには
「もう高校生だしそんな下品な事を言うような生徒は
我が校にはおりません。
よっぱど民度の低い土地にお住まいだったんですね」
と言われる始末
そんな話をしてるんじゃない、
と思いつつ成すすべなく帰ってきてしまいました

でも泣き腫らしていつも頬がパンパンになっている娘の
昔の写真を見ていたら
先生に屈することはできないとも思います
ただ、抵抗するようであれば
まず推薦は取れないものと心得ろ
と脅されてしまい、どうしたものかと…
推薦を使うかどうかは分かりませんが、
娘の可能性の芽を摘みたくはないです

私の考え方がおかしいのでしょうか


         
2017年03月02日


471: 1/2 2008/11/07(金) 23:29:55 ID:6P9R8rVH0
これはカップルとしての修羅場なんだかわからないが取り合えず投下 

スペック何れも当時、 
私(19♂)、地方の有名大学生下宿中、身長179cm、フツメン、彼女いない暦=年齢 
A(29♀)、下宿アパートの隣の部屋、水商売勤務?、まぁ美人さん 
B(10♀)、小学4年生、可愛い利発だが、暗い感じ、 
C(20代後半?♂)、見るからにDQNなお兄さん、Aの彼氏?身長170cm以下、茶髪 
D(33♂)、Aの元旦、まともな勤め人、 

当時、金もなく理系であるためか女性と出会うチャンスもなく、普通にもてない大学生を 
していた私の下宿の隣にAB親子が引っ越してきた。 
ああ綺麗な人だね、位の感想しか持たなかったが、それでも何となく嬉しかった。 

ある日バイトから帰るとBがアパートの前で、もう6時だというのに本を読んでいる。冬だというのに。 
良くわからないが、鍵を持っていないというので、私の部屋でお母さんを待てばよいといい、 
誘うとはじめは断っていたが、食事もまだだったので、半強制的に部屋にいれご飯を食べさせる。 
もう帰りますというが、外は寒いと思いお母さんが来るまでといって居残りさせる。 
一緒にゲームなどをして暫くすると、ドアの音を気にしてたBが、それでは有難うって事で帰っていった。 

そんな感じの事が何回かあって、段々Bと打解けてきたので、何で何時も鍵を忘れるのかを聞くと 
実は鍵を持っていないのではなく、Aが男を連れ込んでいる間、戻りたくないだけだという。 
さすがに同情してしまい、そういう時は何時でも来て良いよというと、丁寧にお礼をされ、 
その後頻繁に来るようになり、ついでに家庭教師もしてあげる事に。 

Aにも挨拶して私の部屋で家庭教師をしていますと伝えたが、勝手にやってるんだから金は払わないと、 
言われたきり無関心、まぁ、Bがいい性格で可愛いから楽しんでやってるので別にお礼して欲しいと思わんかったが、 

一年ほどそんな関係が続き、気が付くとBはAの部屋より私のところに居る時間が長くなっていた。 
ある日いつものように部屋に来たBはなりやらいつも以上に暗かったのだが、なんでもないという

         
2017年03月01日


298: 1/2 2008/11/27(木) 17:39:46 ID:A2J2Z1ia0
豚切りでさくっと投下。 
数年前の出来事。前提として私と夫以外は地元を離れて生活している。 

年始に高校からの友人二人との飲みに夫と共に行ったらくる予定の無かったAがいた。 
元々出席予定のBが待ち合わせ前に寄った店で偶然遭遇して連れてきたらしい。 
Aも高校時代同じ部活だったし、特に問題もなく一緒に居酒屋へ。 

が、何故かAが物凄い勢いで私の夫にまとわりつく。 
隣に座るのはもちろん、飲み物が来れば「それ一口欲しいなぁ(ウフフ」やら 
「あ〜んこれおいしい〜、夫さんあ〜んして(ウフフ」やら、もう大変。 
なんとか夫の隣に割り込んで引き離したら、Aが酔った振りして夫のひざに座わったり。 
高校時代もちょっと天然風の子だったけど、いったい何があったのかと一同愕然。 

「ちょっとトイレ」と立ち上がった夫が柱の影から手招きしてるのを見て追いかけると 
「マジであの子気持ち悪い。あんな子だっけ?覚えてないんだけどさ。 
帰りたい」と言われ、とりあえず私の携帯からA以外に 
「夫が限界だから別の店行くか解散しよう」とメール。 
感じ悪くなるかな、と思いつつこそこそ4人で打ち合わせしてお会計に持ち込んだ。 
全員で割り勘分をいっせいにAに渡し、ダッシュして逃げた。


最新記事