笑える事件の記事一覧

         
2018年02月20日


744:おさかなくわえた名無しさん03/03/26 09:37 ID:t48OgJ26
うちの会社の19歳のOLは、
イラク戦争のニュースで出てくる「生物兵器」というのを、
動物を調教して敵を襲わせる兵器(?)だと思っていたらしい。
バカだがなんか可愛いから許す( ̄ー ̄)



         
2018年02月19日


1: 名無しさん@おーぷん 2015/04/12(日)18:09:42 ID:u1g
いまだに腑に落ちない。


         
2018年02月19日

29: 名無しさん@HOME 2014/06/06(金) 00:20:16.21 0.net
トメは自分の実家が創業ウン百年の皇室御用達企業であることが自慢。 
その上「私のいとこは○○ノンの重役だったり、セレブ揃い」 
と私の新婚当時に自慢しまくり、いちいち私の反応を見ていた。 
一向に私が「すごいですね~」な反応をせず、常に「ふ~ん」な反応を示すことに 
苛立ってるのが明らかだった。 

トメ実母の37回忌?だったかで、実家に呼ばれた時もそう。 
実家は確かにだだっ広いが、築60年以上といった感じの古さで超ボロかった。 
帰宅してすぐ、夫にトメから「あんただけうちに来い」と電話あり。 
夫帰宅後に「何の用だった?」と尋ねると、 
「一言、『私の実家を見て、嫁子がどう言ってた?』と言われて、 
『別に何も』と言うと、発狂したように怒り狂ってた」と。 
別に何を言って苛立たせたわけではないが、トメの悔しがり様を 
夫が細かく再現してくれて、まぁまぁスッキリ。 
他にも「結婚してからも、お父さん(ウト)専属の運転手さんに乗せてもらって 
買物した」とか言ってたが、今はそれほどの余裕もなく、 
聞いてても「過去の栄光にしがみつきやがって」と吹き出しそうになり、 
バカにしたように「へぇ~」と言うだけなので、トメは目の前で悔しそうな顔。 
以前ほど羽振りも良くないのに、昔の話を出してきては自慢しようとするので、 
もういい加減「大輪の花も今じゃ押し花ですね」と言ってやろうかと思ってるが、 
最近は、ほぼ絶縁状態なので言うチャンスもなかなかやってこない。


         
2018年02月06日

488:1/22010/05/22(土) 15:05:19
2年前、二人で貯めてた結婚資金を風*に注ぎ込んだ挙句、自由が欲しいと
着たの大地へ旅立った元婚約者から復縁希望メールがあった。

まあ内容はテンプレ通り
「俺がバカだったやっと気づいたあの頃は刺激ばかりを求めてたけど今は君の
安らぎが欲しい、アドレス変えてないなんて君も俺のこと忘れられなかったんだろ?」
ってな感じで、最後に5月22日の朝9時に迎えに行くよと書いてあった。

もう会う気はありませんと返信して着信拒否した。出かける予定もあったし。

家族(母と祖父)にはもしかしたら元婚約者が突撃してくるかもと言って出かけた。 

で、今さっき帰ってきたんだけど、母から聞いた話。 

元婚約者は本当に来たらしい。10時頃。ピンポン鳴らされたが居留守を使おうと決めていた母。
祖父は「俺がガツンと言ってやるのに」と不満顔。 
しかししつこいピンポンに祖父の愛鳥、オウムのポセイドンが返事をしてしまった。 

「ドチラサマデスカー」「マニアッテマスー」「ドチラサマデスカー」 


         
2018年01月29日


1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/31(日)09:10:10 ID:otO(主)
BBA「神があなたを救います」
ワイ「帰ってクレメンス」

小一時間に渡る攻防を繰り広げたンゴ


         
2018年01月29日

473:おさかなくわえた名無しさん[sage]2013/10/23(水) 09:23:26.47 ID:ImGjMlWE
私自身の武勇伝ではないのだけど。

うちの職場に49歳なんだけど、若い子向けのカジュアルな服を身にまとって
それが似合ってると本気で思っている同僚がいる。
スタイルは悪くないんだけど、姿勢というか骨の歪みというか
パッと見た感じのハツラツさがないから、顔を隠しても若くないのは分かるんだ。
顔も若い頃はキレイだったんだろうなというパーツではあるが
法令線や笑ったときの目尻の皺、肌ツヤ等、やっぱり年相応っていうか。
だから余計にただの若作りのおばちゃんにしか見えない。
なのに本人はすごく若く見えるつもりでいる。
回りが「若いねー」って言うのは
「いい年して“若い”恰好してみっともない“ねー”」の略でしかないのに
額面通りに受け取っちゃってるんだな。 


まぁこれは煽る回りも悪いw 
で、この49歳のおばちゃん年齢当てクイズが大好きw 
新入社員や、出張でやってきた初対面の人と雑談が始まると 
必ず「私、いくつに見える?」とクイズを出す。 
出題された方がみんな困り顔。聞いてるコッチまでしんどいw 
しかしついにこのクイズを終了させる出来事があった。 
期間アルバイトでやってきた30代の女性に 
いつものようにクイズを出した。「私、いくつに見える?」 
すると彼女、 
「うーん、そういう質問するってことは実年齢より若く見えるってことですよね? 
 ってことは、そうですねー・・・(しばらく考えて)・・・ごじゅう・・・なな!」 
事務所が凍り付いたwwwww 
以来クイズ出題は無くなりました。


         
2018年01月23日


83: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 05:33:23.06 ID:plKmzVbS.net
(グロ注意)
知り合いから立派なブリをもらった。
それはもう脂がのって美味しそうで早速調理した。

腹の部分は刺身にして、背の部分は厚く切って照り焼きにしてたんだが、
焼き上がったものを見てみると、太い血管みたいな黒い筋が見えた。
血合いでもない部分にこんな太い血管ってあるのかな?と思いながら筋を辿っていくと
真っ直ぐな線が最後でクルクルッと渦巻いてた。
それが大きな虫だとわかって、台所で悲鳴を上げそうになった。
照り焼き用に切り分けて焼いたので、虫が真っ直ぐの状態で切られて焼かれた部分と、
逃げきれずに最後の車両で丸まって焼かれたものを見てしまった。
私は食が進まなかったけど、夫と姑が美味しいと絶賛していたのが救い。


         
2018年01月18日


470: 名無しさん@おーぷん 2015/09/13(日)01:29:41 ID:y3z
他スレで道案内の話題を見て思い出した、ちょっとだけ図々しかったこと

ポケベル全盛期、社会人になりたてだった
その日は社用で新宿駅から徒歩5分程の取引先事務所にお出掛け
しかし○○口から徒歩なんだけど、○○口が分からず、駅の中で路頭に迷ってた
そこに声をかけてきたキャッチのおにーさん
話しかけてくるのを遮り、「○○口に出たいの、連れてって!!」とお願いした
逆方面にいたらしく、快く道案内してくれた
おまけに目的地の事務所まで…
で、自分の用事は書類を届けてまた違う書類を受け取ってくるだけだったの
優しいおにーさんだったので調子に乗ってしまったのか、「○○線で帰るんだけど改札にたどり着けるか不安 、すぐ済むから待ってて!!」
無事に○○線の改札まで送り届けて頂きました
人様の親切心につけこんでごめんなさい
今思うと図々しかったな、バイト中だったろうに怒られなかったかな、と少し反省してます
あのときのおにーさん、ありがとう


         
2018年01月13日

907:スペースNo.な-742009/07/16(木) 09:03:44
「元気〜?最近寒いねえ。タヒにそうだよ!」
「ほんと寒いねえ。仕事も忙しくてへばってるよ」
「鍋食いてえ!それで○○で××〜」
「うんうん、△△〜」
(中略)
「ところで、○ちゃん冬コミって今回は何日目?」
「ああ、冬は落選したから友達の売り子なんだ〜」

ここでメールのやりとりがプツッと途切れ、以降返信は来なかった。

ほんっっっっとに、私はコミケチケット入手先でしかないんだなあ、彼女にとって。
「あーそうなんだー」とか、せめて「使えねえな」の本音でもいい。
普通に続いてたメールの会話?を、チケットはもらえない、とわかった瞬間に
一方的に断ち切られて、私の中の何かもブッツリ切れた。

そして先日、この人から「元気〜?暑いねえ」とメール着信。
「シーズン恒例!チケットおねだりくれくれキター!
2枚余ってるけど〜あなたには〜あげないよ〜ジャン♪」
と返信してから拒否設定した。

着信拒否しないで執念深く待ってた甲斐があったよ…
ちょっと空しいけど、気は済んだ。


         
2018年01月13日

898:名無しさん@HOME2008/08/28(木) 22:27:24
私と夫の給料をしつこくしつこくしつこく聞いてきては「そんな低スペックな結婚ありえな?いw嫁子ちゃんて結婚してても負け組だよねw」というコトメさんが今度お見合いするという。
「私の友達に(某有名メーカー)の重役の息子さんと結婚した人がいるよ。
初めての顔合わせの時、ご飯がものすごいおいしかったからってお見合い相手のデザートまで食べちゃったんだって。
そしたら『たくさん食べる女性が好きです』って気に入られて、そのままトントン拍子に結婚しちゃった。
やっぱり自然体が一番だよね」
と吹き込んでみた。

まさか本当に実行するとは思わなかった。
友人事は実話だが、20代前半の可愛くて性格が良くて育ちも家柄も学歴も良い家事技能もバッチリな女の子が幸せそうに食べているから、お見合い相手の人が「僕の分もどうぞ」とデザートをくれた、というほんわかエピソードだ。
30代半ばの顔も性格もセンスも難あり、年収150万以下の自称キャリアウーマンが無言で相手の皿にフォークを刺すのとは訳が違うのに。
当日に着ていくワンピースに防虫剤をなすりつけ、鞄の中にも変色した古い防虫剤を仕込んでおくDQN返しをしたのに何の役にも立たなくてくやしい。


最新記事
カテゴリー